氷川神社の祭りの後

「たかやま?」
と声を掛けられてビックリ。
40年ぶりの再会。見知らぬ女性は奥様。曰く…
「よく40年ぶりで分かったはねえ」



諸々後日。

tag: 喜多見_居酒屋.酒菜  旧友 

いよいよ原発対話の会が始動した

告知記事はこちら…
 ⇒http://mapafter5.blog.fc2.com/blog-entry-3669.html

澤田哲生氏と

tag: 旧友  澤田哲生 

後夜祭を残して(7/1のツイートまとめ)

こんなツイートを見つけた。
datechibu

喜多見と狛江のちいさな映画祭会場、とても映画祭の会場には見えないローカルっぷり、とふぐしまの田舎もんに思わせるロケーション、素晴らしい。 http://t.co/mdf6Px7VN9
06-30 13:12

なんとなく嬉しい朝。

KitamiFilmfes

喜多見と狛江の小さな映画祭、「夜じゃないけど後夜祭」を残して、全てのプログラムが終了しました。期間中、延べ400名をはるかに超えるお客様においでいただきました。そんな観客の皆様に、またなんらかのご尽力を頂いた全ての方々に、心からの謝辞を申し上げます。本当にありがとうございました。
07-01 08:15

関係者、出演者、ゲストなどを含めれば来場者述べ500名位。大きなホールに比べては半日分ではありますが、なんのその!あのニーチェの馬を観た直後、全てのカットを覚えていたように、今はお越しいただいた方々全てのお顔を思い起こすことができます。一人ひとりに向けて、ありがとうございました。
07-01 08:20

gajumui

仮に小さな映画祭が、山形あたりのそれみたいにでっかくなったとしても(でかくするつもりもないし、でかくなるわけもないのだが)、僕には心底笑うことはできないだろうと思う。新しいたくさんの人々と出会えたとしても、去った人々の向こうに連なる「広大な何か」。それは、説明し難い不在の感覚。
07-01 09:13

ネガティブなことは語るべきではないと、多くの方々に暖かく忠告されます。一歩一歩だよと。よくやったよと。感謝いっぱいです。でもね、分ってもらえない、伝えられないといったことではないのです。いったいどう言葉にしたらよいのだろうと、昨日から考え続けているのですがママならないのです。
07-01 09:36

見えぬ陰の中の存在(もしかすると存在しない何か)への想像力と共感。誰もが見向きもしなかったものにスポットを当てる。だがその瞬間から、陰の住人―「非存在」ではなくなるという矛盾。そして笑いを獲得した成り上がりものは、棄てられしモノから棄てる主体に変貌したことに気づくことはない。
07-01 09:49

見捨てられしものは存在しないが如く、「非存在の代弁者」は、その名前そのものが自己矛盾であることに躓く。いったい非存在はどこにあるのか探すのだが、対象が非存在である限り見つかるはずもなく、想像妊娠のような陰の中からの眼差しに傷つきながら、ただ自らを見つめるしかない。不在の感覚。
07-01 10:32

決してネガティブであるつもりはないのです。ただこの世界には間違いなくネガティブな場所が点在し、それを忘れては世界は変わらないと信じているのです。そしてそのことは、極めて具体的な事例から形而上の思索まで貫き、かつ個々バラバラに助けを求めているらしいという認識です。
07-01 11:05

最後のプログラムが、混沌とした想念に名前をつけようとする営為、再びその厄介さに向かうきっかけに充分であったことを、櫻井篤史と加藤到という古き友人2人に感謝したい。不在の感覚に慄くまだ見ぬ多くの友人のために、僕はここから離れないと決めた。http://t.co/zzMoVBDiUS
07-01 11:25

だが一方で、僕は一介の役者でありたいと、切実に思っているのである。
07-01 11:27

RT @maYmaYuko_515: ブログを更新しました。 『ありがとうございました!』 http://t.co/8cbwJASFd0
07-01 11:28

加藤到は山形国際ドキュメンタリー映画祭の副理事長らしい。30年以上前、やつはいつも俺に「お前の脳味噌を使って考える」と言った。やつの脳の貧弱さを補うために、優秀な脳を利用された俺の身にもなってみろ。(続く…
07-01 11:52

…続き)そして加藤到はいつも、週刊誌のゴシップ記事のように、「自分の考え」をでっち上げるのであった。※さて、この連続悪たれツイート2発、他人さまはどう読むのでしょうかしらん。
07-01 11:57


そして後夜祭へ…

tag: 旧友  櫻井篤史  加藤到 

あまのじゃく《EMタマゴプリンのこと》

ubukataicon ubukatamichi

地図いっぱい・・・
09-03 12:46


一方、俺は…

薄暗い書斎で、一日中横になって考えていた。
そして、呟いてみた…

gajumui

残りの人生、あまのじゃく…
09-03 19:35


事務所では「かぎやで風コース」の稽古中。
1ヵ月沖縄に滞在していた鈴木夫妻のお土産は…
宜野湾市にあるうさぎや和洋菓子本舗の「EMたまご」と「EM牛乳」を使った“タマゴプリン”
タマゴのプリン
宇夫方路曰く…
「取り寄せたいくらい凄く美味しかった」

続きを読む

tag: 旧友  沖縄_沖縄的食物.  311  MAP琉球舞踊教室  地図の仕事 

“たかぐら”で奄美の七草粥(1/7のツイートまとめ)

11:49、事務所外の線量……
0.07μSv/h(DoseRAE2,RADEXは参考)
12年1月7日の事務所外の空間線量

14:33、事務所内の線量……
0.07μSv/h(DoseRAE2,RADEXは参考)
12年1月7日の事務所内の空間線量

gajumui

1月2日の福島市のセシウムの降下量(180+252MBq/k㎡)の補足。去年震災から3月26日までは福島市計測不能。27日はCs-137が790MBq/k㎡。以降多くても200程度、だいたい一桁から二桁前半で推移。多かったのは7月19日でCs合算1340。理由不明。
01-07 14:21

1月2日の福島市のセシウムの降下量(180+252MBq/k㎡)の補足2。去年3月20日から23日まで4日間の東京新宿のセシウム合算降下量は以下の通り。1110、10600、670、290。データを自分で調べてエクセルか何かに並べてみることを是非お勧めします。
01-07 14:27

ubukataicon ubukatamichi

あ、また今年もやるんだ。 @okinawajohobot 【沖縄】沖縄市は「2012国際児童・青少年演劇フェスティバルおきなわ」(愛称・キジムナーフェスタ2012)で上演する「コザ物語」(脚本・嶋津与志、演出・ふじたあさや)の出演者を募集
01-07 14:40

今日は朝から明日の敬老会の本番のために最後のお稽古をしました。今晩は新宿の“たかぐら”という奄美料理のお店に七草粥を食べに行きます。ついでに大切な打ち合わせもしてきます。
01-07 14:49

大城立裕先生から年賀状を頂きました。うれしいです。先生は去年、「カクテルパーティー」がハワイで上演された際、現地まで行かれました。それを「最後の海外旅行になりましょう」なんてお書きになられて、いえいえ誰も信じていませんから。
01-07 14:57

gajumui

なんで僕んとこには来ないの? @ubukatamichi 大城立裕先生から年賀状を頂きました……
01-07 15:04

 ⇒続きは明日の夜…

まずは渋谷へ。
時の流れを感じる
都立駒場高校の男子生徒の数が、やっと女子生徒の数と同じになった頃のこと。
後日なんか書きます。

過去よりも未来だと、早々に失敬して…

今日は正月の7日。新宿3丁目の奄美料理の“たかぐら”というお店で、一年に一度この日だけ、奄美の七草粥が食べられるというのである。
たかぐらにて

1月7日、奄美大島では数えで7歳になった子供が、親戚や近所の家をお椀を持って七軒回り、七草粥をもらう風習があるらしい。七草粥の中味には特に決まりはなく、奄美で採れる野菜を七種類入れたり、特徴といえば塩漬けの豚、沖縄風でいうところのスーチカでしょうか、そういうものを乗せたりするみたいです。

でもココ“たかぐら”はスーチカではなくソーキでした。きっとこれもありなんでしょう。
奄美の七草粥
実に美味でありました。

亘さんも一緒。
新城亘唄う

奄美だけれど、最後はやっぱりカチャーシー。
やっぱりカチャーシー

とりあえず記事アップ。詳細は後日に。
http://t.co/eegYzEsd

tag: 【暫定投稿】  沖縄居酒屋.たかぐら  カチャーシーの光景  奄美  新城亘  311  大城立裕  MAP事務所の線量  旧友 

事務所の線量

10:11、事務所外の線量……
0.07μSv/h(DoseRAE2,RADEXは参考)
11/03の事務所線量

夜は智内さんと桜新町。
桜新町にて

tag: MAP事務所の線量  智内好文  旧友 

ゴーヤーのパレード《何事も鵜呑みにせず主体的に解読する力》

《9月13日(火)》
大震災から186日目……
明るい太陽。
晴れたから。
null

null

null

null

null

null

null

null

null

null

null

null

null

null

null

null

null

null

null

null

やっぱりさ、どう考えたって生命ってのは不思議じゃないか。
「どうして?どうして?どうして?」
ガキだった頃持っていた感性を、いつどこで落っことしてきちまったんだろう。

null

残念ながら、国弘さんから頂いたパイナップルはダメにしてしまった。
null null
国弘さん、ごめんなさい。

事務所は改造中。
null
高山正樹は奥の部屋で週末のライブのために。
null

変わらず。
null

太陽が沈めば夜。
4月25日以来、2度目の新宿「城(グスク)」
日本を捨て、オーストラリアへ移住を決めた非国民と。
null
アダルトビデオ業界に生きるアウトロー。
null
いったい、人はどのように洗脳されていくのだろう。
お店の線量。
null

妙な夜の。
楽しき話は後日。

最近流行りの「メディア‐リテラシー」、“何事も鵜呑みにせず主体的に解読する力”といえば聞こえはいいが、そうじゃない人間を上から目線で馬鹿にする時によく使われる。
「デマを信じるような、リテラシーのない……」

いったい、誰のことを言っているのか。
落っことした感性をもう一度拾ってみたら。
さて、どうなるか。

自明性。アプリオリ。カント。
そんなことばっかり考えていたっけ。あの頃。

ゴーヤーも、全部が全部大きくなるわけでもなく。
null

tag: ゴーヤー栽培記.2011年  沖縄居酒屋.城  MAP事務所の線量  あちこち測る  旧友 

全てミステリー

《7月2日(土)-2》

全てミステリー……
null

(※7月18日に追記)
言うか言わぬか迷ったが。
彼らはオーストラリアへの移住を決めた。55歳を越えると永住権を取得するハードルが一気に上がる。それまでになんとかと。

オーストラリアで泡盛飲めるかなあ。飲めれば移住するってわけではないけれど。

tag: 旧友 

M.A.P.縁(ゆかり)のセブンイレブン《友たちよ、聞いているか》

東日本大震災から102目。

時間がないので、毎日買ってきた弁当みたいなものばかり食べている。健康ゲームどこへやらである。

おや、セブンイレブンの弁当のシールが改善されたらしい。
null

おお、井阪、やっとか。
 ⇒シールがベタベタしているという話
 ⇒そのことをセブンイレブンの社長に進言した話
 ⇒そのことを喜多見のセブンイレブンのバイトの女の子に報告した話

まさかね、俺の意見でシールが改良されたなんてこたァないよなあ。

しかし、あらためて振り返ると、結構セブンイレブンのことを記事にしている。そんなら、と、セブンイレブンのサブカテゴリを作ることにした。さて、どのメインカテゴリのサブに分類しようか。喜多見店があるから「喜多見」にするか、しかし話は喜多見店に限っちゃいないので、社長が知り合いだから「M.A.P.縁の人たち」の中にぶち込もう。井阪が社長を辞めたらどうしよう。まあ、その時はその時だ。

役者などという職業についてから、自分の出る舞台の案内を、同級生たちに送ることなど、殆どなかった。一、二度あったかもしれないが、それは切符が売れないと死活問題だという主催者に頼まれて致し方なかった時だけだった。それが、自分で会社などをはじめて、その会社が舞台などをプロデュースするようになって、毎回、闇雲に案内を送るようになった。会社の死活問題だから。

そんなメールだから、返信がないといって怒る筋合いのものではない。もちろん返信がなくたってなんとも思わない。むしろメールを送って申し訳なかったと思う。それでも、案内のメールを読んで来てくださる人もいらっしゃるワケで、感謝感謝である。断りの返信を下さればそれはそれでうれしいが、「いけないけどあしからず」なんて文句があるとカチンとくる。きっと悪気はないのであろうが、「あしからず」はいい言葉じゃない。そんな返信なら梨のつぶてのほうがありがたい。いやはやなんとも勝手な思い。わざわざ返事してくださったのではないか、反省である。

セブンイレブンの社長だが、結構返信してくれる。もちろんいつだって忙しくて伺えず申し訳なしという内容だが、誰よりも早い。もしかすると秘書の仕事なのかもしれない。でも大きな会社のトップになる奴はなるほど違うなどと、誰でも言いそうなことを言ってみたくなる。

先日の琉球舞踊公演の案内も同様であった。でもその後、別途のメールを彼に宛てて送ってみたのである。

喜多見駅前のセブンイレブンは頻繁に利用させてもらっております。
ところで琉球舞踊の公演をやります。喜多見のお店にパンフレットの広告掲載をお願いしているのです。喜多見のセブンイレブンにそれをお願いするなんてことは無理なのかな。ダメ元でのお願い。


新年会で井阪と話したことを思い出したのである。
 ⇒今年の都立駒場おりこうさんグループ新年会

しかし、さすがにこのメールに返事は来なかった。常識はずれの希望だったのか。「経営者」として、「人間」として、あるいは「友」として。

【追伸】
この日、宇夫方女史は関東沖縄IT協議会の懇親会で踊ったようです。琉球舞踊専用ブログにそのことが7月4日にようやくアップされていました。
 ⇒http://mapryukyubuyou.ti-da…
2月16日の新年会以来、3度目です。
しかし、アップが遅いなあ。

6月4日の公演以来、琉球舞踊専用ブログにはけっこうなアクセスがあったようですが、やはり公演の記事がずっとアップされず、訪れてくださった方々に向けて、仲間を増やすような有効なメッセージを送ることができなかったようです。

記事が遅いのはM.A.P.after5だけで十分です。

それから、琉舞のブログで、おきなわおーでぃおぶっくの久米明さんの朗読CD「ノロエステ鉄道」を紹介しているのですが、ちっとも宣伝になってないんだよなあ。
null

そこで、“おきなわおーでぃおぶっく”のOfficial_Siteの「ノロエステ鉄道」のページにリンクを貼ろうと思ったら、サーバーに不具合があって復旧中だとか。
つまりM.A.P.販売サイトにも繋がらないということ。うーん、今後自前の販売サイトを充実させていこうと考えていた矢先の出来事、考えちゃうなあ。

続きを読む

tag: #セブンイレブン  旧友  ノロエステ鉄道 

「アンポン」こと安本夏彦のこと

《5月19日(木)》
東日本大震災から69日目……
宇夫方女史は琉球舞踊を教える木曜日。

で、ボクは……
同窓生の皆様、懐かしき方をご紹介いたしましょう。
「アンポン」こと安本夏彦氏です。
null null
語りたいこと、山ほどあるので、後日。
え?なんで隈本吉成さんも一緒なのかって?
null
だから後日!

tag: 隈本吉成  「枡形城落日の舞い」  旧友