琉舞鶴乃会創立10周年記念パーティー

《7月18日(月)海の日》
東日本大震災から129日目の今日、巷は女子サッカーのワールドカップ優勝に沸き立っています。ずっと前からちょっと気になっていたことがあって、この機を逃したらもう言えそうもなかったので……

【そこで呟いてみました……】
10:42
「なでしこ」と「ひめゆり」が重なって……って、僕だけでしょうか。

僕だけみたいでした。

“琉舞鶴之会創立10周年記念パーティー”にお邪魔しました。
鶴乃会は野原千鶴さんの研究所です。

null null

踊っていないのは、僕だけみたいでした。

M.A.P.after5的報告は後日。

自宅に帰ると、こんなのがぶら下がっていました。

null

ガソリンスタンドでバイトしている息子が、もうひとつバイトの掛け持ちを始めたのだとか。家族で知らなかったのは、僕だけみたいでした。

「セブンイレブンの社長は友達なんだぞ」というと、息子はつまらなそうに「へえ」と言いました。



市民劇多摩シリーズを終えて【琉舞公演広報活動その1】

《5月10日(火)》
東日本大震災から60日目……

【この日呟いたこと】

18:27
詰まらない人生だというポーズ。もう何も語るな!作るな!今からオヤジの顔を見に行く。

20:57
汚染されている魚が市場に並んでいるかもしれないけれど、政府が隠している放射性物質が雨に混ざっているかもしれないけれど、それでも京都にいる娘に、病院にいるおじいさんの顔を見に帰って来いと連絡することにした。



まだ市民劇は終わったわけではないのだけれど、M.A.P.芸能部として次に向かうべきは6月4日の宇夫方路初公演である。

宣伝活動報告その1。

宇夫方女史が琉球舞踊の稽古が終わるのを待って、夜10時半、登戸の“忠兵衛”へ。

え?何故市民劇のカテゴリなのかって?
それはね……

小生のカミサンは、沖縄出身のおばさんたちと“ちゅらさん会”というなんともあつかましい名前の集まりを時々やっているらしく、昨日はワイワイと市民劇を観たあと、その“ちゅらさん会”を“忠兵衛”でやったらしい。考えただけで何だか怖ろしい。その様子を、ちょいと探ってみたいということあったわけで。

もうひとつ、市民劇の演出助手の丸尾聡氏が“忠兵衛”の近所に住んでいるので、ちょっと一杯付き合ってもらったのである。なにしろ、ここのつまみは二人では少し量が多い。

マーミナーチャンプルー。
null
今日もゴーヤーの酢の物。
null

何だか知らないが市民劇の評判がいい。それは何故か、というハナシ。プロのスタッフのハナシ。
それについては市民劇の暫定記事を順番に仕上げていく中で後日お話しましょう。

さて一番重要な琉舞公演の宣伝。
パンフレットに“忠兵衛”さんが広告を載せてくださることになりました。感謝感謝です。

tag: 「枡形城落日の舞い」  沖縄居酒屋.忠兵衛(登戸) 

向ヶ丘遊園から喜多見の間のどこか……

《5月2日(月)~3日(火)》
東日本大震災から52日目から53日にかけて……
稽古のことは、もしかして書くべきことを思い出したら書きます。

でもね、その後、わたくし個人的に厄介なことに……

向ヶ丘遊園、3日午前2時13分に撮影した画像。
null
今回の市民劇に参加した人たちで、なかなかカメラの前で笑顔を見せないのは、丸尾聡とミズノタクジと高山正樹です。
(神野美奈実はカメラの前ではいつだって作り笑顔。海浩気はただ眠いだけ。)

「こんなことがなければ、あんなことにはならなかったであろうと……」
「あんなこと?」
「お静かに!」

tag: 「枡形城落日の舞い」  丸尾聡 

そして俺は今日も稽古に

《5月2日(月)》
東日本大震災から52日目……

【この日呟いたこと】

10:38
やっとリツイートできるようになった。この間、沖縄の基地関連でリツイートしたいことがあったのだけれど、もう間が抜けてしまった。それにしても例の20mSv、なぜ大世論にならないのか。愚民と呼ばれてもかまわないではないか。

17:47
オヤジが緊急入院。まだ意識があるのに、延命治療するかしないかを聞く病院。悪名高き……、無責任なこと言えないよな。それより原発。いや東北の被災者か。いったい沖縄はどうした?無力感。そして俺は今日も川崎市民劇の稽古に行くらしい。


そして、最後の稽古に出掛けていったのである。

tag: 「枡形城落日の舞い」 

昼間は呟いて……

《4月25日(月)》
東日本大震災から45日目……

【この日呟いたこと…】

8:13
孫正義氏と早野龍五氏の真逆の印象を与えるツイートをリツイートしてみました。しかし、人が吸い込む高さでの線量は公式発表の3倍ってことに間違いないわけで……


※「事故直後から『最悪』を語っていたいわゆる『反原発派』が、ここぞとばかりに持論の正しさを喧伝する、そのドヤ顔が嫌い」というブログ記事を読んで……
8:23
日本人は哲学しない人が多いんだなあ、と思ってしまう。続く…

10:15
「反原発派」の中には確かに今「どや顔」をしている人もいる。しかし力が足りなかったと自責の念を抱いている「反原発派」の人たちも多い。「どや顔」が嫌と言う前に、反原発の声に今まで耳を貸そうとしなかったことに、なぜ自責の念を抱かないのか。

10:23
一昨日呟きたかったこと。
「虹だ……(小田急線喜多見駅近くの事務所にて)何故か虹に揺さぶられている。いかん、だいぶ弱っているな。二日酔いの所為かな。」
しかし投稿できなかった。いったい何が原因だったのか。ちっともわからん。

10:35
情報のバランス、バランス、バランス、バランス……、ああ、眩暈、くらくらして立っていられなくなる。そして思考停止を選ぶ。大本営発表。一部の弱い人たちを犠牲にして、国家という入れ物だけが生き残る。首謀者を探しても無駄。そんな者はきっとどこにもいない。

16:35
国会中継。野党の後出しジャンケン。


呟くことにも飽きてきた……


夜のこと。
とりあえず画像だけ。
高山正樹は“オツベルと象”の追い込みの練習。

宇夫方路は三鷹、武蔵野芸能劇場。
20時45分。きなせさんと。
null

新宿三丁目、22時30分。
null
寺木さやかさん、先生です。
null null

null null

null

tag: 沖縄居酒屋.城 

東京沖縄県人会へ

《4月24日(日)-1》
東日本大震災から44日目……
宇夫方路女史は東京沖縄県人会へ。
この記事は、そのうち御本人に書いてもらいます。

ちょっと客寄せに有名人の画像だけ一枚アップしとこうかな。
null
実は弟の川平慈英と高山正樹はちょいとつながりがあるのですが、それについては、宇夫方女史が記事を書いてからということにいたしましょう。

揃わないけど……

《4月21日(木)》
東日本大震災から41日目……
午前中から山猫合奏団の合わせ。
全員揃うのは本番までこの日が最後。
null null
それでも何とかするのがプロの音楽家なのさ。
null null null
僕(高山正樹)は市民劇の稽古があるので、ひと足先に龍谷寺を出た。
 ⇒この後のことは白石准のブログにて……

因みに、宇夫方女史は木曜日なので琉球舞踊教室の日。

さて市民劇の稽古。
全員揃わないのはプロの音楽家並み?
それでも何とかなっちゃうのが市民劇なのさ。これ、結構深いハナシなのだ。
だからさ、順番に書くってば。

tag: 「枡形城落日の舞い」  山猫合奏団 

どうなるのかな……

《4月20日(水)》
東日本大震災から40日目……
「ゼロリスク幻想」と「御用学者」についてちょこっと呟いてみたりしたのだが、あらためてそれをブログに転載するようなことでもなく……

仕事のこと……
null

夜は市民劇の稽古……
null

これ、暫定記事です。この記事を仕上げるのはきっとだいぶ先。いったいその時何が書けるようになるのでしょうか……

tag: 「枡形城落日の舞い」 

さあ、これから!

《4月18日(月)》
東日本大震災から38日目……
一日準備。
ようやく……
null null

昨今スタッフ事情とか……

後日報告します。



川崎へ色々乗っけて行ったり来たり

《4月17日(日)》
東日本大震災から37日目……

【朝まず呟いてみた…】
7:36
今なら人間の根源的な生き方を問い直すことができると思っていたのに、もう怪しくなってきた。普通の生活に戻る、それに異はない。しかし、原発についてメッセージを発し続けるべきだと、嫌われても僕は叫ぶ。未来の人間たちのために。沖縄にこだわり続けてきた者として。もう二度と後悔したくない。


それから川崎へ。
第七回かわさき楽大師アート市2日目。
今日は日高さん花田さんが店番をしてくれるのです。金田さんが作った作品も売るんだもんね。
null

昨日と同じように、朝、高山正樹は皆さんと荷物をアート市会場へ送り届けて、それからいったん事務所に戻って、昼、再度川崎方面へ、市民劇の稽古です。

今日は松竹から借りる衣装を着てみる日。
合唱隊の四人が、交互に携帯で写真を撮っていたので、みんな一緒に撮影して差し上げました。
null
左から斉藤美香さん、玉木彩乃さん、小野瑛世さん、稲光志帆子さん。
みなさん昭和音楽芸術学院(現昭和音楽大学)のミュージカル科を卒業した仲間らしい。それぞれあっちこっちでご活躍らしい。
ご参考までに……
 ⇒http://crazynightkurenai.web.fc2…
NewFace、役名紹介ともにプラス4名。

さて、稽古についてはそのうち書くとして……

稽古後、高山正樹はアート市会場へ片付けに。日高さんと花田さんを南武腺の駅まで送って、再び稽古場近くの居酒屋へ。馬鹿だねえ、車だから飲めないのに……

null
「あれ、合唱隊の女の子たちはいないの?」、なんて絶対言いません。「お前、帰っていいよ」って言われちまうからね。

左から二人目が平井智美さん。お顔はすでに去年ご登場いただいていますが、ご紹介はまだでした。平井さんは、劇団NLTの女優さんです。
 ⇒平井智美さんのプロフィール
“枡形城・落日の舞い”では北条政子の妹、時子の役でご出演です。今度はもう少し大きなお顔の写真をアップしましょうね、若い子たちよりずっと大きいやつ。ご本人がOKならばのハナシですが。タクジ氏は平井さんがお気に入りらしい。そのことを、智美さんが歓迎しているのかどうかは不明。
役目紹介、さらにプラス1となりました。
累計で33名。役名+スタッフ紹介は23+2名。

海くんとみなみさんと平井智美さんを、アート市の売れ残り商品と一緒にわが軽自動車に乗っけて帰りました。

沖縄のことも、原発のことも、市民劇の現場で語ることはほとんどありません。
「いいのか、お前はそれで……」
「わからないよ……」

tag: 「枡形城落日の舞い」