FC2ブログ

首里城祭り②

まる子さんが首里城に行きたいという。
そういえば、首里城のタグが付いた記事はいくつかあるが、実際に行ったという記事はひとつもない。タグを集めて「沖縄あんなとここんなとこと」としてまとめているが、首里城の画像が一枚もない。そうか、ブログを始める前に行ったいわゆる定番の場所が、すっかりこのブログから抜け落ちているのだ。初心に帰ってあらためて訪問することにした南部の戦跡と同様、首里城をはじめ、そういう場所に今一度行ってみるのもいいかもしれないと思い始めた。

ということで、首里城へ。
(あ、肝心な守礼門の画像を撮り損ねた…)
歓会門

首里城へ入る第一の門。
冊封使(さっぽうし)を歓迎する意が込めて歓会(かんかい)門と名付けられている。
首里城の踊り

登って来た道を眺める。
向こうに見えるのが、今くぐって来た歓会門で、手前右にあるのが久慶門(きゅうけいもん)である。
振り返る
歓会門が正門であるのに対し、久慶門は通用門で、主に女性が利用したらしい。国王が寺院に参詣したりするときにも使用された。つまり、人々が日常的に出入していた門である。

首里城正殿のある「御庭(うなー)」に入るには入館料が必要。その前にある広場が「下之御庭(しちゃぬうなー)」で、正殿前の御庭で行われる儀式の控えの場である。御庭への入口の反対、下之御庭の西にあるのは、「系図座(士族の家系図を管理する役所)」と「用物座(城の物品資材を管理する役所)」のあった建物で、復元されたその建物は、現在休憩案内所になっている。
夕暮れの頃、その建物の前に、観光客が集まって来た。
首里城の踊り
首里城では、「舞への誘い」というイベントが、毎水曜・金曜と土日及び祝日に、午前11時、午後2時と4時、1日3回開催されている。しかし今日は首里城祭りなので特別プログラム、普段はない夜の舞台もあって、運よく見ることが出来た。
首里城の踊り

まずは四つ竹から。なんと、踊っているのは妙ちゃん(左)ではないか!
首里城の踊り
見入るふたり。
見入るふたり?
ふたり?
いやいや、その向こうにいらっしゃるのは、知名文子先生ではありませんか。
三人見入る

「系図座・用物座」の控室へ行って、記念撮影。
控室は系図座・用物座

元々妙ちゃんは、知名先生に太鼓を習い、踊りは川口喜代子先生に習っていました。でも、川口先生のところからではコンクールが受けられないということで、関りえ子研究所から新人賞を受けたのです。でもその後、案の定色々あって、妙ちゃんは、琉球舞踊の先生でもある知名先生の研究所に移りました。
つまり、今日の首里城の舞台は知名先生の教室が担当していて、弟子たちの踊りを、知名先生は真剣に見ていたというワケなのですね。

この日は、まだもう一回ステージがあるとか、頑張ってね、僕らは帰ります。
もう日はとっぷりと暮れ、ライトアップされる首里城。
首里城ライトアップ

さあ降りよう。
帰り道

ライトの道
振り返れば…
首里城の明かり

首里城音楽祭が開催されていました。
首里城音楽祭

夜の守礼門は、しっかり撮影しました。
守礼門

まる子さんは、この日の遅い飛行機で東京に帰りました。

tag: 沖縄の旅_2018年10月  首里城  丸山ゆうき  江端妙子  知名文子 

100シリーズ仕入れ

昼過ぎ、宇夫方路から羽田の画像が届く。
羽田1026



15時50分、宇夫方女史那覇到着。
まる子さんは夜の便。

宇夫方は稽古
ボクとまる子さんは“ななしん屋”
ななしんや201810

tag: 100シリーズ  沖縄の呑食処.ななしん屋  沖縄の旅_2018年10月  丸山ゆうき 

読谷に行く前に

読谷には昼ごろ行けばいい。
「そうだ」
波之上宮に行ってみることにした。

先月バッタリ会った宮司さん、その時ふと思いついたことを実現させてしまえという企み。
しかし、宮司さんはいらっしゃらなかった。でも、波之上No2である禰宜(ねぎ)の大山晋吾さんにお会いして話をした。大山さんは、「それはいい企画ですね」と、大変乗り気になってくださった。すぐに企画書を送って欲しいとのこと。これでまる子さんに土産ができた。いい土産か、厄介な土産かは僕には分からないが。

しかしなあ…
明治天皇

記念植樹

これはこれ、今このことを考えるのはやめておこう。
これから、金城実という反天皇制の闘士に会いにいく。

tag: 波上宮  沖縄の旅_2018年5月  丸山ゆうき 

「沖縄の声を残すために」はまだまだ続くのか…

昼間の国際通りでバッタリ会ったななしん屋のママは…
国際通りで

波上宮の駐車場で交通整理していたのは…
波上宮の駐車場で

tag: 沖縄の旅_2018年4月  渡久山ミヨ  波上宮  丸山ゆうき 

(暫定投稿)

なんだかアンニュイな感じ…
丸山さんが来てくれた

gajumui

@b25225 2月17日にM.A.P.のお遊び会のようなものを予定していて、そこでやっちゃうかもしれません。
01-20 23:25

別のものを探していたら、先週探していて見つからなかったホルムグレンの「未来のシナリオ」が出てきた。なんとも間抜けだが、これでパーマカルチャーと日本の農村のことをブログに書ける。ライブ4発、芝居2本抱えているのでいつアップできるか分からないけれど。あれ、俺、何を探してたんだっけ…
01-20 23:35

口髭に白髪がまじるのは何となく歓迎だったが、鼻毛は何故だかどうもいかん。
01-20 23:59

tag: 丸山ゆうき 

10/18のツイートまとめ

gajumui

“上り口説”で二分五厘ばかり練習していたら、“浜千鳥”の五分が突っ込むようになっちまった。そうすると走る。ゆっくりゆっくり…。わけあって明日の夜までにまず安冨祖流のチジュヤーだけは完璧にと思っていたのだが、こりゃダメかな。 #三線
10-18 14:22


だって今日は、重要な仕事があるんだもん。

チェックするシーサー玉城 原稿を読む嶋田翔平

“おきなわおーでぃおぶっく”新作、最終録音終了。丸山さんお疲れさまでした。青年座の嶋田君、シーサー玉城さん、ありがとう!俺も予定外で読んじゃった。シーサー玉城はイチャリバーズのライブで収録後、古河へ。
10-18 17:07

丸山さんと嶋田翔平くんとシーサー玉城さん

シャボン玉のように消えていくツイッターの呟きをブログにしてみる。/10月10日の呟きを天邪鬼の眼が聞いている http://t.co/1ltcjQs7
10-18 17:10

@natutubaki 三線がないと、どこで上がったり下がったりするのかがさっぱりわからない。ネーティブの人の耳にはついているだろうが。ならば何百回も聞けばいいのだろうけれど、そんな時間ないし。というか、飽き性のボクには無理だわさ。
10-18 21:06

コンケンアイで虎ふぐを食う。今まで食えなかったのは、フグ料理屋の利権。
10-18 22:32

tag: 青年座  丸山ゆうき  嶋田翔平  うちなぁぐちフィーリング  シーサー玉城 

ここ東京では笑顔なのだが…

gajumui

儀間進さんのウチナーグチのコラムをオーディオブックにする企画の打ち合わせでシーサー玉城&嶋田翔平(青年座)両君が事務所へ。ふたりは初対面。しかし帰り際には殆ど姉と弟状態。「おい翔平しっかりしろ」「ネーネーゴメン」みたいなノリに。いやいやなんとも楽しくなってきた。
10-16 12:58

原稿をチェックする嶋田翔平くんとシーサー玉城
イチャリバチョーデーとはまさにこのことか。
録音はあさってです。よろしくね~!

みなさま、いい笑顔だこと。
いい笑顔たち
(↑クリックすると笑顔が大きくなります!僕も鏡に写ってるよん…)

事務所が沖縄色に染まりました!(宇夫方路)

…と、@SandarHaxさんからこんなツイートが流れてきた。
「いまQABとNHKのニュース。今日(16日)の3時頃、沖縄で米兵二人が一人の女性を1時間にわたって暴行したとの報道。 悔しい。本当にもう、許せない。」

だから僕は…


10-16 19:08

…と反応した。

北谷で上演される「私の村から戦争が始まる」の出演者の方々、高江や普天間には行かないのかな。舞台以外で目立つのは嫌だという感覚?それならよく分かる。時間があれば僕は… 「お前はもう役者じゃないのさ」「いや、まだ役者の端くれ。ただ無名だからこそ出来ること…」と、僕は自虐的に笑ってみた。
10-16 21:21

続きを読む

tag: 丸山ゆうき  青年座  高江  嶋田翔平  うちなぁぐちフィーリング  シーサー玉城 

ゆうきさんは帰るのだった

gajumui

先ほどNHKの朝の連ドラで、津嘉山正種さん演じる早川さんがお亡くなりになりました。でも本物の津嘉山さんはまだまだお元気です。M.A.P.の“沖縄おーでぃおぶっく”「人類館」では、儀間進先生も絶賛するウチナーグチを披露されています。 http://t.co/bg3Yc0Vm
08-10 08:36

北村三郎さん、大城立裕先生に続き、昨晩はあの篠田正浩監督の隣で(肩が触れた状態で)伊野波節をやっちゃいました。これで度胸だけはついただろうと思いきや、コンクールは別物。3000ステージを越える僕の舞台経験も役にたちそうもありません。コンクールの舞台にはマジムンが住んでいるらしい。
08-10 08:51

告知しなければならないことも色々あるのですが、旅先の慌しさでママなりません。そんなわけで、人様任せ、RTでお茶を濁したりして… コンクールが終わるまではお許しを。
08-10 09:08

今から安富祖流最長老、絃声会名誉会長の岸本吉雄先生の稽古場へ、爪だけ持って伺います。三線借りて先生の前で歌うことになるのでしょうか。2000人の観客の前で芝居する方がずっと楽です。
08-10 09:18


おもろまちのフードコロシアムで昼食。
フードコロシアム

沖縄県立博物館の企画展「旅する仮面」で…
仮面を取れ

瀬底島で曲がりなりにも沖縄の海を体験して…
飛行機が飛んでる

(※詳細は後日)

午後7時、まだまだ明るい沖縄の夏です。
那覇空港。
丸山ゆうきさんを那覇空港でお見送り
丸山さん、お疲れ様でした。東京で待ってってね。

tag: 丸山ゆうき  うちなぁぐちフィーリング 

8/8のことのツイート

gajumui

30年間沖縄タイムスで続いていた儀間進氏のコラム”語てぃ遊ばなシマクトゥバ”をオーディオブック化することになりました。その公開録音を明日16時から、那覇バラダイス通りのBar土2階ギャラリーにて行います。料金は無料。最低1ドリンク注文を。問合せ090-1651-6312(宇夫方)
08-08 08:32

@t9402508 人間関係の濃密さ(最近は変わってきているようですが)は沖縄の人にとっては当然のこと。多くの大和人にとってはそこが魅力なのでしょうが、近しくなればなるほどマイナス面も色々あるということなのでしょう。沖縄に根がないからこそ言えたりすることもあると思っています。
08-08 08:45

朝、那覇空港へ向かう道に丸焦げの軽自動車が一台あって大渋滞。皆さん飛行機に間に合ったかなあ。
08-08 11:11


夕方、大城立裕先生のお宅へ、パンローリングの丸山さんと一緒に行きました。
大城立裕先生を囲んで

・琉歌のサンパチロクの「八」は「3+5」か「5+3」だという話。
・ウチナーグチの丁寧語の話。
・11月にやる組踊「対馬丸」の話。

追伸【この日のことを次の日呟いた】

昨日は大城立裕オジイ、おっと失礼、立裕先生のお宅にお邪魔しました。伊野波節をお聞かせするという暴挙。それから2時間、いつものように大変面白い話を伺ってきました。ウチナーグチのこと、組踊のこと、「さんぱちろく」のこと等々、どんな本にも書かれていない貴重な話。いずれご紹介します。
08-09 08:38

tag: 丸山ゆうき  大城立裕  うちなぁぐちフィーリング 

それぞれの小さな幸せ《喜多見の“はん家”はお任せコースがお薦めです》

今日は、とてもキュートなお客様がM.A.P.の事務所にいらっしゃいました。実は2度目なのですが、最初の時は記事にしませんでした。それは、まだまだミステリーだったから。今回は少し具体的に見えてきたこともあるのですが、その内容についてお話しするのは、もう少し先かな。いずれ近いうちに、“おきなわおーでぃおぶっく”のブログでご紹介することになりそうです。

でも、かわいいお客様と一緒に食事に行ったということは、M.A.P.after5で、早速記事にしなくちゃね。

まだまださほど親しくない女性と一緒にお食事、となると、喜多見で選ぶお店は、やっぱり“はん家”。昨年5月以来です。
さて、と腰を下ろそうと思ったら、あ、円座だ。ちょっと失礼してパシャリ。
null
円座とは、イグサや藁などを綱に編んでそれを渦巻き状にした敷物のこと。市民劇も昨日の稽古からいよいよ「立ち」になって、鎌倉時代には畳などなく、円座のようなものに座っていたのだ、というようなハナシが出たばかりなのです。でも、この円座に座れるのはとっても身分の高い人で、板の間に上がれるだけでも相当だったらしい。その代わり、身分が低くても正座は不要。立て膝か胡坐。正座が礼儀みたいになったのは、畳が普及して小笠原流なんかが出てきてからのようです。

“はん家”では靴を脱いで上がり、板の間に置かれた円座に座ります。
まずは生ビールでも頼んで、「さてツマミはどうしますかねえ」などと言っているとお通しが出てきます。
“はん家”のお通し
“はん家”のお通しはおしゃれなのです。これで掴みはバッチリ。
いえいえ、決しておかしな下心があるわけではないんですよ。だってふたりっきりじゃなくて、宇夫方女史も同席ですから。

お任せコースにしました。
前回来た時、その日突然バイトの子が休んだとかで、マスターひとりでてんてこ舞い。「お任せなら早いんですが」「それならそうしましょう」と頼んだコースがなかなかよくて、これから“はん家”に来た時はこれにしようと秘かに決めていたのです。
山芋のサラダ 慈姑 しめ鯖 おでん 白子のホイル焼き
串のパレード。
トマトの豚バラ巻き しいたけ オクラの豚バラ巻き イカげそ 舞茸の豚バラ巻き しそ長芋の豚バラ巻き
さらに続くよどこまでも。
穴子の白焼き 刺身 のれそれ
シメには御新香。
null null
これでお一人様2,500円。ホントかしら。

マスター曰く、不景気らしい。家飲みが増えたとか、土建屋さん関係の人が飲みに来なくなったとか、ランチをやめたワケとか、狛江に較べて喜多見の商店街はとか、JINさんのところの香さんの話とか、魯園菜館もやっぱり大変らしいとか、和田屋さんのこととか、アイアンポットが潰れないのが不思議だとか、ブログで言えるハナシ言えないハナシいろいろと……

一軒だけでどうなるもんじゃないのです。一軒だけ良くてもダメなんです。喜多見の街が盛り上がらなければならないのです。わたしたちM.A.P.に何ができるというわけではないけれど、せいぜい宣伝しなくちゃね。

オーディオブックも同じこと。自分のところだけ良ければみたいな発想でやっていたら、ドデカイところに敵いっこありません。結局巨大なサイトのひとり勝ちみたいなことになってしまう。
CDだって何万枚売れるという時代じゃない。最初から1,000枚売るという発想で制作すれば、もしかするとそこに新しい道があるかもしれません。
じゃないと、iTunesとジャニーズだけという、なんとも貧しい世界になってしまいますから。

僕は黒千代香(くろじょか)。
null
宇夫方女史は泡盛。そして素敵な彼女はなんと日本酒。若いのに偉い!いいんですバラバラで。酒好きは一緒。
で、お待たせいたしました。日本酒好きの彼女がこちら(手前左)です。“でじじオーディオブック”を運営するパンローリングという会社の丸山ゆうきさんです。マスターとM.A.P.after5初登場の奥様も一緒に写ってくださいました。
null
去年、早稲田大学を卒業したばかり。大隈講堂の公演の時に人類館のことを知ったのだそうです。
あとは、今のところ内緒です。でもね、なんだか自分の娘か、歳の離れた妹みたいで、彼女の幸せを祈るおじさんなのでありました。
(高山正樹)

でじじオーディオブック制作の商品。
null
「世界全体が幸福にならないうちは個人の幸福はありえない」
と宮沢賢治は言いました。そんなことを昔日記に書いたっけ。
 ⇒社長とは呼ばないで《1984年9月13日のノート》
カンパネルラは、賢治の最愛の妹トシだったのかもしれません。

tag: 喜多見_居酒屋.はん家  「枡形城落日の舞い」  丸山ゆうき  うちなぁぐちフィーリング