後夜祭を残して(7/1のツイートまとめ)

こんなツイートを見つけた。
datechibu

喜多見と狛江のちいさな映画祭会場、とても映画祭の会場には見えないローカルっぷり、とふぐしまの田舎もんに思わせるロケーション、素晴らしい。 http://t.co/mdf6Px7VN9
06-30 13:12

なんとなく嬉しい朝。

KitamiFilmfes

喜多見と狛江の小さな映画祭、「夜じゃないけど後夜祭」を残して、全てのプログラムが終了しました。期間中、延べ400名をはるかに超えるお客様においでいただきました。そんな観客の皆様に、またなんらかのご尽力を頂いた全ての方々に、心からの謝辞を申し上げます。本当にありがとうございました。
07-01 08:15

関係者、出演者、ゲストなどを含めれば来場者述べ500名位。大きなホールに比べては半日分ではありますが、なんのその!あのニーチェの馬を観た直後、全てのカットを覚えていたように、今はお越しいただいた方々全てのお顔を思い起こすことができます。一人ひとりに向けて、ありがとうございました。
07-01 08:20

gajumui

仮に小さな映画祭が、山形あたりのそれみたいにでっかくなったとしても(でかくするつもりもないし、でかくなるわけもないのだが)、僕には心底笑うことはできないだろうと思う。新しいたくさんの人々と出会えたとしても、去った人々の向こうに連なる「広大な何か」。それは、説明し難い不在の感覚。
07-01 09:13

ネガティブなことは語るべきではないと、多くの方々に暖かく忠告されます。一歩一歩だよと。よくやったよと。感謝いっぱいです。でもね、分ってもらえない、伝えられないといったことではないのです。いったいどう言葉にしたらよいのだろうと、昨日から考え続けているのですがママならないのです。
07-01 09:36

見えぬ陰の中の存在(もしかすると存在しない何か)への想像力と共感。誰もが見向きもしなかったものにスポットを当てる。だがその瞬間から、陰の住人―「非存在」ではなくなるという矛盾。そして笑いを獲得した成り上がりものは、棄てられしモノから棄てる主体に変貌したことに気づくことはない。
07-01 09:49

見捨てられしものは存在しないが如く、「非存在の代弁者」は、その名前そのものが自己矛盾であることに躓く。いったい非存在はどこにあるのか探すのだが、対象が非存在である限り見つかるはずもなく、想像妊娠のような陰の中からの眼差しに傷つきながら、ただ自らを見つめるしかない。不在の感覚。
07-01 10:32

決してネガティブであるつもりはないのです。ただこの世界には間違いなくネガティブな場所が点在し、それを忘れては世界は変わらないと信じているのです。そしてそのことは、極めて具体的な事例から形而上の思索まで貫き、かつ個々バラバラに助けを求めているらしいという認識です。
07-01 11:05

最後のプログラムが、混沌とした想念に名前をつけようとする営為、再びその厄介さに向かうきっかけに充分であったことを、櫻井篤史と加藤到という古き友人2人に感謝したい。不在の感覚に慄くまだ見ぬ多くの友人のために、僕はここから離れないと決めた。http://t.co/zzMoVBDiUS
07-01 11:25

だが一方で、僕は一介の役者でありたいと、切実に思っているのである。
07-01 11:27

RT @maYmaYuko_515: ブログを更新しました。 『ありがとうございました!』 http://t.co/8cbwJASFd0
07-01 11:28

加藤到は山形国際ドキュメンタリー映画祭の副理事長らしい。30年以上前、やつはいつも俺に「お前の脳味噌を使って考える」と言った。やつの脳の貧弱さを補うために、優秀な脳を利用された俺の身にもなってみろ。(続く…
07-01 11:52

…続き)そして加藤到はいつも、週刊誌のゴシップ記事のように、「自分の考え」をでっち上げるのであった。※さて、この連続悪たれツイート2発、他人さまはどう読むのでしょうかしらん。
07-01 11:57


そして後夜祭へ…

tag: 【映画祭】  都立駒場高校_旧友たち 

M.A.P.縁(ゆかり)のセブンイレブン《友たちよ、聞いているか》

東日本大震災から102目。

時間がないので、毎日買ってきた弁当みたいなものばかり食べている。健康ゲームどこへやらである。

おや、セブンイレブンの弁当のシールが改善されたらしい。
null

おお、井阪、やっとか。
 ⇒シールがベタベタしているという話
 ⇒そのことをセブンイレブンの社長に進言した話
 ⇒そのことを喜多見のセブンイレブンのバイトの女の子に報告した話

まさかね、俺の意見でシールが改良されたなんてこたァないよなあ。

しかし、あらためて振り返ると、結構セブンイレブンのことを記事にしている。そんなら、と、セブンイレブンのサブカテゴリを作ることにした。さて、どのメインカテゴリのサブに分類しようか。喜多見店があるから「喜多見」にするか、しかし話は喜多見店に限っちゃいないので、社長が知り合いだから「M.A.P.縁の人たち」の中にぶち込もう。井阪が社長を辞めたらどうしよう。まあ、その時はその時だ。

役者などという職業についてから、自分の出る舞台の案内を、同級生たちに送ることなど、殆どなかった。一、二度あったかもしれないが、それは切符が売れないと死活問題だという主催者に頼まれて致し方なかった時だけだった。それが、自分で会社などをはじめて、その会社が舞台などをプロデュースするようになって、毎回、闇雲に案内を送るようになった。会社の死活問題だから。

そんなメールだから、返信がないといって怒る筋合いのものではない。もちろん返信がなくたってなんとも思わない。むしろメールを送って申し訳なかったと思う。それでも、案内のメールを読んで来てくださる人もいらっしゃるワケで、感謝感謝である。断りの返信を下さればそれはそれでうれしいが、「いけないけどあしからず」なんて文句があるとカチンとくる。きっと悪気はないのであろうが、「あしからず」はいい言葉じゃない。そんな返信なら梨のつぶてのほうがありがたい。いやはやなんとも勝手な思い。わざわざ返事してくださったのではないか、反省である。

セブンイレブンの社長だが、結構返信してくれる。もちろんいつだって忙しくて伺えず申し訳なしという内容だが、誰よりも早い。もしかすると秘書の仕事なのかもしれない。でも大きな会社のトップになる奴はなるほど違うなどと、誰でも言いそうなことを言ってみたくなる。

先日の琉球舞踊公演の案内も同様であった。でもその後、別途のメールを彼に宛てて送ってみたのである。

喜多見駅前のセブンイレブンは頻繁に利用させてもらっております。
ところで琉球舞踊の公演をやります。喜多見のお店にパンフレットの広告掲載をお願いしているのです。喜多見のセブンイレブンにそれをお願いするなんてことは無理なのかな。ダメ元でのお願い。


新年会で井阪と話したことを思い出したのである。
 ⇒今年の都立駒場おりこうさんグループ新年会

しかし、さすがにこのメールに返事は来なかった。常識はずれの希望だったのか。「経営者」として、「人間」として、あるいは「友」として。

【追伸】
この日、宇夫方女史は関東沖縄IT協議会の懇親会で踊ったようです。琉球舞踊専用ブログにそのことが7月4日にようやくアップされていました。
 ⇒http://mapryukyubuyou.ti-da…
2月16日の新年会以来、3度目です。
しかし、アップが遅いなあ。

6月4日の公演以来、琉球舞踊専用ブログにはけっこうなアクセスがあったようですが、やはり公演の記事がずっとアップされず、訪れてくださった方々に向けて、仲間を増やすような有効なメッセージを送ることができなかったようです。

記事が遅いのはM.A.P.after5だけで十分です。

それから、琉舞のブログで、おきなわおーでぃおぶっくの久米明さんの朗読CD「ノロロエステ鉄道」を紹介しているのですが、ちっとも宣伝になってないんだよなあ。
null
そこで、“おきなわおーでぃおぶっく”のOfficial_Siteの「ノロロエステ鉄道」のページにリンクを貼ろうと思ったら、サーバーに不具合があって復旧中だとか。
つまりM.A.P.販売サイトにも繋がらないということ。うーん、今後自前の販売サイトを充実させていこうと考えていた矢先の出来事、考えちゃうなあ。

続きを読む

tag: #セブンイレブン  都立駒場高校_旧友たち 

恒例“駒28”の新年会《もうおりこうさんもおばかさんもありません》

一次会は銀座会議室にてミニ講演会。
記念撮影の画像を無断掲載。前回もそうだったし、許していただけることを信じて。
null
撮影者が交代してもう一枚。
null

そして二次会へ。
本日の講演者のふたり。
日立の成瀬くんと「まんじゅう」

まんじゅう(ってなんのこっちゃ)の話しは、実にいい話でした。他のみなさんも、それぞれ大変御活躍であります。でもね、昔の同窓生が今何をしているかというようなハナシは、やっぱり今年も、なかなか書く気になりません。

null
どうやら、誰もがまだ何者でもなかったあの頃のママ、時間が止まっているようなのです。ファンデーションを分厚く塗らなければならなくなったにせよ、です。

それにしても写真だけ載せるんじゃ、あんまり芸がない。いつかアトムとビスコで遊んだみたいに悪戯してみようかなと思ったのですが、女性陣の写真が全部集まらなかったのでやめました。
でも、一次会で帰ったFさん、いいの見っけたから遊んじゃおうっと。それからまんじゅうも講師だからね。ということは、なるせくんもか。
ホイッと……。ホイっ、ホイっと。
null null null

最近は全く見知らぬ方にも、定期的に当ブログにお越しくださる有難き方がいらっしゃるようで、そうした方々には、「この記事はいったいなんなんだ」ってなもんでしょうねえ。申し訳ございません。このM.A.P.after5には、「都立駒場高校」というカテゴリがあるのです。なぜか成り行きで作っちゃった。高山正樹の母校なのであります。
※旧ブログから新ブログへ以降に伴い、サブカテゴリのシステムが使えなくなりました。古き旧友たちが登場する記事について、別途カテゴリ(tag)を作って分類してあります。
ただこのカテゴリ、Yusukeばかり出てくるので、鬱陶しい。というわけで、駒場のカテゴリの下に、「鈴木雄介」と、M.A.P.役員の「渋谷保幸」と、おきなわおーでぃおぶっくで手伝ってくれた「菅家ゆかり」と、そして「それ以外の人びと」というサブカテゴリを作ることにしました。
※これも旧ブログから新ブログへ以降に伴い、全て別途カテゴリです。「それ以外の人びと」というサブカテゴリは廃止。出過ぎで鬱陶しい「鈴木雄介」は「旧友たち」のカテゴリから除外。
鈴木雄介 渋谷保幸 菅家ゆかり

男性陣の方は画像が揃ったので、公開しちゃおっと。
null
null null null
男だけね。
null
null null
だから女性は青春画像ナシだってば。
null
男だけ!
null null
今日のサプライズ。
null
いったいいくつになったのって、みんなおんなじか。
null null
お店のイケメンと一緒に撮ってくれっていうから撮ったけどさあ。
null
ホントに彼、いいかあ?
30年以上前の青年たちの方が、ずっといいだろう。

それから、菅家ゆかりさんと、セブンイレブン社長の井坂隆一くんです。
null null
「今誰が何をしているなんて書く気にならない」
その舌の根も乾かないうちに、嘘ばっかりだ。いいのです。ここから、一人でも沖縄に目を向けてくれる人があらわれるのなら、僕は何でも使おうと思っているのです。
 ⇒[沖縄_戦争・基地など]

沖縄にセブンイレブンがないのは、全国共通の品質を保つために必要な市場規模がないということらしい。M.A.P.が考えていることとは正反対。なんてね、M.A.P.と天下のセブンイレブンを比較しちゃあ申し訳ないよな。
「セブンイレブンがウチなんかと商売の話しなんかするわけないよなあ」
「そんなことはないよ」
今日だけの外交辞令?本当ならば夢のような話だけれど。

そして、今日は懐かしい男が来ていました。上海で、M君と会ったらしい。(俺は六本木だったけど。)そしてこの会に誘われた。
でも……
「いやあ、おりこうさんグループだからなあ、俺、無理だよ」
するとMくんは……
「大丈夫だよ、高山もいるから」

null null
おや、まさひで・みゆき・まさきで3Mじゃない。では特別に、ポン!
null

続きを読む

tag: #セブンイレブン  都立駒場高校_旧友たち  こんな人あんな人_菅家ゆかり 

さんまでバーベキュー《奏楽舎と朗読会のチラシを持ってサイクリング》

Yusuke氏から、例の河原で秋刀魚のバーベキューをやると聞いていました。サンマは鳥研で食べたばかりだし、色々告知もしなければならないし、行かれないかなと思っていたのですが、作業の区切りがついたので、深川江戸資料館立川での怪談噺の朗読会、落語がらみのチラシを2種類持って宣伝がてら、ちょいと多摩川っぺりまでチャリンコを走らせることにしました。

着いた時には既にサンマは店じまい、そこでYusuke氏が撮影した画像を拝借。
null
【Yusuke氏の世界配信(1)】
 ⇒http://www.bcphotoshare.com/photos/…
次は芋煮らしい。これもゆーすけが撮影。
null
油ベトベトの肉を焼くなんてことはしないバーベキュー。みんな、いい歳になったということですなあ。

横一線。
null
よくもまあ同じようなサイズが集まったもんだ。
こっちもだいたい似通ったサイズ?
null
※真ん中は時々ちょこっと登場するテンコさんです。

サイズが違うのはこの人。
null
では、本邦Web初公開。
そんじょそこいらのどんな男より太いカワダの鎖骨。
null
ちなみにカワダさんは、落語家さんのおかみさんです。
※実は彼女、山猫合奏団の神楽坂田中寺公演の記事の、どれかの画像に写っています。駒場の皆様お探しあれ。

皆さんのお顔を撮影して、僕はとっとと事務所に戻って仕事する予定だったのですが……
null
ついつい居座ってしまいました。
※ここから先は、再び鈴木雄介氏の画像を使用。
null
酔っ払い?とんでもない。自転車で来ているのですから。大人は暴飲暴食などせず、社会のルールを守るものです。
null
左の方はテンコの良き旦那様。良き父親でもあるとお見受けしました。そして、もうすぐ良きおじいちゃんになる。娘がどこの大学を受験したのかも知らなかったような、右のダメ親父とはエライ違い。しょうがないよね、そんな生き方、選んでしまったのだから。

みんなそれぞれの人生。
null
くれぐれも健康に留意して、ゆっくりと楽しく生きることが一番。でも僕はどこまで行けるか、もう少し急いで走ってみます。
【Yusuke氏の世界配信(2)】
 ⇒http://www.bcphotoshare.com/photos/…

続きを読む

tag: 川崎市_  都立駒場高校_旧友たち  健康ゲーム 

サーバーにつながらない

2010年8月1日、午前10時57分現在、本日朝から[ownmap.jp]のサーバーにつながらなくなっています。
アクセスできない主なサイトおよびページは次のものです。
「株式会社M.A.P.Official_Site」
「三笑亭夢丸with東京奏楽舎Official_Site」
「おきなわおーでぃおぶっくOfficial_Site」
「沖縄関連事業Topページ」
「喜多見情報」
「(株)M.A.P.販売サイト」

白石准氏のサイトのトップページも、結構つながらなくなりますよね。

グーグルとかamazonとか、あるいはアメブロとかその他のなんとかブログとか、そういうところにすべてを預けてしまうのが嫌で、例えばこの“M.A.P.after5”や山猫合奏団のブログなどは頑張って自前で作っているし、買い物カゴシステムはないけれど販売サイトも作ったし、できれば音声のダウンロード販売サイトも作りたいと思っているのですが、結局サーバーはどこかの会社が運営しているところに間借りしているわけで、時々原因不明でつながらなくなったりします。結局安定しているのは大手のブログや楽天や、ってなことになる。やっぱり本当は自前でサーバーを持つのが一番いいということはわかっているのだけれど、聞くところによれば不正アクセスがひっきりなし、その対処だけで大変な労力が必要となるらしい。関くんという駒場高校出身の友人は、それで自前のサーバーをやめました。いまや自前のサーバーをもてるのは一部の大きな会社や組織だけ、結局、個人や我々のようなちっぽけな会社は、でっかいシステムに依存せざるを得ないのです。それよりもなによりも便利だし楽だしね。データやメールの管理やバックアップなんか、ネット上のどこかに置いておけるようになったのだから、確かに劇的な進歩ではあります。

でも、そうして、知らず知らずのうちに、一部の、それもきっとアメリカのすごくでっかい企業の戦略から逃れられなくなっていくのです。Gメールなんか間違いなく全部分析されています。だから大切なやり取りは絶対メールではやらない、これ大手の会社の常識です。そういうふうに考えると、中国 vs グーグルの対立も、違って見えてきますなあ。

ならばこういうのはどうでしょう。顔が見える人たちと、いくつかの組織や何人かの個人で共同管理するサーバー。この指とーまれ、なんて。
きっと、もう誰かやってるんだろうなあ。

昨日の都立駒場高校異業種交流会で、成瀬君の講義に影響されて、今日はまるで会社のブログみたいなことを書いてみました。

tag: 都立駒場高校_旧友たち 

駒28様、何が変わったのだろう

前々回前回も記事にしたので、今回も書かなきゃなどと、勝手に思い込んでいる。誰も期待なんかしちゃいないのに。

この会は、飲み会の前に会議場などスペース借りて、メンバーから毎回ひとり講師を決めて、講演会を開いている。今回は、そいつに初めて参加した。
null
20年も前のオイラなら、きっと冗談じゃねえやとソッポを向いた。何が変わったのか、そんな問いだけ出してみて、答えについてはハナから考えてなんかいやしない。
どうやら今日のこの記事も、過去2回と同様に、やっぱり上っ面撫でただけの洒落しか書けそうにない。それならもう、無理して言葉を捏ねくりだすのはやめにした。

●●氏が送ってくれた記念撮影の画像。
null
無断で借用いたしました。お許しください。しかし、ほらね、どう見たってオイラが一番ふざけている。あの頃やっぱり不真面目だった奴を、この日の会に誘ってみたが、遠慮しとくよときたもんだ。


飲み会は銀座の秋田料理のお店。
null null null null
null
なまはげサービス。
null

ちょこちょこ携帯で撮ってみたんだが……
null
……使えそうなのはこの一枚だけだった。


河岸変えて。
昭和青春歌謡ショー
null null
●●ちゃん。働き過ぎて、死ぬなよ。

ご苦労さまでした。
null

《おまけ》
駒場松桜会会報「対馬丸の記事」
同窓会費、払ってないから、一切コメントしません。第86号です。読んでみてね。

tag: 都立駒場高校_旧友たち  こんな人あんな人_菅家ゆかり 

代田橋のテトラ商会【琉球笛】と【花笠照明】と西仲野栄蔵と大槻紀子

代田橋の沖縄タウンに、こんな店があります。大槻紀子さんに連れられて訪れました。「テトラ商会」という街の電気屋さんです。
null
お世辞にもきれいとはいえません。今やでっかい家電専門店の出現で、昔ながらの電気屋さんは修理専門の便利屋さんになるしかなくなっちゃいました。小売しないんだから小奇麗にする必要なんかない、このお店もそんな感じなのかなあと思いきや、中に入ってびっくり!
なんじゃこりゃ!
null
いったい何のどんな部品なのかとよく見ると、なんと竹ではありませんか。
見回すと、あっちもこっちも竹だらけ。
null
実はこれ、笛の材料なのです。琉球の笛。そして完成品も販売している。
null
通常一本5,000円のところ、「いいよ、いいよ」と、なんと???円で売ってもらっちゃいました。グァハハハ……
「もう、いつもこうなんだから」
と大槻紀さんが心配しています。
このテトラ商会のご店主、琉球笛を作って???円で売って、大槻さんに心配されちゃった方がこちらです。
null
石垣島出身の西仲野栄蔵さん(中)。(左はYusuke氏のカミサン)
本来琉球笛は沖縄に自生している「ちんぷく竹」という繊維が多くて折れたり曲がったりひびわれしない竹を使うようですが、西仲野さんは関東中いい竹を探し回って切ってくるのだそうです。そして一本一本丁寧に作る、確かにそれで???円は安いですなあ。

西仲野さんは他にも作っているものがあります。これ、琉球舞踊で使う花笠です。宇夫方女史も、このお店、聞いたことがあると言ってました。
null
花笠のデザインに2種類あるということ、小生は知りませんでした。
null null
で、なぜこの西仲野栄蔵さんのことを大槻紀子さんが知っていたのかというと、それがこれです。花笠の照明。なんたって西仲野さんは電気屋さんなんですから。
null
とっても明るくて、電気を食わないLED照明。これ、沖縄料理店なんかで揃えたらおもしろそう。実は大槻さん、この“花笠照明”を取材したことがあるのです。

守備範囲の広い大槻紀子さんですが、そのお仕事のひとつをご紹介しましょう。

null
『島へ』という雑誌があるのをご存知でしょうか。(左は創刊号)
沖縄の離島の特集が多いのですが、そればかりではなく、北海道の利尻島や礼文島、壱岐・対馬とか、全国の島情報を掲載する奇数月の1日に発行される雑誌です。
大槻さんはそれに、「うちなーライフ in 東京」というイラストつきエッセイの連載をされているのです。

null
その2010年5月号で大槻さんはテトラ商会の花笠照明を取材しています。
null null
この記事によると、西仲野栄蔵さんが東京に出てきたのが40年前。ということは復帰前?はじめはソニーに就職したんだそうです。後にお仲間と電気屋さん「テトラ商会」を立ち上げたらしい。

栄蔵さんは、まさに花笠LED照明のような、極めて明るいおじさんでありました。
M.A.P.買い付け担当の宇夫方さんとの2ショット。ミステリー?
null

《おまけ》
西仲野さんはゴーヤーを育てていました。
null
ゴーヤーにLEDライトを当てていました。こうすると、成長が早いんだって。真偽のほどはわかりません。西仲野栄蔵さんは、代田橋のドクター中松でした。

tag: ミステリー  都立駒場高校_旧友たち  沖縄_沖縄芸能.琉球舞踊.  代田橋沖縄タウン  沖縄_沖縄の人.西仲野栄蔵  こんな人あんな人_沖縄関連の人.大槻紀子 

2010年ゴーヤー物語の始まり

今年も始まりました。ゴーヤーとの日々。
今年は2種類です。
null

去年収穫したゴーヤーから採った種
null
芽がどんどん伸びてきた。
土から芽を出したゴーヤーの種へ

代田橋のゴーヤー祭りでゲットした苗
null
もうずいぶん伸びた。
あさってのゴーヤーへ

当然、種は弱いということらしいのですが、やっぱり愛着は種の方ですね。いやいや差別はいけない。
さてどうなりますことやら。はやくプランター買ってこなきゃ。去年より大きいやつ。育てる場所も問題だなあ。

話はすっかり変わるのですが、本日のお昼は喜多見の事務所近くにある“びっくりドンキー”で。
null
夏っちゃん情報によると、沖縄にはじめてびっくりドンキーができた時は大騒ぎだったのだとか。
「なんで?」
「だって、おいしいじゃないですか」
確かにね、まずくはないけれど、そんなに大騒ぎするほどのことではなかろうに。
null
ところで、このメニューの見せ方を考案したのは誰だろう。面白いけど、具体的にいいことあるのかなあ。邪魔だし…。

そういえば先日、沖縄から来た西岡さんは、沖縄にはセブンイレブンがないから、東京でセブンイレブンに行くのが楽しみだって言ってたっけ。おい井阪、どう思う?

かつて、はじめて沖縄にマクドナルドが出店した頃に沖縄へ行った。
「東京にマクドナルドっていうハンバーガー屋ある?」
と、自慢げに聞かれた。ハンバーガーといえばアメリカだもんね。正直に「いくらでもある」とは答えにくかったのを覚えている。沖縄に行ってまでマクドナルドなんか入りたくない。どうせ行くなら絶対A&Wです。

というわけで、本日は発想の転換。沖縄の方々に向けて、喜多見にだって、こいうところもあるんだよという感じで攻めてみよう。
夜は喜多見の“和民”に行きました。
null
まるで喜多見じゃないみたい。あれ、「きたみ」と「わたみ」って似てるね、なんてね、ああつまんない。
null
しかし、飲み屋に来てまで液晶画面なんか見たくねえなあ。

その他、ロイヤルホストだとか、ドトールだとか、いろいろとありますが、セブンイレブンみたいに社長が友達とか、そういうよっぽどのことがない限り、今後も喜多見情報には登場しません。きっと。

tag: 喜多見_チェーン店.びっくりドンキー  #セブンイレブン  ゴーヤー栽培記.2010年  喜多見_チェーン店.和民  都立駒場高校_旧友たち 

駒場28、カメラテスト【菅家ゆかり参上】

カメラテスト。
NIKON D80 暗い所でどのくらい撮れるでしょうか。
まだ夕方。
null
菅家ゆかり参戦。
null
N氏新しき愛の形を語り…
null
血圧を測り…
null
測り!
null

23:57、おー、間にあった。
人気ブログランキングへ
(現在33位)

【そしてのんびりと追記しました。】
コントラスト強く、光と闇を対比させる。宗教的な雰囲気。レンブラント風ですな。
null

続きを読む

tag: こんな人あんな人_菅家ゆかり  都立駒場高校_旧友たち 

変わらない変わりたくない変わりたい【都立駒場高校大同窓会?】

もはや“都立駒場高校硬式テニス部同窓会”ではないらしい。(⇒前回の記事

日比谷Bar銀座6号店
横断幕はお店のサービス。
null
その他に、特注メニューがあったり、今日のためのオリジナルカクテルがあったり。
ヒマなのかなあ。
銀座で4時間貸し切りというのも、バブルの時じゃあ考えられない。
それにしてもちょいと狭い。お店の人は、立食のつもりでいたらしいが、50過ぎのおっさんおばさんが4時間も立っていたら、何人かは確実に倒れる。
急遽机と椅子を並べたら、ほとんど身動き取れなくなった。ブログ用の撮影は困難。
飲み放題。それはそれで有り難いが、それをしっかり享受する元気は誰にもなさそうだ。
null
誕生日の近い女性にお店からのサービス。
null null
いくつになってもこういうベタなサービスって、嬉しいものなのでしょうか。銀座も大変なんですねえ。なんてね、たとえそう思ったとしても、お店のステキなサービスを、そういう切り口でブログに書いちゃダメなんだよ。わかってねえなあ。わかっているけどさ、人間どうやらそうそう変わるもんじゃないということ。

しかし、この歳になると、だいたい変わるイコール老けること。出来るなら変りたくないと悪あがきする、否、努力するのが常。
そんな方には菅家ゆかり女史のフェイスニング(魅力的な表情をつくる表情筋のトレーニング)などいかがでしょうか。
僕としては「あいうえお」の稽古がお薦めなのです。

あっという間に4時間経つ。楽しかったのか、斑(まだら)に記憶が抜けるのか。
帰り支度が始まれば、すこし空気が動いて、シャッターを押す気にもなるというもの。
null
「おいおい、またブログに載せられちゃうぞ」
「いいじゃないの、たった一度の人生なんだから」
「わけわからん」
null

帰りの下りエレベーター。
問題。何人乗ってるのでしょうか。
null null

地下鉄の入口にて。
null

撮ってあげるよと直ちゃんに言われて、女性陣に囲まれてみたが……
null
おい直ちゃん、すっかりピンボケだぜい。
それにしてもみんな地味な色だなあ。これじゃあまるで葬式帰りだ。

何言ってるの。みんな笑ってるでしょ。
null
ほんとうだ、菅家さんのおかげかな……

それから森氏とふたりで、森氏行きつけのBarへ。
ふたりが、どんな関係かは不明。
null
こんな笑顔の森氏には、フェイスニングのレッスンは不要? か、どうかも不明。

僕の場合、会社を畳むのが一番効果があるのかもしれないが、やっぱり確実なことは不明。
しかし僕、変わりたいのです。強烈に。

(おまけ)
次回も参加させていただけるのなら、もう少しまじめな記事を書こうかと反省しているのですが。さて。

tag: 都立駒場高校_旧友たち  菅家ゆかり