そして大和市民祭りから一週間後は…
濱田ひろみ琉球舞踊研究所発表会
日時:5月21日(日)14時半開場 15時開演
会場:高輪区民センター
(区民ホール)

    地下鉄南北線・三田線「白金高輪駅」1番出口直結
料金:2,000円

今まで何度も我々のイベントに出演して協力してくださっている濱田ひろみ先生のお教室の記念すべき第1回の発表会に、ウチの生徒さんたちが“四つ竹”で出演します。
おめでとうございます!ですね。

濱田ひろみ琉球舞踊研究所発表会1
濱田ひろみ琉球舞踊研究所発表会2

四つ竹の地謡さんは、安冨祖流の山川さんの研究所じゃなくて、野村流保存会の寺本さやか先生の研究所だそうです。

今日もプレイベントのチラシ作った!

今日もプレイベントの単独チラシ作った!



新大久保の琉球フェスティバルに折り込みに行った。

そして告知記事にも貼り付けてみた。

プレイベントのチラシ作った!

プレイベントの単独チラシ作った!



そして告知記事に貼り付けてみた。

雨のシアターグリーン

シアターグリーン。
雨のシアターグリーン

BIG TREE THEATERでは「イルクーツク物語」
客演のふたり、俳優座の渡辺聡君と劇団昴の舞山裕子が主演。
となりのとなりの、やはりシアターグリーンのBOX IN BOXで「沖縄の火種」に出演中の宇夫方路がやってきたので、三人で記念撮影。
主役のふたりと

宇夫方女史は、地図の仕事をやるために、とっとと狛江に帰りました。

というワケで僕は…
舞山裕子と

申し訳ございません。いけない代表取締役です。だって、最近ボク地図の仕事やってないから、帰ったって役に立たないんだもん…

帰りま〜す!
帰ります

tag: こんな人あんな人_役者さん.舞山裕子 

徹頭徹尾反対なのです

近頃、ツイッターもFacebookも、表も裏も何もかもごちゃごちゃになってきた。
そこで、珍しくここ数日FBに垂れ流した言葉を、ここに転記しておくことにしました。

いずれ仕上げます。

《7月14日》
自分のTLに並ぶ能天気な自分の顔を眺めています。
40年近く物申し続けてきたけれど、このFBのTLでは、そいつは封印すると決めていました。でもねえ…
安倍晋三氏の考え方を支持するか否かはともかくとして、彼の発言が論理的だという方がいらっしゃれば、是非とも会ってお話したいのですが。
強行採決でこの国が死ぬ前に。 

《7月15日》
計算しているんですけどね。僕のFB友達なんですが、東京に比較的近いところにお住まいの方は、およそ500人くらいはいらっしゃると思うのです。どうやらそのうちの少なくとも30人くらいは本日、国会あたりに行っているみたい。つまり僕のFB友達の6%です。これってすごい率ですよね。デモに行かないような人とは「友達」にならないなんて選択は、決してしていないんですよ、むしろ違う考えの方こそと積極的に繋がろうとしているくらいです。それでこの確率だからすごい。
しかし、よく考えてみると、です。
もし僕のFB友達が一般的平均的な方々なら、東京から比較的近いところの総人口が1500万人くらいだとして、本日国会前に、その6%の90万人くらいは集まっていいだろうって計算になる訳ですが、さてどうでしょう、今どのくらいの方が国会周辺にいるのだろうか、きっと6万人もいたら大したもんですよねえ。
ということはつまり、です。
僕のFB友達と同じ傾向の100万人の集団があれば、6万人の方が集まるわけで、ふむ、なるほど、ということはつまり、僕のFB友達の傾向は、僕が思っていた以上に偏った集合なんだってことになる。
すると、僕のなじみ深い100万人の世界のその背後に、全く僕の窺い知らない1400万人の世界、一人も国会前に行かないという傾向の1400万人の集団があるんだと思って、なんだか呆然としているのです。
だってさあ、今日、東京近辺のプロ野球の試合に何人のお客さんが入っているのか知りませんが、やっぱり何万人という数ですよね。僕のFB友達で、本日球場に出掛けて行っている人って、何人いるんだろう。いたとしてもきっと数人ですもん。
僕の計算、なんか間違ってますか?
なにか変ですかねえ。
ああ、こんなくだらないこと考えるてるくらいなら、国会前から帰って来なきゃ良かった、かな…

《そして今日…》
徹頭徹尾反対です。そうなんですがね、その理由も、そこにいたる道程も、そう単純ではない。愛だとか平和だとか、どうもそんな美しい概念とは全く違うものが僕の黒い心の底に沈殿しているのです。
なんというかな、究極のエゴというか。
例えば、「てめえたちが幸せになってくんなきゃ、俺が気持ちよく枕高くして眠れねえんだよ」みたいな。
なんたってへそ曲がりですから。
元来、組織(国家)とその構成員(市民)の間に親和性なんてないと思い込んでいます。たまに利害が一致することがあっても、それは決して組織の側が構成員のことを無条件に慮っての結果ではないと確信しています。
間違いなく個のエゴは全体を壊死させるベクトルを持っている。そのことを絶望的に自覚しながらもエゴを貫く、みたいな。
あえてカテゴライズするなら、アナーキストです。
近頃、「食われる快楽」というようなことを考えています。それこそがこの地球に於ける生物の神秘を解明する唯一の糸口ではないか、なんて、ひとり悦に入って思索していたりするのです。
「人間、たまに熊に食われるくらいがちょうどいい」なんて文章を、どっかで読みました。誰の文章だっけなあ。食われた個は、それで一巻の終わりなんですけどね。
なんだかねえ、我々のためとか、誰々のためとかいうと、たいがい間違うんですよね、経験上。
いやいや、いつまでもダラダラと書き続けそうなので、とっととやめます。すんません。こうなるから、僕、この手の話はなるべく封印してきたのです。なんたって、こんなミョウチクリンですから。
でも、というか、だから、というか、こいつはごく一部の理由ですけれど、徹頭徹尾反対なのです。

2015年の5月15日に一番近い日曜日【南灯寮のエイサーの日】

tag: 喜多見_南灯寮   

丸木美術館にて

丸木美術館で、唯一煙草が吸えるのは美術館の裏の隅にて…
※一部不適切な発言もありますが、もう50年も前の事ゆえ、どうが暖かい心でお許しください(笑)

tag: 金城実 

お登紀さんが狛江にやって来た

※2016年元旦に暫定投稿


次の日、Facebookにコメントした…

お登紀さんのコンサートに行くまで、僕は彼女の魅力を知らなかったらしい。悪い言い方をすれば、人に何かを伝えたいがため、人寄せパンダになって頂こう!くらいに考えていたのです。そのスケベ心は今もないと言えば嘘になりますが、お登紀さんは、そんなこと十分に分かった上で、ホントに自然に接してくれる。今回のステージを見ていて、妙な感覚ですが、あらためてそのことを思い知らされた。

原発やその他、色々とあちこちで発信しているお登紀さんですが、そのこととは全く関係のない魅力がステージに立つお登紀さんにはある、是非一度、加藤登紀子コンサートに足を運んでみて下さいと言いたい。心からお勧めです。

俺も、年取ったのかな…

tag: こんな人あんな人_歌を歌う人.加藤登紀子 

初日(暫定)

老人と海。びっくり超満員!
「老人と海」から

予約1名だったのに。嬉しい誤算。新聞の影響?
しかし、これからが心配になってきた。5人予約だと100人が押し掛ける? んな馬鹿な、ねえ。

毎度のことだが、この緊張感は役者の出番前とは異質。むしろ自分でどうにもならない分、辛くて大きい。

J:COMが生中継に来た!寝起きドッキリ風。実行委員長の高山正樹と、事務局の宇夫方路が出演。夜には、再放送もあるらしい。
ほどなく早速、youTubeにアップされた。
12分半くらいまで早送りしてご覧あれ。21分半くらいまで、たっぷり。しゃもじのたーにーも出てますよん。


14時。さあ、ライブプログラムの初っ端は「龍郷のアラセツ」+YAHISAさん。映画なら少ない観客も仕方ないと諦めつくが、わざわざ出演者に来て頂いてお客様数人では身が縮こまる。さて…

YAHISA初ライブ


19時からはGOTA会場の幕開け。自転車で駆けつける。すると…
ほぼ満員
GOTA❗️
まだ、上映20分前だというのにほぼ満員。安堵。

鮪の会…

この日、Facebookに、こんな投稿をした。

鮪の会。
狛江周辺、映画監督列伝。

岡本明久、佐藤重直、根本順善…
鮪の会1

鈴木健介…
鮪の会2

坂下正尚…
鮪の会3

すると、ある方が珍しくこんなコメントをしてくださった。
「きゃあ、すごいメンバー。鈴木健介監督には俵万智さんが案内役をした「ガンガー」の上映会(俵万智さんを呼んでエコルマで上映会をしました)でお世話になりました。懐かしいで〜す」

月に一度の日活映画監督OB会。といっても、いらっしゃるのは日活とも監督とも限らず、東映もいればカメラマンも来るという緩〜い会。

実は小生、ある思惑があって、この日この秘密っぽい会合にお邪魔した。
しかしその思惑は未だ実現の糸口も見えず…
ところがである。この時はお名前も紹介しなかった若いご夫妻(三枚目の正面に写っている、ちょっと詰まらなそうに?しているカップル)と、まさかこんな展開になろうとは、この時は思いも寄らなかったのであった…
(6月19日に記す…)