FC2ブログ

“デクノボー”の幕が開く【無伴奏デクノボー奏鳴曲(ソナタ)】

2009年東放学園専門学校 照明クリエイティブ科演劇照明実習
無伴奏デクノボー奏鳴曲(ソナタ)
~宮沢賢治の夢のかけら~
グリーンプラザ府中 けやきホール
作・演出:ふじたあさや
音楽:林光
出演:高山正樹 宇夫方路

STUFF&照明学生

ふじたあさや氏の言葉

須賀知恵子さんの挨拶


今日は…
18:30開場 19:00開演


ようやく幕が開きました。
観に来てくださった方々と、ちょいと(?)一杯。
高山正樹のチェロの師匠、大島純先生です。
null
大変お世話になりました。
大島君は一足お先にお帰りになりましたが、残った皆で集合写真。
null
劇団あとむの原田邦治くんは“M.A.P.after5”二度目の登場です。
 ⇒一回目の記事を読む
マミさん、ミリさん、ドドさんは“しんゆり”以来です。感謝。
 ⇒2009しんゆり芸術祭の記事を読む
中原君とは殆ど30年ぶり。

ピピン一家です。
null
宮本亜門がいればそろい踏みなんだけどね。
こうしてみると、皆さんあんまり変わりませんなあ。
中原を除いて。

tag: 知り合い  山猫合奏団  デクノボー奏鳴曲  ふじたあさや  その他の登場人物 

深川は“夢”尽くし【夢丸 with 東京奏楽舎 in 深川江戸資料館】

三笑亭夢丸新江戸噺“夢のかけら”with 東京奏楽舎、第2回公演が、深川江戸資料館の小劇場で行われました。
Official_Siteの記事

まず第1部が夢丸師匠の落語一席“親子酒”
最後が第3部が新江戸噺と音楽のコラボレーション“夢のかけら”
その間に挟まった第2部のクラシック・コンサートですが、“夢にまつわる物語”という企画名をお伝えし、曲目については謎めいた文章だけ告知して置きました。
ヒントの記事
さて、その謎解きを、と、いきたいところではございますが、なかなか評判のコンサートとなりましたので、また同じ企画でやったり、あるいはコンサートのみピックアップしてどこかで再演ということもありそうなので、謎は謎のままに、ということにしておくことにいたします。

開演前のリハーサル。
null null null

※作曲の内田英介氏がリハの模様をカメラに収めていた。その画像が5月23日に届いてOfficial_Blogにアップした。その画像を、本記事に挿入することにする。

【深川江戸資料館公演リハーサル風景写真館】
null null null null null null null null null null null null null null null null null null null




始めたばかりの新しい試み。どのくらいのお客様方に来ていただけるのか、大変不安でしたが、100人を越える皆様にお越しいただけました。
null

null

null

null

null

いつもの方々、新しき方々、懐かしき友、残念ながら今回は来て頂けなかったけれども応援してくださった方々、全ての皆様に、心より感謝いたします。
ほんとうにありがとうございました。

落語と音楽のコラボ、もっともっと挑戦すべきことが、きっとたくさんあるのだと思います。皆様の貴重なご意見にも耳を傾けて、進化させていかなければならないのだと思っています。
どうぞ皆様、今後とも、よろしくお願いいたします!

M.A.P.友の会が設立されたらしい!?
null


言わずと知れた三笑亭夢丸師匠(右)と。
null
左が作曲の内田英介氏。
真ん中の、場末のいかがわしいキャバレーの支配人みたいな男は、いったい誰だ?謎です。

ともかく、満面の笑み、ということで……
null

続きを読む

tag: 菅野恵子  大島純  桃原健一  MAPの人  駒場28  東京奏楽舎  三笑亭夢丸  内田英介  知り合い 

しんゆり公演終了(コメントたくさん)

告知記事

変な調律師に感謝です。
変な調律師の新井さん

照明の須賀さんに感謝です。
null null
思いもかけず、ピンを当ててくれた鄭さんにも感謝。

音響の阿部さんにも感謝。
null

そして、“注文の多い料理店”もやっっちゃいました。null

題字を書いてくださった、宇夫方隆士さんに感謝です。

アルテリッカしんゆり
「どんぐりと山猫」
(第3回)※高山29回
「注文の多い料理店」(第3回)※高山3回

そして誰よりも何よりも、観に来てくださった200名のお客様に感謝なのです。

もちろん急遽、アンコールでチェロを弾いてくださった大島君にも感謝かな。
null

おじさんたち3人はグチャグチャ。
null


※オフィシャルブログからの転載を差し込みます。

新井吉一氏、調律中……
調律中

そして幕が開く…
白石准

かつて白石准は、こんなことを言っていました。
“注文の多い料理店”の山猫の敗走の後日談として“どんぐりと山猫”があるという奇想天外な演出プランを僕は持っています。
“注文の多い料理店”で計画が頓挫してしまった山猫は、リヴェンジを期し、馬車別当という新たな部下も雇って一郎に挑戦状を送ったのです。
ゆえにこの愚かな作曲家は“注文の多い料理店”の音楽の中に密かに“どんぐりと山猫”の中にある山猫のモティーフを埋め込みました。
上演するなら“注文の多い料理店”→“どんぐりと山猫”の順であることが望ましく、この屈折した解釈は二つの作品を並べて聞けば納得してくれる人もいたりするでしょう


それが今日実現したのです。
注文の多い料理店



※この段階で付いたコメントたち

はるちゃんさんのコメント
初めてコメントさせていただきます。
今回初めて生で聴かせていただき、とっても楽しいステージでした。
個人的にはあの「1ベル」はツボでした(*^-^*)公演前に出演者が出てきちゃったのは初めてです。
「注文の多い料理店」は不気味な緊張感に引き込まれました。近くの席の女の子が、終わったとたんに「あ~、怖かった~!」とお母さんに抱きついていました。
「どんぐりと山猫」は登場人物(?)がどれも活き活きと表現されていました。
中でも私は「きのこのへんな楽隊」がとても気に入りました。「どってこどってこ」がとても「へん」でした。
どんぐりたちの言い合いの様子も3人でどう表現するのかと思っていたのですが、これも大変面白かったです。原作にはない「ばかやろー!」というセリフにも笑ってしまいました。
そしてアンコールの「セロ弾きのゴーシュ」。CDで聴いて「かっこう」の歌が気に入っていたので、とっても嬉しかったです。もちろん「インドの虎狩り」も生で聴けて大満足でした。
演劇とも朗読ともコンサートとも違う、とっても楽しいステージを見せて・聴かせていただき、どうもありがとうございました。心が温かくなる、幸せな時間でした。また次の機会にも是非伺いたいです。
2009年5月5日 20時46分

雪さんのコメント
歴史的な一日 おめでとうございます。
より立体感のある音の舞台だったと思います。ピアノの音が客席に立ち昇ってきて、語りに色をつけたように映像が浮かび上がってきました。
また、語りが両端に分かれることによって、ステレオ効果も働き、奥行きのある舞台だったと思います。
「注文」も「どんぐり」も、山猫と人間が描かれ、面白さの中にも人間とは・・みたいなことを考えてしまいます。そして、もう1つの共通点は、異界の風だと思います。賢治の作品のキーとも言える風です。その風を白石さんはとても魅力的に描いていると思います。ピアノの端から端まで駆け抜けるのです。会場にも!
そして、白石ワールドファンとしては、今回も新しい試みやサプライズがあり、とても楽しい日となりました。
「注文」
おどろおどろした風が吹いて異界の扉が開くわけですが、西洋料理店の建物が突然林の中に現れる様子が、音楽で立体的に表現されていると思います。そして、この不可思議な雰囲気は白石さんの心の中にある世界なんだなーと思うのです。
扉の注文を歌にするのも面白いし、その歌も扉を開けるたびに、少しづつ緊迫感を加え様変わりしてきます。こちら側も気持ちが昂揚してきます。そして、最後は異界の余韻を残すメロディー。これが結構 私は はまっています。心理描写でもあると思います。
「どんぐり」
これは、心理描写というより情景が音楽によく表されているような気がします。それと、言葉を音楽に置き換えたて、音楽とともに語るところがあって、そこがとても面白いと思いました。また、賢治独特の擬態語 擬音語も面白く音がつけられていて、これは賢治作品の魅力を上手く引き出しているなーとおもいました。今回はトロンボーンがついて、とても面白かったです。
山猫が出てくる前に例の風が吹きます。山猫様の出現にふさわしい威厳のある風で、かつ不可思議な風です。
アンコールは「セロ弾きのゴーシュ」からでした。「印度の虎狩」ミングル版も良かったけど、セロもやっぱりいい どちらもそれぞれの味があるんですね。
とてもとても贅沢な時間でした。ありがとうございました。
2009年5月5日 22時1分

do さんのコメント
准さんのピアノはもとより語り手お二人の「身体」という楽器も素晴らしい音色でした。「私はこの人たちの後輩です」と名乗りたくなるような誇らしい気持ちでした。ありがとうございました!m(__)m
さすがに「どんぐりと山猫」は練って練って作り上げた作品らしく、情景が見事に描き出されていてとっても楽しかったです。「ピーターと狼」のように、最初に登場人物を「ピアノでこんな表現にしますよ」という紹介があったので、客席でも「ああ、ほんとにそんな感じ」というような反応がありましたね。
私はピアノオンリーで表現された中では「滝」がよかったと思います。皆さんで演奏した「キノコ」も大変愉快でした。
「よかったですよ」だけで満足なさる先輩方ではないと信じて。
「風が吹いてきました」という所で、まずピアノがあってから台詞という順番での表現がありましたが、あそこは逆のほうが分かりやすいのではないでしょうか。
「注文の多い料理店」のほうはちょっぴり長く感じました。話自体が同じ事の繰り返しだから仕方ないのかもしれませんが…。
全体的な感想としては【語り入りの音楽】を聴くものなのかなと感じました。だから朗読を鑑賞したい人にはピアノの分量が多過ぎるような気が…。私は、語り手お二人が身体でも演じていらっしゃると感じましたし【音楽】としてだけでなく、ある意味【芝居】として成立しているように思いましたので、目をつぶらず舞台を見ていましたが、ピアノがずっと流れていたので、それが語り手のリズムを壊しているように感じられた部分もありました。無理に音楽に合わせているような感じというか。だからピアノの音が止んで語り手の声だけになったときに、ホッとするという事が…
もっと語り手に委ねちゃう部分があっても、いいんじゃないかなあと。
准さんの作る曲は確かに、難しいですね。でも宮沢賢治の世界には、何だか合っているような気がします。声をピアノに反響させるような遊び心も、すごく准さんらしくて、私は思わずニヤリとしてしまいました。
それから高山さん、音程がもしか外れていたとしても、准さんの曲だから、聞いてるほうには違ってるのか合ってるのか分かりませんから大丈夫です。
言い過ぎて後悔?
2009年5月5日 23時35分


いくつかコメントを頂いたあとにこの記事をアップしているので、ちょっと申し訳ないのですが。
ここから先は、後出しジャンケン的な高山正樹の私見であります。

白石准の企みが成功したかどうかは、お客さまに委ねるとして、“注文の多い料理店”の出来不出来は、きっと歌にかかっていると思うのです。
歌う高山正樹

この曲、実に難しい。この僕が、はたしてこの歌を歌いこなすことができるかどうかが、この作品の評価を分けてしまうかもしれません。もし今回、冗長に聞こえた方がいらしたとしたら、高山の歌の技術の未熟さの所為かもしれません。

いわゆる山猫のメッセージを、白石准は歌で処理したのですが、これをストレートプレイの芝居仕立てでやろうとすると、ある困難に突き当たります。この言葉の主は山猫であって、扉を進むに従ってどんどんと盛り上がっていきます。しかし、これを声に出して読むのは二人の猟師であって、彼らは、山猫とは逆に、不安に駆られてどんどんと弱々しくなっていく、この相反する心の動きをどう表出するか、黙読している段階では問題にならないことが、音にしようとするとき、はたと立ち止まることになるのです。

たいがいの場合、猟師の側で音を処理することになります。そのため、陰の方向へと物語は向かわざるを得ません。ところが白石准は、これを歌にすることで、極めて陽性の高揚を創造しダイナミックさの喪失を避けることに成功したといえるでしょう。
残念ながらそのように聞こえてこなかったとしたら、それは全て私高山正樹の責任、もっと修行しなくちゃ、ということであります。

というわけで、次回、お待ちしております。(次回っていつ?)

そして第二部は、いよいよ本日のメインディッシュ“どんぐりと山猫”。
山猫のスジを通すということで、今回はiTunes配信のバージョンとは逆に、楠定憲が一郎と地の文を、高山正樹がその他の色物系を担当しました。
楠定憲 高山正樹
楠氏はきのこの楽隊で、見事なトロンボーンを披露しました。

そしてアンコールには大島純さんも参加してセロ弾きのゴーシュより“カッコー”を。
アンコール

そして最後の曲、“印度の虎狩完全版”
印度の虎狩完全版

そして…
照明を含めたビジュアルに関しては、いろいろと考えるきっかけが出来ました。須賀さんには心から感謝です。
これらについては、またどこかでご報告いたします。

ともかく、ご来場くださったたくさんのお客様に、心より感謝いたします。
本当に、ありがとうございました。

Lucyさんのコメント
長いといえば「注文の多い料理店」の
ending。拍手が・・・できない。
「・・・もうもとのとおりになおりませんでした。」で拍手をちょっと受けてから、演奏してもらえると安心して聴いていられるような気がする。
2009年5月6日 12時15分

白石准のコメント
いろいろな感想興味深いです。
はるちゃん、開演のベルは、芝居的に言ったら、「馬車別当」がベルを持って練り歩くのもあると思います。
ベルの音が会場にはない(あたりまえだよね、学校の教室の一つなんだから)と聞いて思いつきでやってみました(爆)
>演劇とも朗読ともコンサートとも違う、
というところになんかこの作品とこの演奏団体を理解してもらうキーワードがあるのかもしれません。
doさん、久しぶりにといっても本当に20年ぶりくらいだろうか、しかもそれは電車の中で会ったくらいで、演奏を聴いてもらったのはもう30年くらいまえに、一緒に芝居を作ったころにさかのぼるね。
ありがとうございました。
ご感想の視点は興味深いです。
高山正樹が本文に書いちゃったけど、歌のせいでなにか不都合が起きていたというのは僕にはまったく感じません。
逆に彼の歌唱力なしにはこの雰囲気は成立しないと思いますから。
思い起こせば、この“注文の多い料理店”という素材は、誰かに頼まれなければ、作曲したくなる興味の沸くものでは全くといってありませんでした。
“どんぐりと山猫”や“セロ弾きのゴーシュ”にくらべてあまりに「動的」な展開が少ないからです。
でも請われて書いている間に、前述の二つの作品には無い魅力がそこにはあることを実感し、その二つの作品にはほとんどないやり方で作曲して、やっぱりほかの作品と一緒で、作曲してみてこの作品がとっても好きになりました。
いつも言うけど、これが僕の読書感想文なのです。
“どんぐりと山猫”の音楽のなかで、「そのとき、どうと風が吹いてきて」というくだりでのdoさんのご批判はもっともで、あれは、楠氏のミスです(爆) そのとき、という台詞のあと、僕の風の音楽があって、しばし収まったら、それ以降の台詞が続くはずでした。具体的にそういう箇所の指摘ができるほど真剣にきいてもらってうれしいです。
doさんご指摘の通り、“注文の多い料理店”が長いなと思うのは当然で、その山猫と二人の男の延々と続くのんきなやりとりにこそ、この話のファンタジーたるゆえんがあると僕は考えています。
それは、“どんぐりと山猫”だって、いろんな動物と出会うけれども、そのたびに違うことを言われ振り回されてやっと山猫にたどり着き、肝心(と思われている)裁判に参加する一郎だけど、あちこちにしつこく書いている様に、「めんどな裁判」を、禅のお坊さんの様に鮮やかに解決に導いたというストーリーではなく、その後からがこのストーリーの肝な気がするのです。
だから、どんぐりの音楽はある意味「肝」の部分はあまり貢献できず(爆)単に「背景」に見えるもの、そしてそれぞれの登場人物のキャラクターを音楽にしたようなものでしょう。
でもストーリーがロードムービーのように「動き」があるから音楽的にはメリハリがあってすくなくとも馬車別当と出会うところまでは書きやすかったです。
でも奇想天外なストーリー展開も重要ですが、一見無意味に見えるダイアローグの応酬がおもしろいとは言ってもそれに、どう音楽をつけるかというのは実に難しかった。
それに引き替え“注文の多い料理店”は最初どうしていいかまったくアイデアはなかったんです。
doさんご指摘の通り、二人の語り手で会話をしてしまったが故に、「語り付きの音楽」という路線から「芝居」に、つまり耳で聞くストーリーではなく、目で何かを期待するようなものに変質したのかもしれません。
先日も、“セロ弾きのゴーシュ”を演奏したところ、「音楽が主張しすぎ」という感想をいただきましたが、芝居だと思って観る人と音楽だと思って聴くひとの分かれ道がここですね。
だから、僕のこの一連の作品は、芝居を主にごらんになる聴衆からは結構批判が多いのがわかります。
>無理に音楽に合わせている
>もっと語り手に委ねちゃう部分があっても、いいんじゃないかなあ
この「不自然さ」を快感に変えるべく押し通そうと僕は三十年間やってきていますから(爆)、予想通りの御批評でまたファイトが出てしまうのです。
これ以上その点について僕の「方針」を述べつづけても、それはお客が気に入らないのはお客のせいと逆ギレする店主みたいなことになるので、また次の作品や次の演奏機会に行動で示そうと思います。
そういう意味でいくと、“注文の多い料理店”の二人の紳士の語り方の方針については、前日の最終リハーサルで、「新劇風にするのかファンタジーっぽくいくのか」ということは二人の語り手の中でも話し合われはしたし、ふじたあさや氏に聴いてもらったときにも全く同じことを問いただされました。
これはたぶん、一人で語ると起きないことかもしれませんね。
難しいね。
でも初めて二人で語ってみた経験値としてはおもしろかったとは思います。
逆に、かつて聴いたときより、ドアの数が少なく感じたという感想も当日会話の中であったのですが、それは、「二人でやったから」ということが原因だったのかどうかは、わからないけどいろんな見え方があって作曲家としてはおもしろいばかりです。
Lucyさんの「長いエンディング」ですが、僕は最初と最後にあれだけ長いピアノの独奏、しかもあの場面しか使わない「異界の森」の音楽(そういう題名はついてないけど)があってこそ、この話が成立しないのです。
そういう意味じゃ、拍手できない音楽もいいですよ、そここそ、芝居っぽいのかな(爆)
だから、拍手受けてから弾いたら、僕のあの曲の意味が完全に失われます。
それなら、弾かない方がいいということになります。
まあ少し短くはしてもいいけど、その間に誰もいなくなった森を想像してもらえれば、最初に目の前に広がった森とは違うかもしれないし、またいずれ誰かがここに迷い込んできたら山猫はまたトライしたかもというくらい「異界」は人間の前にいつも待ち構えていると思ってもよいと思います。
結局、宮沢賢治の言葉のまねみたいだけど、どうしてこうなるのかまで全部わかって書いているわけじゃないからね(爆)
山猫の張り紙をどう表現するかということについてのプロセスについて書きたいけどたぶんコメントの字数の制限を超えているので新たに投稿します。
山猫の張り紙をどう表現するかということについては、腹減ったのでこの一連の連続投稿からはちょっと間を空けて、書いた方がいいかやっぱりそこまで書くのはやっぱりおしゃれじゃないか考えてからにします。
それよりも、山猫合奏団のメンバーではなかったですが、今回、照明の須賀知恵子さんと、音響の阿部真心(まみ)さん、そしてそれをお手伝いくださったスタッフそして、このフェスティヴァルの担当者のみなさまに感謝です。
2009年5月6日 19時9分

雪さんのコメント
宮沢賢治のお話は、いろんな形で表現されていますね。アニメや演劇、朗読、人形劇もある。
私は、白石さんの舞台は、今までにない新境地だと思うのです。音楽も言葉のように語りかけてくるのです。
その絡み合いは、より想像の翼を広げてくれるように思うのです。音楽が言葉より前に出たり、後ろに下がったり、朗読や劇とは又違った味があります。
今回は、声のマイクも入っていたらしく、バランスよくピアノも思う存分響いていて、とても気持ちよかったです。
宮沢賢治のお話は、視覚的なものがないと、子供達には難しいと思いますが、それでもこれだけ惹きつけるのは、山猫合奏団の力だと思います。
2009年5月6日 20時52分

高山正樹のコメント
それにしても山猫合奏団の作曲家は良く喋る。
私たちは、巷のファンサイトにありがちな、批判を許さない雰囲気だけは避けたいと思っています。これからも、辛口なコメントをお待ちしています。ということは、また観に、聞きに来てください、ということですね。
「張り紙をどう表現するか」についての私の見解は、決して作り手である白石准のものと同じものではありません。というより、白石准は、さほどに論理的にモノを考える人種ではない(?)。
それは、作者の意図とは無関係に、はからずともこんな効果を生み出したという演劇的見地からの評論であります。
作り手が考えもしなかった批評を、他者が発信し始めてくれた時、作品は次の段階へ進んでいくものなのです。きっと。
すると、だんだんと作者は無口になるはずなんだが……
いやいや、准ちゃんが無口になったら心配しちゃうから、このままでいいか。
2009年5月6日 22時12分

白石准のコメント
山猫の張り紙は、本来声に出して読むとすると、二人の紳士たちの声でやるのが当然でしょう。
でもそれだと、紳士たちにとってどんどんそれは怖いものになっていく。
それじゃ、あのしつこさのなかで山猫の「もうすこしでありつけるぞ」という「よろこび」は気迫になり、単なるホラー話になってしまうような気がします。
僕はこの話を単純な「怖い話」としてとらえてません。
山猫の視点で楽しいけど最後は間抜けという話と乱暴にいえばそっちの方向から見ました。
だから、小説で「読む」ときにはない山猫の存在感が歌を使えば見えるような気がするのです。
普通に読むと、張り紙の書き手がだれなのかは最後に至るまで判らない。
それはそれでおもしろいけど、僕はこの山猫が好きなので、ビジュアルにはださないけど、「謎の声」として最初からちゃめっけたっぷりに歌って貰ったのです。
これが論理的であるかどうかは知らないが(爆)、不思議と、“セロ弾きのゴーシュ”にも、“どんぐりと山猫”にも“注文の多い料理店”にも「しゃべる=異界」の動物たちがでてくるが、なぜか犬が居ないね。
賢治にとっての異界の住人のなかには、犬はいないのでしょうか。
表現したいことが多すぎるから余ったエネルギーが作曲に向かうのかもしれません(爆)
なんか次の作品を書きたくなった。
2009年5月7日 11時14分

高山正樹のコメント
あれ、意外に准ちゃん論理的だった
(だーいばくしょーーーーう!)

ちなみに、「春の修羅」より「犬」

なぜ吠えるのだ 二疋とも      
吠えてこつちへかけてくる      
(夜明けのひのきは心象のそら)  
頭を下げることは犬の常套だ     
尾をふることはこはくない     
それだのに             
なぜさう本気に吠えるのだ    
その薄明の二疋の犬         
一ぴきは灰色錫           
一ぴきの尾は茶の草穂        
うしろへまはつてうなつてゐる    
わたくしの歩きかたは不正でない   
それは犬の中の狼のキメラがこはいのと
もひとつはさしつかへないため    
犬は薄明に溶解する         
うなりの突端にはエレキもある    
いつもあるくのになぜ吠えるのだ   
ちやんと顔を見せてやれ       
ちやんと顔をみせてやれと      
誰かとならんであるきながら     
犬が吠えたときに云ひたい      
帽子があんまり大きくて       
おまけに下を向いてあるいてきたので 
吠え出したのだ
2009年5月7日 11時38分


※差し込み終了。

そのまま打ち上げへ。
打上にぎやか

同窓生。
null

null
右にちょっとはみ出ているのは同窓生ではありません。

関先生を囲んで。
null

関先生も、ありがとうございました。
null null null
“劇団あとむ”の美女ふたり…


二次会。
null
白石准が梅干に見える…
同窓生の熟女たちに、精気を抜かれてしまったのでしょうか。

抜かれる前。
null null
抜いた人たち。


追伸【事務局から画像が届いた】(5月21日)
※Official_Blogから転載

続きを読む

tag: 須賀知恵子  新井吉一  知り合い  その他の登場人物  しんゆり芸術祭  宇夫方隆士  山猫合奏団 

ノロエステ鉄道のジャケットデザイン決定

今月28日発売予定のノロエステ鉄道。そのジャケットデザインが決定しました。

ノロエステ鉄道のジャケットデザイン

絵・題字はおなじみの宇夫方隆士さんです。

ちなみに、「おばちゃん」が作ってくれたTシャツのデザインも隆士さん。
紺色のLサイズを送ったら、大変お喜びとのこと、でもやっぱりおなかが大きくて入らなかったんだって。
沖縄で世話になってる方々に差し上げたいとのことで、間もなく隆士様よりご注文が入りそうです。
おばちゃん、LLサイズはありますか?


金城君は最近ものづくりに没頭しているらしく、インターネットの世界に顔を出さなくなった。
白石准は、空から音楽の神が降りてくると、全くブログを更新しなくなる。
宇夫方隆士氏は、ハナっからパソコンなんか持っちゃいない。
ヤンバルでやちむん焼いてる玉城さん御夫妻もしかり。

アーティストたるもの、それが正しい生き方なのかも。

というわけで、ブログランキングのボタンを、いちいち貼りつけるのを、本日をもって、もうやめることにしました。
(だって、うちのお客さんたち、ちっともクリックしてくれないんだもの。)

最後のクリック、よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ

でも、サイドバーの地味なボタンは残しておきますので、これって未練でしょうか。
いえいえ、再度下の記事をお読み頂きまして、お客様を呼ぶために、是非サイドバーの地味ボタンクリック、お願いいたします。
 ⇒http://lince.jp/hito…
(※新ブログに移行してサイドバーのボタンも廃止しました。2012/5/5)

tag: 知り合い  宇夫方隆士  ノロエステ鉄道  白石准  金城史彦 

龍谷寺にて

龍谷寺にて
看板

MINGLEです。
MINGLE

これまでのMINGLEはこちら…
 ⇒2月27日
 ⇒3月27日

小田島亨氏。金ぴか…
小田島亨氏 仏像

“印度の虎狩”のKaoさん
Kaoさん


3月27日の記事で紹介した山猫ブログに付けられたコメントの続きに、この日の「虎狩」について高山正樹と白石准がやり取りをしているので、それをここに転載する。

高山正樹のコメント
龍谷寺でMINGLEをあらためて体験しました。
会場の条件などもあるのでしょうが、そうしたことの影響は無かったものとして、僕の耳と脳みその実験結果報告です。
結論からいうと、ISHIMORIで初めて聞いたときの印象を否定するものではありませんでした。しかしです。それは僕の聞きなれている「虎狩」と較べて、不足な部分のみが気になっていたからなのだろうと思ったのでした。
今回は、「不足」は気になりませんでした。むしろ、足されたものを感じることができたのです。一種、東洋的な色も聞こえてきました。そして素敵な別の情景も見えてきました。これらは、チェロだけの聴き慣れた「虎狩」にはなかったものです。
そうしたものが感じられたとき、当初の「不足」の感覚は、問題にすることではなくなってしまいました。
これって、例の子供劇場の試演会での感想にも当てはまることなのかもしれません。
http://mapafter5.blog.fc2.com/blog-entry-829.html

僕はこのところ、人がいろいろな「作品」や「表現」に感動するシステムについて、ずっと考えているのですが、昨日は、そのひとつのヒントを得たような気がします。

どうぞ今度は東京奏楽舎にも是非お越しください。落語とクラシック、聞き慣れないものに耳を澄ましてみると、もしかすると、思いもかけない音が聞こえてくるかもしれません。ピアノの右手と左手の、当たり前だと思っていた関係を、あらためて疑ってみるような…

来たる11日、東京奏楽舎のコンサート、その前半のテーマは、無伴奏のバッハです。
http://mapafter5.blog.fc2.com/blog-entry-906.html
2009年4月6日 8時27分

白石准のコメント
>今回は、「不足」は気になりませんでした。むしろ、足されたものを感じることができたのです。

アレンジとか脚色っていうのはここがポイントなんだろうと思います。
オーケストラの音楽をピアノに編曲されるときも、その逆もそれのどっちかの持っているもの全部に固執するとにっちもさっちもいかないことがあると思うのです。

かつて「コラボレーション」という言葉について語り合っていたときに、多くのコラボレーションという形態のイヴェントは相乗効果より相殺されていることが多いと高山氏はおっしゃってましたが、それにも通ずるような気がするけど、オリジナリティなものを再現(脚色でもいいが)するときには、常に、足りなくなるもの、足されたものの目の付け所が、大事になると思うのです。

チェロとのヴァージョンを聴いたことのない人と、チェロとのヴァージョンをたくさん聴いた人でイメージが違うだろうし、もっと前に話を戻せば、この曲のオリジナルは、どちらかというと、Mingle版に近いわけで、、(爆)

そのうち、金管楽器とピアノというアレンジも考えています。
そうなるとまた違うイメージになると思います。
楽しみだな、こういうのも。
2009年4月6日 10時50分



全ての方をご紹介することはできませんが…
柴田紘子さんです。
柴田紘子さん
彼女は、多摩のオーケストラ、「フィルハルモニア多摩」の主席トランペッター。来る5月5日、国分寺のいずみホールにて、フィルハルモニア多摩の第五回定期演奏会があります。
その2番目のプログラム…
「ヨハン・ネーポムク・フランメル:トランペット協奏曲変ホ長調」
オーケストラをバックに、柴田紘子さんのトランペットソロとのことです。
14:00開演(開場は30分前)一般3,000円(学生さんは1,500円なり)
きっと聞き応えありです。
それから、私信のようなものですが…
ほらね、ちょっと怖い?
null

おばちゃん登場です!
おばちゃん
おばちゃん、何か気になるものを着てる!
これ、白石准の世界戦略のようなニセものではありません。
 ⇒http://juninho.blog…世界戦略1
 ⇒http://juninho.blog…世界戦略2


※以下、山猫合奏団のオフィシャルブログより転載。
先日、素敵なTシャツが届きました。「おばちゃん」が手配して下さったのです。感謝なのです。
Tシャツ
さっそく袖を通して、洗濯しました。この写真はシワシワしてますが、新品はもちろんこんなことありません。
生地は厚めで、えーと、専門家の方丈さんが教えてくださったのですが、なんだっけかな、忘れちゃいました。デザインは宇夫方隆士氏。どんぐりと山猫のCDジャケットもこの絵を使います。
さあ、早く作らなきゃ。

というわけで…
このTシャツを1,500で販売します!
もしも欲しい方がいらっしゃいましたならば、M.A.P.までご連絡を。
受付期間は1ヶ月ということでお願いします。

それにしても、爆音たてて車をぶっ飛ばすおばちゃんやら、ファッションに詳しい方丈さんやら、料理人の石材屋さんやら、おかしな連中が集まる寺子屋ですこと。
高山は、今後ここへ来たら、なるべく目立たないようにすることに決めました。

本日は、極めて内輪の話題でお送りしました。まあ、たまにはいいでしょ。
音楽会の画像はおばちゃんのカメラの中、ということで、本日はこれまで。

tag: 宇夫方隆士  ドラ  龍谷寺  植村薫  白石准  知り合い  柴田紘子  小田島亨  別ブログへ