自粛は御勘弁です

《4月2日(土)-4》
東日本大震災から22日目の喜多見の夜……
うぶかたです。自分の稽古が終わって事務所に戻って仕事です。
林香さんもいます。今日は、はるのちゃんも一緒です。
null

近頃、お子さまの顔をインターネットに載せるなんて絶対ダメという親御さんが多くなりましたけれど、M.A.P.は大丈夫。これだけたくさんの仲間が顔を出しているブログ、その中にはそれなりに有名な方や強い方々もたくさん、そこでなにか良からぬことを考える人なんて、きっといません。

今日はお兄ちゃんたちも一緒。
null
「この顔は明らかにあのオヤジの子供だな」と高山正樹氏は言います。はるのちゃんたちのお父さんは照明さんです。舞台監督もやります。
舞台のスタッフ業界も、今度の震災で大変です。中止、中止、キャンセル、キャンセル。被災地での公演や停電や余震なら仕方ないけど、「こんな時にそんなことを」みたいな自粛を迫る御節介な圧力だけはどうか御勘弁。

「ボクたちだって生きていかなきゃならないんだぜい」

子供たちのために、がんばって働く母です。
null

仕事を終えて、所ジョージさんお薦めのお店“錦菜館”に、両親と食事に行きました。
null
今月は、私と義母の誕生月だから、お祝いしたのです。自粛、しなくてもいいですよねえ。
(宇夫方路)

※この記事は宇夫方女史が撮影した画像をネタに高山正樹が捏造したものです。

tag: MAPの人  松原通_中華.錦菜館  地図の仕事 

今年初めての“酒菜”

昨日、懐かしい男から電話があった。
宇夫方女史に電話をしたら「すぐ来てもらって」という。
そして今日。頼もしい助っ人である。

だから、今年初めての“酒菜”
null

「親父さんとおふくろさん、元気か」
「去年、ふたりとも死んじまったよ。三年間おれが介護してたんだよ、あにい」
俺のことを「あにい」と呼ぶ。年の差ひとつが天地を分ける、やんちゃな世界の住人だった。

くわい。慈悲深い姑(慈姑)と書く。
クワイ

tag: 沖縄_泡盛.請福  MAPの人  地図の仕事  喜多見_居酒屋.酒菜 

株式会社M.A.P.おつかれさま会

株式会社M.A.P.の本業は地図関連の仕事である。調査とか、校正とか。しかし、M.A.P.after5では、それことについては殆ど触れない。after5なのだから、といえばそれまでなのだが、after5に「地図」が存在しないのは、きっとすごく残念なことなのだ。外部には漏らすことのできないでっかいプロジェクトが進行しているというのならいいのだが。

不景気の風は、ここにも吹いている。
社員だけでの、ささやかな忘年会。

魯園菜館にて。
本業について申し上げることは何もない。ならばあとは喜多見情報の取材。

この日の魯園菜館はとっても空いていました。

忘年会で混んでいてもよさそうなのにさっぱり。どうしてなのかな。この魯園菜館は、中国人だけでやっている。
このお店、日本に帰化したというマスター(日本名中原さん)が、店に出ているといないでは大違いなのである。何がどうだというわけではないのだが、マスターがいると店の雰囲気がキリっとして気持ちがよくなる。
オープンしたての頃、日本語が達者なとても明るくてかわいい女の子がいた。その頃は、彼女がマスターの役割を十分果たしていた。学生だったのだろうか、いつしか彼女はいなくなった。

最近、なかなかマスターを見かけない。料理の味がマスターが作るのと違う人が作るのでは全く違うという魯園菜館についてのコメントを、ネットで読んだこともある。そんなこんなで、なんとなくお客さんが遠ざかっているのではないか。そうでないことを願うのだが。

それにしても、やっぱりサーモスタットで暖房が入る度に照明が暗くなるのはいただけない。もしずっとマスターが詰めていれば、もうとっくに直っているような気もする。

今の魯園菜館は、マスターがいないと、塩味控えめにという注文も通じない。

そういえば魯園菜館の料理をきちんと紹介したことがない。そう思って撮影したのだが、照明が時々暗くなる所為か、ホワイトバランスを間違えたのか、ヘタレな画像ばかり。きっと来年、カメラマン白石准を連れてくることになりそうなので、本日は予告、小さめな画像をコメントなしにズラッと並べて終わりにしよう。
焼きビーフン きゅうりのサラダ 海老餃子 卵とトマト、中国の家庭料理 チンジャオロースー でっかい芝海老の唐揚 腸詰 ピータン レタスのサラダ

今日はマスターがいた。そしてた餃子をサービスしてくれた。
魯園菜館の餃子
マスターがいなければありえないこと。料理の味は、味そのものだけが決めるものではない。だからM.A.P.after5は人を書く。このマスターがいる限り、僕はここの料理をあきらめることはしない。
断言する。この値段で食べられる中華料理としては、最上級である。全ての料理を食べたわけではないのだが。
(文責:高山正樹)

tag: 喜多見_中華.魯園菜館  地図の仕事  MAPの人 

秋なのに、なんだか騒がしい

朝食はM.A.P.プラントで育てたゴーヤー。
ゴーヤーのスライス
自分で言うのもなんだが、なかなか味が濃くて美味い。
それから沖縄産のもずく。
もずく
あとは納豆。なかなか健康的。

わがM.A.P.プラントは、もうすっかり秋の様相。
黄色くなったゴーヤーの葉 黄色くなったゴーヤーの葉その2

新しい雌花は見当たらないが、ゴーヤーたちは頑張っている。
26日の身体測定(右の小さな画像)と比較してみましょ。
ゴーヤー1 26日のゴーヤー1
ゴーヤー2 26日のゴーヤー2
ゴーヤー3 26日のゴーヤー3
ゴーヤー4 26日のゴーヤー4
ゴーヤー5 26日のゴーヤー5
ゴーヤー6 26日のゴーヤー6
大きくなっているのかどうか、微妙な感じですなあ。

そして新たにみつけたチビ。
ゴーヤー7はチビゴーヤー
最初のゴーヤーから見る
しあさってのゴーヤーへ

今日は“FMつやま”の「山猫合奏団 東京ニャイト倶楽部」第4回のためのナレーション録音をしました。その音声データを、編集担当の大島純君が取りに来ました。

事務所にはたくさんの人たち。
事務所の人たち
どこかで見たお顔も……
どこかで見たお顔

高山正樹は、昨日の記事を書きました。
 ⇒経堂散策の記(9/29)
  29日の画像


奥の部屋では山猫合奏団専属カメラマンに就任した白石准が、なにやら作業をしています。
奥の部屋の白石准
ああそうだ。白石カメラマンは、昨日、喜多見の花屋さんの姫リンゴを撮影したようです。
 ⇒http://juninho.blog16.fc2.com…

秋なのに、なんだかザワザワしています。

山猫合奏団でも、ツイッターを始めてみました。
(2015/3/11に貼り付け)


【高山正樹が呟いたこと……】
20:43
たった今やってる日テレの番組。「敵役」を「てきやく」とナレーターが読んだ。たくさんのタレントも出ている。クボジュンとかいう元NHKのアナウンサーもいる。だーれも気づかずにスルーして放映。最低。

tag: MAPの人  こんな人あんな人_舞台関係者.渡邉禎史  こんな人あんな人_音楽家たち.白石准  こんな人あんな人_音楽家たち.桃原健一  ゴーヤー栽培記.2010年  健康ゲーム  沖縄_沖縄的食物.ゴーヤー  沖縄_沖縄的食物.スヌイ  地図の仕事  山猫合奏団 

~としては間違っている

今日も稽古。

米国最大の先物取引所であるシカゴ・マーカンタイル取引所の名誉会長レオ・メラメド氏は、杉原千畝の発給したビザで生き延びた。彼は来日した際、こう言って同盟国日本を評価した。 
「日本政府がルールを曲げてアメリカのタリバン攻撃を支援したことは、杉原千畝が当時の外務省の指示に背いてユダヤ人にビザを発給したことに通じる」

何度でも言う。杉原千畝の「美談」に興味はない。
例えば、「八紘一宇」「日猶同祖論」「世界のユダヤ人ネットワークによる日本戦時国債の引き受け」、千畝の判断と外務省に根本的な対立があったわけではないとも言えるのだ。ドイツと同盟関係にありながら、日本は何故「ユダヤ」を差別しなかったのか、大東亜戦争を肯定するのに、格好な材料になり得る話ではないか。
戦後、日本の外務省は杉原千畝を解雇し、その理由を(たぶんキャリアではなかったというだけの理由を)明らかにしないまま、彼の業績を抹殺し続けた。千畝の死後、平成になってようやく外務省はこれまでの非礼を家族に謝罪するのだが、そのきっかけを作ったのが、かの鈴木宗男氏である。

舞台で、僕はこんな台詞を語らねばならないのだ。
「人間としては間違っていなかったと思うよ」
この千畝に言葉に、全く嘘はないだろう。僕はあの状況下での杉原千畝氏の決断とその行為を強烈に支持し、彼ならではの偉業に最大限の敬意を払う。だが今の僕は、次の言葉の方がずっと気にかかるのだ。
「外交官としては間違っていたのかもしれないな」
同意しているわけではない。ただ、「美談」を持ち出して簡単に切り捨てることができるほど単純ではないと言いたいだけだ。
佐藤優氏は、鈴木宗男氏の右腕として外務省で働いていた。

今日も稽古。もうすぐ傀儡となって美談に加担する。時に僕は、自分が役者であることを、極度に嫌悪するのである。
(文責:高山正樹)
[cate.ユダヤ]

語りすぎました。
「会社のブログとしては間違っているのかもしれないな」

今日、徹ちゃんが会社の事務所に、こんなお土産を持ってきてくれました。
20100826-omiya.JPG
どうぞ、ほんわかと、口直しにしてください。
 ⇒一年前に徹ちゃんが書いた地図

tag: ユダヤとイスラエル  六千人の命のビザ  地図の仕事  MAPの人 

写真は何を写すのか

稽古を終えて、喜多見に戻って…

沖縄帰りのカメラマンふたり。
KYOKOさんと五味さんです。
KYOKOさん 五味さん

ふたりともよく焼けている。
「沖縄帰り」というのは、ちょっと違うな。このふたりにとっての「沖縄」は、宮古だったり石垣だったり、あるいは竹富だったり波照間だったり。五味さんにいたっては、何べんも沖縄に行っているのに、本島上陸経験なしなのですから。

五味さん曰く、「KYOKOさんは沖縄に行くべき人」。
沖縄の中に、自分の存在の全てを捧げるかのようなKYOKOさんと、それを冷静に分析する五味さん。同じ被写体を、一人はその内部から、今一人は冷徹な目を持って外から、そのようして別途に撮られた写真を、後から合体させるような企画、おもしろいと思うんだけどな。

おふたりの作品がPOST CARDになって、間もなく楽天市場沖縄mapにお目見えする予定。その写真を通して、私たちのまだ知らない「沖縄」に出会えることを、とても楽しみにしています。

“PHOTO”というカテゴリを作りました。
http://lince.jp/okinawamap/monodukuri/photo

このところ、五味さんには、楽天市場沖縄mapの商品写真などを撮影していただいたりして、大変お世話になっています。西岡美幸さんのシーサーの写真も、五味さんが素敵に撮ってくださいました。
楽天市場沖縄map“シーサー”のページ

また、今日は、宇夫方路の琉球舞踊教室の練習風景の写真をおふたりで撮影してくださったのです。感謝感謝です。

だから、今日は、みんなで“ふくや”へ。
null
生徒さんの金城さんも一緒です。
null
今度、金城さんの手料理を頂くことになりました。楽しみだな。

今日も気がつけば11時。
null


【KYOKOさんから届いたこの日の画像】
高山正樹

宇夫方路

tag: MAPの人  喜多見_居酒屋.ふくや  #金城多美子  沖縄_MAP販売商品.  #C・W・KYOKO  #五味正伸 

奏楽舎リハ写真館

【深川江戸資料館公演リハーサル風景写真館】
(〜内田英介氏より届いた画像による)

null null null null null null null null null null null null null null null null null null null

tag: 三笑亭夢丸  菅野恵子  東京奏楽舎  大島純  桃原健一  MAPの人 

17+4

21人の会議のあと…
null

こんなに集まるのは久しぶりでした。
というよりも、こんなに集まってくださることに感謝です。

来季に向けて。
準備は怠りなく、と思うのですが…

null

tag: 地図の仕事  MAPの人 

三笑亭夢丸新江戸噺with東京奏楽舎“小桜”in門仲天井ホール

《正確に刻まれた時が響いた》
~門前仲町、門仲天井ホールにて~

一刻一刻は、すべて同じ重さ。
null

null

null

パルティータ ト短調 BWV1013より
null

無伴奏チェロ組曲第1番 BWV1007より
null

インベンションより 1番、14番
null

ソナタ ト短調 BWV1020
null

“小桜”
null

null

null

null

たくさんの皆様にご来場いただき、好評のうちに、無事に「三笑亭夢丸新江戸噺with東京奏楽舎」を船出をすることができました。ありがとうございました。
Official_Siteのページへ

三笑亭夢丸新江戸噺with東京奏楽舎“小桜”版は、今後暫く、前半バッハというスタイルを続けていくことにいたしました。折り目正しく、律儀に。
「なぜバッハなのか」のことへ
だから、次回からは司会もタキシードで。

次回5月20日(水)深川江戸資料館“夢のかけら”版については、ガラッと変わった企画でお送りする予定。内容が決定次第お知らせいたします。

続きを読む

tag: 門仲天井ホール  東京奏楽舎  三笑亭夢丸  裏へ  旧友  MAPの人 

楽天ショップのワークショップ

こんにちは。新入社員の上原です。
頑固者です(自己申告)。

ただいま楽天ショップのオープン準備を担当しています。
今日、そのワークショップに参加してきました。

今回はそのレポートです。

開催場所は「楽天タワー」。
ネーミングにつっこみたい衝動をこらえつつ、電車で向かうこと1時間。
途中で品川駅という名の迷宮に挑み、見事に乗り換えを間違えましたが、なんとか時間通りに着くことができました。
ワークショップでは生徒が20人程で、30代40代の方が多かったように感じました。
教室の中では私が一番若かったように思います。
楽天のかたが、私にときたまタメ口を使うのを流しつつ、ページ編集の際に疑問だった箇所を質問し、解決することができました。
ワークショップは3時間で終わりましたが、編集の感覚をつかむ事が出来た良い機会だったと思います。

そんな感じのワークショップレポートでしたー。

文章を書くのは苦手です(自己申告2回目)。
(担当:上原)

tag: MAPの人  楽天市場  内地在住ウチナーンチュ