FC2ブログ

沖縄の声を残すために“2日目”

崇元寺の隣のホテルに泊まっている。


時間が無くて、肝心要のことが呟けていないのですが…

じのんの天久店長

天久さん、少々お待ちくださいませ。

夜は恩納村へ。
琉球料理ずけやま

スーチカー

tag: 沖縄の旅_2018年4月  天久斉  じのん  崇元寺  沖縄の呑食処.ずけやま  スーチカー 

浦添ようどれ、ハクソーリッジ、前田高地

View this post on Instagram

#沖縄#おきなわ #浦添#浦添ようどれ

Masaki Takayamaさん(@gajumui)がシェアした投稿 -


前田高地壕群

前田高地壕群の案内板

ハクソーリッジ

米兵かな

やっぱり米兵かな

※3月17日のこと翌日18日に呟いた。
高田じゃなくて前田だけど…


※このツイートに関連したこと、7月現在、ちょいと停滞している。今のところミステリー。さてさて、どうなるのか…

tag: 浦添ようどれ  前田高地  天久斉  じのん  沖縄の旅_2018年3月  対馬丸記念館 

8月13日のこと

【8月14日の深夜、もう日が変わって15日になって13日のことを呟いた】
※このブログは、投稿した日ではなく、投稿した内容、出来事があった日の日付でアップしています。

tag: 沖縄の旅_2015年8月  大城弘明  天久斉  じのん 

2009年の旅のエピローグ【BOOKS“じのん”店長 天久さん登場】

帰り際、久しぶりに“じのん”さんに寄りました。
null
店長の天久さん、お顔は“M.A.P.after5” 初登場です。
(おきなわおーでぃおぶっくのブログでは既に出演済み。⇒08/9/15の記事

天久さんに、是非とも「カンゼーク」のことについて伺ってみたかったのです。
何故「金細工」と書いて「かんぜーく」と読むのか。

「やはり『かな』が訛って『かん』になったのではないですか」
「それがね、沖縄語辞典には『金』という意味の単語で『かん』という音が使われている言葉がひとつも載ってないのですよ」

天久さんは、さっそく売り場の本棚から「沖縄語辞典」を取り出して調べ始めました。

「ほんとですねえ。いや知らなかったなあ」

そして天久さんは、この先の探索の道を拓いてくださいました。沖縄で古書店一筋の天久さんでなければ、なかなかできないことです。それは・・・
いやいや、残念ながら、この先は、今はまだお話しすることはできません。

この“BOOKSじのん”さんには、沖縄にお住まいの学究的著名人が多数出入りしています。そんなわけで、ここに来るとインターネットでは発表できないような情報に色々と出会えるのです。その他にも掘り出し物が・・・・・
うー、しゃべりたい、でも我慢します。知りたい方は、東京の喜多見あたりで一杯やりながら・・・。

さて時間切れです。これからレンターカーを返して空港へ向かいます。「カンゼーク」と「クガニゼーク」のことも、ここらで一旦小休止となりますが、天久さんのお陰で、またまた沖縄に来る楽しみがひとつ、いや、ふたつほど増えました。

「わかったら僕にも教えてくださいね。とっても気になるから」

もちろん、ご報告に来ますとも。
でも、今度はいつ来れるのかなあ・・・


というわけで、今年の沖縄の旅はこれで打ち止め、長々とお付き合い、ありがとうございました。

tag: 天久斉  「クガニゼーク」のこと  沖縄の旅_2009年12月  じのん 

みなさん、ありがとう【佐喜眞美術館】【じのん】

井上真喜さま
この度はありがとうございました。
というわけで、やっぱりアメリカの匂いも嗅いどかなきゃねと、ステーキやさんの定番「ピザハウス」へランチを食べに行きました。
null
ほんとは、なんで沖縄に住みついちゃったのか、ちょっと興味があったんだけど、それはミステリーにしておこう。

50年前の建物。米軍の施設をそのまま使っているのです。
null
今日は敬老の日。沖縄ではとても大切な日。日本中で敬老の日が敬老の日として、本当に機能しているのは、もしかすると沖縄だけなのかもしれません。
この日は、おじぃやおばぁを連れた家族連れが、たくさん来ていました。

真喜ちゃんが、まだ行ったことがないというので、宜野湾にある佐喜眞美術館へ。丸木夫妻が「沖縄戦の図」を寄贈された美術館です。
null
慰霊の日には屋上の正面の隙間から、陽の光がちょうど差し込むように設計されているのです。
この美術館の敷地は、米軍の普天間基地に出べそのように食い込んでいます。
佐喜真さん個人がこの美術館を作るために、普天間基地の中にある祖先から受け継いだ土地の一部を何年もの交渉の末に取り戻したのです。
個人が米軍基地の形を変える、これは奇跡でしょうか。それとも、やればできることをやらないだけなのかな。
それについては、そのうち高山が、ブログらしきものの方に、そっと書くことでしょう。

そんなわけで限られた敷地には駐車場がありません。で…
null
ということになっている。
で、このフェンスの向こう側には、ちょっとした公園があるので、ところどころに…
null
こんな穴が開いていて、でも塞がれていて、そばにはこんな看板が…
null
なんとも考えさせられる看板です…

佐喜眞美術館の方、色々ご説明ありがとうございました。

実は、美術館でおきなわおーでぃおぶっくCDを販売させていただけないか伺ったのですが、残念ながらそれは叶いませんでした。そのかわり、近くの本屋さんをご紹介頂きました。その結果は、Officialのブログにて。
《追伸》
※それから、M.A.P.after5にコメントをつけていただけるようにしました。

※近くの本屋さんとは「ブックスじのん」さんのこと。店長さんは天久斉さん。以下にその記事をOfficialブログから転載します。


BOOKS「じのん」でCD販売開始

沖縄関連の古書の品揃えでは県内随一の宜野湾BOOKS「じのん」さんです。

その「じのん」さんで、おきなわおーでぃおぶっくの「カクテル・パーティー」と「対馬丸」を販売していただけることになりました。
 ⇒「BOOKSじのん」のホームページ
昔の「ロマン書房」です。そう聞くと「ははん」と思い当たる方も多いのでは。

天久斉さん

掘り出し物が見つかるかも。古い沖縄関係の本を探しているような方には、たまらないお店です。
たとえお目当ての本が無くても、きっとそれに代わる本がザックザク。あっという間に数時間経ってしまいます。本土から観光で行かれた方も、佐喜真美術館に行ったついでなんかに、是非一度お寄りください。本好きの方には絶対その価値ありです。

その時は、おきなわおーでぃおぶっくのCDも買ってくださいね。

tag: 別ブログから  おきなわおーでぃおぶっく  天久斉  普天間  井上真喜  沖縄の呑食処.浦添ピザハウス  佐喜眞美術館  沖縄の旅_2008年9月  じのん