fc2ブログ

ゲストへの質問を心から待っております

まずは昨日20日の夜遅くから見始めた「八月十五夜の茶屋」のことから。

宇夫方先生曰く「お笑いだからね」

なんでもかんでもジェンダーの話と絡めちまったら、その時に語られている問題から離れて浅くなる。今話題にしているのはそれじゃないと。ジェンダー問題は重要、それは分かっていても、白けるのである。冷や水をかけられ、弾んでいた会話は停滞し気分は落ちる。何より話が詰まらなくなるのが最悪。でも、言った本人はそれに気づかない。
「在日差別」は障害者に対する差別と同じとか、沖縄の基地問題は福島の原発問題と同じとか、全部に同じことが言える。

というワケで(…って、どういうワケだかよくわからないがw)、今度の火曜日の“まんちゃーひんちゃー”第98回は、この「八月十五夜の茶屋」の話をすることにした。

中秋の名月はとっくに過ぎてるのに間抜けてないかって? いやいや、現在一年かけて開催中のよんたま映画祭と大いに関係があるのだ。それにね、「八月十五夜の茶屋」の八月十五日は旧暦ではなく、新暦の8月15日、つまり終戦の日のこと。この一点でも、沖縄に対する無理解を表しているのではあるが、そのあたりも放送で話そう。

さあ、間抜けたついでに、「名月」について、ちょいと横道に逸れてみたい。
今まで、過去のブログに、いくつか「名月」について記事を書いた。
ひとつ目。
 ⇒「名月か」(2011年9月12日のブログ記事)

もうひとつ過去のブログのご紹介。上の「名月か」が中秋の名月一般の話なら、こちらの沖縄に特化した「中秋の名月」の話。
 ⇒「中秋の名月」(2018年9月24日のブログ記事)

こうして二つの表題を並べてみると、分かりにくいな。いずれ修正しよう。

さらにもうひとつ。

昨日のまんちゃーひんちゃーに、珍しくメッセージが届いた。きっとこれは、そら姐さんがスタジオの外で聞いているからである。そらぼっくり効果、そうに違いない。「芋名月」や「豆名月」のこと、知っていますか?というご質問である。

「これ、僕が答えるの?知らないよ」

こんなふうに対応するから、僕にはメッセージが来ないのである。
そこで、送ってくださった方に陳謝し、心から感謝しつつ、ご質問に対して、過去のブログを紹介することでお答えしようと思う。
 ⇒「月が美しいのは十三夜」(2017年11月1日のブログ)

でも、質問を送ってくださった方は、きっと「芋名月」のことも「豆名月」のこともよくご存じなのだろう。でなければ、「芋名月」や「豆名月」という言葉が出てくるはずもない。つまり、番組でお答えしなければいけなかったのである。

まんちゃーひんちゃーは、できるだけ皆さんがご存じのないコアな沖縄をご紹介しようと努めている。なので、それ以外の一般的?な質問は、なかなか拾いにくいのだ。そのまま横道に逸れて、肝心な沖縄の話をする時間が無くなってしまっては困る。要するに、戴いたメッセージにきちんとお答えしようとすると、どうしても話が膨らんで時間が無くなる。でもそれはボクの責任、うまいこといい塩梅の対処ができない小生の能力、というか悪い性癖なのであり、それが自分でも分かっているからこそ触らぬ神(メッセージ)に祟りなし、そうするしかないのですと、弁解させていただきたいと思う。

でも、沖縄に就いての質問なら大歓迎、沖縄のことならば、いくらでも逸れた道を突き進む。時間が足りなくなれば、「来週に続く」にしてしまえばいいのであるから。

なので、アメラジアンである藤本朱里さんに聞きたいことがおありなら、こちらの記事を参考にしていただき、是非とも番組あてにメール等いただきたいと思っている。
 ⇒“まんちゃーひんちゃー”のご案内

でもね、当の問題を理解しているからこそ質問できるのであって、社会的問題を扱うイベントなどで、登壇者に質問といいながら、自説を繰り広げる方々とそれを嫌悪する主催者という光景をどれだけ見てきたか、これは「問う」ということの哲学的な意味と関係しているのである。
そしてもしかすると、決して質問者が悪いのではなく、質問を求める側にこそ問題があるのかもしれない。一度、そう考えてみてはいかがだろうか。例えば、問いを求める我々主催者の側が、あらかじめ色々な問いに対して、優劣を決めつけているのではないか、というふうに。

自戒を込めて。

tag: 月のこと 

久米島住民虐殺事件の日

日本のポツダム宣言受諾後の8月18日、つまり76年前の今日、久米島に配備されていた日本軍、鹿山正が率いた海軍部隊は、仲村渠明勇さんを「スパイ」だとして、妻子と共に虐殺し、その遺体もろとも家に火を放ち焼き払った。
久米島守備隊住民虐殺事件の日
那覇で捕虜になった久米島出身の仲村渠明勇さんは、自分の生まれ島(故郷)である久米島に上陸するアメリカ軍の計画を知り、自ら米軍の案内役を志願した。悲惨な戦闘を避けるため、山に隠れていた島の住民たちに投降を説得する役割を担ったのである。上陸前、彼はまず米軍に久米島が無防備であることを訴え、住民たちのいる山への艦砲射撃をやめさせた。「球美の島」と呼ばれる久米島の美しい自然は、こうして傷つけられずに残された。

沖縄で組織的な戦闘が終わった日とされる6月23日(慰霊の日)の3日後、6月26日に、米軍は久米島に無血上陸する。しかし米軍に捕まれば殺されると信じ、米軍から逃れて自死しようとする住民たち。そんな住民の多くが、明勇さんの「死ぬ必要はない、戦争は終わったんだから」という説得に応じてその命を長らえた。明勇さんは、島の人たちにとっては恩人だったのである。

そんな状況の中で、スパイとみなされ日本軍に殺された久米島のウチナーンチュは、明勇さん一家を含めて20人にのぼる…



Twitterで呟いた。
義父は久米島出身、76年前の今日、友が日本兵に殺されたんだと、生前、酔って僕に語ったのだ。

しかしホントは、「友」ではなく「親友」であり、「殺されたんだ」の前に「目の前で」というひと言があった。奥さんにも、子供たち(つまり僕の妻とその兄弟たち)にも語ったことのない話を、したたか酔って、ナイチャーの僕にだけ、知っておけと訴えかけるように語ったのである。

昨日のコマラジ、“ラジぼっくり”と“まんちゃーひんちゃー”、そのどちらかの番組でこの義父のエピソードをご紹介しようか考えていた。
まんちゃぼっくりの合間

義父がなくなったのは1989年の二月三日、今年は32年目、つまり三十三年忌であり、沖縄の慣習で「ウワイスーコー(終わり焼香=法要)」と言われ、これを境に、故人は家の守護神(祖霊)になると言われている。

大和のお盆は8月13日から16日でもう終わったが、沖縄の旧盆は20日からの三日間。その間にある昨夜の放送、久米島で仲村渠さん一家が虐殺された日がまさに昨日の8月18日、それらを考えれば、義父が酔って語った話を紹介するのに最適な日だったはずなのだ。しかし…

その久米島の重い話と、それに加えて、現代の表現者に対しての、ある「毒」を、番組のために準備していたのだが、“ラジぼっくり”が終わり、“まんちゃーひんちゃー”の放送の最中、最後まで迷いながら、結局、言の葉に乗せることができなかった。なんというか、大切な夏の日々を台無しにされている子供たちのことを話しているうちに、この日はあくまでも柔らかく、コロナの時に、このラジオという発信の場をボクが与えられていることに対する感謝だけを語ろうと思ったのである。

「本当に心底感謝しているのです」

そして、毒を認めたメモは胸ポケットの中に仕舞い込んだ。



引きこもりの夏を、少しでも応援しようと、まんちゃーひんちゃーでやった落語たち、その回を、夏休み限定で公開している。

それから「桃太郎」、続いて三本目の「風の神送り」も公開開始。

その他、巣ごもり中に楽しんでいただけそうなものを随時公開していこうと思う。


もうひとつ重要なこと。
ブログには転載しないが、そら姐さんと、実にくだらない(?)やり取りを延々とツイッターでやっていた。
※でもせっかくだからほんの一部だけ…

なんてことないやり取りのようだが、しかしこれは僕の思索にとって、極めて重要なピースだと思っているのだ。いかにして新しい人たちに伝えたいことを伝えるか、それを最も大切なことのひとつとして位置づけ、それを目指しながら、なかなか難しくてできなかったこと、そらぼっくりこと新田そらさんに、日曜日のイベントのアシスタントをお願いしたら、その「困難」を、ヒョイと乗り越えたと思った。もちろん、実際にびっくりするような広がりがあったというワケではない。しかし、どうやって今後イベントを展開していくか、光が見えた!という気がしているのだ。

新ユニット、まんちゃぼっくり❗️
まんちゃぼっくり

そういえば、まゆみちゃんのイベントに協力した時にも同じようなことを感じた。つまりそら姐さんは、まゆみちゃんに続く、このブログの重要な登場人物のひとりとなった。

このそら姐さん、僕がちょくちょく泉龍寺の読経会の話をするので、行きたいと言い出した。結構じゃないか。先週の日曜日に行く約束をしていたが、ちょっと変なものを食べて食あたり、で、残念ながらその日は断念。一昨日はイベントの日で、そらさんも僕も不参加。
一連のふざけたやり取りの後、そらさんから「日曜の泉龍寺、今度こそリベンジで伺いたいと思います!」というメッセージが来た。僕は「コロナの所為で、お経の後の座談がないかもしれません。それでもいいですかね?」と返信したら…

「勿論です!」

ちょっとうれしくなった。
とはいえ、僕らのような無信心な輩にとって、通い続けられるかどうかは、座談の楽しさにかかっているということも事実。かつて、寺子屋に子供たちが集まってきたように。
重要なのは信心? それはそうなのかもしれないが、きっと信心は、後からついてくるもの。信心が生まれなくても、それはそれ。このことはどうやら、ボクが開催するイベントと共通しているらしい。
まず、どうしたら来てもらえるのか、ということ。自治研の方々、分かって頂けるだろうか。




gajumui

僕のブログはエンディングノートなので、いちいち書いた記事をツイッターでご紹介などするのはやめようと思ったのだが、やっぱりどうしても読んでほしくなった。どうか、是非お読みください、ませ。久米島住民虐殺事件の日https://t.co/Y8HAQuuN9f
08-21 23:41

なぜどうしても読んでもらいたくなったのか。半年前の日の記事に追記した。俺は義父の思いを伝えようとしていただろうか。@bouheitai1958 さま。貴方様の久米島の記事を僕がRTした日は、義父の命日だったのです。2/3のツイートまとめ(半年たって鳥肌が立った!) https://t.co/BThlw8MR1W
08-21 23:53

tag: まんちゃーひんちゃー  名古屋奨  諸ちゃん  沖縄戦  まゆみちゃん  そらぼっくり  読経会  沖縄この日何の日 

08/16のツイートまとめ

今朝は早くから作業をされていたようで…
「昨日は早寝したからのう。休み明けはチェックするデータが少ないので楽じゃ。だが、データが少なくていいのかどうか、非常時なのに国会を開かないような国じゃからとイヤミのひとつも言いたくもなる。いったいワシはいつになったらあの世に帰れるんじゃろうか、とっとと帰るつもりじゃったのに、昨日で、二巡目のお盆が終わってしまったわい…」

【ポシャりそうな企画と、できそうな企画】
昨日イベントが終わったばかりなのに、次を考えている。しかし、ひとつ企んでいたことがダメになりそうで、そのかわりもう一つは実現しそうで。

なんだか自分で自分の首を絞めている。



《追伸》この日の、諸ちゃんとのLINEでのやり取り。
  ※語れることだけ

諸ちゃん:今 災害が来てもコマラジには対応できるチームはありません。まずは動ける人があと何人か必要かと。最初から高山さんが仰るチーム作りまで狙うと、まとめあげるのが大変。名古屋さんも相当骨をおらないと。理想としては「ソコ」と掲げてソコに向かうように動くのがいいのかなと思いますが…わかりません(笑)
  ※中略、想像してください
ボク:痛風です。なのでウチは風通しはいいです。すきま風。
諸ちゃん:換気万全ですね♪

諸ちゃん:電話なった…
ボク:間違った 「痛い」って入力しようとしたら変なとこ押した
諸ちゃん:出なくて良かった(笑)

tag: ガンバハル  コロナ  諸ちゃん 

コロナ~狛江の政治(6/28のツイートまとめ)

gajumui

ガンバハルさんの残念なお報せ。「2時間かけて入力した一昨日のデータを保存せずに消してしまいおった。もう昨日の数値に書き換わっているので、取り返しがつかんのじゃ。全部たかやまの責任、おい!聞いとるか。もうワシは後世(あの世)に帰えるぞい!」
06-28 08:34

感染者の確定数の推移を25%ズーム表示にしてスクショを撮って、そのまま保存せずに閉じた僕が悪い。その画像がこれ。説明が難しいが、縦が日付で、それぞれの日について、日を追うごとに更新された数値を横軸に並べてある。なんか変なんだ。4月から5月にかけて、10日くらい前から書き換えられている。 https://t.co/998wK0bBZh
06-28 08:38

「変異株の見本市」…昨日から考えていたことを、先にコメンテーターの○○氏に言われてしまった。どう考えても、オリンピックはやめた方がいいのだが、昨夜の狛江市の討論会(討論とは程遠い「持論」陳列合戦)での田中ともこ氏、自分で科学的検証していないのが見え見えで、あれでは逆効果。残念。
06-28 09:26

コロナのデータから何が言えるのか。シーベルトを思い起こす。シーベルトとは、放射線が人体に及ぼす影響を数値化したもの、その算出方法は極めて複雑で、核種ごとに各臓器に与える影響を、それぞれにベクレルに変数を掛けて合算するのだが、その変数の決め方によって結果が全く異なる。
06-28 09:35

現在発表されている実行再生産数の値は、報道発表の感染数で計算している。このこと自体が、任意の変数を与えているようなものなのだが、「実行…」の計算式も、平均世代時間と報告間隔という変数を、それぞれ5日と7日として算出している。でもこの変数は、株が変われば変えなければいけない…
06-28 09:40

にもかかわらず、最初の武漢株に合わせて設定された変数をいまだに使い続けている。要するに、シーベルトも実行再生産数も、事実の影を追いかけているにすぎなのである。少なくともコロナの確定感染者数を速やかに集計するシステムがあれば、もっと実態に近い分析ができるはずなのである。
06-28 09:43

もちろん保健所の業務は、感染症対策だけではなく、きわめて多岐にわたっているのだが、少なくともコロナに関してはそういう事情があるということを、田中ともこさんは科学的に理解していらっしゃるだろうか。とてもそうとは思えないのである。そういうことがあるからこそ、かつてボクは…
06-28 09:49

…ボクは彼女に話したいと申し入れたのだが断られた。話して納得がいけば応援するとも伝えていたのだが。後になって、その当時彼女と一緒に行動していた人から聞いた話、彼女は「高山の話なんて聞く必要ない」と言っていたらしい。もし違うのなら是非ご連絡を。これは共産党云々とは関係がない。
06-28 09:56

このスタンスは、どの政党の方に対しても変わらない。まあ、そういうボクの偉そうな物言いがきっと鼻につくのだろう。ボクもボクみたいな人間とは付き合いたくない。政治的な活動に関わる気なら大いに反省すべきなのだろうが、その気がないので反省もしない。池上さんに叱られそうだが。
06-28 10:02

彼女に限った話ではありません。そうではない人を探す方が難しい。一番自民党がそれぞれかもしれません。でもねえ、政治家やるなら、誰々の後を引き継ぐみたいな町内会的事情で政治家になる「風習」はもう捨てて、もうちっと勉強した人、志を持った人、と思うのですが。皆さん気のいい人たちですが。 https://t.co/UrMD3Eht2z
06-28 10:15

日本の政治家が、状況の科学的分析に疎いことが問題なのかもしれません。シンクタンクを持っていたとしても、その科学を尊重しない。学術会議然り、データの改ざん然りです。政治家も市民活動家(ボクは違いますw)も、統計に対する意識を高めよう。それに賛同してくれたのは山田たくじ氏だけでした。
06-28 10:31

信じていただけないかもしれないが、僕は一度たりとも相手を潰すために呟いたことはありません。いつも対話をしたいと思っているのです。対話ができれば、必ず相互理解は進む、視野は広がる、よりよい方法や、ダメでも納得できる落としどころが見つかるかもしれない。ただしそのためには…
06-28 10:46

…組織にコントロールされた言説ではなく、自分自身の言葉を持っている、それが必須条件です。組織人は、その大切な武器を失って、時にそのことに気づかない、あるいは真摯な苦言を誹謗中傷としか受け取れない、大きなチャンスであるはずなのに、残念なことです。対話する能力。昨夜の討論会然り。
06-28 10:50

@mikairvmest あら、やっぱりw
06-28 11:24

と言うわけで、昨日こんな方とFacebookで「友達」になりました。公明党のO議員です。かつて氏の手話に関するツイートに対して間違いを指摘したことがあって、その後ぎくしゃくしておりましたが、立ち話ではありますが、きちんとお話ししました。さて今後どうなりますことやら、ここからが大切です。 https://t.co/k7t9I28NpI
06-28 11:32

今日もしゃべり過ぎですな。フォロワーさんが減ったみたいです。本日は忙しいので、重要な続きは、後ほど。
06-28 11:39

@mikairvmest ダメだよ。最近身体が弱って、涙腺が緩いんだから。
06-28 11:43

僕を煙たがっている皆様、聞いてらっしゃいますか? …って、だからダメだってば。もう泣くぞ。 https://t.co/hY7yssN0Eu
06-28 12:05

「実行」じゃなくて「実効再生産数」ですな。こんな間違いしてて、科学を大切にしろなんて、ダメなのはボクでした。(弁解:PCの変換ミス~ちゃんと確認しろって。) https://t.co/One1lFsYLw
06-28 12:14

今日は、琉球新報の芸能コンクール、リモート審査のためのテスト。JINさんのスタジオを借りてます。もう朝からバタバタなのです。 https://t.co/6mAVTWh4VC
06-28 13:44

チェック、始まりました。余計な神経を使わなければならない生徒さんたち、可哀想だなあ。 https://t.co/A5IMjbzaUs
06-28 13:59

@komae_election ほんとだね。よきタイミングで一斉に拍手が起こり、誰かが指揮しているかの如くピタッと止んで、まっすぐに立つ。まるで統制された「北」の群衆のようでした。
06-28 15:30

場所を自分の事務所に移して、三線の受験のためのチェック。こちらはあっという間に「上等さあ」で終了。問題は踊りの方。どうやら狭いらしい。さあどうする。急遽和泉多摩川へ向かう。 https://t.co/S6j1xJT5t2
06-28 15:46

和泉多摩川のアイスタジオ。広さは十分。これで8月26日の新人賞は大丈夫。問題は9月3日の優秀賞。アイスタジオは空いていない。さあ、どうするか… https://t.co/NCIuQtStiP
06-28 17:18


【深夜の追記】

パレスチナ。反応の薄さ極まれり。そんなに都議会の選挙戦が重要なのか、ただ名前を連呼するだけの、政党の駒でしかない全く薄っぺらな選挙が、そんなに大事なのか…、世界は、無理解で埋め尽くされている…と、今夜も悪たれをつきながら眠る。俺もまた、誰かの苦しみに背を向けて惰眠を貪るのだ。
06-29 00:45

tag: コロナ 

Twitterがサイドバーに表示されなくなった!

gajumui

ようやく滞っていた仕入れが動き始めた。荷物は港まで届いている。が、20万円を超える輸入の場合、まず関税を支払え、そのための書類を税関まで提出に来いと。そんな話、聞いてねえよ。先月の売り上げは1/5。今月もこのままでは同じようなもの。借りた運転資金も底をつく。滝壺目前。いと腹立たし。
06-21 08:01

よんたま沖縄映画祭、次回は番外編…「オキナワノコワイハナシ」厳選作品三本立て8月15日の14時Start御世(ぐそー:あの世)からもたくさん参加してくださるでしょうなんて戯言を言ったが、輸入販売の売り上げがこのままだと、お盆が来る前にこっちがお釈迦になるのであった。ぎゃ~~!
06-21 08:14



Twitterのタイムラインがサイドバーに表示されない。スマホでPC版にして見れば見えるのだが。しかし色々といじくっているうちに、高山正樹のTwitterは、スマホのPC版からも消えてしまった。

でも記事に同じものを貼り付けると、スマホPC版で見える。



どうかしらん。スマホなら、こんなふうに見えているはず…
すくりーんしょっと

PCで見えないのは、プラグインやセキュリティーの関係なのかもしれない。PCでも見えているよという方がいらっしゃるのかどうか。

さて、どうしてやろうか…

tag: よむパラ 

2/3のツイートまとめ(半年たって鳥肌が立った!)

まずは追伸から。
この日から半年以上も経った8月21日、ちょうどお盆のナカヌヒーに、そういえば義父が亡くなって何年になったのかと、かみさんに電話して聞いてみた。すると、三十三年忌「ウワイスーコー」の年だと言われ、そういえばそうだった、コロナだから、わざわざ沖縄に来なくてもいいと言われたっけと思い至り、さて義父の命日の2月3日に、僕はいったい何をしていたのだろうと、その日のtweetを調べてみたのだ。そうしたら以下のツイート、義父の命日であることなどすっかり忘れていながら、その日このツイートを投稿していたのだ!

鳥肌が立った。

もしかすると、亡き義父が、家の守護神(祖霊)になる前に、何かを俺に伝えに来たのではないか。
この俺は、死んだ義父の思いを、しっかりと伝え続けて来ただろうか…









【Twitter】

gajumui

春日部エイサー~中山義隆石垣市長~我那覇真子~チャンネル桜、…というライン。
02-03 10:59

クラブハウス、誰か招待して~~~
02-03 11:23

ゴゴスマ、相も変わらず三日前の参考検査数で陽性率がどうのこうのと、もうバカ丸出し。…と、ガンバハル氏が怒り心頭であるよ。
02-03 15:19

@komae_election 今日は、なんと32人だよ。これは寿命、コロナのなかった時の寿命と比べてみろとか、裏付けのない適当な理由でもっともらしくいい加減なことを言う連中がいるから、時間がないのに年代別死亡率の分析を始めた。あ、ガンバハル氏のことね。
02-03 20:00

8/23~24の、深夜の決別

gajumui

もう一つ、早く告知しなければいけないイベントが迫っている。だが、ピンチを乗り越える挑戦によって新たな人たちと繋がる大きなチャンスだったのに、残念ながら硬化した思考の所為で、それを実現するための時間が無くなってしまった。それでも面白いイベントにする自信はまだある。だが…
08-24 00:10

もうこれ以上トンチンカンな議論で無駄な時間を作らないことが最低条件。望み薄。それでも、告知はするさ。太陽が昇ったら。
08-24 00:16



頓珍漢、鍛冶屋さんが鉄を打つ音。一定のリズムを刻まないトン・チン・カン。ラジオのトークとか、お笑いには不可欠な要素だ。
だから、雑音のないラジオなんてクソ食らえ。トラックが通ろうが携帯が鳴ろうが、むしろそういう雑音は入るからこそ面白いというセンスは極めて重要なのだ。
無責任に打ち切るしかなかった“東京ニャイト倶楽部”、言いたいことはいくらでもある。実に失礼な男がいた、とか。だが、それこそ全く性に合わないセンスに、やり始めた責任だからと、怒りを抑えて頑張って耐えてきたわけだが、しかし、あれはもう忘れてかまわぬ。もはやなんの未練もない。告知しなければならない頓珍漢に紛れて、静かに区切りをつけたのだ。

さあ、過去ではなく、未来のこと、今日中に色々と告知しなくちゃ。
しかしなあ、本人が気づいていない全く別のトンチンカンは、ユーモアなどではなく、哀れそのもの。だけど、もちろん告知はするさ。こちらの決別は、イベントが終わったら。

金はない。
このまま死ぬわけにもいかない。

ある狛江市議会議員の「やり口」

gajumui

コロナの話ばかりで申し訳ないのですが…東京はまだ入院のベッドに余裕があるとか。11日までのデータですが、その11日に発表された入院数が529。でもね、その日の入院調整中が480で、その合計ですが、第二波ではじめて1000を越えました。それにホテルと自宅療養を加えると1200を越えていますのよ。 https://t.co/uqCHM2mSQS
07-13 12:13


雑だよ高木さとこ

もしも小生の指摘がよく分からなかったのならば、真摯に聞いてくださればお答えしようと思うのだが。
このまま反応がなければ、明日のラジオで喋ってしまおうか、と思っている。

【追伸】その後に繋がったスレッド

三太郎:反応ないですね。読んでいらっしゃるはずなのに。そういえば前にも同じようなことがあったような。ダンマリ。高山さん、やはり嫌われているらしいです。

高木:あれ、私宛に何かご連絡いただいているのでしょうか?すみません、全く拝見しておらずです。

三太郎:高木さんのアカウント名を検索すると、高木さん宛のメンションの全てについて確認できます。すると、批判的なもの以外全てに返信または「いいね」をされています。短いスレッドです。読めば内容はお分かりになるはず。それを読まれていないとは思えませんが、ともかく、高山氏の指摘に、何かしらお答えになられたらいかがでしょうか。

高木:すみません、見つけられず、コピペしていただけますか?どのようなご指摘を受けているのか教えていただけたら幸いです。

三太郎:このやり取りに繋がっているスレッドを見ればいいだけではないですか。

高木:沖縄のですね?繋がっているスレッドの見方がよくわからなかったので、ご本人のツイッターサイトに飛びました。13日に沖縄の件で私がツイートしていた件ですね?「雑だ」と意見されていた件ですよね?すみません、諸々アナログ派です。ご容赦ください。


僕はただ静観。しかし何とも気分が悪い。高木さとこという議員は、ただお茶を濁して済ますおつもりなのか。あるいは、分かったうえで誤魔化しているのか、たぶん、そもそも、小生が何に拘って、何に対して「雑」だと申し上げたのか、さっぱりお分かりになっていらっしゃらないのではないだろうか。そして元々のtweetだけをとっとと削除されたようだ。まともに答えることをせず、僕の指摘を無効にしたのである。侮辱された、と僕は感じた。
もしも沖縄について、乏しい知識と薄っぺらな理解で安易に語るとしたら、たとえ未熟な一年生議員だとしても、議員である限り、やはり僕としては断固見過ごすわけにはいかなかった。政治家じゃなければ何を呟いても指摘などしないが、彼女にとってもこのことは今後の活動において極めて重要なことだろうと思ったから、最初のメンションをお送りしたのだが。

小生:「雑」とアナログとは全く無関係で、政治家の発言として、笑って容赦できることではないのです。今あらためて確認しようと思いましたが、当該ツイートを削除されたのですか?重要なこと、説明するいい機会だと思ったのですが。

あれほど饒舌だった高木議員が、途端に何も語らなくなった。

三太郎:おはようございます。高木議員はスルーを決め込んだようですね。なぜ対話にならないのでしょうか。せっかくの進化するきっかけなのに。

高木:大切なお話はリアルでお話ししたいです!


(また登場。リアルな俺のtweetは無視するのだが、匿名アカウントには応じる不思議)

三太郎:高木さんは、そういう認識でTwitterをやられているのですか

高木:どういう認識とご理解いただいているのか、お尋ねしたいところです。人には色々な考えた方がありますので。私はリアルな対話を大切にしていると申し上げただけです。

三太郎:Twitterは大切ではないと受け止めてました。ともかく、ではリアルに会って話をされる意志がおありということですね。

高木:ツイッターが大切ではないと一言も申していませんが、そのようにお受け取りになるのはご自由ですので。言葉だけが一人歩きするネットの世界を、私は警戒してもおります。リアルな対話を大切にし、また、大切な話はリアルにしたいという心情です。また、匿名の方とは、お会いするお約束はできません。


肝心なことは沖縄に対する「雑な発言」なのに、論点ずらしの術中にはまった感じになっていてイライラする。散々「対話」をしながら、さらに匿名の方とはお会いするお約束はできませんときた。Twitterでは匿名にするしかないが、リアルなら素性を明かして話せるということは山ほどあるはずではないか。まさに詭弁、ごまかし見え見えである。だから見かねて参戦したのだが…

小生:全くかみ合わない会話は、どうぞ僕を外してやってください。ただ、事の発端は僕の指摘でした。僕は匿名ではありませんので、そもそも何が「雑」だと申し上げたのか、その理由はいくらでも会ってお話ししますが、いかがですか。

すると、やっぱりなしの礫

といっても、元々のtweetが消されてしまったので、いったい小生も何に対して「雑」と指摘したのか忘却の彼方という情けなさ。しかし、事ここに至っては、彼女の対話の「やり口」こそが問題なのだという認識になった。だからここにちゃんと記録しておくことにしたのだ。どこかで、絡まれたとかなんだとか、挙句の果てに誹謗中傷などと言われてはかなわない。

後は狛江市民の方々の判断にお任せしようと思う。

tag: 高木さとこ 

読経会も5月の頭まで中止に

tag: 読経会 

“原発対話の会”再始動

【Facebookでの最後の案内】

本当に久しぶりの「原発対話の会」です。
あと二時間ほどで始まります。

今回は、あまり積極的にご案内しませんでした。寸前まで、いったい何のためにこの会をやろうとしているのか、考え続けて、そして昨日、会の前日に、満を持して言葉を重ね、今日の本番に向かおうと思っていたのです。

ところが、数日前から左足がムズムズ、身に覚えのある気配がやってきて、その時に対処すればよかったのですが、放置したために、昨日、とうとう左足がクリームパンになってしまいました。一昨日の夜からさっきまで、何もできず、実に情けないことになっています。

発作が出てしまえば対症療法しかないわけで、しかし腎臓に不安を抱えているので、ロキソニンのような強い鎮痛薬は使えません。

ま、これはきっと、まだまだ言葉を発する段階にはなっていない、早急な言葉は発してはいけないということだと思います。今後のこの会を、その題名を含めてどのように進めていくか、今夜集まってくださる皆様と一緒に考えてみようと思います。言葉はそれからです。

あの震災から8年半、どう考えればいいのか、硬直してしまったり、分からなくなってしまったり、そんな方々は、是非一緒に今夜の時間を共に過ごしてくださいませんか?

19時 Start
参加費は2,000円
ちょっとお高いですが、吉川君の福島から旅費を捻出するための、ギリギリのお値段だとご理解ください。

飛び入り参加大歓迎です。

告知記事はこちら…
 ⇒http://mapafter5.blog.fc2.com/blog-entry-5123.html

tag: 吉川彰浩  痛風