南灯寮のみなさんへの手紙

南灯寮の総会があるという日の朝、急いで寮生の諸君に向けて手紙を書いてみました。総会は10時から。今から届けに行ってきます。
僕は、諦めてはいませんよ(笑)


南灯寮のみなさんへ

沖縄県読谷村残波岬近くの公園にある「残波大獅子」を、住民の方々と作った彫刻家 金城実さんの彫刻展を、6/11~6/15南灯寮のすぐ近く、島田歯科さんの2階にあるM.A.P.にて開催します。

金城さんは学生時代(正確に言うと予備校生時代)南灯寮に(つまりもぐりの寮生として)暮らしていらっしゃいました。そんなこともあって、今回の金城実彫刻展関東ツアーの最後をここ喜多見で飾ることになりました。
実さんも会場にいらっしゃいます。50数年ぶりに狛江に戻ってくることを、すっかり変わってしまっただろう町の様子を見ることも、とても楽しみにされています。

せっかく狛江に来るのだから、是非とも南灯寮に行ってみたい、現在の寮生の皆さんと話をしてみたい、そんな強い希望もお持ちで、その実さんの思いを、なんとか叶えたいと、我々スタッフ一同もずっと考えてきました。

実さんの頭の中には、復帰前に東京へ出てきた時のエピソード、半世紀以上前の南灯寮のこと、もう面白くて、そしてびっくりするような話がいっぱいです。その話を、一番に話して聞かせたいのは、きっと皆さんに違いありません。77歳になった実おじーが狛江に来るのは、おそらく今回が最後だと思います。

どうでしょうか、そんな金城実さんと、ゆんたくしてみませんか?
何人かでも(たとえ一人でも)生の金城実と南灯寮で会って話してみたいという学生さんがいるなら、そしてお許しいただけるのならば、実さんをお連れして、南灯寮にお邪魔したいと願っています。もしそんな素敵な機会が実現するならば、沖英寮の女子学生さんたちにも声をかけてみたいと思ってもいます。

※今回の彫刻展ですが、この狛江M.A.P.会場限定で、報道カメラマンの大城弘明さんの写真展と同時開催となりました。この夢のようなコラボは、今まで沖縄でもなかったことで、それがこの狛江の小さな町で実現したことを、とても嬉しく思っています。それが叶ったのも、ここ喜多見に南灯寮があることと無関係ではありません。南灯寮はたくさんの沖縄の先輩たちから注目されているということだと思います。
今回の彫刻展には、ちゅらさんの藤木勇人さんもいらっしゃるとのこと、もし南灯寮での“金城実と寮生のみなさんのゆんたくの会”が実現すれば、そこに合わせて来られるよう、ご連絡したいと思っています。
高山正樹(M.A.P.代表)


【同日夜9時に追記】
総会に出て、直接寮生の皆さんにお話しする機会を、寮監さんから頂きました。しかし限られた時間なので、結局は皆さんに配った上の「手紙」を読んで欲しいと言うこと以外には何も話せませんでした。みんなあまり興味がないという印象ではありました。
大学一年生か二年生か、せっかく東京の生活を謳歌しはじめたばかりなのに、ここに来てまでまた沖縄でもない、みんなそんな気持ちなのかもしれません。それはよ〜く理解できます。

後は寮生君たちの判断に任せ、南灯寮の食堂を後にして、連絡を待つことにしました。

しかし一向に連絡はありません。最終的な全てのスケジュールを、もうすぐにでも決めなければなりません。しびれを切らして、南灯寮に確認にいきました。「今朝の件、いかがなりましたか?」

結果、金城実さんと南灯寮生のゆんたく、あくまで非公式に、実さんが近くに来たので、たまたま訪問するという形ではありますが、ついに実現することになりました。
約40名(寮生全員)のうち、参加希望は5名位とのこと。これまで数週間、東京や沖縄や、さらには石垣島まで、関係ありそうな、繋がりがありそうな、たくさんの方々に片っ端に相談し、そして何度も寮に足を運びました。そうした努力の割には小さな成果なのかもしれません。しかし全く動きそうになかった山をズラしたのだから、これはきっと大きな一歩に違いないはずだと信じることにします。

たくさんの方々の「それはいい試みだから、絶対やった方がいい」、そんなご意見や応援に支えられてここまできました。
そして、寮生の皆さんに直接お話する機会をくださった寮監さんはじめ、最後にこちらの提案を受け入れてくれた寮生の諸君に、心から感謝いています。ほんとうにありがとう。
(文責:高山正樹)

tag: 南灯寮  金城実 

金城実ギャラリートークショー

金城実彫刻展&大城弘明写真展 関連イベントその5

金城実ギャラリートークショー
金城実 その青春と挫折、そして彫刻家に

日時:6月14日(日)14時 Start
会場:[金城実彫刻展&大城弘明写真展]会場 M.A.P.

    狛江市岩戸北4-10-7 島田歯科2階 ※小田急線喜多見駅徒歩5分
     ⇒会場アクセス

金城実さんのギャラリートークショー(無料・カンパ宜しく)は、6月14日の日曜日、午後2時から行います。
50数年前、復帰前の沖縄から東京にやって来て、喜多見の南灯寮に潜り込んだ頃のお話は、そんじょそこいらのお笑いより絶対に面白い。
必聴ですよ。

お問い合わせ:03-3489-2246(M.A.Pうぶかた)
 ⇒FBのイベント

tag: 金城実  南灯寮 

2015年の5月15日に一番近い日曜日【南灯寮のエイサーの日】

tag: 南灯寮  エイサー   

喜多見で金城実彫刻展&大城弘明写真展

金城実彫刻展ツアーの最後は喜多見のM.A.P.で!
さらに、金城実の彫刻と、大城弘明の写真とのコラボレーション!
沖縄でもなかった世界初の共演が、ここ喜多見で実現!!


なまぬるい奴は鬼でも喰わない
+写真で見る金城実さんの世界(高橋美香 撮影)

地図にない村

期間:6月11日(木)〜15日(月)
時間:朝10時〜夜8時
(最終日は5時まで)
入場無料(カンパ箱を設置しますので、お気持ちを宜しくお願いします!)
会場:M.A.P.(03-3489-2246)
    狛江市岩戸北4-10-7 島田歯科2階(小田急線喜多見駅徒歩5分)
 ⇒会場アクセス

金城実さんご本人も会場に駆けつけて下さることになりました!
12日に会場入りし、最終日にお帰りになります。主義主張は色々あれど、極めて魅力的な方です。是非とも実さんに会いにいらして下さい!

実は金城さん、今から50年ほど前、今回の会場からすぐ近くにある南灯寮(沖縄県の学生寮)で二年間過ごされていました。今回はその頃のお話をたっぷりとお伺いしてみたいと思います。ネットでたくさん配信されている金城実さんとは、少し違った、しかしやっぱり人間味たっぷり、あふれる魅力とユーモアに満ちあふれた実さんに、是非触れて頂きたいのです。以下に、先日丸木美術館でちょっとそのころのお話を高山正樹が伺った時の動画を、再度貼り付けます。続きは喜多見会場にて、生で聞きたい!


というわけで、今回のツアー最後、喜多見会場限定の副題を勝手につけてしまいました。
【金城実、青春と挫折、そして彫刻家になるまで】
今から本当に楽しみです。

沖縄タイムス元写真部長の大城弘明氏は、沖縄を代表する写真家のおひとりです!
…などということを、あらためてここに書かなければならない寂しさよ。いわゆる「内地」に住む僕たちは、いったいどのくらい沖縄のことを知っているのでしょうか。そういうふうに思いながら大城弘明さんの写真を見始めると、そこに空気の襞のようなものが見えてきます。
「コザ騒動」「高江のベトコン村」…
ジッと目を凝らして見つめていると、いつしかその襞の奥に引きずり込まれていきそうになる感覚。きっと沖縄に住む沖縄の人でなければ捉えられない何か。沖縄をよく知っている人にも、いやむしろそういう人こそ必見なのかもしれません。



この希有なコラボに、皆様 是非とも足をお運び下さい。

《おふたりのプロフィール》
コラボ!

金城 実(きんじょうみのる)
彫刻家。沖縄県読谷村在住。沖縄県浜比嘉島に生まれ、京都外国語大学卒業後、西宮市立西宮西高等学校や近畿大学附属高等学校で英語を教える傍 ら、彫刻制作を始める。1986年に沖縄県読谷村で彫刻制作を村の人達と共に始める。沖縄靖国訴訟原告団の団長を務めている。

大城弘明(おおしろひろあき)
1950年、沖縄県三和村福地(現糸満市)生まれ。琉球大学在学中から、沖縄の復帰闘争、全軍労運動、米軍基地、沖縄戦の跡などを撮影。卒業後はフリー カメラマン、岩波映画写真部契約撮影助手を経て、73年沖縄タイムス社編集局写真部に入社。2015年3月に退職する。報道写真のほか、くらしのなかに残る沖縄戦の痕跡や祭祀などを撮り続けている。主な写真展「地図にない村」(2010年県民ギャラリー)、「沖縄・終わらない戦後」(2011年日本新聞博物館、2012年沖縄県平和祈念資料館)。著書に写真集「地図にない村」(2010年、未來社)「鎮魂の地図」(2015年、未來社)

【関連イベントの御案内】※9日22時30分に変更しました!
6月11日(木)20時〜 決定!映画「シバサシ」上映 &トーク ¥1,200
6月12日(金)17時くらいから「実さんようこそパーリー!」¥無料
6月13日(土)20時〜 映画「ぼくは写真で世界とつながる」上映 &トーク ¥1,200
6月14日(日)11時〜 金城実 × ふじたあさや 対談 ¥無料
6月14日(日)12時〜時間変更!金城実トーク「青春と挫折、彫刻家に…」¥無料
6月14日(日)20時〜 映画「シバサシ」上映(トークはなくなりました!) ¥1,200

続きを読む

tag: 金城実  南灯寮  大城弘明 

11/23のツイートまとめ

gajumui

昨夜午前1時、しっかり受け取りました。おもしろそ~… @Radio_Ethiopia2 先程、事務所にチラシを置いて参りました。 http://t.co/xShIcE5d8Y
11-23 13:01

本日喜多見の南灯寮祭。沖縄男子学生寮です。助っ人で、豪徳寺の沖英寮から女子も集結!https://t.co/mchepXr8dB
11-23 13:20

はたして、FBに投稿した動画は見えるのだろうか…

本日、南灯寮祭。

Posted by 高山 正樹 on 2014年11月22日


宇夫方女史乱入?! https://t.co/QwruEoRBK7 @gajumui
11-23 13:22

これも…

うぶかたさんの三板とカチャーシー!

Posted by 高山 正樹 on 2014年11月22日


喜多見と狛江で小さな沖縄映画祭+αですが、え~と、いったいどこでどこまで告知したんだか、もういっぱいで訳が分からなくなってきた。え~と…
11-23 13:34

RT @KitamiFilmfes: 喜多見と狛江で小さな沖縄映画祭、いよいよ最終プログラム決定まで秒読み。新規参加作品情報です。第二回映画祭では1966年のイザイホーを記録した「イザイホウ」を取り上げましたが、今回は「いざいほー 1990 ー久高島の女たちー」、開催が出来なか…
11-23 13:34

RT @KitamiFilmfes: もうひとつ、新規参加作品情報です。奄美の記録映画「竜郷のアラセツ―ショチョガマ・平瀬マンカイ」…ショチョガマでは、男たちが山でイナダマ(稲の御霊)を招き、平瀬マンカイでは、女たちが海でイナダマを招く。
11-23 13:34

縁深きMilk[弥勒]さんとのコラボプログラムです!@KitamiFilmfes 新規参加作品情報です。第二回映画祭では1966年のイザイホーを記録した「イザイホウ」を取り上げましたが、今回は「いざいほー 1990 ー久高島の女たちー」、開催が出来なかったイザイホーの記録です
11-23 13:39

AHISA(えぐさゆうさんと江草啓太さんのユニット)さんとのコラボプログラム!@KitamiFilmfes 奄美の記録映画「竜郷のアラセツ―ショチョガマ・平瀬マンカイ」…ショチョガマでは、男たちが山でイナダマ(稲の御霊)を招き、平瀬マンカイでは、女たちが海でイナダマを招く。
11-23 13:45

新百合ヶ丘。政治より政治的な話。揺れて留まる意思も危うく。今夜は早くお開きにしましょう。身体が大切ですから。 http://t.co/5Wi2VIfX3H
11-23 22:31

こっちはもう何年も前から、丁寧に丹念に繋がろうと努力してきたのだ。それが選挙前にポッとやって来て、「来年は広報サポートさせて頂くことになりました」? 呆れる。その場にいたが、そんな会話じゃなかったろう。一方的に応援するとか言って、集合写真撮って、サッサと消えた水色のジャケット…
11-23 22:32

日本会議に「いいね!」する「友達」これがこの街なのか…
11-23 22:36

小さなレジスタンス!明日の沖縄を背負うこの純な若者たちに、本当の幸あれと心から願う。 http://t.co/giBsgDaIH1
11-23 22:41

@nattchan ちょっと言えません… 来年、終わるまでは。
11-23 23:01

tag: 南灯寮  エイサー 

(事務所線量)

大震災から429日目……

ubukataicon ubukatamichi

昨日は代々木公園のタイフェスティバルに行ってきました。第一の目的はタイの踊り。(食べ物はオマケです?)手の使い方のこと。琉球舞踊は手の平に力が入ります。日本舞踊はどちらかというと指先。タイの踊りは指の付け根あたりに力点があるのかなあ、そんな感じがしました。
05-13 08:01

胡弓教室を終えて、お世話になっている江東区沖縄県人会へ。事務所では三線教室の初心者コース。コンケン・アイのアイちゃんは、タイフェスティバルに行ってお休みです。
05-13 15:03

gajumui

山猫合奏団のことでしょうか。震災関連でやったことはありますが、音楽の演奏ボランティアについては色々と考えるところがあります。去年のブログですが、よろしければお読みください。→ @kobasan1 ボランティアなどやられていますか?http://t.co/0OlYJtI7
05-13 10:05

しかし混んでたなあ。@ubukatamichi 昨日は代々木公園のタイフェスティバルに行ってきました。
05-13 10:36

なるほど。どうしてあんなに指がそっくり返るのか、コンケン・アイのママに聞いたら、子供の頃からストレッチするんだって。 @ubukatamichi 手の使い方。琉球舞踊は手の平に力が入ります。日本舞踊はどちらかというと指先。タイの踊りは指の付け根あたりに力点があるのかなあ
05-13 10:40

コンケン・アイでのマスターやお客さんとのハナシは呟けないものが多いが、呟けそうなハナシをひとつ。代々木公園のタイフェスタ、出店料は2日間で80万だって。ホントかしらん。
05-13 13:43

本日、M.A.P.安冨祖流胡弓教室めでたく第一回。と、エイサーの太鼓の音が!稽古を中断して表へ。南灯寮(沖縄男子学生寮)のイベント。NHKが取材してる。「沖縄の声」の金城さん発見。このあと南灯寮で泡盛らしい。うちの事務所にも顔を出すと言っていたが、さて。こっちから乱入するか。
05-13 13:55

チェロは弓の重さを自然に弦へ乗せて伝えるのが素人には難しい。特に低い音の鳴らし始めは、ちゃんと弦を震わせてやらないとオクターブ高い音になっちまう。ところがその感覚を胡弓に持ち込むとダメ。強すぎてきれいな音が鳴らない。何もしなければいいのだが、チェロの経験が邪魔をしている。
05-13 14:14

チェロの場合、高い弦を弾く時は弓を持つ腕を目いっぱい前方に伸ばす。逆は腕を引き寄せる。ところが胡弓の場合、弓の動きはいつも一定で、胡弓本体を回して弓の当る弦を変えるのだが、ついついチェロの癖が出てしまう。舞台で宮沢賢治を演じるために、半年チェロの練習をしただけなのに。
05-13 14:21

今日は生徒さんの要望で与論の歌を練習。初心者コースといいながら沖縄音楽研究会みたいになるところが我が教室のいいところ。昔の与論の歌は今みたいに跳ねなかったとか。@ubukatamichi 胡弓教室を終えて、お世話になっている江東区沖縄県人会へ。事務所では三線教室の初心者コース。
05-13 15:43

早弾きになってくると跳ねたくなるらしい。民謡はさておいて、古典で早弾きといえば照喜名朝一先生。世田谷で行われた朝一先生のワークショップに参加したが、まず早弾きの練習で驚いた。翌日の新作組踊で使われていた武富節も跳ねていた。僕は気に入って時々弾くが、踊りの相棒にはやめてと言われる。
05-13 16:03

先ほどの呟きの修正。組踊「饒辺真山戸(ユフィンメーマトゥ)」は新作ではなく、再現復活組踊でした。地謡の三線は朝一先生の他、西江喜春・照喜名進・上間広敏の各先生方。いずれ詳細をブログに書こう。
05-13 16:26

胡弓は発展途上の楽器。なるほど、言い換えれば進化を続けているということだ。沖縄の芸能を象徴している。
05-13 16:42

@aim_at_stable 古典と早弾きにまつわるハナシは、いずれブログに書いてみたいと思っています。(140字ではなかなか難しいです。)
05-13 19:09

「馬の毛が、蛇の鱗に引っかかる」←イライラすることの喩え。 #胡弓 ツイッターと沖縄の胡弓と、その両方やっている人って、いったい全国で何人ぐらいいるんだろう。
05-13 19:13



19:24、事務所外の線量……
0.06μSv/h
12年5月13日の事務所外の空間線量

tag: MAP事務所の線量  南灯寮 

2回目の“狛食”です!

狛江の“狛食”に行きました。2度目です。
奥様は沖縄御出身。どうぞ前回の記事をお読みください。
http://lince.jp/hito/komashoku…

1回来て、そのあと何ヶ月もご無沙汰なのに、奥様は私の顔を見てすぐわかってくださいました。さすがにお店をやっている人はすごい。
「チラシ、ずっと貼っていたのよ」って。そうでした! おきなわおーでぃおぶっくのCDのチラシを貼っていてくださったのでした。もうなかったけど・・・

今日は“琉球舞踊教室”と“三線教室”と“沖縄語を話す会”のご案内を兼ねて、夕食をいただきに来たのです。こんな時だけ来るなんて、私もいけませんね。
あれ、三線教室についてはまだ内緒でしたっけ? ヒントはこちら…
http://lince.jp/hito/wataru…

うちなーぐち、聞けるけど、ちゃんとは話せないかもって奥様。月曜日はお店も休みだし、行けるかもしれないとのこと、是非是非、来ていただければとても嬉しいです。

(ちなみに、奥様のお父様は、喜多見の南灯寮にいたことがおありなのだそうです。)

もう遅い時間、お客は私一人、お店もそろそろ看板、私が食べ終わるころには、前回ご紹介できなかったマスターも厨房から出てきてくださって一緒にお話ししました。
狛食のマスター
そのうち一升瓶が現れて、お店はマスターのホームバーになりました。あら、泡盛じゃなくて“いいちこ”なんですね。

マスターは元々狛江の方です。そして、なぜか津軽三味線をやってらっしゃいます。
カウンターには撥(ばち)が置いてありました。
津軽三味線の撥
三角の部分はべっ甲です。手元の部分はプラスチックだけど、いいものは象牙でできていて30万円くらいするのだそうです。
私は以前長唄の三味線を習っていたのですが、長唄の撥はもっと薄い。「津軽三味線は打つからね」とマスター。長唄の三味線は「弾く」けど津軽三味線は「打つ」のですね。
マスターが奥様の実家に行ったとき、沖縄の海に向かって津軽三味線を弾いてみたのだそうです。そしたら、近くの家からは三線の音が聞こえてきた。その時、沖縄の海には津軽三味線は似合わないと思ったのだそうです。寒さの厳しい津軽の海だからこそ、太棹を叩く津軽三味線がいいんですね。
でも最近は三線も激しいリズムのものがはやってきて、ゆっくりじっくり弾くことができる人がいなくなってきたとおっしゃっていました。うん、やっぱり民謡じゃなくて古典の三線教室、それも安冨祖流、きっと正解ですね。

私が芝居をやっていたという話をしたら「芸人だね」とマスターの芸人の目がきらり。普通の人とは話が合わないんだよねだって。つまり。マスターは普通じゃないんですね。

(ちなみに、マスターは若い頃、ボロボロの南灯寮によく遊びに行ったんだとか。当時の南灯寮は相当にやんちゃだったはず、ということは……。マスターと奥様のなれ初めに興味がわいてきました。今度行った時に聞いちゃおうっと。)

ご主人は津軽三味線ではなく、三線を手にとって弾きはじめました。
null 狛食の奥さんの後姿
今日の奥様は裏側だけ。
ORIENTAL SUPER SHUGOSHIN
要するにシーサーのことですね。

お酒飲みながら、もっともっとお話ししたい気分でしたが、まだ仕事中。今日のところは琉球舞踊教室と三線教室と沖縄語を話す会のチラシを貼っていただいて、「また来ます!」といって店を出ました。
null

あ、また肝心のお食事の紹介が抜けてしまいました。それについては必ず次回。
(宇夫方路でした)

それから、麻生区文化祭の記事に画像を追加しました。
麻生区文化協会の文化祭(10/31)

tag: 南灯寮  狛江_中華.狛食  三線  シーサー 

朋あり遠方より来たる

歌舞伎町の喧騒……
歌舞伎町の喧騒
ほんとうに不景気なのでしょうか。いや間違いなく不景気なのでしょう。それがまともに生きていれば感じるであろう実感です。だから、この光景を眺めていると、今の不景気は唯の不景気ではなく、日本の解体の前触れであるような気がします。

朋あり遠方より来たる……
朋とは、同じ目的を持って共に活動する同志のこと。ただの友ではありません。

金城君を、12年前、彼が住んでいた南灯寮のある喜多見に、連れてきてしまいました。

「沖縄の景気はどうですか」
「変わりません」
「そうか、もうこれ以上悪くなりようがないということか」
「内地に出稼ぎに行っている人たちが戻ってくるとどうなるか」
(日本など、解体してしまったほうがいいのかもしれないね。)

金城君がいた頃の南灯寮のはなしは、いずれ彼が朋となれば、たくさんご紹介することになるでしょう。今日のところは初対面の礼儀、ここまでにしておきます。というか、過去の思い出を語っているような余裕などない、そんな気もします。

La Portにて
null
La Portと南灯寮の寮生たちとのエピソードも、いずれご披露しましょうね。
ちなみに、手前の方は、MIRROR BALLのJINさんのご母堂であります。

また、楽しからずや。
未来に向けた、楽しきミステリー……

tag: 南灯寮  JINさん  金城史彦  喜多見_Bar.La・Port 

M.A.P.現況報告《8》《南灯寮の寮祭を尻目に…》

本日は、喜多見の南灯寮(沖縄県の学生寮)の寮祭です。
エイサーの太鼓の音が聞こえてきます。

あーあ、ちょっと気になるけど、納品が近いからね。残念です。

tag: 地図の仕事  南灯寮 

南灯寮から新しい風

南灯寮とは、喜多見にある沖縄県学生寮です。
そこから、頼もしい仲間が来てくれました。
null
赤嶺盛浩くんと大城源二くんです。
ふたりとも大学一年生。
まもなく東京での初めての冬を迎えます。
大城くん、今から室内でマフラーじゃあ、真冬になったらコタツ着て出掛けなきゃならないよ。

末永く、よろしくね。

続きを読む

tag: うちなーぐち  MAPの人  地図の仕事  南灯寮  赤嶺盛浩  大城源二