お登紀さんが狛江にやって来た

※2016年元旦に暫定投稿


次の日、Facebookにコメントした…

お登紀さんのコンサートに行くまで、僕は彼女の魅力を知らなかったらしい。悪い言い方をすれば、人に何かを伝えたいがため、人寄せパンダになって頂こう!くらいに考えていたのです。そのスケベ心は今もないと言えば嘘になりますが、お登紀さんは、そんなこと十分に分かった上で、ホントに自然に接してくれる。今回のステージを見ていて、妙な感覚ですが、あらためてそのことを思い知らされた。

原発やその他、色々とあちこちで発信しているお登紀さんですが、そのこととは全く関係のない魅力がステージに立つお登紀さんにはある、是非一度、加藤登紀子コンサートに足を運んでみて下さいと言いたい。心からお勧めです。

俺も、年取ったのかな…

tag: 加藤登紀子 

お登紀さんから届いたメッセージ

加藤登紀子さんから、“喜多見と狛江の映画祭+α”にメッセージが届きました。

「ひとりでも ひとりじゃない 命結(ぬちゆい)にむすばれて どこまでも いつまでも までえの命咲かそ!」
人の歴史が何にむかって行こうとしているのか、とっても不安な時代です。
でも、どんな時も私たちは素晴らしく生きていましょう!
「までえ」とは「ていねいに」という意味です。
心こめて、ちゃんと楽しく!!
加藤登紀子

駒場の大先輩加藤登紀子さんと
2013年1月30日新宿にて)

今年も、お登紀さんが音楽を担当した映画を上映します。
 ⇒「福島 六ヶ所 未来への伝言」
 ⇒「あしたが消える」

昨年の映画祭に遊びにいらしてくださった お登紀さん、「あしたが消える」の挿入歌「原発ジプシー」が発売中止になった時のことを語ってくださいました。発売中止になった表面上の理由は、「ジプシー」という言葉でした。でも、本当はどうだったのだろうか。「もしあの時、発売禁止と徹底的に戦っていたら、私は歌手生命を絶たれていたかもしれない…」そんなことも話してくださいました。


下記記事にて、その日の他の動画もアップしています。
 ⇒「昼からだけど後夜祭」追加上映を登紀子さんと…

お登紀さん、今年もなんとか踏ん張ってみます。そして、これから先、第三回第四回と続けていけるように頑張ってみます。またいつか、是非遊びに来てくださいね。

tag: 加藤登紀子 

「福島 六ヶ所 未来への伝言」

ドキュメンタリー(105分/2013年)
監督:島田恵
音楽:加藤登紀子

福島 六ヶ所 未来への伝言

原発事故が起きた福島
核燃料サイクル事業が進む青森県六ヶ所村


2011年2月、核燃料サイクル基地がある青森県六ヶ所村をテーマに映画製作を開始した写真家・島田恵。六ヶ所村には「原発1年分の放射能を1日で出す」といわれる再処理工場と全国の原発から集められる核廃棄物の集積場がある。製作開始から1カ月後、東日本大震災と福島原発事故が発生。福島と六ケ所村をつなげ、原発社会の「入り口」と「出口」を描こうと核をめぐる旅が始まった…。

【上映日時】
1)6月3日(火)13:00~
2)6月9日(月)16:00~


 喜多見と狛江の小さな小さな映画祭+α オフィシャルサイト

6月3日の上映後は…
島田恵監督のトーク

続きを読む

tag: 加藤登紀子 

「あしたが消える」

今年も上映します!

ドキュメンタリー(55分/1989年)
構成演出:千葉茂樹、中嶋裕、田淵英夫、金高堅謙二
製作:平形則安、溝上潔、里中哲夫

ソ連・チェルノブイリ原子力発電所の事故から3年後、1989年5月26日公開された幻のドキュメンタリー。

どうして日本は
この時に“原発問題”を解決しておかなかったのだろう。


福島第一原発の定期検査などに携わっていた52歳の父を骨ガンで亡くした女性の新聞投書をきっかけに、原発で働く労働者、被ばくの危険性を明らかにしようとする医師、福島第一原発4号機の設計に携わった田中光彦氏らの証言を集めたドキュメンタリー映画。

「あしたが消える」チラシ表 「あしたが消える」チラシ裏
(※クリックすると大きくなって↑広瀬隆氏の解説が読めます。)

【上映日時】
1)6月3日(火)10:30~
2)6月9日(月)13:00~

 ⇒喜多見と狛江の小さな小さな映画祭+α オフィシャルサイト


6月3日の上映後は…
千葉茂樹監督のトーク

ナレーションは津嘉山正種さんです。

続きを読む

tag: 加藤登紀子 

吉川彰浩氏を加藤登紀子さんに繋いでみた…

前日の呟き。
gajumui

案内を頂き、急遽明日、元東電社員の吉川彰浩氏と「六ヶ所 未来への伝言」を見に行くことにした。音楽を担当した加藤登紀子さんが上映後のトークショーに参加。吉川君をおときさんに紹介する。廃炉作業環境の悪さが、色々な意味で日本と世界を破滅に追いやる最大の心配事、という認識の拡散のために。
02-27 18:10

よろしくお願いします! @TokikoKato 明日の上映会で会いましょう!RT @gajumui: 案内を頂き、急遽明日、元東電社員の吉川彰浩氏と「六ヶ所 未来への伝言」を見に行くことにした。音楽を担当した加藤登紀子さんが上映後のトークショーに参加。吉川君をおときさんに紹介…
02-27 18:39

吉川君の考えを全面的に理解しているわけではない。特に帰還の問題。甲状腺の異常がベラルーシの何倍、三百人にひとり、今ネットで散見されるその数値を、いったいどう受け止め、判断すればよいのか、僕は揺れ、そして考え続けている。彼は、そんな僕を認めてくれるから、楽しみましょうと僕に言う。
02-27 18:57


そして今日。

上映後の風景。
上映後
トークショーなんですけどね。もうお登紀さんの独壇場で、島田監督(左)にも制御不能(笑)

楽屋にて。
加藤登紀子vs吉川彰浩

何がどうなったかはそのうちに報告しよう。
おときさんと

近くのお店に入り、実に健康に良さそうなお昼を御馳走になりました。
島田監督も一緒。
健康食

@keishimada6 本日はありがとうございました。この際、是非、呟いてくださいませ♪
02-28 16:14

お登紀さん(@TokikoKato)、先ほどはごちそうさまでした。島田恵監督(@keishimada6)がフォローしてくださるのを待って、映画のことと、そしてご紹介した応援したい吉川彰浩くんの活動のことを、ゆっくり素直に呟いてみたいと思っています。福島が、近くなってきました。
02-28 16:36

@keishimada6 ありがとうございます。是非フォローしていただければ幸いです。そして、メンションといって、@マークの後にメッセージを送りたいアカウント(僕の場合はgajumui)をつけて、その後に文章を入れるとフォロワーの多い登紀子さんのような方にもちゃんと届きます。
02-28 17:41


【追記:その後ツイッターにて】

RT @keishimada6: 今日もオーディトリウム渋谷に行ってきました。来て下さった方ありがとうございます。映画「福島 六ヶ所 未来への伝言」二日間延長になって明日最終日です。10:30から。終了後監督挨拶します。お待ちしています。
03-01 14:41

8日は琉球舞踊と三線の舞台に出て、9日も昼のコンサートに出演するのですが、9日の夕方ならなんとか、でもその時間ではもう終わっているのでしょうか? @TokikoKato また合いましょう!3月8.9日、日比谷公園でアーディスト大集合します。良かったら。
03-01 15:56

肩書きや看板とは関係なくお付き合いくださるお登紀さんの深さに、心から感謝しています。しかし、話し始めたら止まらないお登紀さんのマシンガントークに割り込むのは大変ですけれど(笑) @TokikoKato 琉球舞踊ですか⁈フィールドが広いですね。お互い様だけど!またお会いしましょ!
03-02 10:05

やっほ~! RT @TokikoKato 今度は是非聞き役に!笑RT @gajumui: 肩書きや看板とは関係なくお付き合いくださるお登紀さんの深さに、心から感謝しています。しかし、話し始めたら止まらないお登紀さんのマシンガントークに割り込むのは大変ですけれど(笑)
03-03 10:27

tag: 加藤登紀子  島田恵 

加藤登紀子さん関連のツイートをまとめてみた

gajumui

@TokikoKato おはようございます。あした、よみうりホール、伺います!楽しみだなあ。
12-26 09:40

ありがとうございます。そうだ、お誕生日おめでとうございます。世の中はあんまりめでたくないですが、誕生日はおめでたい! @TokikoKato 終演後にサイン会でロビーに出るので、声をかけてください。RT @gajumui: @TokikoKato よみうりホール、伺います!
12-27 13:28

混んでる

@gajumui 我ながらよく出来た行程なのだが、と、有楽町に向かいながら考えていた。よみうりホール、いっぱいの人。那覇で抗議に集まった人とどっちが多いのだろうなどと詰まらぬことを。ほろ酔いコンサート。ちょうど開演ベル。
12-27 17:00


お登紀さん、古希を迎えられました。喜多見の花屋で一本の赤いバラを買って、それをプレゼントしたのです。何十年ぶりだろう、女性に花なんか贈ったのは。525円。

「写真、ネットで公開していいですか」
「聞かなかったことに・・・」
加藤登紀子さんの誕生日に赤いバラ
この写真をFBに投稿したら、アッという間に「いいね!」が50個を越えた。
 ⇒FBの投稿
この日、バラ一本なんて貧相な花を贈ったのは間違いなく僕だけでしょう。

オレ、人生間違えた。やっぱり歌手になるべきだった。アハ・・・
12-28 00:33

どう考えても、おときさんはオレより長生きする、と、今夜確信いたしました。きっとおときさんは130歳くらいまでは生きる。 @TokikoKato
12-28 00:37

@kiriyama99 本日ニアミス、おときさんからいらっしゃっていたと伺いました。お会いしてお話しさせていただきたかったのですが、残念。
12-28 00:48

「加藤登紀子」は、今まで僕にとって歌手ではない別の存在だったような気がする。しかし今夜(もう昨日だが)、おときさんは歌っているのが一番似合う人なのだと納得したのである。何を今さらって怒られるな、きっと。でも言う。加藤登紀子のほろ酔いコンサートは、スコブル素敵である。
12-28 01:02

【追伸】
ubukatamichi

@TokikoKato お芝居と踊りばっかり観てきた私。歌手のコンサートなんて始めてかもしれない。加藤登紀子さんの「ほろ酔いコンサート」、すごく良かったです。なんだかはまっちゃいそう。
12-28 09:28

gajumui

「生きている間は歌う」ではなくて、「歌える間だけ生きる」ですか。なるほど。翻って自分は…考えさせられました。はい… @TokikoKato そんな事はありません‼笑。歌える間だけ生きていたいです。 @gajumui: …きっとおときさんは130歳くらいまでは生きる。
12-28 11:45

【おまけ】
ubukatamichi

RT @TokikoKato: ありがと!RT @ubukatamichi: @TokikoKato お芝居と踊りばっかり観てきた私。歌手のコンサートなんて始めてかもしれない。加藤登紀子さんの「ほろ酔いコンサート」、すごく良かったです。なんだかはまっちゃいそう。
12-29 18:24

tag: 加藤登紀子   

「昼からだけど後夜祭」追加上映を登紀子さんと見よう!

k_shizenohkoku

7/1 小さな小さな映画祭: 7月1日後夜祭!追加上映を登紀子さんと見よう!! 喜多見と狛江の小さな小さな映画祭+α  住所:M.A.P. 狛江市岩戸北4-10-7-2F 島田歯科の2階
06-30 20:08

TokikoKato

RT @k_shizenohkoku: 7月1日後夜祭!追加上映を登紀子さんと見よう!! 喜多見と狛江の小さな小さな映画祭+α…
06-30 21:49

KitamiFilmfes

喜多見と狛江の小さな映画祭。「昼から後夜祭」1,13時15分~「あしたが消える」2,15時「極私的エロス」3,17時25分「車椅子のジョディ」ゲストは1,2に音楽を提供している加藤登紀子さん! 1は監督の千葉茂樹さんもゲストで登場。3は投げ銭上映会!! 03-3489-2246
07-01 10:48

mikairvmest

加藤登紀子さんをお迎えしての喜多見と狛江の小さな映画祭+α後夜祭「あしたが消える」上映終わり、「極私的エロス」上映中。最終プログラムはパレスチナビリン村の分離壁や占領への抵抗運動を描いた「車イスのジョディ」を上映。予約不要。どうぞお気軽に!
07-01 15:26

gajumui

もしかしたらふじたあさやさんがもう帰国されているのではと電話してみた。帰っていらしていれば、今日の後夜祭をご案内しようと思ったのだ。だがお出にならなかった。数時間後、あさやさんから着信あり。「今、ウィーンだよ。残念だなあ」、来年こそ。
07-01 16:34

加藤登紀子さんの涙。歌手としての悔し涙。「原発ジプシー」、今なら、あんなふうには歌わなかったと。
07-01 16:39

挿入歌“原発ジプシー”は、「明日が消える」の告知記事にyouTubeをアップしました。
 ⇒「明日が消える」の告知記事

加藤登紀子さんのトーク動画は、この記事の最後に…

おときさんと記念撮影!
加藤登紀子さんと記念撮影

加藤登紀子さんと記念撮影2

加藤登紀子さんは、一期一会ならぬ一期一宴がモットー、ということで…
花水木にて。
花水木にて

HさんがFBにアップした写真…
花水木にて2

続きを読む

tag: 加藤登紀子  喜多見_居酒屋.花水木 

「極私的エロス・恋歌1974」

ドキュメンタリー(98分/1974年)
監督・撮影:原一男
製作:小林佐智子
音楽:加藤登紀子

トノンレバン国際独立映画祭グランプリ

極私的エロス2 極私的エロス1

「私にとって映画はコミュニケーションの方法」という原が、かつて一緒に暮らし子どもまでをなした女を追って沖縄へ行き、彼女が自力出産を行なうまでを捉えた作品。「極私」の極致へと到達した未踏のドキュメンタリーとして、原一男の名を一躍知らしめた問題作。「生きることの原点を描ききった」「見る者を強烈にとらえてゆさぶり続ける恐ろしい映画」「真実を見ることの衝撃」などの絶賛を浴び、日本列島のいたる所で若者の強烈な支持を集めた。

極私的エロス美由紀の部屋に、ポールという黒人兵が座っている。美由紀はカタコトの英語で話しかけている。ほとんど通じない。男は黙って2人の様子をカメラにおさめている。
「このポールだって、いつまで沖縄にいるかわかりゃしないさ。けど、沖縄にいるあいだが勝負さ。ポールなんてさ、毎日、基地のなかでこき使われて、女だけが楽しみなんだよ。ときどき、私もよ、スケベハウスの女と同じじゃないかと思うな」と美由紀は呟く。
男は、何かコトバにならぬ声を出して、美由紀を詰問しようとする。そのぶんだけ、手にしたカメラがふるえる。
(阿奈井文彦「女ハ女デアル」より)

※例の大阪市長の暴言で、この解説だけ読めば妙にタイムリーな感がないわけでもない。エロスは、常に個人の範疇に属する。それが故に、危険であり暴力的である。「性」と「軍」を、ここでことさらに結び付けるつもりは毛頭ない。この映画も、そんな映画ではない。にもかかわらず、「エロス」は、個人から発して、僕の脳内にある「国家」まで侵食していこうとする。
三十数年前、僕はこの映画を見てしまった。その個人的体験が、僕の「それからの沖縄」にどう影響してしまったのか。どうやら理屈ではないらしい。その得体の知れぬ正体を、今、もう少しはっきり見極めたいと思っている。
(高山正樹)

上映日時:6月24日19:00~
(※ゲストに、原一男さんをお迎えします!)

※6月24日は他に10時から「引き際」、14時から「なまず」、17時から“演劇のれっすん”がございます。是非併せてご覧ください。お得な3枚綴りチケットもあります。)
 喜多見と狛江の小さな小さな映画祭+α オフィシャルサイト

「原苛立ちの表出と消滅~行き行きてかえらぬ心~」最首悟+佐々木幹朗 対談より
最:だってひどいよ、あれじゃあ、小林佐智子って一体なんですか、あの映画の中じゃあ、ひどいと思うんだよな、オレは。
佐々木:それは、何と言うか、カメラを持った者のずるさがね、原君というカメラを持った人間のずるさがね、小林さんをすっと画面に表わす時に見えてくる感じがするんですよ。それは武田美由紀が言う原一男という男のずるさではなくて、カメラを持った者のずるさになっている。
最:また極論するけど、原一男をめぐる女達ということで見られないこともなくて、それをどうして世の評論家達は色々と上手くすばらしい映画なんて言うんだろう。

極私的エロスDVD
上映用のデータが届く。それには一篇の紙片が入っていて、「小林佐智子排」という直筆の署名があった。
40年の時の流れは、いったい何を変え、何を変えなかったのだろう…

tag: 加藤登紀子 

「あしたが消える」~どうして原発?~

ドキュメンタリー(55分/1989年)
構成演出:千葉茂樹、中嶋裕、田淵英夫、金高堅謙二
製作:平形則安、溝上潔、里中哲夫

ソ連・チェルノブイリ原子力発電所の事故から3年後、1989年5月26日公開された幻のドキュメンタリー。

どうして日本は
この時に“原発問題”を解決しておかなかったのだろう。


福島第一原発の定期検査などに携わっていた52歳の父を骨ガンで亡くした女性の新聞投書をきっかけに、原発で働く労働者、被ばくの危険性を明らかにしようとする医師、福島第一原発4号機の設計に携わった田中光彦氏らの証言を集めたドキュメンタリー映画。

「あしたが消える」チラシ表 「あしたが消える」チラシ裏
(※クリックすると大きくなって↑広瀬隆氏の解説が読めます。)


【上映日時】
1)6月22日19:00~
※6月22日は他に10時から「イエロー・ケーキ」、14時から短編芝居二本立てがございます。是非併せてご覧ください。
2)6月26日10:00~
※6月26日は他に14時から「イエロー・ケーキ」、17時からリック・タナカ「エネルギーの話」(無料企画)、19時から「ポスター・ガール」がございます。是非併せてご覧ください。

※26日の回は映画監督であしたが消えるを構成演出された千葉茂樹さんがゲスト。また、パーマカルチャーの伝道師リック・タナカ氏がオーストラリアから、17時の無料企画に先駆けてスカイプ実況中継で参戦。さあ、いったいどんなことになりますやら!

 ⇒喜多見と狛江の小さな小さな映画祭+α オフィシャルサイト

続きを読む

tag: 津嘉山正種  加藤登紀子 

答えは得られず(2/2のツイートひとつ)

ある質問状
だが…
gajumui

宇夫方隆士どの。残念ながら、田辺良彦氏はダメでした。政治家なんてやっぱりこんなものなのかな。だからこそ、お登紀さんには出て欲しかったのだが、いたし方なしです。リック、今度はいつ日本に来るんだい?おやすみなさい…
02-02 00:11

tag: 狛江市の政治  宇夫方隆士  リック・タナカ  加藤登紀子