琉球舞踊の教師免状

琉球舞踊の教師免状

那覇市波之上の神宮会館にて認定式が行われ、琉球舞踊の教師免状をいただきました。頂くのはうれしいですが、責任重大です。
これからは自分の勉強だけでなく、指導についてもしっかりとやっていきたと思います。(あ、今までも手抜きはしていません!!決して!)
(宇夫方路)

tag: 琉球舞踊  沖縄の旅_2008年6月 

2008年6月の旅の覚書その2

「セロ弾きのゴーシュ」CDの紹介記事が、沖縄タイムスの昨日夕刊に掲載されました。
CDの記事

この日(6月9日)の成果です。
画像公開!
null
絶対に社長とは呼ばれたくないらしい高山正樹と、沖縄タイムスの受付のお嬢さん。(左のチラシ持ってくれてるのが又吉さん。右の子の名前は聞き忘れちゃった。今度ぜったい二人のフルネーム聞いてこよっと。) この日のちょっとおもしろいエピソードがあるのですが…

新聞持ってホテル球陽館へ。
そして宇夫方路、帰京。

tag: 又吉千夏  山田早希  沖縄の旅_2008年6月  「セロ弾きのゴーシュ」  沖縄タイムス 

かりゆし芸能公演に出演しました【宇夫方路琉球舞踊関連出演履歴】

私(宇夫方路)は、那覇市の県立郷土劇場で行われた“かりゆし芸能公演”に出演しました。
今回の旅は、これが表向きの目的。

ちらし

県立郷土劇場では毎週金曜日の夜、沖縄の舞踊や歌劇などを上演しています。今日は私の所属する玉城流喜納の会が出演、私は「かせかけ」と「前の浜」を踊りました。

ここの会場は建替えのため、かりゆし芸能公演は2009年2月27日で終わってしまうそうです。大変残念です。
新しい郷土劇場ができたら、きっと復活するんでしょうね。だって沖縄には、踊り大好きな人が、ほんとにたくさんいるんだから。
(宇夫方路)



【宇夫方路琉球舞踊関連出演履歴】
※主な出演履歴のうち、パンフレットやチラシが残っていたもの、また記憶をたどって、過去の案内サイトなどで確認できたものをリストアップしてみました。(2010/6/2)

1995年8月20日 夏の宴(日本教育会館一ツ橋ホール)〜松竹梅〜
1995年10月10日 関りえ子琉舞研究所発表会(世田谷区立砧区民会館)
   〜かぎやで風・上り口説・四つ竹・日傘踊り・武の舞・松竹梅鶴亀〜
1997年9月28日 第一回沖縄芸能祭(北とぴあ)〜四ツ竹・武の舞〜
1998年9月6日 板橋区沖縄県人会創立20周年記念芸能公演(区立文化会館)
   〜太鼓ばやし・他〜
2001年5月2日 玉城流七扇会会元喜納初子追悼公演(那覇市民会館大ホール)
   〜上り口説〜
2002年6月8日 東京琉球舞踊協会発足記念公演(なかのZERO小ホール)
   《スタッフとして参加》
2004年7月11日 東京琉球舞踊協会第二回公演(東京国立劇場)
   〜上り口説・四つ竹〜
2005年9月25日 関りえ子芸能40周年記念公演」(沖縄県立郷土劇場)
   〜下り口説、かせかけ、四ツ竹、太鼓囃子〜
2005年11月6日 沖縄芸能フェスティバル2005(中野サンプラザ大ホール)
   〜谷茶前〜
2006年10月29日 東京琉球舞踊協会第三回公演(東京国立劇場)
   〜長者の大主・銭掛の花〜
2006年11月12日 沖縄芸能フェスティバル2006(中野サンプラザ大ホール)
   〜かせかけ
2006年11月26日 玉城流喜納の会二代目家元襲名披露公演(琉球新報ホール)
   〜前の浜、銭掛の花〜
2007年6月8日 沖縄県かりゆし芸能公演(沖縄県立郷土劇場)
   〜四ツ竹、前の浜
2008年4月6日 野村流古典音楽保存会関東支部30周年記念
  第六回琉球古典音楽の会(なかのZERO小ホール)〜加那よー天川〜

tag: かせかけ  前の浜  宇夫方路踊る  琉球舞踊  沖縄の旅_2008年6月 

2008年6月の旅の覚書

6月10日(火) パレット市民劇場、てんぶす劇場 高山正樹はひとり帰京
6月11日(水) シュガーホール、がらまんホール
6月12日(木) 東風平小学校

tag: 沖縄の旅_2008年6月 

M.A.P.最大のミステリー…

(※この記事は、旧ブログには存在しません。)

6月8日13時、首里。
大城立裕氏と宇夫方路

 ⇒(この日の裏)
 ⇒(この日の夜の裏)

そして翌6月9日は沖縄タイムスと“おきなわ堂”へ。

【追伸】
この二日間のことは6月14日と8月9日に書きました。
 ⇒セロ弾きのゴーシュのCD宣伝のこと
 ⇒そして、沖縄オーディオブックのはじまりのこと

tag: 大城立裕  沖縄の旅_2008年6月  裏へ  沖縄タイムス  おきなわ堂 

沖縄へ

ただ今、羽田午後4時前。

まもなく16時5分の便で沖縄へ発つ。

tag: 沖縄の旅_2008年6月  裏へ