fc2ブログ

11/25のツイートまとめ

起きている時間は何でもないのだが、寝ようとした途端に何かが崩れ始める。それでもいつしか浅い眠りに落ちた。気がつけばもう太陽は高く、また夢を見始める。

今日は誰が来てくれるのだろうという楽しい夢。

調布での読書会の講師の方だが、すぐ行きます、次の休みに行きますと仰っていたから、こちらの状況もバタバタしてきたので、いつ来られるのか確認をしようと思い電話をした。すると、「私そんなこと言いましたっけ」ときた。呆れた。途端に何も話す気がなくなった。狛江の図書館でも勤務していらしたようで、その質の低さを、蔵書の量の少なさはともかくとしても、購入する本の質、さらには働いている職員のことまでを辛辣に指摘されていたが、とりあえずボクは、彼女の話は信用しないことにした。

資料館の風景

電光掲示板

入口の外

ウリちゃんが、12月20日の音街の仕事、駒井保育園の下見の前に来訪。
ガジュマルの芯とURIちゃん

ひめゆり

サンフランシスコ条約の2年後、沖縄が日本から切り離された翌年に公開された作品。ボクが見たいから、人が来なくても上映するつもりだった。でも逆に、夕方から日浦さんが、夜はpoemのともちゃんがそれぞれやってきて、たっぷりと話を聞いてくれた。

日浦さんの旦那さまが、泉龍寺の東堂さんと東堂さんの奥様と、仏教史の研究仲間だと知った。泉龍寺の仏教文庫の設立にも深く関わっていらした方らしい。そういう方が、今ここ狛江で動いている郷土資料館設立に関わっているのかどうか。

ともちゃんの、沖縄に関する秘密を聞いた。
「へえ、そうだったんだ」
「何にもしらない私なんかが●●しなくてよかった、しちゃいけなかったんだって、ここに来て思った」

顔には出さなかったが、ぐっと来た話。いつかブログで話せる日がやって来るのかどうか。

「狛江の今」のことも、ふたりとじっくり話せた。それも沖縄の話ができたからこそなのだと思う。こうして誰かに伝え、繋いでおく、明後日まで、時間のある限り、やっておきたいと思うのだ。

結局それで精力を使い果たして、宇夫方女史も明後日に納入しなければならない地図の仕事をやっているし、なので、「ひめゆりの塔」を見る元気がなくなった。

さて、いつ見よう。

ともかく、時間が、ない。

朽ちるまで悪たれをつく

昨日の画像再掲。
昨日の画像

雨で朽ちるかなと思っていた…

そして今朝。
やっぱり。

今朝の画像

しばらく、このままにしておこう。



立松正宏さんが、約束通り再びおいでになる。
正確には三度目。実は土曜日、川口真由美さんご一行が来ている時に、やっぱり約束していた資料を届けに立ち寄ってくださったのである。その興味深い資料についてはあらためて書く。

来客最優先なので、かわせみ館まで健太郎くんを迎えに行くことが出来なくなった。健ちゃんは歩いてこっちに向かっているという。ごめんね。ボクの我儘な計画が、健ちゃんのお陰で叶いそうなのだ。そのことも、あらためて書く。なんとしても。

オチ

朽ちたのは世田谷だと思ったら、実は狛江市だったというオチ。

新しい資料館のチラシが届く。

新しいチラシ

この画像は納入したデータ。それが印刷されて届いた現物は、こんなふうに光っていないのがちょっと不満。プリントパックの限界なのかどうか。



炎上しない炎上商法。情けない、というか、炎上しても儲からないから、そもそも商売じゃないワケで。駄々こねる子供並み。

夕方、狛江のまゆみちゃんが来てくれた。
夜はゲゲちゃんが来てくれた。

こういう時に、本当に信用できる人かどうかが分かるとか、そんなことを言っているのをSNSでよく見かけるのだが、いやいやその原因の多くは貴方にあるのだよと思う。貴方がそうなるような生き方をしてきたからそうなるのだと。でもさ、来てくれる人がとても少なくたって、それで僕はかまわないと思う。そういう生き方を僕自身が選んできたのだから。

Facebookという公開の場所で、僕とは無縁の安易な「やさしさ」を見せられるのはかなわない。スマホ眺めて、指先一本で 簡単に発信できる極めて軽い「やさしさ」、こういうモノで人間関係を成り立たせている今を思う。それも公開の場所で、「私は優しい人、思いやりのある人」だと、衆目にアピールしているみたい。政治家ならやめた方がいい。見透かされるから。もしかしたら正直な気持ちなのかもしれないが、真意はともかく、誤解だろうが何だろうが、そのように見えてしまうのだ。もちろん、多くの人は騙されるのではあるが。そんな苦言を言ったこともある。しかし、どうやら聞く耳など持ちあわせない政治家という生き物。

僕は、死ぬまでこんな悪たれを吐き出し続けようと決めた。

でもね、会えば優しいのだよ。しかしウソは言えないので、時にはこっぴどく苦言を呈するのだが、SNSでの希薄な人間関係に慣らされている人たちは、そういう言葉を受け止めることなどできるわけもなく、手のひらを反すように「いいね」することをやめるのである。

分かり易すぎる話。

tag: 立松正宏  まゆみちゃん  ゲゲちゃん 

朽ちていく街

最後かもしれないお経の会。

平井さんが、川口真由美さんのチラシを持ってきて配っている。

「沖縄のことだから、高山さん何かある?」
東堂さんに話をフラれて、昨日の「でもなあ…」のことを吐露してみた。

そして、さらに別の話。炎上商法。

銀杏

結局、座談もカクテルパーティーだったという実に味気ないオチ。

川口さんからメンションが届いた。
川口さんからのメンション

「泉龍寺で喋ったことは黙っていよう」と、Twitterで呟いた。

お後がよろしいようで。



ユーモアもある資料館。
ちょっと遊んでみたのだが…

あっちこっち

雨が降ってきた。段ボールだし、ガムテープで貼っちゃったから取り外しできないし…

朽ちるのかな…

tag: 読経会  泉龍寺  川口真由美 

時に正義は何かを壊す

「プリティちえちゃん」のこと。

変わった人ではあった。晩節を汚したのか、ハナからそういう人だったのか。立場が立場だから、批判されて当然ではあるのだが。しかし時に正義は何かを壊す。それでも、きっと怒らなければならない時があるのだろう。問題は「重さ」、見極めたいが、その時間が俺にあるのかどうか。

どっちにしても、行政も政治家も嫌いなのである。戻ろう、あの頃に。

こんな方が来た。

川口真由美さん来訪

シンガーソングライターの川口真由美さんご一考。何年か前、確か国立の木乃久兵衛で会って以来。明日彼女は、大阪でパギやんと一緒だという。色々と繋がっているように見えるが、パラレルワールド。

余計なことは考えず、来週の月曜日までは資料館に集中すると決めたから、誰かが来訪すれば、余程のことがない限り出掛ける方をキャンセルする。そんなわけで、コマラジの又吉君の番組"こまえんちゅ"の収録に立ち会えなかった。

でもなあ…

tag: プリティちえちゃん  川口真由美 

笑ってみた

リニューアルしたエコルマの会議室にて。

宣伝画像

床がピカピカなので、笑ってみた。

tag: エコルマホール 

デジャヴではない

デジャヴではない。
緊急の検査を入れている医師の後姿。確かにあった28年前の、あの時と殆ど同じ光景。
 ⇒http://uramapafter5.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

つまり
デジャヴではない。

ボクがやっていた商品管理作業、宇夫方女史に教えなければならないのだが、実はそんなに簡単ではない。
ああ、何もかもが厄介だ。

自分の墓碑銘を綴る?
洒落にならないよ…

だから全て断るべきだったのかもしれない。仮に生き延びることになったとしても、その方がよかったのかもしれない。だがどうやらそうではなく、むしろ生き延びることができないことを考えて、断る決断ができなかったのだろう。なんとも情けないことだが。

調布市の読書会へ

今日はこういうのに参加してきた。

読書会のチラシ

もしかすると、参加者の何人かは、資料館に来てくださるかもしれない。しかし、狛江ではなく、調布の人たち。
そしてここでも、こうした分野での狛江の質の低さを思い知らさた。図書館のことだが、一時が万事。

知らぬは狛江市民ばかりなり。

しかし、それが新しい市民の選んだことだというなら、僕はもうこの街にいる意味などない。十数年、俺はいったいこの街で、何をしようとしてきたのだろう。ひどく、ひどく、こっぴどく虚しいのである。僕にできることが残されているとすれば、ただブログに、自分自身の墓碑銘を綴ることのみ。



fc2ブログのサムネイルだが、何故だか画質が悪い。だからまずTwitterに画像をアップして、それをリンクさせている。でも、Twitterがどうなるか分からないので、このままでいいのかどうか、思案している。

青空が似合う柿が好き!

宇夫方女史が、伊勢原のカルチャーに行っている間に、僕は仕入れて来た商品を並べてみた。

陳列

ミュージアムショップ。なかなかの品揃え。数が多いので、それぞれ一個ずつ並べてみた。資料館だし。後は在庫、箱に入れてバックヤードに保管。

だが、オレは食えない。
柿が好き!と呟いてみた。



新しい狛江とやら。本当のカッコ良さを履き違えた街にしようとしてはいないか。熟考せよ!と思うのだが。

「うっせい」
「大きなお世話」
「老人の戯言」

空は広い方がいいと独りごちしてみる。

真っ青の空が似合う柿が好き!

仕入れ

鶴見のおきなわ物産センターに仕入れに行く。

帰り道。
月を探せ。

月はいずこ

入荷の渦巻パンがあったので、思わず買ってきた。

うずまきパン

なんとなく、帰りに撮影した月に似ている。

そして、半分だけ食った。