コマフェスに出たけれど…

いよいよです。
狛フェスのタオル
(↑※画像をクリックすると、告知記事に飛びます。)


こまフェス。
海のチンボーラー。
突然のゲリラ豪雨。


この後しばらくテントから出られませんでした(笑)

日頃の行いがいいのか悪いのか。
捨てる神あれば拾う神あり、というワケで、早速リベンジする機会がやって来ました。子供たちもその気になっています。

僕がiPhoneの件でアップルに電話をしている間、宇夫方女史は拾ってくれた方のところへ打ち合わせに行きました。

というわけで、この件については、明後日に続くのでした…

tag: 琉球舞踊  狛江 

頭で納得しようとするから上達しない

今日もお稽古です。

浜千鳥の稽古

若い女優さんたち。自分の舞台で踊る琉球舞踊。
覚えが早い。ウチの生徒さんたちと決定的に違うのは、彼女たちは稽古中ほとんど喋らない。ウチの生徒さんたちは、教えられたこと、気付いたことを、いちいち自分で解説する。
「あ、なるほど、足を出すのが遅かったんですね、ああそうか、分かった、分かりました」
たぶん分かってはいない。分かっていたのかもしれないが、きっと喋ったことで大方お忘れになっている。せっかく身体が納得しかけていたのに。
どうやら言葉にしてみないと不安なのかもしれない。そんなふうに、頭で納得しようとするからなかなか上達しない。

役者も然り、稽古場で、自分の演技をベラベラ解説したり弁解したりする役者に、ろくな役者はいないというのが常。

え?俺? さて…


【追伸】
目前に迫った舞台、お客様からお金を頂いて踊りをお見せしなければいけないのである。そうとなれば、稽古に集中するのは当たりまえ。要するに集中力の、というより集中の問題。集中するか否か、ただそれだけのこと。たぶん必死に覚えようとすれば言葉は自然に出なくなる。返事さえ虚ろになる。

つまり、もうちょっと集中してご覧あそばせ、ということですかな。
言うは易し行うは難し?

tag: 鈴木里実  高橋怜奈  琉球舞踊 

根津で踊ります

去年、野村流保存会の発表会で踊らせていただいたときに知り合った日高桃子先生の三線教室の発表会です。M.A.P.琉球舞踊教室の三名と私で踊ってきます。
踊るのは、かぎやで風、貫花、ぜい、浜千鳥、鳩間節です。
(宇夫方路)

湯島うたさんしん教室発表会
日時:4月9日(土)13時半~
会場:文京区立根津交流館

   ⇒会場アクセス
※入場無料

4月9日の案内

tag: 琉球舞踊 

今年は狛江の公民館のイベントで三つ参加します!

今年も両方の公民館のイベントに参加します。
今年はいっぺんに告知します。
いつもの通りM.A.P.琉球舞踊教室と三線教室の合同参加ふたつと、さらに今年は、もうひとつオマケがあります。

その1
いべんと西河原
日時:2月27日(土) 出演時間17:45~18:15
会場:西河原公民館 3Fホール


そのオマケ
この日のために狛江の和太鼓グループ「きんたの会」さんからお願いされて、半年間、宇夫方路が安里屋ゆんたの指導をさせて頂きました。いよいよイベント西河原でお披露目。そこで路先生、助っ人(パーランクーとお囃子)で参加することになりました。
いべんと西河原
日時:3月6日(日) 出演時間 10:00~11:30
(※きんたの会の出演時間)
会場:西河原公民館 3Fホール
第27回いべんと西河原

その2
中央公民館のつどい
日時:3月13日(日) 出演時間12:00~12:30
会場:中央公民館 B1Fホール

第31回中央公民館の集い

※今回も生徒さん中心です。
※ちなみに、時間はあてになりません。なにしろ前回は、なぜか早まってしまいました。もうびっくりしました。「押す」、つまり開始時間が遅れるならまだしも、早まるなんてあってはならないことだと僕らは思うのですが、まあね…、だんまり。
おいでになる方はお早めに。

※我々の共通チラシです。
公民館参加チラシ2016

続きを読む

tag: 琉球舞踊 

映画祭プレイベント2日目はまず琉球舞踊体験と三線体験



琉球舞踊体験を終えて。
琉球舞踊体験者

続いて豊岡マッシー先生による三線体験。

夜のメンバー登場!
しゃもじとジェットカンフル

いざ出陣!

tag: 豊岡マッシー  琉球舞踊  三線  鹿目久美  井央倫  吉田かずと  大城大心  しゅうごパーク  たーにー   

本日、荻窪天沼神社で琉球舞踊

久方ぶりのリアルタイムのブログです。
本日、荻窪駅北口から徒歩5分、天沼神社で酉の市の奉納舞あり。境内にある舞台で、僕たち、琉球舞踊やります。時間は午後7時半から30分くらいの予定。

踊るのは宇夫方路と生徒さんたち。
そして地謡(地方)を鈴木雄介氏と小生高山正樹がやります。

null
演目は……

●かぎやで風
●四ツ竹
●貫花
●鳩間節(残念ながらテープ)
●安波節(歌だけ)
●安里屋ゆんた(歌だけ)
●銭掛の花(残念ながらテープ)

え?これでホントに30分で終わるの?
知ーらないっと。


以下、いつも通りの後日追記。
大震災から248日目……
15:36、事務所外の線量……
0.08μSv/h(DoseRAE2,RADEXは参考)
11/14事務所線量

そして午後5時…
天沼神社

酉の市の貼紙

能舞台

tag: 琉球舞踊  MAP事務所の線量  MAP三線教室  MAP琉球舞踊教室 

10月26日から30日まで《狂った時系列はどう説明しても分かりにくい》

10月27日にブログの書き方を変えますと宣言して、そうしてきたのだけれど、なんだかここ数日過去に記事ばかりアップしていて、その記事がトップページに並ぶので、結局、最近どんなことがあったのかが自分でも分からなくなってきました。

というわけで、その日とか昨日とか、せめて何があったかの一言くらいは書いておこうと反省しております。

とりあえず先月の27日あたりから振り返ってみようかな。
10月26日、つつじヶ丘の“みやらび”へ行った。帰る時は既に27日だった。この記事は27日の夜に暫定アップした。
 ⇒10月27日の暫定記事
  オリオンビール


記事をアップしてから“中む食堂”へ。帰りは当然28日。連夜の午前様。この記事はさっきアップしたばっかり。
 ⇒11月6日に(つまり今日)アップした10月28日の記事
  石垣仁・中真水才・宇夫方路
 ※これで時系列が狂ってややこしくなるんだね。

10月28日はNHKのスタジオへ落語の公開録音を聞きに行った。これはなんとかその日のうちにアップした。優秀優秀。その後、青年座に寄った。暫定だがその日のうちにアップできたのでまあOK。

 ⇒10月28日の記事その2
  青年座の入口


10月29日、お昼のオリジン弁当のおにぎりのことなどを即日記事にして、夜、下北沢に行ったことは次の日に暫定アップした。許容範囲かな。

 ⇒翌日アップした下北沢その1
  足拭きマットとシーサーの置物


下北沢では1軒で終わらず2軒目へ。24時を回って30日になった。そのことは31日に書いた。翌日といえば翌日。
 ⇒10月31日にアップした下北沢その2
  シーサー

下北沢から喜多見に着いて、つい駅前のLaPortに立ち寄った。そのこともやっぱり31日にアップした。
 ⇒30日の午前2時くらいのことを31日にアップした記事
  壊れたムッシュ

で、30日のお昼は人形町の医者に行ったのだが、そのあたりの記事ふたつは11月1日にアップした。

 ⇒30日のお昼のことその2
  “久兵衛”のにぎり


で、その夜、桃原くんと待ち合わせて“仲宮里”に行ったのだが、そのことは11月3日にアップした。
 ⇒30日の夜のことを11月3日にアップした記事
  “仲宮里”の奥様と桃原健一くん


28日の“中む”の記事を除けば、まあなんとか順番に記事を書いてきたのですが、いくらなんでも4日も遅れては間抜けもいいところ。
そしてついに31日、宇夫方路は石垣島関連のでっかいイベント会場に行って奏楽舎の宣伝活動をしたのですが、忙しい宇夫方さんは、今のところ一向に記事にする気配もありません。

かく言うわたくし高山正樹もこの日は……

ああ、もうダメ、時間切れです。つまるところ、31日にして破綻したというはなし。31日から先のことは、今日帰ってきてからということで。

只今より久米明さんの朗読会へ行ってまいります。
ちなみに、宇夫方さんは、新百合丘で琉球舞踊公演の本番中です。

tag: 琉球舞踊 

“Big Time”というスナック

沖縄国際大学を後にして……
20:00 浦添にある“Big Time”というスナックへ。

でも閉まっています。残念、休み?
ところが亘さん、ポケットから鍵を出して扉を開けた!
「常連はね、みんな鍵持ってるの」勝手知ったる……
null

亘さんは、いつでもピース!!
null
國吉眞正さんと宇夫方路も勝手にやってます。
 ⇒新城亘さんはいつでもピースなのだという記事

壁には、まだ見ぬママと、どなたかのお写真が。
null
お、この方は和泉流の狂言師、人間国宝の七世野村万蔵翁ではございませぬか。旧名は四世野村万之丞。現在の野村萬(隠居名)氏。あの「違いのわかる」野村万作さんのお兄様です。
このお写真を撮影した時には、亘さんも同席していらしたのだとか。

やがて、ママが登場しても、カウンターの中から出ようしない厚かましい二人。豆腐ようを勝手に盛りつけています。
null

それからママは、腕によりをかけて、たいへんおいしいお料理を作ってくださいました。
null
そのママの手料理を頂きながら……
null
亘さんの歌を間近で聞く、なんと贅沢な時間でしょうか。

常連さんたちもポツポツと……
null

弾き、歌う人。聞き入る人。
null 國吉眞正さん

お客様が古典を踊ってしまうところがすごいですなあ。それも男性まで。
null null

ホントはこのお父さんもただの近所のおじさんではない。
来年の2月に行われる“韓国と八重山の踊り”という公演に深く関わっていらっしゃる方。
null
つまり、沖縄ではそんじょそこらに芸能関係の方々がいるということなんですけどね。

そして、やっぱりカチャーシーは欠かせません。
null

そして、やっぱり宇夫方路は、ママのカチャーシーには、どんなに頑張っても及ばないのでした。
null
 ⇒宇夫方路の“晴読雨読”(琉球新報)を読む

【シーブンです】
國吉眞正さんとママ。
國吉眞正さんとママ 高山正樹とママ
【ほんとのオマケでした】
旅の続きへ

tag: 沖縄の呑食処.BigTime  琉球舞踊  カチャーシーの光景  沖縄(2009年秋)  #國吉眞正  新城亘 

宇夫方隆士詩画集『幻影』

いよいよ完成。
手作りの詩画集から、126篇を選んで……

詩画集『幻影』

大城立裕氏が帯を……

詩画集『幻影』の帯

又吉健次郎氏が琉歌と一文を……

又吉健次郎氏の一文

そして宇夫方隆士氏本人が思い出を……

宇夫方隆士氏の一文「琉舞の会」

少し残念なこと。
帯を付けると、宇夫方隆士の字が半分隠れて、まるで大城立裕先生の著作みたいに見えること。
又吉健次郎さんの一文の、「金細工」に「かんぜーく」とルビを振ってしまったこと。
それもこれも、どうか三名の「おじい」に免じて、お許しくださいませ。
三人の「おじい」が出会った日のこと

(※また、琉球大学農学部名誉教授の上里健次先生が、2007年に浦添市美術館で開催された宇夫方隆士詩画展にお寄せくださった文章「キソウテンガイ」も掲載しています。)

出版社は、なんと株式会社M.A.P.
定価、税込み2,100円。

購入ご希望の方はお問い合わせフォームから……

M.A.P.販売サイトでも、間もなく販売開始の予定。
amazonと、楽天市場沖縄mapは検討中……

tag: 琉球舞踊  大城立裕  宇夫方隆士  又吉健次郎 

“たきどぅん”で食事

デクノボーの稽古再開で、また代田橋に通い始めました。
でも、わりと早い時間に稽古がハネてしまうので、なかなか“たきどぅん”に行けません。でも今日は5時まで稽古だったので、ここぞとばかりに“たきどぅん”へ。
 ⇒“たきどぅん”のこと

あら、準備中。営業時間は5時からのはずなのに。でも電気ついてたから入っちゃった。問題なし、暖かく迎え入れてくれました。
最近、あんまり5時からはやってないんだって。疲れるからね、6時なら確実かな、休みじゃなきゃ。いつ休むかわかんないから、電話して行くのがお勧めです。

どこに電話すればいいかって、それはたけみママの携帯。でも個人情報を公開するのはちょっと気が引ける、と思ってたらホームページ発見。そちらに携帯番号が載ってます。
 ⇒“たきどぅん”のホームページ

さて、飲みたいのは山々なのですが、なにしろチェロを車に乗っけて帰らなければならないので、残念ながら飲むわけにはいかんのです。今日は食事だけ。
ソーキそばとポーク卵のおにぎり。
null
あ、ジーマミ豆腐つきだ、うれしいですね。

お、泡波800円は安いんじゃない?
null
 ⇒泡波のこと
今度ね。

「ごちそうさまでした」
「あれ、おみやげにサーターアンダギーあげようと思ったのに、間に合わなかったさ。今度、今日の分もあげるさ」と、奥からマスターの声。

よっしゃ、今度はみんな誘ってきまーす。

というわけで、“たきどぅん”でのイベント告知。
null
沖縄民謡ライブ“chibumi”
10月17日(土)19::00開演、1,000円なり。

ああ、しかし、その日はこんな公演に宇夫方路が出演して踊るのです。
null
川口喜代子芸道六十周年記念公演“錦秋に舞う華舞台”
10月17日(土)昼の部13:00開演、夜の部17:00開演
場所は東京国立劇場の小劇場。入場料は前売り5,000円です。
 ⇒川口喜代子先生の記事

どうしようかなあ。

tag: 沖縄_沖縄の人.川口喜代子  泡盛.泡波  泡盛.宮之鶴  琉球舞踊  沖縄_沖縄的食物.ポーク卵  沖縄居酒屋.たきどぅん  沖縄_沖縄的食物.沖縄そば