FC2ブログ

芸能祭は僕の柄ではない

前の記事から続く

芸能祭に間に合うように来たというワケではない。
懐かしい人に会った。宮城文子さん。
三人で…
俺はいいよ…
宮城文子さんと

踊り?
沖縄に帰ったらやめてしまったと。

ありがちなはなしだ、と思った。

「義母の介護も大変なんだけれど」
義母とは、宮城巳知子さんのこと。胸がチクッとした。

新しい琉球新報ホール。
新しい琉球新報ホール
やはり手すりから向こうの半分は、客席が引っ込むようになっている。コンクールの時には、前の席を格納して平土間にし、そこに長机をならべて審査員の先生方が座り、お客さんは後ろ半分のアリーナのようになった席で、息を殺して受験する人たちのパフォーマンスを見守るのである。拍手、声援厳禁の芸能コンクール。

でも今日はコンクールではない。芸能祭というのは、コンクールで受賞した人たちのお披露目公演である。

しかし、こんな僕だって10年も琉球舞踊を見てくれば、好むと好まざるとに関わらず、どうしたって多少は目が肥えてくる。でも意見を顔見知りの生徒さんたちに直接言うことはない。時々先生の宇夫方女史に伝える。そうすると、折を見て稽古の時に彼女がどうにかするのだろう。そこはきっとそれでいい。それがいい。

芸能祭集合写真
この集合写真について、何も語れないボク。
やっぱりさ、この記事は僕が書くべきではないのだよ、うぶかたさん。

次の記事へ

tag: 沖縄の呑食処.那覇ステーキ泉崎店  沖縄芸能コンクール  沖縄の旅_2018年11月  宮城巳知子  宮城文子  琉球舞踊  琉球新報ホール  鈴木里美  炭屋由美子 

夜は調布の“い志井”

喜多見情報のサブカテゴリーに「居酒屋あさの」を追加しました。
といって、決して“あさの”が喜多見駅から近いというわけではありません。歩いて20分弱、京王線のつつじヶ丘駅からも同じくらいです。

そのつつじヶ丘から急行に乗れば調布はひと駅。有名な焼き鳥屋さん“い志井”に行きました。

喜多見ではないので、あっさりとコメントなしの画像だけ。

い志井 い志井のスタッフのみなさん
ホルモン null
宮城文子さんと…でした。

tag: 宮城文子 

うぶかたさんの沖縄通信その2

高山正樹が、立川で、柄にもなく朗読会なるものに出演し……
久米明さんが、NHKで、久しぶりに主演されたドラマが放送されている、その頃……
沖縄では……

津嘉山(つかざん)の民謡居酒屋「あやひめ」で、宮城文子さんプリティーちえちゃんこと宮城千恵さんのご対面。
宮城文子さんと宮城千恵さん
「M.A.P.」→そのスタッフの「宇夫方路」→その踊りのお仲間の「宮城文子さん」→その旦那さん→そのお母さんが「宮城巳知子さん」→その巳知子さんとずいせん学徒隊で一緒だった「宮城幸子さん」→その娘さんのプリティーちえちゃんこと「宮城千恵さん」。
いったい沖縄には何人の阿麻和利の子孫がいらっしゃるのでしょうか。
このシュールな展開は何?

お店では民謡ライブ。
お客さんとお店の女の子
お客さんとお店の女の子。すごくうまい!

お客さんの飛び入りが、次から次へと続きます。

大混雑の客席も歌ったり踊ったり、大盛り上がり中。
null null
null null
null
東京じゃあ、体育会系の学生さんのコンパ以外、こんなノリは考えられません(?)。

鶴、一羽。
null

「すごいですね」
null
「うふふ…」

そして最後に、有名な徳原清文さんの登場です。
徳原清文さん
あんなに大騒ぎだった皆さんが、静かになって聞き入っていました。
清文さんは、以前行った普天間の民謡スナック“でいご”の店長、波田間武雄さんと同じ「フェーレー」のメンバーです。
でも、舞台から降りれば他のおじさんと区別がつきませーん。
徳原清文さん乾杯

このままずっと付き合っていたら大変。ではそろそろと、ちえちゃんと店を出ました。

さて、いよいよ琉球新報主催の“華の松竹梅”という踊りの公演が近づいてきました。
そのご案内のために「ななしん屋」へ。
なかじんさんと再会。
null
ママを指差すなかじんさんでした。

本日の報告、終わり。

tag: 渡久山トヨ  沖縄の人  宮城文子  沖縄の旅_2009年2月  徳原清文  沖縄の呑食処.ななしん屋  宮城巳知子  プリティちえちゃん  なかじん  沖縄の呑食処.民謡居酒屋「あやひめ」 

魯園菜館のマスターは中国語の先生です。

「カクテル・パーティー」の中に中国語がいくつか出てきます。大城先生から、やはり中国語のところは中国語でとのご指示を頂き、さー大変。大城先生が急遽ご自分で読んで吹き込んだテープをお送りくださったのですが、「そうだ、あそこにも行ってみよう!」と魯園菜館へ。
忙しい合間を縫ってとても親切に中国語(北京語です)を教えてくださった先生は、魯園菜館オーナーの謝周恩さん。日本名は「中原龍」、帰化されたのです。

昨日お礼がてらにランチを食べに行ったんですが、先生忙しくて・・・
とりあえず写真を一枚、カシャッ。
null
遠くで中華鍋振ってるのが先生です。

こんな画像じゃ申し訳ない、えーい、夜も行っちゃえってことで、ようやくゆっくりお礼と記念撮影。
null

22日にイベントがあって、そこで宇夫方路が琉球舞踊を踊る。今日はその稽古をしたんですが、さっさと稽古を切り上げて、お仲間みんなと魯園菜館へ。おいしかった記念にカシャッ。
20080814-odorinominnatoDSCF0374.jpg
左が田中きとみさん、中央が宮城文子さんです。
今後もちょくちょく登場することになるのかも・・・

tag: おきなわおーでぃおぶっく  大城立裕  田中きとみ  宮城文子  喜多見_中華.魯園菜館  カクテル・パーティー  内地在住ウチナーンチュ