「オール狛江の会」結成会合?

※暫定投稿です。後日、追記します。

市民大学の日の夜、こんな会合が泉の森会館であると知って、冷やかしに行った。
「オール狛江の会」

矢野裕氏と
元狛江市長の矢野裕さんの奥様は奄美の御出身である。
(※写真に写っているのは奥様ではありません。)

その後、とある人が、食事をしたい、行ったことがないというのでミートステーションへ…
ミートステーションの鉄火巻

翌日呟いたこと…

「オール狛江」とは何なのか。
この時は、ほんとうに単なる冷やかしだったのである。
(3月25日に記す…)

tag: 矢野裕  泉の森会館  奄美  MAPの飲食処_狛江周辺.ミートステーション  狛江市_政治の話 

自衛隊からの手紙の法的根拠考察(1)

集団的自衛権が閣議決定された翌日に自衛隊募集の葉書が届いたというような情報が、ずいぶんと目についた。本当に集団的自衛権の閣議決定と自衛隊募集の葉書には関連があるのかどうか、少なくとも、自衛隊募集の葉書が送られてきたというのは毎年聞く話である。ネットで検索すれば、日本中各地の関連情報が拾える。
これまで既に二度紹介したものだが、再度参考にする。
【千葉市民の声:個人情報保護について】
  ⇒ http://t.co/kOYy99tPql
千葉市のホームページ、市民からの質問に答えるQ&A形式の記事で、昨年2013年9月30日にアップされたものである。この御時世、いつ削除されてしまうかも分からないので、リンク先の内容をまとめておく。

市民からの質問は次のようなものであった。

息子のところに千葉市役所から自衛隊勧誘の葉書が届いた。個人情報の使い方に問題があるのではないか。

それに対する千葉市の回答内容を以下に要約する。

●自衛官の募集に関する事務の一部は、自衛隊法及び同法施行令に基づき、都道府県及び市町村が行うこととされている。
●質問の自衛官募集の葉書は、防衛省の機関である自衛隊千葉募集案内所が作成したもの。上記の法令に基づき、本市も発送費用の一部を負担しているため、はがきの差出人として記載されている。
●送付先については、自衛隊千葉募集案内所が住民基本台帳を閲覧し自ら決定したもの。
●住民基本台帳法で、国又は地方公共団体の機関は、法令で定める事務の遂行のために必要である場合には、市町村長に対し、当該市町村が備える住民基本台帳のうち氏名、生年月日、性別、住所に係る部分の写しの閲覧を請求することができると定められている。自衛隊千葉募集案内所による住民基本台帳の閲覧は、自衛隊法で定める自衛官募集事務のために行うものであり、法令に基づいた適正な事務である。
●総務省も、防衛省が職員の補充の一環として行う自衛官募集に関する事務について、住民基本台帳法に規定する「法令で定める事務の遂行のために必要である場合に該当する」と判断し、地方自治体あてに通知している。


少し気になった事がある。住民基本台帳で閲覧できるのは氏名、生年月日、性別、住所に限るのか、それだけで送付先を決定できるものなのか。そして去年と今年に、送付する数などに違いがあるのかどうか。

問い合わせ先が市民局市民自治推進部市民サービス課となっていたので、さっそく電話をしてみる事にした。しかし残念ながら担当者不在で、戻り次第連絡を頂く事になった。

ところで、狛江市では自衛隊員募集の葉書が届いたというような話を聞かない。千葉市からの連絡を待つ間、ここ狛江の事を狛江市役所に聞いてみる事にした。

結論から言うと、狛江市では自衛隊員募集葉書を送ることはやっていないとのこと。ただ、ポスターを掲示したり、その他自衛隊員募集関連の業務はやっている。それは自衛隊法97条と同法施行令で規定されている業務は行っているとのことであった。それは千葉市のホームページと当然ながら一致する。

自衛隊法97条(都道府県等が処理する事務)
都道府県知事及び市町村長は、政令で定めるところにより、自衛官及び自衛官候補生の募集に関する事務の一部を行う。


また自衛隊法施行令で本件に関連するのは第7章の雑則の第114条から119条までである。

自衛隊法施行令
第7章 雑則

(募集期間の告示)
第114条  2等陸士として採用する陸上自衛官(以下第117条において『2等陸士』という。)の募集期間は、防衛大臣の定めるところに従い、都道府県知事が告示するものとする。

(応募資格の調査及び受験票の交付)
第115条  市町村長は、前条の募集期間内にその管轄する市町村の区域内に現住所を有する者から志願票の提出があつたときは、その志願者が防衛省令で定める応募年齢に該当し、かつ、 法第38条第1項 に規定する欠格事由に該当しないかどうかを調査し、応募資格を有すると認めた者の志願票を受理するものとする。
2  市町村長は、前項の志願票を受理したときは、これを当該市町村を包括する都道府県の区域を担当区域とする地方協力本部の地方協力本部長に送付し、これらの者と試験期日及び試験場について協議の上、志願者に受験票を交付するものとする。

(応募資格の調査の委嘱)
第116条  市町村長は、前条第1項の志願者の本籍が当該市町村にない場合には、同条同項の調査を志願者の本籍がある市町村の市町村長に委嘱することができる。

(試験期日及び試験場の告示等)
第117条  都道府県知事は、当該都道府県の区域を警備区域とする方面総監と協議して2等陸士の採用試験の試験期日、試験場の位置及び名称その他必要な事項を定め、これを告示するものとする。
2  都道府県知事は、自衛隊が管理する場所、施設又は器具(以下本条中『場所等』と総称する。)以外の場所等を2等陸士の採用試験のため使用しようとする場合には、都道府県知事の管理する場所等又は他の者の管理する場所等をその管理者と協議の上、自衛隊に使用させるものとする。

(海上自衛官及び航空自衛官の募集事務)
第118条  都道府県知事及び市町村長は、第114条から前条までの規定の例により、2等海士として採用する海上自衛官又は2等空士として採用する航空自衛官の募集に関する事務を行う。

(広報宣伝)
第119条  都道府県知事及び市町村長は、自衛官の募集に関する広報宣伝を行うものとする。


仮に、防衛省から隊員募集葉書の送付業務の依頼が来たらどうするのかを伺った。お答えはそれはしないということであった。理由は、市が行うべき自衛官募集に関する事務は、自衛隊法施行令の第114条から第118条において細かく規定されている。葉書送付業務はその中にないというのである。
「なるほど、役所って、やらなくいい事は絶対やりませんからね」
僕は昨日の原子力規制委員会の方との話を思い出していたのである。先方も笑いながら「そうですね」と答えた。さらに僕は聞いた。
「千葉市のホームページによると、あちらは送付業務を代行する根拠を、自衛隊法においていらっしゃるようですが…」
「さあ、千葉市と自衛隊との間に事務的な申し合わせか何かがあるのかもしれませんが、千葉市のことは分かりかねます。」
「狛江を管轄する自衛隊は?」
府中分駐所です」
「なぜ千葉とは違うのでしょうか」
「さあ、政治的な事もあるのかも…」
この多摩地区あたりには共産党員が多いという話を聞いた事がある。そんなことも影響しているのだろうか。
しかしさすがに市役所の人はこう言った。
「これからは分かりませんが…」
安倍と石破のおぞましき顔が思い浮かぶ。
「もし、自衛隊法施行令の第119条の広報宣伝の範疇だとしたらどうなんでしょう」
「それは…」
狛江市役所の方は、あくまでも葉書送付業務は自衛官の募集に関する業務で、広報宣伝ではないだろうとしながらも、もしその根拠で話が来れば、その段階で市としてどう対応するかあらためて判断することになるだろうということであった。ともかく、依頼が来るまで判断することはない。なにしろ、やらなくていい事はやってはいけないというのが、日本国の役人の正しいあり方なのだから。

さあ、千葉市からの電話が楽しみになってきた。

自衛隊からの手紙の法的根拠考察(2)に続く…

tag: 狛江市_政治の話 

答えは得られず(2/2のツイートひとつ)

ある質問状
だが…
gajumui

宇夫方隆士どの。残念ながら、田辺良彦氏はダメでした。政治家なんてやっぱりこんなものなのかな。だからこそ、お登紀さんには出て欲しかったのだが、いたし方なしです。リック、今度はいつ日本に来るんだい?おやすみなさい…
02-02 00:11

tag: 狛江市_政治の話  #宇夫方隆士  リック・タナカ  こんな人あんな人_歌を歌う人.加藤登紀子 

ある質問状

gajumui

@YoshihikoTanabe 宇夫方隆士さんを通じて何度もコンタクトもしました。それらこちらからの連絡や問いかけに全くお返事なく、突然リフォローされた理由は何なのでしょうか。不信感で一杯です。
01-26 01:35

tag: 狛江市_政治の話 

幻の映画「ひろしま」が60年の時を超え狛江で上映!

“狛江良い映画を観る会”というのがあるのをご存知ですか。M.A.P.とは、私たちが西山正啓監督の「恨ハンを解いて、浄土を生きる」の上映会を企画した時からのお付き合いです。
先日の「主権在民 フクシマから東海村へ」上映会の時にも、宣伝などのご協力を頂きました。

その“狛江良い映画を観る会”主催の映画会が間もなく開催されますので御案内いたします。

上映作品は…
ひろしま ~1945年8月6日、原子雲の下の真実・愛~
監督:関川秀雄
監督補:小林大平
助監督:熊井啓
出演:岡田英次、月丘夢路、神田隆、加藤嘉、山田五十鈴、他

映画「ひろしま」のポスター  ←クリックすると大きくなります。

会場:狛江エコルマホール(小田急線狛江駅北口スグ)
日時:10月12日(金)
 昼 開場13:30 開演14:00 夜 開場18:00 開演18:30
料金:大学生以上1,000円、高校・中学生600円
  (※前売は100円引き、小学生以下は無料)
映画・チケットに関するお問合せ:エコルマホール(03)3430-4106
(※M.A.P.でも前売券をお預かりしています。)

※講演あり:映画「ひろしま」について
 小林一平(小林大平氏の御子息:狛江市在住)
 熊井明子(熊井啓監督夫人)

※映画の概略解説などは……
 ⇒ひろしま 1945年8月6日、原子雲の下の真実 - goo 映画
小生、役者という商売柄、岡田英次、加藤嘉の往年の演技を見られるというだけでも価値ありではありますが……。

この映画は終戦から8年後の1953年に、広島市民の全面的な協力のもと、約8万8,500人がエキストラ出演して完成しました。実際に原爆を体験した方も多くいらっしゃったそうです。そして1955年のベルリン国際映画祭において長編映画賞を受賞しました。にもかかわらず、日本で全国公開されることはありませんでした。それが「幻の作品」といわれる所以です。
なぜ全国公開されなかったのか、描写がリアル過ぎて大手の映画配給会社が配給を嫌がったとか、反米色が強いという理由で一部カットを要求されたがそれを断ったとか、ネットで調べると色々出てきます。

この映画「ひろしま」は、お隣の調布市でも上映されます。“ちょうふどっとこむ”という地域情報発信サイトで見つけた「ひろしま」の紹介文は、次のように結ばれています。
「被爆国ニッポンは、すべての核を否定すべきであった。唯一の被爆国だというのに、私たちは、核の恐ろしさをもっと大きな声で訴えてこなかったのか・・・。原爆も核開発に他ならない。」
また調布市の上映会では映像による講演、肥田舜太郎氏ビデオ出演による「原発と内部被曝」があります。

さて狛江市ですが、新市長の高橋都彦氏がこの映画会にメッセージを寄せられたようで、それが下記ブログで紹介されています。
 ⇒http://blogs.yahoo.co.jp/pepe_le_moco_0123/61522550.html
「(前略)核軍縮、廃絶へと世界の潮流が強まっている一方で、核実験や核開発を進める国があるのも現実です。このような状況で、わが国は(中略)核兵器のない世界の実現のために、大きな役割をはたさなければいけません。狛江市は昭和57年に『狛江市平和都市宣言」を採択し、『こまえ平和フェスタ』などの事業を通じて、核兵器完全禁止・軍縮。全世界の非核武装化にむけて努めているところです。今回、映画『ひろしま』の上映によって、広く市民が核兵器の恐ろしさや命の尊さを感じ、平和について考える良い機会となることを願っております。」

なんとも古めかしい典型的な核兵器反対の文章ですが、基本的に異論はありまん。しかし反面、狛江新市長は、基本的に脱原発には賛同するが「脱原発を目指す首長会議」には参加を見合わせるという。また、「原発の再稼働をやめ、原発からの撤退、再生可能エネルギーへの転換を求める意見書」は狛江の市議会において賛成少数で否決されました。

原発を維持する理由が、核兵器開発のためであるという言説について、高橋市長はどのように考えているのか、伺ってみたいものです。原発と核の関係が、永田町において恥ずかしげもなく明白になった今でも、狛江の市長は、やはり旧態依然、そんな話はありえないと言い張るしかないのでしょうか。それが国政から遠く離れた市の、文字通り明日の市民の利益だけで物事を考える小さな市の首長の政治的限界なのでしょうか。
(因みに、調布市も狛江市も、市も教育委員会も「後援」に名前を連ねています。まあ「後援」というのは、ポスターやチラシや案内に名前出してもいいよという許可だけなんですけどね。)

原爆投下から僅か8年で、「広島」ではなく「ひろしま」を受け入れた市民の方々の心情に思いを馳せ、その映画が60年経った今、人々の数限りない今日と明日と、たくさんの関係者の死をも越えて再公開されることの意味を、僕はひたすらに考えています。



それにしても狛江市長選挙で惜しくも負けた田辺さん、数年後の市長戦のために奔走していらっしゃるのでしょうか、それとも待ちきれず、都議会にでも立候補されるのでしょうか、ちっとも連絡いただけません。残念!って、なんとか侍の古いギャグですが。

tag: 狛江市_政治の話  震災・原発・放射能_ 

思い浮かんでしまった光景(お弁当と給食のこと)

「震災・原発・放射能_給食・弁当」というtagを作った。

狛江市の給食問題(政治っぽくて嫌だが)について、そっとブログに新聞記事の画像を載せたのは去年の9月であった。でもそれ以上のことは語らなかった。だが、ここ狛江市辺りで小さなお子さんを持つ親御さんにしてみれば、何より気にかかることであるに違いない。事実、弁当持参を許可しない保育園と必死に交渉を続けている方々をツイッターで知っていたし、ずっと見守っていた。

狛江市長選挙があった。M.A.P.は狛江市に登記している。しかし僕は川崎市の住人である。だから選挙権はない。前任は共産党の市長であった。しかし、なぜか弁当持参を許可することについては慎重であった。理由は不勉強で定かではない。今回その方が退任して、選挙は新人同士の争いとなった。共産党市制を引き継ぐと宣言していたのが田辺氏である。きっと色々な争点があったに違いない。長く共産党の市制が続いていたから様々な弊害もあったのかもしれない。だが僕は、原発や放射能汚染だけを見ていた。未曾有の事故があって、少々の細かい点に問題があっても、原発に対する考え方が、雌雄を決する一番の要素であると思った。少なくともその点においては田辺氏の方が原発に対して厳しい見方をしていたように思う。しかし結果は、原発を容認する保守系の高橋氏が勝利した。その後、僕の情報源が偏っているのかもしれぬが、新市長のよろしくない評判ばかり聞こえてきていた。

「狛江市_政治の話」というtagも作った。

ところがである。旧市長の時にはなかなか実現しなかった弁当持参が、このたび自由になったらしい。まだまだ問題も残っているようだが、給食の安全性を心配する父母の皆さんにとっては大きな一歩である。新しい市長には古い利権のしがらみがなかったのかもしれない。また、新市長の判断ではなく担当部署の継続的な努力の結果だというようなことも聞いたが、はっきりとしたことは分からない。
そこで僕は、田辺氏に今回の件についての見解を、ツイッターを通じて聞いてみたのである。

gajumui

この度の保育園の弁当持参を許可する市の決定について、腹蔵なき御見解を是非をお聞かせください。経緯も御存知ならば是非。 @YoshihikoTanabe 高橋市長が所信表明。土木第一、行革第二。子育てや福祉はその後…
09-06 21:04


しかし残念ながらすぐにはお返事を頂く事ができなかった。

実はこの記事は9月20日に書いている。ここまで田辺氏からお返事が来るのを待っていたのである。しかし本日、田辺さんが体調を崩されていて、今は復活したものの大変多忙であることを知った。本件については、いずれお伺いする機会もあるだろう。したがってもう待つのはやめて、半年ほど前、ふと思い浮かんだ想念について、書き残しておこうと思う。思いついたその頃、ツイッターで呟いてみようかとも考えたが、誤解を恐れた。でも給食を断って弁当を持参することが自由に出来るようになった今なら語ることも出来ると思った。

【思い浮かんだ光景】
狛江あたりでは、市が安全という給食に不安をもっていない、あるいは多少の不安はあっても致し方ないと考えている、またあるいは、内心大変気にしているのだが、その思いが大きすぎて却って考えない事によって何とか精神を支えている、つまり、みんなと同じ給食を自分の子どもに与えること選択する親の方が圧倒的に多数派なのだろう。保育園や小学校のお昼の時間、子供たちの殆どは、みんな同じ、保育園や小学校から提供された給食を食べている。そんな中で、放射能の危険を勉強し、安全な食材を一生懸命調達して料理をする「意識の高い」母親を持った数少ない子どもたちが、自前のお弁当を食べる。「お前、放射能なんか気にしているのか」と、罪のない正直な友達の「いじめ」にあいながら。実際そういうことがあっただろうし、これからもあるのかもしれない。子どもの心を想像すれば胸が痛む。
だが、僕が思い浮かべた光景はそうではない。給食を危険と考えることがスタンダードになって、母親は自分の子どものために責任を持って出来るだけ安全な弁当を持たせることが当たり前になった時の保育園や小学校の光景である。間違いなく、毎日子どもに弁当を作って送り出す余裕のない家庭がある。もしそれが少数になって、ごく少ない子どもたちだけが、危険かもしれないと感じながら給食を食べるしかない状況。その時の子どもたちの不安、その悲しさは、先の光景の比ではない。

だからこそ行政が、誰もが納得する安全性を確保して給食を提供する、そうした環境を目指さなければならない、それはその通りである。しかし仮に、給食にもあるであろうあらゆる既得権益を排除してもなお、完璧な検査体制を作ってしまっては十分な食材を確保する事が困難になるとしたら、(既得権をすべて排除しあらゆる公務員の怠惰をなくせば食材確保は可能だという声があることを承知した上で)、給食という制度の中で弁当持参する権利を認めるということが、本当に次善の策なのだろうか。

昭和30年代、僕の周りの誰もが貧しかった。それが言い過ぎだとしても、今よりはるかに貧しい事が普通であった。そんな中でも、やっぱりさらに生活の厳しい家庭があって、そういえばそんな家の塀には、よく共産党のポスターが貼ってあった。その頃、そういう家を見下した感情が全くなかったかといえば、それを否定する自信が僕にはないのである。

「給食を作っている業者さんにも生活があるのです」
そう言った市の担当者に激怒するお父さんお母さんの気持ちは十分に理解するし共感する。しかし一方で、大きな会社から仕事を貰い、なんとかなんとか小さな小さな会社を動かしてきた僕には、その言葉は涙が出るほど重くもあるのだ。

僕は、今の状況の中では、弁当持参するも、給食を食べるも、自由に選択できることを100%支持する。ただ、一度思い浮かべてしまった光景は、脳裏に張り付いて離れない。その忘れる事ができない光景を、数ヶ月前、宇夫方女史に語って聞かせたことがある。
「どう思う?」
彼女は目に涙をためて「やっぱり原発はダメだと思う」と言った。

僕は原発をなくすことが現実的ではないという人々に問うてみたい。貴方たちは、原発の事故が一番弱い人間たちを苦しめるのだということ、たとえ原発の事故がなかったとしても、多くの原発作業員たちは被曝し続け、なによりもオーストラリアのウラン鉱山では、多くのアボリジニの人々が苦しんでいることを、どうお考えなのだろうかと。

東京湾で7万Bq/kgのアナゴの噂、例えばこのアナゴ50gを乗せたにぎり寿司一個食べると3500Bq。これって、おかずも米も全て100Bq/kgの食事500gを一日3食23日間食べ続けた時の総合計Bqと同じ。とんでもない値。でも7万Bq/kgのアナゴの話はどうやらデマです!
09-06 22:12



僕は、反原発の輪が拡がるのであれば、危険を煽っても構わぬなどとは全く思っていない。原発を拒否するのは「私たち」が危険だからではない。反原発の真の理由はそこにはないのである。

大震災から545日目……

連夜のニュースゼロのペテン。使用済み核燃料のリサイクルをやめると、やめないよりも多くのゴミが残るって、あたかも原発を止めない方がいいみたいな言い方。それはリサイクルに限った話でしょ。普通に原発動かせばゴミは増え続ける。原発全部止めて、リサイクルの研究だけなら許すってのは如何?
09-07 00:36

・・・それも嫌だけど。なんか僕、浅はかな知識、間違ってますかしらん。寝ぼけマナコ。そういやあ田辺さん、返事くれないし。悪い事ばっかり指摘して、都合の悪い事はだんまりじゃあねえ・・・
09-07 00:51

tag: 狛江市_政治の話  震災・原発・放射能_給食・弁当 

9/4~5の選挙に纏わる連続ツイート

大震災から542日目……

Facebookにリンクを貼ってみた。「どうせまた無反応」というコメントを添えて…
 ⇒ル・ヌーヴェル・オプセルヴァトゥール誌(仏)「最悪事故が起こるのはこれからなのか?」
でも5人が反応してくれた。100人のうち5人。多いのか、少ないのか。

gajumui

昨夜。狛江の、とある居酒屋にて。「●●ちゃん、あなたが親父さんに言われるがままに投票して当選した市長さん、とんでもない人だったねえ」「それを言われると辛いんです」・・・狛江って、土木関係の人もたくさんいて、知り合いもいたりして、もし彼らがこれで良かったと思っているとしたら、俺は…
09-04 15:41

今はどうだか知らないが、千葉ってところの選挙は札束まみれだった。千葉の田舎の方で土建業を営む親戚の親父は、談合しなきゃやっていけねえと公言して憚らなかった。事実談合禁止になって左前、受注するのは余力ある会社ばかり、泣くのは下請け。赤字に堕した小さな会社は入札に参加すらできない。
09-04 16:49


大震災から543日目……

世田谷の隣の小さな市でも、フクイチが爆発してから一年も過ぎてしまうと、土木優先の市長が選ばれ、放射能に関して公約違反があったって知らんぷりの厚顔無恥、でもそれを許しているのはあんたたちの無関心(じゃないのかもしれないが声出さなきゃ一緒だろう)。
09-05 17:09

tag: 狛江市_政治の話 

7/13のツイートまとめ

大震災から489日目……

gajumui

東京の世田谷区と狛江市の境にあるM.A.P.の事務所で、10ヶ月間断続的に空間線量を測ってきました。それをブログに追記アップしました。この10ヶ月で、およそ0.02μSv/h下がりましたが、何故か三日前だけ高かった。嫌な感じです。 http://t.co/5BJV3hkq
07-13 10:32

小川信夫先生のお宅へ。来年の川崎市民劇もこれから手直しだというのに、話は延々と次回作の構想。演劇をやっていた萩原朔太郎は、詩の朗読なんてもってのほかという時代にあって、朗読どころか詩を音楽に乗せて聞かせた。高尚な一部の人のための詩から大衆に届く詩へ。そしてやはり女の影。先生若い!
07-13 15:15

御幣を恐れず言ってみる。まずは「再稼動反対」のデモがあっていいと思っている。被曝するしないは、個々本人家族の腹の括り方でどうにでもなる。が、もしもう一度事故が起きれば、世界が終わる可能性だってある。日本は、史上最悪の犯罪国家となる。「避難させろ」より前に、「再稼動反対」でいい。
07-13 19:40

放浪のバイト君、久々の登場。彼は間もなくドイツへ戻る。本当はその前に、彼も一度官邸前のデモに行って見たかったらしいが、今日しか時間が取れないので、事務所にシュタールの弦を張りに来てくれた。僕も彼が来ないのだったらデモに行ったかもしれないが、今日はこれから彼の送別会なのである。
07-13 19:46

僕が沖縄の基地に拘る理由のひとつは、基地を辺境の沖縄に押し付けることによって、アメリカの犯罪に加担しているのだという加害意識を持つことから、日常において日本人が逃れているということ。日本は、沖縄に依存している。そして、沖縄の辺境にある高江は、那覇や首里の人たちにとって何なのか。
07-13 19:59

狛江も、鹿児島も、原発推進を言う候補者の方が勝ったし、それが日本人の「民意」。だとしたら、海外移住を選択した友人がいつも言うように、日本を見限るのが正しい行き方なのかもしれないと思えてくる… 今日はちょいと言い過ぎたか。日本から逃れられない僕の、激情の吐露、かな?
07-13 20:18

新狛江市長、選挙のために住居を狛江に移したが、当選したので元の西東京へ戻った。初登庁の日、電車で狛江へ。駅に迎えの車を用意しておけと指示。普通のタクシーではお気に召さないらしく、役所の人は大変だったらしい。車を停めておくスペース確保にも無理をした。そんな市長を狛江市民は選んだの?
07-13 22:10

tag: #放浪のバイト君  狛江市_政治の話 

7/11のツイートまとめ

大震災から487日目……

gajumui

何一つ反省なんかしていないが、頭を丸めた。そうしたら、反省でもしてみようかという気分になった。布切れで頭を結わいた。するとラーメン屋の親父みたいになって、反省とは無縁の風貌になった。
07-11 14:06

小生はヒゲも剃ってノッペリしました。ヒゲが無くなったら、仕事は山ほどあるのに何故か力が出なくなり、琉球舞踊教室の鏡の前に布団を敷いて、眼鏡を外して昼寝、鏡に映ったわが身はまるでジュゴンのようです。 @t9402508 もみ上げと顎髭を伸ばしてワイルド路線にしようと思いましたが
07-11 14:45

@yus429 受験番号は47番だけど、マルコメ一番!
07-11 15:04

「えー‼ 高橋市長、『無駄を排除する』と称して『音楽の街』も『絵手紙発祥の地ー狛江』も『白紙に』だって」とツイートされた田辺良彦氏に、詳細とソースなどを教えて欲しいとお願いをしたところ、DMにて回答が来ました。公開の許可を頂いたのでご報告します。 #狛江 (続く
07-11 15:32

続き)田辺氏は朝日新聞の武蔵野版でお知りになったようです。詳細はM.A.P.もお世話になっているkpressのサイトで確認できます。→ http://t.co/CQi4l7CS … 微妙な質疑応答ですね。「音楽の街」については、M.A.P.としても意見ありですが、それはいずれ。
07-11 15:46

ubukataicon ubukatamichi

邪魔です。ジュゴンというより、トドです。 @gajumui 琉球舞踊教室の鏡の前に布団を敷いて、眼鏡を外して昼寝、鏡に映ったわが身はまるでジュゴンのようです。
07-11 15:56

16:01、事務所外の線量……
0.05μSv/h(DoseRAE2,RADEXは参考)
12年7月11日の事務所外の空間線量

gajumui

だからさ、「眼鏡を外して」ってところがミソなんだけどなあ… @ubukatamichi 邪魔です。ジュゴンというより、トドです。 @gajumui 琉球舞踊教室の鏡の前に布団を敷いて、眼鏡を外して昼寝、鏡に映ったわが身はまるでジュゴンのようです。
07-11 16:06

ubukataicon ubukatamichi

夏の沖縄で坊主にしたら、頭が焦げるよ。 @yus429 沖縄に行ったら坊主にする予定だったが、やめっかな?
07-11 16:09

トドが寝てる間に、ゴーヤーをプランターに植え替えました。ずっと時間がなかったけれど、とりあえずやっと苗ふたつだけやりました。でも、ちょっと腰が。もうひとつ植え替えしたら危ない感じ。だから今日はココまで。おいトド!
07-11 16:18

gajumui

パンダの子が死んで動物園の園長が記者会見で泣く。いいけどさ、僕は、高江で今にも起きようとしていることを考えている。かつて辺野古の問題はジュゴンではない、ジュゴンなんてどうでもいいと言って顰蹙を買った。今の気分も同じ。ヤンバルも野生動物の宝庫なのだが。パンダも命に変わりないのだが。
07-11 17:21

ということは、俺は焦げるということか。 @ubukatamichi 夏の沖縄で坊主にしたら、頭が焦げるよ。@yus429 沖縄に行ったら坊主にする予定だったが、やめっかな? @gajumui 何一つ反省なんかしていないが、頭を丸めた。
07-11 19:36

「小沢党」が一番分かりやすくてピッタリなのだけれど。
07-11 19:38

トドはユニディーへ土を買いに行きました。栃木の土。お店の人に放射能は検査しているのか聞いてみた。放射能チェッカーで調べているはずです、と明らかにトンチンカンな答え。「?」という顔をしたらメーカーに問い合わせますと言って携帯を出した。(続く @ubukatamichi おいトド!
07-11 19:44

続き)宇都宮にある国の機関で土の原材料の検査をしているとのこと。「80ミリベクレルです」。意味が分からない。80bq/kg以下ということなのか。ゴーヤーの移行係数は発表されていないがキュウリと同じなら0.0068、それなら出来たゴーヤーは0.5Bq/kgで問題なしだが。(続く
07-11 20:00

続き)放射能を気にしている人はゴーヤーなんか作らない。ましてや栃木の土なんて買うわけない。気にしない人は何も聞かずに買う。「もう少し勉強しようよ。ベクレルの意味も分からないじゃしょうがない。野菜の移行係数くらい知っててほしい」と言ったら、男性店員は恐縮、女性はめんどくさそう。
07-11 20:07

息子は鮮魚担当になったらしい。ばあさんが包丁をプレゼントするんだとか。勉強しろよ、色々と。会社がおかしなことやってたら、お前の力で会社を変えてみろ。何も出来ず、悶々としていたこの親父を越えていけ。
07-11 20:25

tag: 喜多見_MAP事務所の線量  狛江市_政治の話 

06/26のツイートまとめ

大震災から473日目……

8:46、事務所外の線量……
0.05μSv/h(DoseRAE2,RADEXは参考)
12年6月26日の事務所外の空間線量

gajumui

心と体と裏腹にいい天気。勿論、空間線量は測り続けてますよ。狛江と世田谷の境、喜多見駅から徒歩4分の2階外。数ヶ月前に比べ0.2~3μSvくらいは下がってます。でもなあ、問題はホットパーティクル。ストロンチウム、プルトニウム… 全然情報ないもんなあ。本当に財政再建が先なのかねえ…
06-26 08:56

つまりですねえ、ホットパーティクルとは放射線物質を含んだ塵。そいつにα線やβ線を出す厄介な核種が含まれていても、放射線の飛ぶ距離は極めて短いから空間線量を上げる事はない。でも時々空間を漂う。そいつを吸い込むと大変だぞというわけ。それもデマだとか諸説あるわけですけれど。
06-26 09:12

相棒が呟かないから呟くけれど、相棒が柏の同窓会へ行ってきた。楽しかったそうな。でも、というか、だから、というか、原発の話とか放射線の話とか、一切しないんだって。そりゃあさ、話したってどうにもならないし、ましてや柏から引っ越して出ちゃった人が、そんな話題を持ち出せるわけもないし。
06-26 09:57

相棒が呟かないからの2。相棒のお父様は田辺氏を応援していたらしい。選挙が終わるまで、そのことは娘も知らなかった。昨日お父様は今後どうするかの会合に参加した。お父様が那覇のBarで宮沢賢治の朗読会をやった時、政治家という人種が大嫌いだと言ってオーナーに気に入られていたけれど。
06-26 10:17

若い頃「傍観者の誠実」ばかりを考えていた。だが匿名の薄ら笑いが許せないのは今も変わらず。傍観の袋小路から這い出してみると、不意に政治の世界と繋がったりする。ややもすると、政治の手練手管を嫌悪する感覚を忘れてしまう。知花昌一氏は読谷の議員を辞し出家した。やはり、政治ではない。
06-26 10:54

決算で頭が旬。1000円の商品を500円の人件費と300円の原材料で作ったとする。売値は1050円。50円が仮払消費税。給与は消費税なし。300円には15円の借受消費税が加算。仮払消費税から借受消費税を引いた35円が消費税の納税金額。収入1050-支出815=235円が利益。
06-26 21:21

何を失礼な。金勘定が嫌になって飲みに出て、今、花水木から帰還したところじゃい!親父に言われるがままに何にも考えずに投票する人がいたり(ということが飲み屋で分かった!)、消費税の何たるかの最低限の知識さえ知らない人も結構多いはず。 @yus429 ホントに金勘定好きなのね
06-26 23:55

tag: 喜多見_MAP事務所の線量  狛江市_政治の話