別に追っかけじゃないのだけれど…


tag: 落合貴之 

落合貴之という政治家

民進党の落合貴之氏が、記者会見で希望の党には参加しないと表明した。

菅家ゆかり女史の出番だけ見て、劇場を後にし、千歳船橋へと向かう。
落合貴之君が街頭演説するというので、会いに行こうと思ったのである。
落合貴之は桶作り職人の息子。


落合氏は、しかし民進党から離党したわけではない。党籍がないと、この時期、街頭演説もできない。ともかく、日本の選挙制度は異常、党に所属していないとできないことがいっぱい、まったくおかしな国である。

氏が民進党に所属するにいたった経緯は、致し方ない成り行きもあるようで、しかしいずれにしろ、僕はそこには殆ど興味なし、ということにしている。

徹底的に組織が嫌いな小生。共産党だろうが自民党だろうが、どっかの市民グループだろうが、大嫌い。もちろん民進党も例外ではない、というか、近頃はホントにどうしようもない党だったので、嫌いの度合いも沸騰していたわけだが、組織である限り、どっちに転んでも同じ、他の党と比較することにあまり意味を感じないということ。
てなことを言いながら、自分もまた株式会社などの代表をやっていたりするわけで、人生とはママならぬモノである。

だから、どこかの組織に属しているからといって、それだけでその人を嫌いになったりはしない。それぞれママならぬ事情があるものなのだから。だから僕にとって、落合貴之が民進党だろうが無所属だろうが、関係のないこと。
さらに僕は、日頃「政治嫌い」を公言しているので、落合貴之の政治活動を応援する!なんて宣言するつもりも毛頭ない。

ただね。

ナチス台頭前夜のドイツ、選択肢が共産党と極右(ナチス)しかないという状況になって、結局、民衆は共産党を嫌って極右の方を選んでしまった、その結果ヒットラーという怪物が出来上がったのだと。
つまり、なんか似ている。

落合貴之ちゃんから、自民党の保守本流、かつての宏池会の在り方を受け継ぎたいのだと聞かされたことがある。僕は政治嫌い、特に権力側が嫌い、だから宏池会全盛だった頃の自民党だって大嫌いだったが、でもことこういう時代なので、落合貴之のその志はなかなか面白いではないかと、大いに思ったりもしているのである。
しかし、あの宏池会も、結局田中角栄という大番頭が仲間になってくれたから本流でいられたわけで、もし田中角栄が反対勢力の方についていたら、はたしてどうなっていたか分かりゃしないと、あの頃の時代を分析したりしてもいた僕なのであった。
政治とはかくなるもの、なかなか理想では立ち行かない。まあ、だから政治なんて大嫌いなのだけれど。

自衛隊のこととか、天皇のこととか、あるいは沖縄のこととか、もしかすると僕とは考えの違いが多々あるのかもしれない。それでも僕は、落合貴之、こういう男が日本の宰相におさまったら、なかなか悪くないんじゃないかと、去年の6月11日に彼の演説を聞いてそう思ったのである。

少なくとも、彼がどの党に所属しているかなんてどうでもいいことで、なんというか、話していて気持ちがいいとか、ちゃんと人の話を聞くとか、それでいてちっぽけな男でもない、どっかの党の新人ちゃんたちと違って、きちんと勉強して、委員会でも本会議でも一年生議員ながら質問にも何度も立ち、そしてなによりも今のところは永田町臭が全くない、毒されている様子がないのがいい。
もう一度言うけれど、何度でも言うけれど、こういう男が日本の宰相になるっていうのは、なかなか案外いいのじゃないかと、落合貴之は、今のところ僕がそんなふうに思えるただひとりの政治家なのである。

なんだか妙な応援。応援になってない?

さあ、これで、企んでいるイベント告知の準備ができた…

その告知記事へ
 ⇒「ありふれたファシズム」の再々上映会

tag: 落合貴之 

落合貴之のひとつの到達点

衆議院議員落合貴之国政報告会 ~我々の目指す日本の姿~

成城ホール。

民進党を支持しているわけでもない。むしろ痛いことが多すぎる党だと思っている。政治家は、基本個人なのだと最近思う。一方で、というか、だからこそ、というか、政党政治には絶望しているとさえ言ってもいい。
政治など大嫌いなのである。にもかかわらず、今、大きな危機感があって、政治に背を向けているわけにはいかなくなっている。

落合貴之氏とはいつも、あたかも近所の軽い知り合いのように、今まで何度も会った。よくもまあ魑魅魍魎の棲む永田町に何年もいて、こうも普通でいられるものだと、そんなふうに感じさせる人である。

そうしたことがあって、生まれて初めて個人政治家の報告会などというものに、隣の駅だし、自転車に乗って行ってみたのだ。



民進党を支持するすべきとか、いやそれはとか、そんなことは取り敢えずどうでもいいので、自民党を支持する方々は、この落合貴之の「問い」に対して、一度考えてみてもらいたいのである。いったい何か反論することができるのだろうかと、僕は思うのであるが…

【秘密保護法案】(6分25秒くらいから…)
会計検査院が全ての会計を検査するということを憲法で決めているのに、秘密保護法は会計検査を断ることもできる。これは戦前の軍事機密法と同じ、これで決定的に防衛予算にメスが入れられなくなって軍部が暴走した、それと同じリスクがあるのではないか。

【安保法制】(8分くらいから…)
安保法制を問うはずの選挙の時、自民党は「安保法制は選挙の争点ではない、アベノミクスが争点だ」と言っていた。ところが選挙が終わって過半数を取ったらすぐに強行採決をした。
安倍晋三首相が本当にやりたいのは憲法改正、しかし今、今度の選挙で安倍政権はそれを争点にしていない。

【安倍政権の暴走】(12分5秒くらいから)
これだけ暴走していたら、歴代の自民党ならば内部からその暴走を止める人が出てきたはず。本当は安倍首相と考え方が違うはずの自民党国会議員も、今やただ官僚の原稿を下を向いて読むだけ。

【集団的自衛権】(14分35秒くらいから…)
安倍首相は中国が尖閣が北朝鮮がというが、それは個別的自衛権の範疇。でたらめな説明。防衛を真剣に考えるならば個別的自衛権について議論すべきであって、なぜ集団的自衛権が必要なのか。

【原発】(16分26秒くらいから…)
安倍首相は「我々も広義では脱原発」と言っていた。安倍政権が去年出してきた2030年代の電力原発依存度の目標は20数%だった。しかし、全部の原発を稼働しても10数%にしかならない。つまり新設増設に向けてもうすでに進んでいるということ。そのことを言っていない。はっきり言って嘘つき。

まだまだ貧困、アベノミクス、等々あるが、今日はこのくらいにしておいてやろうか。これだけでも、今度の参院選では自民党に投票しないと決断するには十分すぎるだろうと僕は思うのだが。

tag: 落合貴之 

落合貴之衆議院議員とお話会@世田谷区喜多見

告知記事はこちら…
 ⇒http://mapafter5.blog.fc2.com/blog-entry-4401.html


tag: 落合貴之  西川郷子  木津陽介 

また民進党の落合貴之さんがM.A.P.にやって来るよ

貸小屋企画第一弾の緊急告知です。

基本M.A.P.のスペースをお貸ししての企画ですが…
題して…
「落合貴之衆議院議員とお話会@世田谷区喜多見
会場は狛江なんですけどねw、向かいの駐車場は世田谷!
和食雅子さんの企画ですよ~!

●日時:6月2日(木)19時Start(30分くらい前からどうぞお越しください!)
  ※その後、いつもの如く、そのまま会場で懇親会。(別途参加費あり)
●会場:M.A.P. 03-3489-2246
  (小田急線喜多見駅徒歩5分)
 狛江市岩戸北4-10-7-2F 島田歯科の2階
  ⇒会場アクセス
●無料です。
(もしも資料があった場合、コピー代実費よろしくです。)

5月30日現在(つまりもう三日前なんですよ)、決まっている話題のひとつは…
「貴方が支持してきた自民党は、今の自民党と同じですか?」
う~ん…
55年体制時代の自民党は、様々な派閥が切磋琢磨していた。中でも保守本流を自認していた宏池会は、今いったいどうなってしまったのでしょうか。
この視点は、次の選挙を変える可能性を持っています。

他にも、いくつか和食さん、考えているみたい。エネルギーのこととか、外環道のこととか。
う~ん、なんだか面白そうだわい…

落合貴之氏

【落合貴之氏プロフィール】
昭和54年8月17日生まれ
衆議院議員江田憲司元公設第一秘書
参議院議員松田公太元公設第一秘書
元みんなの党衆議院東京6区支部長
特定秘密保護法案に反対し、2013年11月27日みんなの党を離党し、無所属に。
翌年2014年5月結いの党入党。
党の合併により、2014年9月より維新の党衆議院東京6区支部長
2014年12月、衆議院議員選挙にて、小選挙区で惜敗、比例復活当選。
2016年3月27日、党の合併で民進党に。
[国会での役職]
財務金融委員会委員、経済産業委員会委員
東日本大震災復興特別委員会理事
政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会理事
[党の役職]
青年局 副局長、国民運動局 副局長、政治改革推進本部 事務局次長
エネルギー環境調査会 事務局次長、憲法調査会 事務局次長
18歳選挙権プロジェクトチーム 事務局次長

tag: 落合貴之   

落合貴之の政治的原発の話

告知記事はこちら…
 ⇒http://mapafter5.blog.fc2.com/blog-entry-4019.html

暫定アップ。
後日、書く。


tag: 落合貴之 

原発と政治を考える、第二弾!

「原発対話の会」Vol.13
政治における原発問題の現状
   ~落合貴之衆議院議員と話そう!~

●日時:4月9日(土) 14時30分 開場 15時 Start
●参加費:1,000円
(高校生以下500円)
●会場:M.A.P. 03-3489-2246
  (小田急線喜多見駅徒歩5分)
 狛江市岩戸北4-10-7-2F 島田歯科の2階
  ⇒会場アクセス
※懇親会も予定。
※政治状況の変化によって、中止、予定変更等の場合もあります。

【落合貴之氏プロフィール】
昭和54年8月17日生まれ
衆議院議員江田憲司元公設第一秘書
参議院議員松田公太元公設第一秘書
元みんなの党衆議院東京6区支部長
特定秘密保護法案に反対し、2013年11月27日みんなの党を離党し、無所属に。
翌年2014年5月結いの党入党。
党の合併により、2014年9月より維新の党衆議院東京6区支部長
2014年12月、衆議院議員選挙にて、小選挙区で惜敗、比例復活当選。
[国会での役職]
財務金融委員会委員、経済産業委員会委員
東日本大震災復興特別委員会理事
政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会理事
etc.


※2月23日、落合さんの秘書の京(きょう)さん(「共産」ではありませんw)と打ち合わせをしてチラシを作りました。
落合さんの選挙区は世田谷ということで、落合さん、喜多見商店街の方々とは親しいご関係なのです。一方我々は、御近所なのに今まであまり交流のなかった商店街の方々と繋がるいい機会!ということで、特に喜多見限定というわけではないのですが、世田谷区用のチラシを、京さんと一緒に作ることにしたのです。
ところがこの日の朝、維新の党は解党して民主と合流するというニュースが飛び込んできました。さてどうなるかと心配していたのですが、京さん予定通りいらっしゃったので安堵、「いよいよですね、大丈夫ですか」と伺ったら、「え?何のことですか」という意外なお答え。京さん、ご存じなかったらしい(笑)
とはいうものの、まあまあ想定内、ただ民主という選択肢は落合さんにとってどうなのだろうということはあるにしろ、原発対話の会Vol.13は今のところ予定通り行うことになりました。
ただ、チラシには「2月23日現在」の文字を入れました。
※敬称を略したのは秘書の京さんの判断です。

※3月27日に民主党と維新の党が合流、改革結集の会の一部議員や無所属議員なども参加して民進党が結成され、落合氏も参加、4月4日現在、落合貴之氏は民進党最年少の衆議院議員です。

落合貴之さん喜多見用のチラシ

主催:原発対話の会
「原発対話の会」Facebookグループ
 ⇒https://www.facebook.com/groups/384571738344960/

続きを読む

tag: 落合貴之