南灯寮のみなさんへの手紙

南灯寮の総会があるという日の朝、急いで寮生の諸君に向けて手紙を書いてみました。総会は10時から。今から届けに行ってきます。
僕は、諦めてはいませんよ(笑)


南灯寮のみなさんへ

沖縄県読谷村残波岬近くの公園にある「残波大獅子」を、住民の方々と作った彫刻家 金城実さんの彫刻展を、6/11~6/15南灯寮のすぐ近く、島田歯科さんの2階にあるM.A.P.にて開催します。

金城さんは学生時代(正確に言うと予備校生時代)南灯寮に(つまりもぐりの寮生として)暮らしていらっしゃいました。そんなこともあって、今回の金城実彫刻展関東ツアーの最後をここ喜多見で飾ることになりました。
実さんも会場にいらっしゃいます。50数年ぶりに狛江に戻ってくることを、すっかり変わってしまっただろう町の様子を見ることも、とても楽しみにされています。

せっかく狛江に来るのだから、是非とも南灯寮に行ってみたい、現在の寮生の皆さんと話をしてみたい、そんな強い希望もお持ちで、その実さんの思いを、なんとか叶えたいと、我々スタッフ一同もずっと考えてきました。

実さんの頭の中には、復帰前に東京へ出てきた時のエピソード、半世紀以上前の南灯寮のこと、もう面白くて、そしてびっくりするような話がいっぱいです。その話を、一番に話して聞かせたいのは、きっと皆さんに違いありません。77歳になった実おじーが狛江に来るのは、おそらく今回が最後だと思います。

どうでしょうか、そんな金城実さんと、ゆんたくしてみませんか?
何人かでも(たとえ一人でも)生の金城実と南灯寮で会って話してみたいという学生さんがいるなら、そしてお許しいただけるのならば、実さんをお連れして、南灯寮にお邪魔したいと願っています。もしそんな素敵な機会が実現するならば、沖英寮の女子学生さんたちにも声をかけてみたいと思ってもいます。

※今回の彫刻展ですが、この狛江M.A.P.会場限定で、報道カメラマンの大城弘明さんの写真展と同時開催となりました。この夢のようなコラボは、今まで沖縄でもなかったことで、それがこの狛江の小さな町で実現したことを、とても嬉しく思っています。それが叶ったのも、ここ喜多見に南灯寮があることと無関係ではありません。南灯寮はたくさんの沖縄の先輩たちから注目されているということだと思います。
今回の彫刻展には、ちゅらさんの藤木勇人さんもいらっしゃるとのこと、もし南灯寮での“金城実と寮生のみなさんのゆんたくの会”が実現すれば、そこに合わせて来られるよう、ご連絡したいと思っています。
高山正樹(M.A.P.代表)


【同日夜9時に追記】
総会に出て、直接寮生の皆さんにお話しする機会を、寮監さんから頂きました。しかし限られた時間なので、結局は皆さんに配った上の「手紙」を読んで欲しいと言うこと以外には何も話せませんでした。みんなあまり興味がないという印象ではありました。
大学一年生か二年生か、せっかく東京の生活を謳歌しはじめたばかりなのに、ここに来てまでまた沖縄でもない、みんなそんな気持ちなのかもしれません。それはよ〜く理解できます。

後は寮生君たちの判断に任せ、南灯寮の食堂を後にして、連絡を待つことにしました。

しかし一向に連絡はありません。最終的な全てのスケジュールを、もうすぐにでも決めなければなりません。しびれを切らして、南灯寮に確認にいきました。「今朝の件、いかがなりましたか?」

結果、金城実さんと南灯寮生のゆんたく、あくまで非公式に、実さんが近くに来たので、たまたま訪問するという形ではありますが、ついに実現することになりました。
約40名(寮生全員)のうち、参加希望は5名位とのこと。これまで数週間、東京や沖縄や、さらには石垣島まで、関係ありそうな、繋がりがありそうな、たくさんの方々に片っ端に相談し、そして何度も寮に足を運びました。そうした努力の割には小さな成果なのかもしれません。しかし全く動きそうになかった山をズラしたのだから、これはきっと大きな一歩に違いないはずだと信じることにします。

たくさんの方々の「それはいい試みだから、絶対やった方がいい」、そんなご意見や応援に支えられてここまできました。
そして、寮生の皆さんに直接お話する機会をくださった寮監さんはじめ、最後にこちらの提案を受け入れてくれた寮生の諸君に、心から感謝いています。ほんとうにありがとう。
(文責:高山正樹)

tag: 南灯寮  金城実 

金城実ギャラリートークショー

金城実彫刻展&大城弘明写真展 関連イベントその5

金城実ギャラリートークショー
金城実 その青春と挫折、そして彫刻家に

日時:6月14日(日)14時 Start
会場:[金城実彫刻展&大城弘明写真展]会場 M.A.P.

    狛江市岩戸北4-10-7 島田歯科2階 ※小田急線喜多見駅徒歩5分
     ⇒会場アクセス

金城実さんのギャラリートークショー(無料・カンパ宜しく)は、6月14日の日曜日、午後2時から行います。
50数年前、復帰前の沖縄から東京にやって来て、喜多見の南灯寮に潜り込んだ頃のお話は、そんじょそこいらのお笑いより絶対に面白い。
必聴ですよ。

お問い合わせ:03-3489-2246(M.A.Pうぶかた)
 ⇒FBのイベント

tag: 金城実  南灯寮 

喜多見で金城実彫刻展&大城弘明写真展

金城実彫刻展ツアーの最後は喜多見のM.A.P.で!
さらに、金城実の彫刻と、大城弘明の写真とのコラボレーション!
沖縄でもなかった世界初の共演が、ここ喜多見で実現!!


なまぬるい奴は鬼でも喰わない
+写真で見る金城実さんの世界(高橋美香 撮影)

地図にない村

期間:6月11日(木)〜15日(月)
時間:朝10時〜夜8時
(最終日は5時まで)
入場無料(カンパ箱を設置しますので、お気持ちを宜しくお願いします!)
会場:M.A.P.(03-3489-2246)
    狛江市岩戸北4-10-7 島田歯科2階(小田急線喜多見駅徒歩5分)
 ⇒会場アクセス

金城実さんご本人も会場に駆けつけて下さることになりました!
12日に会場入りし、最終日にお帰りになります。主義主張は色々あれど、極めて魅力的な方です。是非とも実さんに会いにいらして下さい!

実は金城さん、今から50年ほど前、今回の会場からすぐ近くにある南灯寮(沖縄県の学生寮)で二年間過ごされていました。今回はその頃のお話をたっぷりとお伺いしてみたいと思います。ネットでたくさん配信されている金城実さんとは、少し違った、しかしやっぱり人間味たっぷり、あふれる魅力とユーモアに満ちあふれた実さんに、是非触れて頂きたいのです。以下に、先日丸木美術館でちょっとそのころのお話を高山正樹が伺った時の動画を、再度貼り付けます。続きは喜多見会場にて、生で聞きたい!


というわけで、今回のツアー最後、喜多見会場限定の副題を勝手につけてしまいました。
【金城実、青春と挫折、そして彫刻家になるまで】
今から本当に楽しみです。

沖縄タイムス元写真部長の大城弘明氏は、沖縄を代表する写真家のおひとりです!
…などということを、あらためてここに書かなければならない寂しさよ。いわゆる「内地」に住む僕たちは、いったいどのくらい沖縄のことを知っているのでしょうか。そういうふうに思いながら大城弘明さんの写真を見始めると、そこに空気の襞のようなものが見えてきます。
「コザ騒動」「高江のベトコン村」…
ジッと目を凝らして見つめていると、いつしかその襞の奥に引きずり込まれていきそうになる感覚。きっと沖縄に住む沖縄の人でなければ捉えられない何か。沖縄をよく知っている人にも、いやむしろそういう人こそ必見なのかもしれません。



この希有なコラボに、皆様 是非とも足をお運び下さい。

《おふたりのプロフィール》
コラボ!

金城 実(きんじょうみのる)
彫刻家。沖縄県読谷村在住。沖縄県浜比嘉島に生まれ、京都外国語大学卒業後、西宮市立西宮西高等学校や近畿大学附属高等学校で英語を教える傍 ら、彫刻制作を始める。1986年に沖縄県読谷村で彫刻制作を村の人達と共に始める。沖縄靖国訴訟原告団の団長を務めている。

大城弘明(おおしろひろあき)
1950年、沖縄県三和村福地(現糸満市)生まれ。琉球大学在学中から、沖縄の復帰闘争、全軍労運動、米軍基地、沖縄戦の跡などを撮影。卒業後はフリー カメラマン、岩波映画写真部契約撮影助手を経て、73年沖縄タイムス社編集局写真部に入社。2015年3月に退職する。報道写真のほか、くらしのなかに残る沖縄戦の痕跡や祭祀などを撮り続けている。主な写真展「地図にない村」(2010年県民ギャラリー)、「沖縄・終わらない戦後」(2011年日本新聞博物館、2012年沖縄県平和祈念資料館)。著書に写真集「地図にない村」(2010年、未來社)「鎮魂の地図」(2015年、未來社)

【関連イベントの御案内】※9日22時30分に変更しました!
6月11日(木)20時〜 決定!映画「シバサシ」上映 &トーク ¥1,200
6月12日(金)17時くらいから「実さんようこそパーリー!」¥無料
6月13日(土)20時〜 映画「ぼくは写真で世界とつながる」上映 &トーク ¥1,200
6月14日(日)11時〜 金城実 × ふじたあさや 対談 ¥無料
6月14日(日)12時〜時間変更!金城実トーク「青春と挫折、彫刻家に…」¥無料
6月14日(日)20時〜 映画「シバサシ」上映(トークはなくなりました!) ¥1,200

続きを読む

tag: 金城実  南灯寮  大城弘明 

2010年の5月15日に一番近い日曜日【南灯寮のエイサーの日】

事務所で仕事をしていると、どこからか太鼓の音が響いてきた。
そうだ、今日は5月15日に一番近い日曜日だ。
仕事をおっぽり出して、カメラを持って飛び出した。

5月15日は沖縄本土復帰記念日。南灯寮のエイサーの日。

今年も沖英寮からかわいい女子大生がやってきて、一緒になって商店街を練り歩く。
null

今年の京ダラー(チョンダラー)
チョンダラー
車が来ると誘導します。
null null
ちょっと得意げ?
駅前で輪になって。
null
あれ? 向こうに南灯寮の寮長、幸地さんが。
null
いつも一緒に歩くんですか?って聞いたら、いやいや、そうじゃないんだけど、今日は沖英寮の寮長夫妻が見えているんでね、といって携帯で学生達を撮影していた。南灯寮は喜多見にある沖縄県の学生寮。沖英寮は豪徳寺の女子寮。
イエーイ!
null

結構人が集まって見ている。商店街と協力体制でやったらいいのに。
「こいつら突然やるからね」
そう言って、幸地さんはやさしく笑った。

傍らにカメラ片手に学生たちを見つめる一人の女性。
null
最後はお決まりのカチャーシー。その時その女性が飛び出した。
null
ん、これは私も踊らねば!
結局、沖英寮の女学生たちは、ただ手を打ってはやすだけ。複雑な気持ち。

踊った女性は沖英寮の寮長さんだった。
null
「沖縄の方ですか?」って聞かれた。私が沖縄出身じゃないとわかると、ちょっと残念そうだった。気のせいかな……
沖英寮の寮長さんは石垣の出身だった。新城亘さんもご存知だった。
今日はM.A.P.主催の三線教室初日。ぼちぼち準備しなくっちゃ。
(報告:宇夫方路 代筆:高山正樹)

追伸。
※去年の記事には本土復帰のこと、京ダラーのことが書いてあります。
 ⇒去年の5月15日に一番近い日曜日
もう一年か。大城君、元気かなあ。一年前は、普天間移設と辺野古埋め立てが規定路線だった。来年はどうなっているのだろう。

tag: 辺野古  普天間基地  南灯寮  エイサー 

5月15日に一番近い日曜日

5月15日は犬飼毅が武装した海軍の青年将校たちに暗殺された日。1932年(昭和7年)のこと。
軍服を着て街を歩くと、市民から非難されるというような、大正デモクラシーがまだ辛うじて残っていた頃の話。これからあと、日本は急速に戦争へと突き進んでゆく。

日本は、第2次世界大戦に敗れ、沖縄は日本国から分離される。

そして。
5.15事件から数えてちょうど40年、1972年(昭和47年)の5月15日午前0時をもって、沖縄の施政権がアメリカから日本に返還される。
「本土並み」の復帰を目指したが、実際に残った米軍施設の面積は沖縄県全域の12%であった。

今日は、その5月15日に一番近い日曜日。
喜多見にある沖縄県男子学生寮(南灯寮)の寮生たちは、沖縄復帰を記念して、エイサーを踊って喜多見の町を練り歩く。

あの大城君もいるのだ。
null
去年の暮の大城源二君を見る。

豪徳寺にある女子寮(沖英寮)からも助っ人が来ている。
null

チョンダラー(※)だってちゃんといる。
null
※チョンダラーは「京太郎」と書く。その昔、京都からやってきた芸能者が沖縄にひろめた念仏踊りがエイサーの起源なんだとか。チョンダラーはエイサーを盛り上げる道化でありながら、実は隊列を制御する重要な役目を担っている。まさに聖と俗、トリックスター。しかし今日のチョンダラー君は、隊列を乱す張本人だった?

沖縄復帰は彼らが生まれるずっと前のこと。
「君たちはいったい何を祈って踊っているの」

この日、喜多見の町には、エイサーの太鼓の音が延々と響きわたっていたのです。

tag: エイサー  南灯寮  沖縄_戦争・基地など.(その他) 

朋あり遠方より来たる

歌舞伎町の喧騒……
歌舞伎町の喧騒
ほんとうに不景気なのでしょうか。いや間違いなく不景気なのでしょう。それがまともに生きていれば感じるであろう実感です。だから、この光景を眺めていると、今の不景気は唯の不景気ではなく、日本の解体の前触れであるような気がします。

朋あり遠方より来たる……
朋とは、同じ目的を持って共に活動する同志のこと。ただの友ではありません。

金城君を、12年前、彼が住んでいた南灯寮のある喜多見に、連れてきてしまいました。

「沖縄の景気はどうですか」
「変わりません」
「そうか、もうこれ以上悪くなりようがないということか」
「内地に出稼ぎに行っている人たちが戻ってくるとどうなるか」
(日本など、解体してしまったほうがいいのかもしれないね。)

金城君がいた頃の南灯寮のはなしは、いずれ彼が朋となれば、たくさんご紹介することになるでしょう。今日のところは初対面の礼儀、ここまでにしておきます。というか、過去の思い出を語っているような余裕などない、そんな気もします。

La Portにて
null
La Portと南灯寮の寮生たちとのエピソードも、いずれご披露しましょうね。
ちなみに、手前の方は、MIRROR BALLのJINさんのご母堂であります。

また、楽しからずや。
未来に向けた、楽しきミステリー……

tag: 南灯寮  JINさん  金城史彦  喜多見_Bar.La・Port 

M.A.P.現況報告《8》《南灯寮の寮祭を尻目に…》

本日は、喜多見の南灯寮(沖縄県の学生寮)の寮祭です。
エイサーの太鼓の音が聞こえてきます。

あーあ、ちょっと気になるけど、納品が近いからね。残念です。

tag: 地図の仕事  南灯寮 

南灯寮から新しい風

南灯寮とは、喜多見にある沖縄県学生寮です。
そこから、頼もしい仲間が来てくれました。
null
赤嶺盛浩くんと大城源二くんです。
ふたりとも大学一年生。
まもなく東京での初めての冬を迎えます。
大城くん、今から室内でマフラーじゃあ、真冬になったらコタツ着て出掛けなきゃならないよ。

末永く、よろしくね。

続きを読む

tag: うちなーぐち  MAPの人  地図の仕事  南灯寮  赤嶺盛浩  大城源二 

地図が忙しい!【南灯寮で人探し】

今日は、忙し…
null …かったのです。

きっと、明日もあさっても、いそがしいのです。地図で…

南灯寮へ、人探し。
 ⇒更新されない南灯寮のHP(http://nantoryo.kaiho12.net/nantop.html)

【2010年2月28日追記】
いつのまにか南灯寮のHPにはアクセスできなくなっている。そしてこんな掲示板を見つけたが…
 ⇒http://hidebbs.net/bbs/nantoryo
…果たしていつまで見れるのだろうか。

tag: 地図の仕事  南灯寮  裏へ