FC2ブログ

市民劇多摩シリーズを終えて【琉舞公演広報活動その1】

《5月10日(火)》
東日本大震災から60日目……

【この日呟いたこと】

18:27
詰まらない人生だというポーズ。もう何も語るな!作るな!今からオヤジの顔を見に行く。

20:57
汚染されている魚が市場に並んでいるかもしれないけれど、政府が隠している放射性物質が雨に混ざっているかもしれないけれど、それでも京都にいる娘に、病院にいるおじいさんの顔を見に帰って来いと連絡することにした。



まだ市民劇は終わったわけではないのだけれど、M.A.P.芸能部として次に向かうべきは6月4日の宇夫方路初公演である。

宣伝活動報告その1。

宇夫方女史が琉球舞踊の稽古が終わるのを待って、夜10時半、登戸の“忠兵衛”へ。

え?何故市民劇のカテゴリなのかって?
それはね……

小生のカミサンは、沖縄出身のおばさんたちと“ちゅらさん会”というなんともあつかましい名前の集まりを時々やっているらしく、昨日はワイワイと市民劇を観たあと、その“ちゅらさん会”を“忠兵衛”でやったらしい。考えただけで何だか怖ろしい。その様子を、ちょいと探ってみたいということあったわけで。

もうひとつ、市民劇の演出助手の丸尾聡氏が“忠兵衛”の近所に住んでいるので、ちょっと一杯付き合ってもらったのである。なにしろ、ここのつまみは二人では少し量が多い。

マーミナーチャンプルー。
null
今日もゴーヤーの酢の物。
null

何だか知らないが市民劇の評判がいい。それは何故か、というハナシ。プロのスタッフのハナシ。
それについては市民劇の暫定記事を順番に仕上げていく中で後日お話しましょう。

さて一番重要な琉舞公演の宣伝。
パンフレットに“忠兵衛”さんが広告を載せてくださることになりました。感謝感謝です。

tag: 「枡形城落日の舞い」  沖縄居酒屋.忠兵衛(登戸) 

地震後の銀座

《3月18日(金)》
東北地方太平洋沖地震発生から一週間……
爪が割れた。
null
何かが狂っているらしい。

昼は丸屋へ。
節電中。
null
健康ゲームなんかクソ食らえ、というより、なんだか栄養をつけたほうがいいような気がしてきて、セットメニューを注文したりして。
null
食べ過ぎて後悔して。

そのまま駒込のJumboの事務所へ向かう。
 ⇒Jumboのホームページ
 ⇒高山正樹のボイスサンプル
null
某有名外車の新車発表フェア開催のTVCMのナレーションの仕事。でも、そんな催し、たぶん中止だろう。たとえ中止にならなくても、TVのコマーシャルはないだろう、と思いつつ。

その頃、宇夫方路は6月4日の舞台の後援依頼の件で、銀座に行っていた。去年の6月以来の銀座広報活動である。

まず琉球新報。東京支社長の糸数淳さんと記念撮影。
null
こういうのが大事なんです、ハイ。

MCの仕事を終えて小生も合流。有楽町の交通会館の中にある沖縄コンベンションビューローへ。
なんと、先日の地震で壁に亀裂が入ったとのこと。
null null

自動販売機の水は、すべて売り切れ。
null

交通会館の2階には東京都の旅券課の分室がある。パスポートを申請する人で大行列ができていた。
null null
行列は地下まで続いていた。
null
おいおいと思ったが、この人たちがみんなすぐさま日本を離れるというわけではない。冷静に今の状況を考えれば、福島原発が今後どうなるかわからないわけで、いざという時のため、今のうちに準備しておく、それに何の問題もないはずだ。我が家だって、娘の住む京都に、家族をいったん待機させようかと考えているし、成り行き次第では沖縄へ、ということもありえると思っている。それでもパスポートまで準備する気になれないのはなぜなんだろう。

その後、沖縄タイムスの東京支社で、支社長の田口雅士さんにお会いする。
null
地震の後処理が大変なのだと伺った。

そして、同行してくださった来間加代子さんと、“いいあんべー”というお店に。
null null

食べた料理については、後日書く。

tag: #来間さん  沖縄居酒屋.いいあんべえー  喜多見_蕎麦屋.丸屋 

智内さんの地元で飲む(画像暫定アップ)

《2月25日(金)-2》

null 抱瓶のボトル

null

tag: 智内好文  沖縄居酒屋.抱瓶