コマフェスに出たけれど…

いよいよです。
狛フェスのタオル
(↑※画像をクリックすると、告知記事に飛びます。)


こまフェス。
海のチンボーラー。
突然のゲリラ豪雨。


この後しばらくテントから出られませんでした(笑)

日頃の行いがいいのか悪いのか。
捨てる神あれば拾う神あり、というワケで、早速リベンジする機会がやって来ました。子供たちもその気になっています。

僕がiPhoneの件でアップルに電話をしている間、宇夫方女史は拾ってくれた方のところへ打ち合わせに行きました。

というわけで、この件については、明後日に続くのでした…

tag: 琉球舞踊  狛江 

今年も狛江フェスティバルでなんか“沖縄”やる

今年の狛江フェスティバルは7月30日と31日。
今年もね、うぶかた女史が何か企んでいるみたい。

私たちがやる時間と場所は…
●7月31日(日)13時から30分間
●狛江フェスティバル【泉龍寺会場】


なんだか色々あったのかなかったのか、どうやら今年は泉龍寺会場に舞台がないらしい。地べたの上に直接じゃあ基本すり足の琉球舞踊は無理。どうするの~?みたいな。

だいたい後援に「~市、~市、~市」なんてえのはオイラ大っ嫌い、んなもんはロクなもんじゃねえと相場が決まっているわけだが。

何があっても孤高に立つ!なんてね。いえいえ、皆様のおかげでここまでやってこられたわけでござます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

桃次朗さんでタオルも買ったし…
狛フェスのタオル

続報を待つ…

7月27日追伸
決定!
子供たちが踊って三線を弾きます!


≪大きな子供たちの三線演奏≫
安里屋ゆんた
てぃんさぐぬ花
赤田首里殿内
童神
※宇夫方路が胡弓で助っ人

≪小っちゃな子供たちが踊ります≫
谷茶前
海のチンボーラ―
※地謡は高山正樹他、大人が務めます。

tag: 狛江 

あと2日……

東日本大震災から83日目……

【この日の朝に呟いたこと】
7:23
そんなこたあ分かっているのだが……RT/「放射線怖い」→野菜を食べず、外で運動せず…がん予防逆行も


主治医に言われた。ともかく睡眠を取る事。
「最低でも6時間寝てくださいね」
2時間くらい足りない。

午前10:00、エコルマホールのリハーサル室を借りて。
あと二日。

「中踊りでさ、太陽の光を嫌がってくれないか」
null
「形じゃないんだよ……」

出羽は一見普通。実は色々と考えている。稲しり節を知っている人なら分かっていただけるかもしれない。稲しり節は「んにしりぶし」と読む。「ん」声門破裂を伴わない「ん」。
“今年毛作いやあん清らさゆかてぃ”
今年の作物があんなに清らかに実って……

中踊りはチェロだけで。バッハの無伴奏。
null
入羽は砂持節を使う。最後の歩きは、普通はただの収めだが、実は密かにそこをクライマックスにしたかった。先生方には叱られるかもしれないが。照明さんには、希望に向けて繋がる道を作って欲しいと頼んだ。悠久の時の流れ。

三線は古き良き世界。チェロは目覚めた真鶴の自我。悲しみと、そして……。
null null
さて、入羽の砂持節に、どうやってチェロを重ねるか。
砂持節は伊江島に伝わる労働歌。地分けによってあてがわれた土地は、時として荒地であった。その土地を使えるようにするために、砂を運んだのである。

「最後の囃子の繰り返しに、チェロを倍テンポで乗せてはどうだろう」
ボクの提案に、皆即座に同意してくれた。
ゼイサー、ゼイサー、ゼイサー……
「いいじゃないか」

あとは踊りだね、と、亘先生。
null

大丈夫だよ、あと1日もある。

エコルマホールのエレベーター。
6月17日のロビーコンサートのポスターが貼ってあった。
null

他にも色々なポスターが。
「ボク、これで弾くんですよ」と大島君。
null
9月3日か、ずいぶん先だなあ。その頃、いったいどうなってるんだろう。ちっとも想像がつかない。
演奏会が近づいてきたら宣伝するさ。狛江で大島君が出演するとあっちゃあ、ほっとけないもんな。

【そしてまた呟きはじめる】
20:03
ニコニコ動画で原口一博自由報道協会の会見を見ていました。視聴者のカウントは33,000人。TVの視聴率でいえば0.1%にも満たない。TVだけ見てる多くの人たち、自民党政権当時の東電の「犯罪的行為」のこと、知ってるのかなあ。


智内さんと初めて会った日。
 ⇒喜納昌吉のライブで高野孟×上杉隆×喜納昌吉のトークショー
今話題の上杉隆が一年前に何を語っていたか、まだリンク先から見ることができる。後で聞いたが、智内さんは高野孟氏とも面識があるらしい。

そういえば沖縄から帰る日、智内さんから「ハイサイ」という題名のメールが来た。
だからボクは「沖縄嫌いの智内さんがハイサイとは……」てなメールを返した。
そうしたら智内さんから「ハイタイとも言います」という短い返信。
そこでボクは「ハイタイというのは首里や那覇の女性ですね。ヤンバルあたりでは女性でもハイサイ、もっと田舎ならハイだけです」と薀蓄をひけらかしてみた。
すると智内さんから「まったく正解だね」



智内さん、明日が勝負です。でも智内さんは、きっと見に来ないんでしょうね、沖縄嫌いだから?
屈折した愛ですな、お互いに。

【この日のFBへの投稿】
(21:52)
前期の決算が終われば、きっと会社から開放される。経済的にはどえらいことになるだろうが、やっと死に場所にたどり着いたような気がする。明後日、新生M.A.P.の第一歩。是非宣伝してください。いい踊りができました。
http://mapafter5.blog.fc2.com/blog-entry-393.html

tag: 狛江  新城亘  山猫合奏団  琉球舞踊 

喜多見と狛江と川崎と

昨日の4月1日、山猫合奏団のブログのほうで、「多摩人」という地域雑誌に“どんぐりと山猫”が紹介されたことをご報告しました。
http://lince.jp/lince/topics…

今日も、K-pressというインターネット情報誌の取材がありました。やっぱり、このあたりの地域情報を発信しているメディアです。
取材されながら、むしろこちらがたくさんの地域情報をご教授いただくことになりました。

ここ一年で、やっぱり全国紙に掲載されないと、大きな効果はないと痛感しているのですが、しかし一方で、一歩一歩進んでいくしかないのだとも思っています。
喜多見のことも、世田谷のことも、狛江のことも、川崎のことなんか特に、まだまだ知らないことばかりです。

考えてみれば、例えば沖縄は130万県民。世田谷だけで80万人くらい住んでいるのですから、それに川崎や多摩地区を含めれば、その人口は沖縄をあっさり越えてしまいます。
沖縄を丹念に歩いているように、私たちの足元にも、もっと細やかに目を向けていかなければいけないのだと、あらためて思った今日なのでした。

tag: 喜多見  狛江  川崎市  山猫合奏団  K-press 

東京の「石敢當」

わけあって、久しぶりに自宅から事務所まで、7kmほど歩きました。

通り道で見つけた「石敢當」。
石敢當

ここは沖縄ではありません。それにちょっと場所が変です。本来はT字路や三叉路の道の突き当たりに置かれる魔よけ。ここT字路だけど突き当りじゃないし。突き当たりは反対側。

時々、うちの地図調査員が、現地表記として「石敢當」って調査結果を拾ってくることがあるんだけれど、どうも表札と勘違いしているらしくて、「石敢當」の文化を知らなければ致し方ないことかもしれないが、調査員たるもの簡単なフランス語の表記程度は読めなければならないということになっているのだから、やっぱり「石敢當」くらいは知識として知っていて欲しいかななどとも思うし、でも、表札と間違えるような場所にお土産で買ってきた「石敢當」なんかを置いてしまう沖縄フリークの「ナイチャー」の方がきっとよっぽど問題なのであって、沖縄の魔界の住人の習性から考えると、まっすぐ歩くしかないマジムン(魔物)が、突き当たりの反対側にある「石敢當」にぶつかって砕け散ることはまず無さそうなわけで、魔物の進入を拒むという本来の力を発揮する機会を奪われた「石敢當」は、なんともかわいそうだし…、しかし待てよ、そうか、あそこを三叉路だと解釈すれば、あの設置場所もあながち間違いとは言えないなあ、でも酔っ払ってヨロケたマジムンしかあの「石敢當」にはぶつからない……

テクテク歩いていると、頭の中でズラズラと言葉がめぐります。

なんだか気持ちがザワザワしています。

それを象徴するかのような突然の光景。
パトカーとウルトラマン

7kmほど歩いた「ワケ」は、いずれ…

tag: 地図の仕事  石敢當  健康ゲーム  狛江 

狛江の夏祭り!

26日と27日は狛江の夏祭り。

カルチャーでお世話になっているJINさんのメンバーがステージで踊るっていうから、これは行かなければ。
場所は狛江駅北口にある泉龍寺。狛江に住んで10年以上になりますが、狛江の夏祭りに行ったのは初めてです。

JINさんプロデュースのステージです。
子どもたち、すごい!たいしたもんだ!
20080729-genkinakodomoDSCF0245.jpg

20080729-tappuDSCF0256.jpg

20080729-sunagawati-muDSCF0268.jpg
こちらのメンバーはJINさんが月に2回出張してレッスンをしている江東区の砂町から参加。
おまけ。
20080729-omisenokataDSCF0216.jpg
(宇夫方路)

tag: JinDanceFactory  かおるさん  泉龍寺  狛江 

“狛江”で見つけた“与論島”……カテゴリーを飛び越えて

どうも、このサイト全体が境界線のあっちへ行ったりこっちに戻ったり、なんとなくチャンプルーなのかなと思います。

狛江の夏祭り。
遭遇しました。
三線と与論ドーナツ? サーターアンダギーか?
null
これはほっておけない。取材開始。

東京に住んでいる与論島出身者の仲間達。お祭りがあるっていうと、どこへでも出向いていくんだって。与論島は沖縄じゃなくて鹿児島県なんだけどね。
翌日の日曜日にはステージで創作エイサーをやるって言ってました。残念ながら行かれなかった。

どこかのお祭りで彼らを見つけたら、教えてください。

狛江は喜多見のお隣。
与論は沖縄のお隣。
カテゴリーを飛び越えて……

 ⇒カテゴリーを飛び越えてその2へ

tag: 奄美  狛江