アーティストのやること【琉舞公演広報活動その3】

《5月13日(金)》
東日本大震災から63日目……
沖縄タイムスに掲載された山之口貘さんのエピソード。
「詩よりは舞踊がうまい」と紹介され、女形の貘さんが浜千鳥を踊ったという記事。

それを読んで僕は
【ツイッターで呟いてみた】

9:50
へえ、そんなことあったんだ。岡本太郎の「踊る島」を思い出した。

9:57
6月4日、成城学園前の成城ホールで行われる宇夫方路の琉球舞踊公演に皆様是非お越しのほどを。大城立裕氏、ふじたあさや氏はじめ、あちこちから寄せられた祝辞を掲載するパンフは読み応え十分。変な宣伝だけど。

10:09
きっと菅直人が問題なのではない。なんとかしなければならないのは官僚(東電・自民党・マスコミも含めて)の狂った良心。悪意がないから性質が悪い?


夕方、誰かのこんな呟きを見つけて、考え込んでいた。
「アーティストの人って、論理的な判断するために存在してるわけじゃないですからねぇ」

そうして、俯き加減で出掛けていく。

【宣伝活動報告その3】
もちろん、闇雲に回っているわけではないさ、かつての「オルグ」ほど、無神経にはなれない。

東京駅。新丸ビル。
“東京うりずん”
null
満員で入れず。

歩いて神田へ。
“やいま”
null
スナックパインサワー。
null
タマナーチャンプルー。「タマナー」とはキャベツのこと。つまり玉菜。
null
なぜかカレーとナム。
null

新富町。
“仲宮里”
イカスミの塩辛を乗せた島どうふ。
null
モズクと島どうふの和え物。
null
ジーマミドーフ。
null

そして代田橋。沖縄タウン。
新しいお店、“てぃんさぐぬ花”
null null null
もうお腹一杯であったけれど……
null

広告の成果等はあらためて……

しかしこれって、アーティストのやることじゃあないよな……
俺って、誰なんだろう……

tag: 沖縄居酒屋.東京うりずん  沖縄居酒屋.神田やいま  沖縄居酒屋.てぃんさぐぬ花