新しい人、懐かしい人

なんだかんだと忙しい日。

新しい人。
新しい人たち
エンディーじんじんくりさん

詳細後日。

さて。
そして実に懐かしい二人が訪ねて来てくれた。
懐かしい人たち

FacebookもTwitterも、基本プライベートのことはアップしない。このことだって、プライベートのことでもないのだけれど、なんだかやっぱりこれはブログだけだなと思った。

しかし、もう6年以上になるんだねえ…
 ⇒http://mapafter5.blog.fc2.com/blog-entry-2162.html

tag: MAPの人 

宮崎から野菜が、そしてドイツからあいつが帰って来た

大震災から277日目……

gajumui

なんだか最近、家でちょっと得体の知れない食事が出てくる。例えば「おでん」のようなそうでないような。妻曰く「最近、産地を気にしたら買うものがない」のだとか。
12-13 09:09

10月に山猫合奏団でお世話になった宮崎県の方が地元の野菜を買って送ってくださることになった。その第一便が今日事務所に届く。輪が広がって、あちらに手間賃ぐらいお支払いできるようになればよいのだけれど。
12-13 09:24

だが、一介の役者だった頃、地方などで公演をした時に例えば主催者の方たちと交流することが嫌いだった。「また呼んで下さい」とは絶対に言わなかった。どこからかやってきて、夢のような一夜を作って朝にはいなくなるサーカスみたいな芝居、その白塗りしたピエロのような役者でいたかった。
12-13 09:41

それが、プロデューサーになって変わっちまった。「また是非呼んでください」が常套句になった。3.11以降、さらにそうなった。宮崎公演を担当してくださったかたから、地元の野菜が今日届く。「絆」とは言い得て妙なのである。
12-13 09:47

カミサンの実家、沖縄からも時々野菜が送られてくる。ダンボールには、沖縄の寿命を縮めた元凶の象徴のようなスパムも、埋め草のように一緒に入っているのだが。
12-13 09:55

宮崎から届く野菜、沖縄から送られた野菜、感謝である。だが、いったい輸送のためにどれだけのエネルギーを使っているのか。全ての原発即刻停止と地産地消は密接な関係があるはずなのに、食べて応援で東北から取り寄せ、また安全な食材をと言って西から運ばせる。そのエネルギーの無駄。
12-13 10:06

パーマネントカルチャー。例えば金銭コストではなくエネルギーベースで考える。だがその前に、いつも「フクシマ」で躓く。福島県に地産地消を言えるのか。汚染で濃淡塗り分けられてしまった日本で、地産地消が可能なのか。抗えないことにおいて、汚染濃淡は都市~地方の濃淡とは決定的に違う。
12-13 10:32

@HayakawaYukio 氏が福島に謝罪するよりも、汚染した農産物を出荷した福島の農家が謝罪する方が先。それよりも安全宣言した福島県知事が謝罪する方が先。それよりも暫定基準を作った政府が謝罪する方が先。それよりも政府を騙した保安院が謝罪する方が先。(続く)
12-13 10:46

(続き)それよりも東電がちゃんと謝罪して責任取る方が先。それよりもそんな構造をずっと温存して甘い汁を吸ってきた自民党が謝罪するのが先。それよりもそんな自民党を守ってきた財界が謝罪するのが先。それよりも実際の権力でもって日本を操ってきた官僚が謝罪するのが先。(さらに続く)
12-13 10:53

(続き)それよりも官僚に圧力をかけていた米国に謝罪させるのが先(無理か)。それよりもアメリカアメリカと尻尾を振ってきた日本人が謝罪するのが先。それよりも……。ああ、終わらねえや。
12-13 10:55


昼過ぎ、宮崎から野菜が届く。
宮崎の野菜

かおるさんとシェア。
かおるさんと

そして、あいつが帰ってきた!
よしおかじゅん

高濃度のものに媒体を加えて薄めるのが希釈なのであって、低濃度の世界に高濃度のものを放出することを希釈とは言わないだろう。それは拡散。そしてそれがまた濃縮するわけだから、こんな無駄なことはない。おのずと結論は……
12-13 19:10

一ヶ月くらい、ずーっと考えていたことなんですが、閾値が無いとして、例えば100人にひとり癌になる確率というのは、文字通り100人にひとりが癌になることなのか、100人全員の癌になる確率が1%上昇することなのか、どっち? この違い、ものすごく大きいと思うのです。
12-13 19:16

tag: かおるさん  MAPの人 

自粛は御勘弁です

《4月2日(土)-4》
東日本大震災から22日目の喜多見の夜……
うぶかたです。自分の稽古が終わって事務所に戻って仕事です。
林香さんもいます。今日は、はるのちゃんも一緒です。
null

近頃、お子さまの顔をインターネットに載せるなんて絶対ダメという親御さんが多くなりましたけれど、M.A.P.は大丈夫。これだけたくさんの仲間が顔を出しているブログ、その中にはそれなりに有名な方や強い方々もたくさん、そこでなにか良からぬことを考える人なんて、きっといません。

今日はお兄ちゃんたちも一緒。
null
「この顔は明らかにあのオヤジの子供だな」と高山正樹氏は言います。はるのちゃんたちのお父さんは照明さんです。舞台監督もやります。
舞台のスタッフ業界も、今度の震災で大変です。中止、中止、キャンセル、キャンセル。被災地での公演や停電や余震なら仕方ないけど、「こんな時にそんなことを」みたいな自粛を迫る御節介な圧力だけはどうか御勘弁。

「ボクたちだって生きていかなきゃならないんだぜい」

子供たちのために、がんばって働く母です。
null

仕事を終えて、所ジョージさんお薦めのお店“錦菜館”に、両親と食事に行きました。
null
今月は、私と義母の誕生月だから、お祝いしたのです。自粛、しなくてもいいですよねえ。
(宇夫方路)

※この記事は宇夫方女史が撮影した画像をネタに高山正樹が捏造したものです。

tag: MAPの人  松原通_中華.錦菜館  地図の仕事 

地震発生から2週間目(暫定記事)

《3月24日(木)》
東北地方太平洋沖地震発生から13日目……
宇夫方女史と林香さん。
null
香さんは元々M.A.P.の仕事のお手伝いをしてくださっていました。旦那さんの仕事の都合で、しばらく夫婦の故郷、福岡に住んでいたのですが、また東京に戻ってきて、M.A.P.に復活してくれました。子ども4人の母親です。時々末っ子の、はるのちゃんを連れて来るんです。はるのちゃんは事務所のアイドルです。

「でもねえ……、なんでよりによってこんな時に来ちゃったんだろうなあ……」

夜。

宇夫方女史は厚木カルチャーです。
 ⇒琉球舞踊の専用ブログ

高山正樹は市民劇の稽古です。
null
本件については後日。

帰り道。
null null
それも後日……。



tag: 「枡形城落日の舞い」  MAPの人 

今年初めての“酒菜”

昨日、懐かしい男から電話があった。
宇夫方女史に電話をしたら「すぐ来てもらって」という。
そして今日。頼もしい助っ人である。

だから、今年初めての“酒菜”
null

「親父さんとおふくろさん、元気か」
「去年、ふたりとも死んじまったよ。三年間おれが介護してたんだよ、あにい」
俺のことを「あにい」と呼ぶ。年の差ひとつが天地を分ける、やんちゃな世界の住人だった。

くわい。慈悲深い姑(慈姑)と書く。
クワイ

tag: 沖縄_泡盛.請福  MAPの人  地図の仕事  喜多見_居酒屋.酒菜 

株式会社M.A.P.おつかれさま会

株式会社M.A.P.の本業は地図関連の仕事である。調査とか、校正とか。しかし、M.A.P.after5では、それことについては殆ど触れない。after5なのだから、といえばそれまでなのだが、after5に「地図」が存在しないのは、きっとすごく残念なことなのだ。外部には漏らすことのできないでっかいプロジェクトが進行しているというのならいいのだが。

不景気の風は、ここにも吹いている。
社員だけでの、ささやかな忘年会。

魯園菜館にて。
本業について申し上げることは何もない。ならばあとは喜多見情報の取材。

この日の魯園菜館はとっても空いていました。

忘年会で混んでいてもよさそうなのにさっぱり。どうしてなのかな。この魯園菜館は、中国人だけでやっている。
このお店、日本に帰化したというマスター(日本名中原さん)が、店に出ているといないでは大違いなのである。何がどうだというわけではないのだが、マスターがいると店の雰囲気がキリっとして気持ちがよくなる。
オープンしたての頃、日本語が達者なとても明るくてかわいい女の子がいた。その頃は、彼女がマスターの役割を十分果たしていた。学生だったのだろうか、いつしか彼女はいなくなった。

最近、なかなかマスターを見かけない。料理の味がマスターが作るのと違う人が作るのでは全く違うという魯園菜館についてのコメントを、ネットで読んだこともある。そんなこんなで、なんとなくお客さんが遠ざかっているのではないか。そうでないことを願うのだが。

それにしても、やっぱりサーモスタットで暖房が入る度に照明が暗くなるのはいただけない。もしずっとマスターが詰めていれば、もうとっくに直っているような気もする。

今の魯園菜館は、マスターがいないと、塩味控えめにという注文も通じない。

そういえば魯園菜館の料理をきちんと紹介したことがない。そう思って撮影したのだが、照明が時々暗くなる所為か、ホワイトバランスを間違えたのか、ヘタレな画像ばかり。きっと来年、カメラマン白石准を連れてくることになりそうなので、本日は予告、小さめな画像をコメントなしにズラッと並べて終わりにしよう。
焼きビーフン きゅうりのサラダ 海老餃子 卵とトマト、中国の家庭料理 チンジャオロースー でっかい芝海老の唐揚 腸詰 ピータン レタスのサラダ

今日はマスターがいた。そしてた餃子をサービスしてくれた。
魯園菜館の餃子
マスターがいなければありえないこと。料理の味は、味そのものだけが決めるものではない。だからM.A.P.after5は人を書く。このマスターがいる限り、僕はここの料理をあきらめることはしない。
断言する。この値段で食べられる中華料理としては、最上級である。全ての料理を食べたわけではないのだが。
(文責:高山正樹)

tag: 喜多見_中華.魯園菜館  地図の仕事  MAPの人 

もう少し《コンケン・アイの営業情報》【鳥肌が立つburugiidaci】

本部から見えた今日の富士山。
null
頂に雪が被っている。もう少し空気がキンとなって、鳥肌立つくらいになれば、きっともっと鮮やかに見えるんだろうな。
 ⇒2008年12月28日の富士
 ⇒2010年2月4日の富士
 ⇒2010年9月7日の富士

 ↓(何日か前の昼間のコンケン・アイ)
null

現在休業中のコンケン・アイの親父さんから留守電が入っていた。
「15日から20日、営業します。一日でもいいから来て下さい」

奥さんは店に出るのかなあ。タイ料理は食べられるのかなあ。
奥さんが退院したというハナシは聞いていた。でもまだまだらしい。足の傷からばい菌が入ったのだとか。でもきっともう少し、完全復活を待っています。
もちろん奥さんがまだ出ていらっしゃらなくても、必ず一度は伺いますとも。


健康ゲームは食べ物ばかりではない。
10kgのダンベル
もう少し、がんばらなっちゃ……
バランスボールに座る渋谷保幸
もう少し、もう少し……
[subcate.健康ゲーム]
次の記事へ

続きを読む

tag: MAPの人  健康ゲーム  MAP琉球舞踊教室  金城多美子  松原通_居酒屋.コンケン・アイ  富士山  うちなーぐち  旧友 

夜の事務所に戻って

ちょっとしたミステリー。
持田と宇夫方、見守る上地。
持田明美と宇夫方路、見守るのは上地さん
間もなく……

三線教室が終わって、今しがた事務所に戻ってきました。もう誰もいない。

渋谷保幸の椅子。
バランスボール
渋谷保幸的健康ゲーム。
ちょっと借りてみた。これじゃあ居眠りができないな。

どうやら腹が空いている。
時計を見た。午後10時過ぎ……

tag: MAP三線教室  MAPの人  #上地さん  持田明美 

沖縄創作料理居酒屋“ぱなり場”

昨日書いた記事の続きです。
29日の午後8時半。高山正樹が事務所を出発した頃、宇夫方路は下北沢の本多劇場で観世さんの芝居を観ていました。

劇団岸野組 二十周年記念公演
良縁奇縁腐れ縁
作:観世桂男
演出:岸野幸正

終演後のロビーにて。
大倉正章さん
大倉正章さんです。
ある時はM.A.P.の調査員。
またある時はアニメの声優。

お芝居については、そのうち宇夫方女史が書きます。きっと。たぶん。もしかすると。

その後、諸々チラシを置いてもらうために、お店を物色。
こんなお店に入ってみることにしました。
“ぱなり場”の看板
沖縄創作料理居酒屋“ぱなり場”、「ぱなりば」とは離れた場所という意味。何から離れているのかは不明。
シーサー君がお出迎え。
足拭きマットとシーサーの置物

ちょいと資料が足りないので、この後は後日執筆します。
とりあえず画像だけ。
冷や奴 にんじんしりしりー ひらやーちー 店長とアルバイト君

tag: シーサー  ひらやーちー  島豆腐  にんじんしりしりー  沖縄居酒屋.ぱなり場  MAPの人  大倉正章  観世桂男 

イニシャルトークで連想ゲーム

Hさんが福岡に引っ越したのはちょうどこのM.A.P.after5を始めた頃。そのHさんが戻ってきました。
null
ドMのUちゃんが「ウッシッシ」とたいそう喜んでいます。SっぽいUさんも「ウブブ」とやっぱり喜んでいます。あ、どっちもUだ。ああ、どっちもMUだ。UさんはSっぽいけどMUなのだ。
ちなみにHさんはというと、ドSだと、ドMのUちゃんは思っています。

すいません。目一杯内輪話で。だって戻ってきてくれるって、うれしいからね。

UはUターンのU。「うれしい」のU!

明日は立川での朗読会本番。いまだ最終の台本原稿を決めかねています。今日も明日も別件の予定が詰まっていて時間があんまりありません。結局本番は練習なしのブッツケかな。でも、朗読はそのほうがいい場合が結構ある。こんなこというと、目くじら立てて怒る朗読好きのOBさま方もいらっしゃるのですがね。そのうち「即興のおもしろさ、即興の極意」なんて論文でも書いてみようかな。

今晩は沖縄語を話す会でHMさんが来ます。というわけで急いで過去の記事を一個アップしました。
 ⇒でっかいシーサーはいずこ?(7/24)
  null

おっと、もうすぐ博多のTさんが事務所に来る時間です。タモリのお友達。
そういえば、今年の夏は、とうとうお友達のヤモリくん、やって来なかったなあ……
 ⇒最後に会ったお友達のヤモリくん

なんにしろ、ヤモリだってタモリだって、牛だって馬だって、ハンサムだってハヤシだって、チョロキューだってトミキューだって、なんだってやって来るってのはうれしいのものなのです。

明日の朗読会、どのくらいお客さん来るかしらん。

tag: ゆんたくの会  朗読  MAPの人  #とみ久さん  ハンサム・マーキー