FC2ブログ

今年の文化フェスティバルのテーマは“舞”

“音楽の街-狛江”主催の文化フェスティバル、今年のテーマは「舞」ということで、声が掛かりました。
チラシも、琉球舞踊があるということで沖縄色を意識してデザインされたようです。つまり責任重大なのです。

日時:11月10日(土) 15時開演
会場:エコルマホール(小田急線狛江駅前)

小中学生は入場無料。あたらしい人たちに認知されるために!かな…

私たちのチームは以下の通りです。
※チラシ入稿後に参加が決まった方々は赤字でご紹介します。
地謡
高山正樹 栗原健司 平井草次郎(歌三線)
楠岡波世(笛) 前川みち子(箏) 沼田徹(太鼓) 新城弥生(胡弓)
踊り
宇夫方路 関優子(玉城流喜天の会)
濱田ひろみ 中村奏恵(玉城流喜琉の会)
宮里しげみ 新城美香(玉城流煙扇舞華の会)
玉城流喜天の会 関りえ子琉球舞踊研究所研究生
玉城流喜天の会 宇夫方路琉球舞踊研究所研究生


文化フェスティバル表

文化フェスティバル裏

tag: 琉球舞踊  エコルマホール  こまえ文化フェスティバル 

4/29のことのツイート


tag: 泉龍寺  エコルマホール 

狛江の長い一日

喜多見駅の盆踊りから…
喜多見の盆踊りの準備

狛江あちこち、それぞれ写真も撮ってはみたが…
泉の森会館前

三角広場1

三角広場2

おやじの屋台村の一人勝ちかな。地域に根差した人脈の差も大きいが、入場料制で飲み放題食べ放題じゃ、持ってかれても仕方ない。

エコルマホール平和フェスタ

ホールの中ではたくさんの方から声を掛けられる。知らない方も多い。有難いが、きっと僕のことを思い違いしていらっしゃる。その証拠に、重鎮たちはそっけない。嫌われているからね。

ロビー展示1 ロビー展示2

いびくん。君は僕を避けているのか、顔を忘れたのか、3か月前のあの時とはえらい違い。嫌味を言ったが馬耳東風。

平和フェスタの会場から見える狛江ビールフェスタの会場。
エコルマホールから見下ろす

どちらも市民が作るイベントだが、外は茹だる暑さ。こちらは冷んやりして快適。省エネなんのその。まあ、こっちは年寄りが多いから、熱中症で倒れられても困るもんね。

泉龍寺会場準備中。
泉龍寺会場準備中

駅前の噴水広場ではライブやってます。
駅前噴水広場

次はいよいよ
EXPRESIO;N(URI perc,関根真理perc)+西川郷子vo(ex:上々颱風)

準備中。
準備中1 準備中2

伊藤聡子さんも瀬戸洋平さんも聞きに来てくれました。
伊藤聡子さんと瀬戸洋平さん

始まった!
演奏中

さて、ボチボチ時間だ。
タイムテーブル

この日はこんな画像しかありませんでした。
タイムテーブル

しかし、この日はまだまだ終わらなかったのです。

【次の日呟いたこの日のこと】

tag: 狛江フェスティバル  泉龍寺  エコルマホール  西川郷子  狛江_居酒屋.ミートステーション 

映画祭の仮チラシ狛江文化フェス版、その他…

さあ今日はこまえ文化フェスティバルです。
山猫合奏団がエコルマホールに登場します。

そこで、昨日作った「喜多見と狛江で沖縄映画祭」の仮チラシ、急遽キャッチコピーの部分をちょっと書き替えたものを数百枚プリントアウトして、折り込みさせて頂くことにしました。

これで〜す!
「喜多見と狛江で小さな?沖縄映画祭+α 2016」文化フェス用

あら?!
ジェットカンフルちゃんを載せていない古いデータでつくちゃった?
あれえ、ええと…
いやいや、もう間に合わない。

では後ほど、エコルマホールでお会いしましょう。
行ってきま〜す!

取り急ぎのお知らせでした。

《追伸》
それから、こんなあつかましいチラシも挟み込んでもらいました。
今後のお知らせ

なんだかね、「俺は!俺は!」みたいな宣伝、下品だよなあ、と思いつつも、なりふりかまってもいられず、こうしてどんどん厚顔無恥になっていくのかなあ…

さらに加えてこの仮チラシも…
篠笛音楽会VOL3-1 篠笛音楽会VOL3-2

ご来場くださいました皆様、お騒がせしました。

tag: エコルマホール 

狛江で組踊

狛江エコルマホール開館20周年記念公演
国指定重要無形文化財
沖縄伝統芸能「組踊」(くみおどり)特別観賞会


演目は前半が琉球舞踊、そして後半のメインイベントは組踊「護佐丸敵討」。
沖縄からこの座組を率いてこられたのは、瀬底正憲改め真境名正憲先生です。

終演後、新しい「眞境名正憲」の名刺をもらっている宇夫方路。
瀬底正憲さんと

もちろん、僕も頂きました。

※追伸。次の日、呟きました。

tag: 瀬底正憲  エコルマホール 

お登紀さんが狛江にやって来た



来るはずの新城亘氏が事務所に来ない。と、メールが…
「うりずんの土屋さんが亡くなった」
昨日、沖縄で告別式があって、それに列席していたとのこと。

居酒屋「うりずん」の創業者、土屋實幸(つちや・さねゆき)さん。24日の午後7時22分、病気療養中の病院で亡くなった。享年73歳。死去した。「うりずん」を栄町に開店したのは、沖縄復帰の年、1972年のこと。僕もずいぶん世話になった。
 ⇒うりずんの思い出
いったい“うりずん”は、これからどうなっちまうんだろう…



次の日、Facebookにコメントした…

お登紀さんのコンサートに行くまで、僕は彼女の魅力を知らなかったらしい。悪い言い方をすれば、人に何かを伝えたいがため、人寄せパンダになって頂こう!くらいに考えていたのです。そのスケベ心は今もないと言えば嘘になりますが、お登紀さんは、そんなこと十分に分かった上で、ホントに自然に接してくれる。今回のステージを見ていて、妙な感覚ですが、あらためてそのことを思い知らされた。

原発やその他、色々とあちこちで発信しているお登紀さんですが、そのこととは全く関係のない魅力がステージに立つお登紀さんにはある、是非一度、加藤登紀子コンサートに足を運んでみて下さいと言いたい。心からお勧めです。

俺も、年取ったのかな…

tag: 加藤登紀子  エコルマホール  土屋實幸  新城亘  沖縄の呑食処.うりずん 

07/12のツイートまとめ

gajumui

RT @ubukatamichi: 本日12時半から狛江エコルマホールです。たったの1000円ぽっきりで、めったに見られない琉球古典踊り。地謡をやってくださるのは歌三線の伝承者の渡久山英男さん。当日チケットあります。ホールの方曰く、敵は暑さ。/7月のライブは狛江から http:…
07-12 09:11

エコルマホール、ロビーコンサート。当日券いっぱい出て、満員御礼。ありがとうございました!
07-12 16:48

RT @ubukatamichi: さあ、今夜は阿佐ヶ谷のグルくんです!エコルマホールとは全く違う雰囲気で。アットホームにいきましょう!そして一緒に飲みましょう! http://t.co/ncJSedcjYH @gajumui エコルマホール、ロビーコンサート。当日券いっぱい出…
07-12 16:55

今夜7時半からです。地図を見ながら、唄と踊りと一緒に那覇と薩摩の間を旅しましょう。/阿佐ヶ谷の“グルくん”で「上り口説下り口説・考」 http://t.co/bRyky6oimf
07-12 17:12

今夜7時半からのグルくんライブ、まだ入れるはずだと思います。TwitterのDMでも承ります。
07-12 17:43



ubukatamichi

本日12時半から狛江エコルマホールです。たったの1000円ぽっきりで、めったに見られない琉球古典踊り。地謡をやってくださるのは歌三線の伝承者の渡久山英男さん。当日チケットあります。ホールの方曰く、敵は暑さ。/7月のライブは狛江から http://t.co/rAMGA6UjeU
07-12 09:01

さあ、今夜は阿佐ヶ谷のグルくんです!エコルマホールとは全く違う雰囲気で。アットホームにいきましょう!そして一緒に飲みましょう! http://t.co/ncJSedcjYH @gajumui エコルマホール、ロビーコンサート。当日券いっぱい出て、満員御礼。ありがとうございました!
07-12 16:53

美香ちゃん、ありがとう! @mikairvmest まもなく!ワタシもいま向かってます。"@ubukatamichi: 本日12時半から狛江エコルマホールです。たったの1000円ぽっきりで、めったに見られない琉球古典踊り・・・
07-12 16:54

RT @mikairvmest @ubukatamichiホントに素敵な踊り、歌、演奏、でした。解説も。ホントはもっと渡久山さんの歌や演奏を聞きたいので今夜の阿佐ヶ谷こそ行きたかったのですが。。。残念。また次回は是非!
07-12 17:13

RT @gajumui: 今夜7時半からです。地図を見ながら、唄と踊りと一緒に那覇と薩摩の間を旅しましょう。/阿佐ヶ谷の“グルくん”で「上り口説下り口説・考」 http://t.co/bRyky6oimf
07-12 17:13

@shima_me まだ全然大丈夫ですよ!
07-12 19:30

tag: エコルマホール  高山正樹企画 

全て忘れてエコルマホール

《6月17日(金)》
東日本大震災から98日目。

【この日呟いたこと】
8:08
ずっと気にかかっていること。ホットスポット。柏は東京近辺で高いビルがある最北の都市、新宿には高層ビル群、足柄茶の汚染地域の先には箱根の山。みんな放射性物質が高いモノに当って下に落ちた場所だとか。では川崎・稲城あたりの多摩の横山の北側はどうなんだろう。

8:15
昨日のこと。降り始めた雨。事務所に3歳の子供を自転車に乗せて一時間くらい掛けて仕事に来てくれる人がいる。息子はバイクでバイトに行く。何も確実なことが分からないから、僕は何も言わない。

8:26
だけどさ、僕はそんなこと全て忘れたフリをして、今日、狛江のエコルマホールのロビーで歌っちゃったりするわけです。あら、もう出かけなきゃいけない時間。雨ですけど。



そして……
null

僕、埋もれてます。
null

この後のことはいずれ追記します。
打ち上げ

宮沢賢治の…

取り急ぎここまで……
 ⇒山猫合奏団のOfficial_Blog記事

tag: 狛江_居酒屋.鮮乃庄  「枡形城落日の舞い」  狛江_居酒屋.酔うへい  エコルマホール 

“中央公民館のつどい”第3回実行委員会

昨日は三線教室でした。
 ⇒三線教室専用ブログのその日の記事
今日は3月に行われる“狛江市中央公民館のつどい”の3回目の実行委員会があり出席してきました。高山正樹氏がもう2度と出ないと決めた会議です。
 ⇒高山氏がお茶を濁して書いたそのときの記事

今日のご報告は、一昨日のエコルマホールに行った時の記事を高山氏が書くのを待ってからにしまーす。
くわばらくわばら……
(宇夫方路)

【3月4日追伸】
高山氏がエコルマホールの記事をやっと書いたので、それを受けて。

この日は、前回までに決まったことの確認をしたあと、本番当日の受付の当番を決め、必要な提出物や提出期限などを確認して、40分くらいで全体会議は終了。
その後、やはり前回と同じように、コンサートに出演する団体だけが残りました。

この日はあの人がいなかったので、しまきさんとよねやまさんという男性二人が仕切って、当日使用するものの確認など、打ち合わせが進みます。
控え室は女性と男性に別れているので、女性の部屋に男性は入っちゃ駄目、という至極当たり前のことを確認しました。なにしろ前回は、女性の部屋でリハーサルをするというなんともケッタイな話しになっていましたから。。。

私達は終わった後、着替えなければなりません。それなのに自分の演目が終わった団体はもう控え室は使えないという決まり。でも、私達は後ろから2番目なので、終わったときにはもう次の最期の方々は会場にいるはず。その時はもう控え室を使っている人はいないはずなので、終わった後の着替えに控え室を使わせていただけることになりました。今日は、当たり前のことが当たり前にお話できて良かったです。

次回の会議は2月14日です。
(再度、宇夫方路?)

tag: 中央公民館のつどい  エコルマホール 

30’sの“楽屋”その2《演じることの充足感と現実の欠落感の狭間で》

サーティーズの“楽屋”、清水邦夫の秀作。
昨日は宇夫方女史が見てきたようで。
 ⇒http://mapafter5.blog.fc2.com/blog…
芝居のことはそちらで、と振られて困っている。“楽屋”という芝居はたいがいの女優さんにとって、とても魅力的で、是非ともやりたい戯曲の代表らしい。しかし、だからこそ難しい芝居だと思った。女優たちは、この“楽屋”という脚本で舞台に立てていることに、大きな充実感があるのに違いない。しかしその高揚を見せられては辛いのである。他の芝居なら逆なのだが。

役を貰えなかった女優たちの亡霊が棲みつく楽屋。彼女たちが抱えているのは、舞台に立てなかった欠落感と、演ずることに対する永遠に満たされない渇望である。そんな女優たちの執念が観たいのに、今この舞台に立つ女優たちが、どこか満足しているとしたら、芝居が全て嘘になる。演技がうまい下手の問題ではない……

ほら、だからオレに振るなって言ったんだ。ちょっと言ってみただけ、忘れておくれ。
「昔っからそういうおじさんだったよね」
そんなエリカの声が聞こえて来そう。

いつからエリカに会ってなかったんだっけ。ああそうだ、君の大好きな親父さん、伊藤克さんと小生が御一緒させていただいたリーディングに、あなたが差し入れもってきてくれた時以来だな。

なんとも懐かしい人に会った。畠山文男氏。舞台で並んで歌を唄ってたのはいつだろう。畠山さんが「日本アマチュアシャンソンコンクール」でグランプリを受賞したとは驚き。それが1991年、それよりずっと前から会ってないんだね。まったく変わってないというか、成長してないというか。

「飲み会、行くんでしょ」
「畠山さんは行くの?」
「あれ、高山さんが来るってエリカ言ってたよ」

伊藤絵理花と畠山文男。
越智絵理花さんと畠山文男さん
あ、そっか、今は越智絵理花だったっけ。

文化座の高木憲作さんと伊藤勉さん、そしてサーティーズの深水みゆき。
高木憲作さんと伊藤勉さんと深水みゆきさん
高木憲作さんは文化座の制作の方。伊藤勉さんは海の一座で座長を務めていらっしゃった文化座の中心的な俳優さんだ。みゆきちゃんと僕はすれ違いで一緒に舞台に立ったことはない。

文化座といえばずっと「沖縄」にこだわっている劇団ということもあって、高木さんと伊藤さんとは、いろいろ沖縄の話をさせていただいた。高江のことをご存知ですか、みたいなことも思い余って聞いてみたりした。

芝居を作る、舞台に立つ、それはとても楽しいことなのだろうか。終われば充実感もあるだろう。しかし、その芝居で伝えようとした現実に幕が下りることはない。沖縄は今も欠落感にまみれ、絶望的な渇望の中にある。とするのなら、例えば「沖縄」を演じた役者は、千秋楽をどのような気持ちで迎えなければいけないのか。僕は、絵理花や畠山氏と一緒に舞台に立っていた頃から、ずっとそのことを考え続けているような気がする。

高木さま、伊藤さま、生意気な話をしてしまいました。どうか失礼の数々、お許しください。
畠山さん。コンサートがあったら知らせてください。畠山さんの歌には哀愁いっぱいの欠落感がありそうだから。(ごめん)
そしてサーティーズの皆様、また懲りずにご案内をお送りくださいね。仕事がなければ、必ずお伺いいたします。
(高山正樹)

《おまけ》
われらが新城亘先生が、文化座の「海の一座」の音楽担当だったということ。
 ⇒http://uminoitiza.exblog…

※宇夫方路は琉球舞踊教室…
(エコルマホールのリハーサル室にて)
 ⇒http://mapryukyubuyou.ti-da.net/e3011459.html

tag: 文化座  エコルマホール  別ブログへ  新城亘  伊藤勉  その他の登場人物  MAP琉球舞踊教室