FC2ブログ

M.A.P.によるもうひとつのキジムナー“旅行芸能者・京太郎の歌”

《7月24日(日)》
東日本大震災から135日目……
朝。
構成台本とにらめっこ。
null
降圧剤とマンゴ。
構成台本とにらめっこ。
null
ドラゴンフルーツ。
構成台本とにらめっこ。

ピンと来ないので……
【昨日のことを呟くことにした】

9:25
いつもお世話になっている沖縄の小さなレンタカー屋さんの話。東京あたりから避難してきている家族が長期レンタルして車が足りない。みんなニコニコして観光気分。しかしもっと深刻な地域からの避難者はずっと少ないとのこと。経済的にも精神的にも余裕のある人たちが逃げてくる。

9:28
昨日の大きな地震のこと、今朝まで知らなかった。ここ沖縄は、東北からものすごく遠い。


白石准が昨日の宇夫方隆士氏の「雨ニモ負ケズ」の解釈について呟いていたので補足してみた。
9:45
なぜ賢治は「ひとり」を「ひどり」と思わず書いてしまったのか。賢治は標準語に憧れていながら花巻弁しか喋れなかったらしい。賢治作品の宇宙と東北の両義性の秘密を解く鍵です。

9:45
これから亘しぇんしぇーと「京太郎」のリハーサルです。



名護の羽地小学校にて、高山正樹が参加するもうひとつのキジムナー、「旅行芸能者・京太郎の歌」の稽古。
レンタカーで移動。
助手席には新城亘先生。後ろの座席から八重山古謡研究者の入嵩西康文さんの唄三線が流れてくる。
null
この画像、仏頂面で何とも詰まらなそうな顔に見えるけれど、いえいえ全くそうではなく、ものすごく贅沢な時間なのだった。

まずは腹ごしらえ。
null
ジューシー付き。
null

「京太郎の歌」のラストは“TEAM琉球・鼓楽舞”の照屋真也さん平義信さん安田辰也さんのエイサー。今日、初めて見せてもらった。絶品であった。
これを見逃す手はない!
しかし、相変わらず宣伝の下手なM.A.P.なので……

 ⇒Official_Siteの案内ページ

役者は揃っている。問題は構成台本。責任重大。

帰り、キジュムナーフェスタの受付に寄る。
null

今年のチケットセンター。
null

会場も準備万端。
問題は構成台本……

なお、この日の正午、地デジに移行したらしい……



tag: 入嵩西康文  沖縄の呑食処.(その他)  ソーキそば  ジューシー 

準備完了【恩名村なかむらそば】

起床……
null null
今日はいい天気。
null
朝の徘徊癖のある楠さんは、どこ行っちまったんだか、車と共に所在不明。

僕は散歩。
まるで、沖縄じゃないみたい。
null null
ここ、沖縄の別荘地なのです。少し高いところにあるので、避暑地なのかもしれません。でも、「内地」からわざわざ沖縄まで避暑に来るという人はいそうもないから、たぶん沖縄のお金持ちがオーナーという場合が多いのではとも思ったのですが、定かではありません。
しかし、最近の夏の最高気温は、東京より沖縄のほうが2、3度低いのが普通。なにしろ沖縄では、35度以上の猛暑日なんて殆ど皆無なのです。緑の多さと海風が島を冷やしているのでしょうかねえ。もしかすると、沖縄が日本の避暑地になる日も意外に近かったりして。

それにしても今年は台風が少ない。台風は海をかき回して海水温を冷やしてくれる。でも今年は台風が来ない。このままだと珊瑚が大打撃を受けることになるんだって聞きました。台風と珊瑚の関係についてはきちんと調べた話ではないので、コピペしてブログに使わないでね。

行方不明だった楠さんが戻ってきて(万座ビーチまで行って中に入ろうとしたらガードに静止されたんだって)、朝ごはんを食べてから、楠・宇夫方・高山の3人で、明日の名護の会場へ打ち合わせに行きました。
null null

戻ってきて一息ついて、あらためて楠さんと宇夫方女史は先発隊で恩名村の今日の会場に出発。

お昼、観光客に有名な“なかむらそば”で合流することにしました。
null
58号線を挟んで反対側は海。金城さんの「生まれ島」伊江島が見えています。
null

シーズンなので、店内はごった返しています。
null
沖縄に来てまで御稲荷さんを頼むんだから楠さんらしい。
大島君はジューシー。抑えるところは抑えてますな。
null
癖のないあっさりした味。ナイチャーの口に合うようにしているのかな。

はじめて来た店では、必ずソーキそばと決めているのですが……
null
今度来る機会があれば、アーサーそばにしてみようかな。
null

おなかいっぱい。準備完了。

tag: 沖縄の旅_2010年7月  アーサー  ソーキ  ジューシー  山猫合奏団  沖縄の呑食処.なかむらそば