FC2ブログ

えむえいぴいのかわら版(M.A.P.after5 というブログの御説明)


 ●M.A.P.after5は、株式会社M.A.P.のブログです。
 ●現在、M.A.P.after5は旧ブログから引越し作業中です。

旧ブログ引越し中
  • 旧ブログの全ての記事を、この新ブログへ移しました。しかしテキストを単純に移行しただけなので、レイアウト等が整っていません。只今修正中。
  • いまだ殆どの内部リンクが旧ブログに飛ぶようになっています。
  • 旧カテゴリが新ブログのシステムと整合が取れないため、古い記事から順番に、設定し直しています。

  • ●M.A.P.after5の記事は、主にM.A.P.代表の高山正樹と、時々M.A.P.の影のボス宇夫方路が書いています。

    ●M.A.P.after5の記事の投稿順ではありません。
    記事の並び順は投稿順ではなく出来事の日付順になっています。
    また投稿した記事の多くは「暫定投稿」で、後日それに追記したり改稿したりして記事を完成させます。時には、一年前の記事に追記したり新規投稿したりする場合もあります。
    そのため、投稿された記事や更新された記事がどこにあるのかわからないという申し訳ないブログでした。今までもそれを解決するために色々と試してきましたが、なかなかうまくいきません。
    そこで……

    ブログの更新情報はツイッターでお知らせすることにしました。
    @MAPafter5のツイッターで更新情報をリアルタイムにツイートします。
     ※M.A.P.が管理する全てのサイト・ブログの更新情報をお知らせします。
    ●過去の更新情報は@MAPafter5のツイログで確認して頂くのが便利です。
     ※#MAPBlogのタグ付きツイートが、M.A.P.after5の更新情報です。

    ●また、最近の主な記事の更新情報を、次項でお知らせします。

    【最近更新した主な過去の記事】

    ※2018年1月2日更新
    ●2018年1月2日動画アップ
     ・少し早いメリークリスマス…(2017年12月18日)

    【M.A.P.今後の予定】

    ※5月2日更新
    ●7月8日(日) 教室発表会(西河原公民館ホール)
    ●11月11日(日) 狛江市民まつり参加
    ●11月13日(火) 荻窪天沼八幡神社酉の市奉納舞

    “山猫合奏団祭り2018”その2

    “山猫合奏団祭り2018”その2
    “走れメロス”
    作:太宰 治
    作曲:白石 准
    言葉:高山正樹/楠 定憲
    Piano:白石 准

    日時:9月14日(日)19時
    会場:泉の森会館3階ホール

    泉の森会館

    入場料: 3,000円 ※中学生以下1,000円
        三枚綴 7,500円 ※3人でのご利用可!
    お問い合わせ/ご予約:03-3489-2246 (M.A.P.うぶかた)

    ※会場は、車椅子のお客様に対応しています。
     ご不明の点があればお問合せ下さい。

    tag: 山猫合奏団 

    カーリシルタコンサートのお手伝いします

    フィギャーノート普及会の松田さんと初めてお会いしたのは、昨年の"みんなで踊ろう"の時。何かご協力していただけないだろうかとご相談したのですが、その際は時間がなくて実現しませんでした。そんなご縁があって、この度は逆に「みんなで〇〇」がお手伝いさせていただくことになりました。
    フィンランドから来る合唱団の皆さんとの交流、できることならば日本の芸能をご披露したい、しかしもう本番までにあまり時間がなく、ならばということで、私たちが琉球舞踊で参加ということになりました。

    以下、フィギャーノート普及会の松田さんから届いた情報から、告知記事を作りました。


    フィンランド・カーリシルタ合唱団
    Japan Finland Friendship Concert 2018
    来日記念交流コンサート2018

    日時:9月11日(火)14時~ (開場13時30分)
    会場:こまえ正吉苑二番館 いちょうホール(狛江市西野川4-8-8)
    こまえ正吉苑地図
    ←クリックすると大きくなります。

    ●こまバス「前原公園北口」徒歩2分。
    ●小田急バス「狛江営業所」徒歩7分。
    ※駐車場は利用できませんので、周辺のコインパーキングをご利用ください。
    料金:1000円 ※事前申し込みが必要

    【プログラム】
     ピアノミニコンサート ピアノ:山下暁
     箏演奏 箏:渡辺正子
     琉球舞踊 踊り:宇夫方路 地謡:高山正樹
     カーリシルタ合唱団 コンサート

    【お問合せ&ご予約】
    電話:090-1859-0070(松田)
    メール:info@happymuse.net


    主催:一般社団法人フィギャーノート普及会HappyMuse
    後援:フィンランド大使館、狛江市、狛江市音楽連盟
    協力:音楽の街−狛江エコルマ企画委員会
        みんなで○○こまえ
        M.A.P.
        サポートセンターりんく
    企画制作:日本・フィンランド交流コンサート実行委員会
        
    【主催者ご挨拶】
    2019年、日本とフィンランドの外交関係が樹立してから100周年を迎えます。フィンランドは、サンタクロースが住む国、ムーミン、サウナなどが有名で、たくさんの森と湖、冬にはオーロラを見ることのできる自然豊かな美しい国です。近年は、教育水準、国民幸福度、福祉、治安、など常に世界トップクラスに位置することで目にされる方も多いと思います。

    今回、フィンランドで障害者に芸術とアクティビティを提供するカールシルタ協会から、急遽6人の合唱団が来日されることになりました。

    私どもHappyMuseに、フィンランドで開発された絵音符「フィギャーノート」の普及活動を許可してくださった、江差福祉会あすなろ学園とカーリシルタ協会は姉妹提携を結んでおり、職員研修や芸術交流が活発に行われています。
    私たちも昨年、あすなろ学園のフィンランド研修に同行させて頂きました。年に1度の芸術祭開会式では、独創的なアート作品の数々と堂々たるパフォーマンスに感銘を受けました。

    カーリシルタ協会には、日本の専門学校のように、音楽とビジュアルアーツ学習プログラム(3年制)もあり、全面的に国の補助金で運営されています。フィンランドでは幼い頃から学習サポートはもちろん、将来を見据えた職業学習を行っており、そこからプロとして活動している方も育っています。日本では、平成28年4月に障害者差別解消法が施行されましたが、障害のある人たちの学びや就労にはまだまだ多くの困難がありますから、なんともうらやましい環境です。

    そんな素敵な国、フィンランドからやってくる合唱団を歓迎し、皆で心豊かなひと時を過ごしたいと、両国交流コンサートを企画いたしました。 日本から、私どもHappyMuseゆかりの地である狛江で、これまでの活動を通して巡り合った演奏家の方々にご協力を賜り、味わい深い日本の伝統音楽を楽しんでいただけることになりました。

    日程等諸事情の都合で会場が駅から離れた場所になり、遠方からご来場くださる方にはご不便をおかけいたしますこと、お許しください。会場内はバリアフリーとなっておりますので、是非たくさんの方にお楽しみいただきたいと存じます。
    一般社団法人フィギャーノート普及会HappyMuse

    カーリシルタコンサート1

    “山猫合奏団祭り2018”その1

    “山猫合奏団祭り2018”その1
    “注文の多い料理店”“どんぐりと山猫”
    作:宮沢賢治
    作曲:白石 准

    Piano:白石 准
    言葉:楠 定憲
    歌/言葉:高山正樹

    山猫合奏団の原点
    今年は、茅ヶ崎から
    もっとも山猫らしい作品から…


    2018山猫

    日時:9月9日(日)14時
    会場:ちがさきMKホール
    MKホール

    入場料: 3,000円 ※中学生以下1,000円
        三枚綴 7,500円 ※3人でのご利用可!
    お問い合わせ/ご予約:03-3489-2246 (M.A.P.うぶかた)

    ※会場は、車椅子のお客様に対応しています。
     ご不明の点があればお問合せ下さい。


    白石准作成の茅ヶ崎単独チラシ
    茅ヶ崎単独チラシ

    tag: 山猫合奏団 

    芸術の秋だ!山猫合奏団祭りだ!

    山猫合奏団祭り2018

    期間:9月9日(日)~30日(日)
    会場:
    (1)ちがさきMKホール(神奈川県茅ケ崎市幸町16-2)JR東海道線茅ヶ崎駅南口5分
    (2)泉の森会館(狛江市元和泉1-8-12)小田急線狛江駅スグ
    (3)カフェアンサンブル(目黒区駒場 2-17-8)井の頭線駒場東大前駅西口5分
    (4)プリモ芸術工房(目黒区洗足2-23-11)東急目黒線洗足駅0分
    (5)青山MFYサロン(港区西麻布2-21-2)地下鉄千代田線半蔵門線表参道駅8分

    入場料:各回 3,000円 ※子供(中学生以下)1,000円
        三枚綴 7,500円 ※3人でご利用も可!
    ※お問い合わせ/ご予約:03-3489-2246 (M.A.P.うぶかた)

    《上演スケジュール》
    ※プログラム詳細は決定次第更新します。
    ※更新情報は山猫合奏団のTwitterでお知らせします。
    9月9日(日)14時~ ちがさきMKホール
    “注文の多い料理店+どんぐりと山猫”
    作:宮沢賢治 作曲:白石 准
    Piano:白石 准 言葉:楠 定憲 歌・言葉:高山正樹
     ⇒個別告知記事へ

    9月14日(金)19時~ 泉の森会館
    ※第一部:???(宇夫方路出演予定)
    “走れメロス”
    作:太宰 治 作曲:白石 准
    言葉:高山正樹/楠 定憲 Piano:白石 准
     ⇒個別告知記事へ(準備中)

    9月19日(水)19時~ 駒場カフェアンサンブル
    “イノック・アーデン”
    作:アルフレッド・テニスン 訳:高山正樹 作曲:リヒャルト・シュトラウス
    朗読:高山正樹 Piano:白石 准
     ⇒個別告知記事へ(準備中)

    9月22日(土)14時~ プリモ芸術工房
    “名人伝”
    作:中島敦 作曲:白石 准
    言葉:高山正樹/楠 定憲 Piano:白石 准
     ⇒個別告知記事へ(準備中)

    9月29日(土)14時~ プリモ芸術工房
    “楽譜に表記された謎のテキストを読んでしまうという
      山猫合奏団風エリック・サティの世界”

    作曲:エリック・サティ
    言葉:舞山裕子/高山正樹 Piano:白石 准
     ⇒個別告知記事へ(準備中)

    9月30日(日)14時~ 青山MFYサロン
    ※第一部:コンサート(白石准、大島純)
    “セロ弾きのゴーシュ”
    作:宮沢賢治 作曲:白石 准
    Cello:大島 純 Piano:白石 准 言葉:高山正樹/楠 定憲
     ⇒個別告知記事へ(準備中)

    山猫合奏団祭り2018チラシ表

    山猫合奏団祭り2018チラシ裏

    tag: 山猫合奏団 

    あらためて “うちなー噺”Vol.3は金城哲夫でシュワッチ!!

    台風12号で延期になった藤木勇人さんのイベント再告知!

    志ぃさーのうちなー噺 Vol.3 金城哲夫を大特集
    吉屋チルー物語

    ウルトラマンの産みの親、金城哲夫生誕80年記念。沖縄の唄と躍りにのせて、金城哲夫唯一の映画監督作品『吉屋チルー物語』の上映と、うちな~噺家 志ぃさーによる高座『ウルトラ哲夫』の一席を皆様にお届けします。

    日時:9月1日(土) ①13:00~ ②17:00~
       (各回定員30名、開場は開演の30分前)
    会場:M.A.P.(小田急線喜多見駅徒歩5分)
      狛江市岩戸北4-10-7-2F 島田歯科の2階 ⇒会場アクセス
    料金:3,000円
    御予約/お問合せ:M.A.P.(03-3489-2246)

    《プログラム》
    吉屋チルー物語
     ※金城哲夫監督映画、全編うちなーぐち、日本語字幕つきで上映!
    吉屋チルー踊る
    琉球舞踊
    高座“ウルトラ哲夫”
    あらすじ
    沖縄で生まれた金城哲夫は、祖師ヶ谷大蔵でウルトラマンを生み出した。しかし、ウルトラ兄弟一番のアイドル、ウルトラセブンを最後に世に送り出し、彼は沖縄に引き上げた。それはいったい何故なのか?沖縄に帰る事を決めた夜の金城家、その楽しくも物悲しい一席。

    《出演》
    うちなー噺:志ぃさーこと藤木勇人
    琉球舞踊:宇夫方路(踊り)、高山正樹(地謡)

    【藤木勇人(志ぃさー)メッセージ】
    今年は、ウルトラマンの産みの親、沖縄南風原出身、金城哲夫さん生誕80年の節目です。
    それで、金城哲夫さんの功績に敬意を表し、金城家から許可を頂き、彼が若き日に沖縄オールロケで撮影監督た作品『吉屋チルー物語』の上映(初、字幕付上映)と、金城哲夫氏が円谷プロを辞めて沖縄に帰ることを決めた日の、祖師ヶ谷大蔵にあった金城家の夜を創作物語にした私の作品、高座噺『ウルトラ哲夫』の一席、沖縄の唄サンシン・舞と合わせて、盛り沢山の内容で公演します。
    昼・夜2回公演で木戸銭3千円となっております。どうぞ、興味のある方、お時間のある方のお越しをお待ちしております。


    【藤木勇人(ふじきはやと)プロフィール】
    〈高座名〉うちな〜噺家 志ぃさー(しぃさー)
    1961年1月9日生まれ
    1985年 劇団「笑築過激団」入団。
    1986年 「りんけんバンド」加入。
    1991年 「笑築過激団」退団後、「りんけんバンド」専属となる。
    1993年 「りんけんバンド」からも独立。
         落語家立川志の輔に師事、沖縄・東京での一人ゆんたく芝居定期公演を開始
    1998年 「第32回沖縄タイムス芸術選賞〈演劇部門〉」奨励賞受賞。
    2001年 東京公演で活動が認められNHKテレビ小説「ちゅらさん」に出演。
         沖縄料理店『ゆがふ』店長役&沖縄ことば指導担当。
    2007年 「沖縄かりゆし寄席」座長公演開始
    2008年 関東での「ゆんたく独演会」開始
    2010年 立川志の輔の番外編弟子として正式に認められる。
    2011年 NHKBSプレミアム『テンペスト』出演
    2013年 志の輔より名前をもらい、立川志ぃさーに改名。
         現在は立川を返上し、高座名 志ぃさーで活動中。

    新しいFacebookのイベント

    志ぃさーうちなー噺台風更新版
    ※↑クリックすると、とっても大きくなります。

    吉屋チルー物語チラシ2

    みんなで花火を見て、みんなで楽しく帰るんだ!

    【8月7日追伸】
    台風13号の影響で、狛江市の花火は中止となりました。
    「みんなで花火」は、たとえ花火が中止になっても、さほどの大雨でなければ決行する予定でしたが、さすがに台風には逆らえず、ことらも残念ながら中止とさせていただくことになりました。楽しみにしていた皆さん、ホントにごめんなさい。絶対にまたの機会を作ろうと思っています。その時はまたよろしくお願い申し上げます。



    色々な方々と普段から交流し、お互いを知るために何かをやろう。
    そうして毎回テーマを決めての催しを継続的にやっていこう。
    第二回定例会のお知らせです。

    みんなで◯◯こまえ

    さて8月はみんなで何をしようか。
    そうだ、花火があるんだから、みんなで花火を見よう!

    そこで市役所に相談しました。
    「車椅子の友達たちと花火を見たいのですが」
    「障がい者用の観覧席を用意していますよ」
    「そうじゃなくて、一緒に見たいのです」
    「なるほど、そういうことなら検討させてください」

    市役所の職員さんたちは考えてくださいました。南部地域センターは、花火の日、なにかあった時のために全館市役所が押さえている、その中から部屋を二つほど、私たちに開放してくださることになりました。
    「やった!」

    地域センターの部屋が会場なので、たとえ大雨で花火が中止になっても、このイベントは予定通り行います。余興のできる舞台もあるしね。

    最初は内輪でと思ったのですが、お借りできた部屋はけっこう広い。素敵なスペースです。こうなったらなるべく多くの人と楽しみたい、だって「みんなで」なんだから。
    というわけで、一週間前から、広く告知することにしました。

    狛江の市役所の皆様、色々なご配慮、ありがとうございました!

    みんなで花火&みんなで帰ろうこまえ
    日時:8月8日(水) 16時~20時
    ※花火は20時半までですが、私たちは駅が込む前に、20時で切り上げてみんなで駅に向かいます。花火を眺めながら!
    場所:狛江市南部地域センター2階和室(和室ですが車椅子も入れます)
    主催:みんなで◯◯こまえ
    会費:500円 ※おにぎりとおつまみ付き
    ※持ち寄り持ち込み大歓迎!
    ※舞台があるので、余興も歓迎!


    【準備の関係があるので、必ずご予約ください!】
    ※車椅子でご参加される方は到着時間をお知らせください。時間が合えば駅などから会場までご一緒したいと思います。
    TEL:03-3489-2246 M.A.P.(担当うぶかた)
    FAX:03-3489-2279


    【会場の地図】
    南部地域センターの地図

    【花火タイムテーブル】
    花火のタイムテーブル

    狛江の花火大会

    みんなで〇〇こまえ、第一回定例会は「点字」

    色々な方々と普段から交流し、お互いを知るために何かをやろう。
    そうして毎回テーマを決めての催しを継続的にやっていこう。
    その第三回のお知らせです。

    今回から(今月から)、毎月第1水曜日に、定例会として、勉強会を兼ねて何かしら外に開かれた小さな企画を開催することになりました。
    つまり、第一回定例会のお知らせですね。

    みんなで◯◯こまえ

    第1水曜日は、なんと明日!

    みんなで知ろうこまえ
    日時:7月3日(水) 19時 start
    場所:狛江市中央公民館(市民センター)視聴覚室

    主催:みんなで◯◯こまえ
    参加費無料!

    さて、いったい何を知るの?
    今回は点字です。
    みんなで〇〇の実行委員でもある狛江視覚障害者の会代表の伊藤聡子さんに、点字ってどうなっているのかを教えて頂きます。もちろん、点字が読めるようになるわけはないのですが、知ればきっと色々な発見があるかもしれません。それに、目の見えない方々にとって、なくてはならないツールを知ることは、とっても大切なことなんじゃないかなと、漠然とだけれど思うのです。

    こうやってひとつひとつ、やれることをやっていこうと考えています。
    みなさんのお越しをお待ちしています。

    【問合せ先】
    TEL:03-3489-2246 M.A.P.(エムエイピー) 担当うぶかた
    FAX:03-3489-2279

    延期となりましたm(__)m「“うちなー噺”Vol.3は金城哲夫でシュワッチ!!」

    7月27日10時、台風12号の影響を考慮し、本イベントは中止・延期とさせていただくことに決定しました。参加を予定してくださっていた皆様には、大変ご迷惑をお掛けしますが、どうかご理解いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

    なお、本イベントは、9月1日の土曜日に、同じ演目、同じタイムスケジュールで開催します。またあらためて告知記事を作成しますので、よろしくお願い申し上げます。


    志ぃさーのうちなー噺 金城哲夫を大特集
    吉屋チルー物語

    ウルトラマンの産みの親、金城哲夫生誕80年記念。沖縄の唄と躍りにのせて、金城哲夫唯一の映画監督作品『吉屋チルー物語』の上映と、うちな~噺家 志ぃさーによる高座『ウルトラ哲夫』の一席を皆様にお届けします。

    《演目》
    吉屋チルー物語
     ※金城哲夫監督映画、全編うちなーぐち、日本語字幕つきで上映!
    琉球舞踊と?の前座、そして…
    高座“ウルトラ哲夫”

    《出演》
    うちなー噺:志ぃさーこと藤木勇人
    琉球舞踊:宇夫方路(踊り)、高山正樹(地謡?)

    藤木さんからあらすじが届きました。
    沖縄で生まれた金城哲夫は、祖師ヶ谷大蔵でウルトラマンを生み出した。しかし、ウルトラ兄弟一番のアイドル、ウルトラセブンを最後に世に送り出し、彼は沖縄に引き上げた。それはいったい何故なのか?沖縄に帰る事を決めた夜の金城家、その楽しくも物悲しい一席。

    日時:7月28日(土) ①13:00~ ②17:00~
       (各回定員30名、開場は開演の30分前)
    会場:M.A.P.
      (小田急線喜多見駅徒歩5分)
      狛江市岩戸北4-10-7-2F 島田歯科の2階
      ⇒会場アクセス
    料金:3,000円

    御予約・お問合せ:M.A.P.(03-3489-2246)
      ⇒Facebookのイベント
    調子よくないので、もうひとつイベントを立てました。
      ⇒ふたつ目のFacebookのイベント

    【藤木勇人(志ぃさー)メッセージ】
    今年は、ウルトラマンの産みの親、沖縄南風原出身、金城哲夫さん生誕80年の節目です。
    それで、金城哲夫さんの功績に敬意を表し、金城家から許可を頂き、彼が若き日に沖縄オールロケで撮影監督た作品『吉屋チルー物語』の上映(初、字幕付上映)と、金城哲夫氏が円谷プロを辞めて沖縄に帰ることを決めた日の、祖師ヶ谷大蔵にあった金城家の夜を創作物語にした私の作品、高座噺『ウルトラ哲夫』の一席、沖縄の唄サンシン・舞と合わせて、盛り沢山の内容で公演します。
    昼・夜2回公演で木戸銭3千円となっております。どうぞ、興味のある方、お時間のある方のお越しをお待ちしております。


    【藤木勇人(ふじきはやと)プロフィール】
    〈高座名〉うちな〜噺家 志ぃさー(しぃさー)
    1961年1月9日生まれ
    1985年 劇団「笑築過激団」入団。
    1986年 「りんけんバンド」加入。
    1991年 「笑築過激団」退団後、「りんけんバンド」専属となる。
    1993年 「りんけんバンド」からも独立。
         落語家立川志の輔に師事、沖縄・東京での一人ゆんたく芝居定期公演を開始
    1998年 「第32回沖縄タイムス芸術選賞〈演劇部門〉」奨励賞受賞。
    2001年 東京公演で活動が認められNHKテレビ小説「ちゅらさん」に出演。
         沖縄料理店『ゆがふ』店長役&沖縄ことば指導担当。
    2007年 「沖縄かりゆし寄席」座長公演開始
    2008年 関東での「ゆんたく独演会」開始
    2010年 立川志の輔の番外編弟子として正式に認められる。
    2011年 NHKBSプレミアム『テンペスト』出演
    2013年 志の輔より名前をもらい、立川志ぃさーに改名。
         現在は立川を返上し、高座名 志ぃさーで活動中。

    吉屋チルー物語チラシ

    吉屋チルー物語チラシ2

    続きを読む

    tag: 藤木勇人 

    今日の告知!「狛江データ資料室」開設パーティーです!

    今日の今日です。

    「狛江データ資料室」を開設しました。
    いったい何をおっぱじめたのか、どうぞ冷かしでも結構ですから、是非遊びに来てください。
    お酒、おつまみ持ち寄り歓迎。途中参加、すぐ帰るのもOKです。
    狛江データ資料室オープニングパーティー
    日時:本日6月28日(木) 19時 start
    (※23時から、大スクリーンにて日本対ポーランド戦を観戦)
    会費:無料

    よろしければカンパを!!
    ※資料をコピーしたり、それ用のPCを導入したり、細心のDBソフトも必要なのです…

    資料室開設に際し、Facebookにページを作り、そこに投稿した文章を、加筆して以下に掲載します。
    ・・・・・・・・・・・・・
    【ページ情報】
    降圧剤を飲めば脳出血は少なくなる。なるほど論理的なハナシです。ところが、元々同じくらい高い血圧で、その後に降圧剤を飲み始めた人たちと飲まない人たちを対象に、実際に脳出血が起こった人の割合を調べてみたら、降圧剤を飲んでいたグループの方が却って脳出血を起こした数が多いという結果になった。さて、あなたはこれをどう判断するのでしょうか?

    サイコロ【最初の投稿】
    雑誌や宣伝や政治広報などで、票とかグラフとかを目にすると、いつも思うことがあります。

    膨大なデータの中から、特定のある部分を、ある条件で切り出してグラフにする、そして「このグラフから、これこれこういうことが言えるのです」などと説明されるわけです。

    しかし、ほんとにそうなのだろうか。

    もちろん、何のデータも示さずに何か結論めいたことを述べることが多すぎるこの世の中、そういう事例よりはずっとマシだということは間違いないのですが、でもやっぱり危ないと思う。いやもしかすると、データを示さないよりも、むしろグラフの制作者に恣意的な意図があったとしたら、こいつは説得力があるだけに却って危ないのかもしれないとさえ思うのです。


    いったいこのグラフの根拠になっているデータは、どこからどのように取得されたものなのだろうか。

    そして、ああなんとしても全網羅的な基礎データと較べて検証してみたいという欲望にかられる。でも、そんなデータベースは、なかなか手の届くところにはありません。
    例えば統計局のホームページなどには、様々なデータが、エクセルやPDFのような形でたくさん公開されてはいます。しかしそのデータは、そのままではなかなか使えません。JPGデータよりは遥かに親切ではあるのですが、しかしそれを使えるデータにするためには、様々なデータを関連付けて、バラバラな数字をひと固まりのデータベースにしなければなりませんし、だいたい政府関連機関が出すデータは、合計や平均など、ひとつ集計作業が入っていたりして、基礎データとは言えないものです。つまり身近ではない。

    例えば、狛江市の決算書なんて、統計局のHPでいくら探したって出てきません。やっぱりこれも身近ではない。

    また、統計といえばまずは「人口」ですが、そもそも「人口」とは、ひとりひとりの命の積み重ねです。本来、統計で示される数字は、どれもこれもそのように内容のあるモノのはずなのですが、他人様が集めて足したり引いたりしたデータは、ややもすると、そのデータを扱う人たちに、データの背後にあるはずの「ひとりひとり」の実態を忘れさせてしまいます。

    ならば!と、自分たちの手で基礎データを集め、そしてデータ資料館を作りたいと思い立ちました。

    そうして集めたデータを関連付け、ひとつのおおきな塊にして、だれでも自由に使えるモノにしたい。

    もちろん、簡単に出来るとは全く思っていません。でも、もしもデータが集まったら、地域のことを決めていくにおいて、そのデータはきっと役に立つ。それを有効に使えば、もっともっと有意義な議論ができるのではないか、あるいは議論を監視できるのではないか、そんなふうに考えたのです。

    もちろん超党派です。
    さらには、小学生から商店街の会長さん、新しいお店を始めようとか考えている人、イベントを企画している人、学生さん、統計が趣味の人、学校の先生、大学の教授、誰もが気軽に使えるデータベース。

    そんな大きな目標を持って、この資料室を立ち上げました。
    まだ、空っぽの資料室ですが、狛江から出発し、調布や世田谷、川崎と増殖し、いずれは全国まで!?
    夢は大きく!!です。

    紙ベースの資料は、そのままではそれで終わりです。データにして管理し、複雑な抽出や比較などが簡単に出来るよう、データベースソフトで使えるデータにしなければなりません。つまり、まずは入力作業が必須です。

    その地道なデータ収集と入力作業を、一緒にやってくださる仲間も探しています。シニア歓迎、若い人は大歓迎。ほんの少しでも興味のある方、ぜひともオープニングパーティーへ、遊びにきてくださいませ。

    久しぶりの驢馬駱駝