いまだ字幕作成作業中(最後の足掻き2)

明日から「喜多見と狛江の小さな映画祭+α」が始まります。
今回、全作品を日本語字幕付きで上映するという挑戦をしています。

実は、明日10時から上映する大林宣彦監督の「あの、夏の日 とんでろじいちゃん」の字幕が完成していません。
映画からの文字起こしはだいぶ前に終わっていたのですが、それをサブスクリーンに映す画像が、まだ完成していないのです。

なるべくメインのスクリーンを見て欲しい。そのために、台詞をどこで切って映せばいいのか。

耳の聴こえない方は、字幕を読むスピードが、いわゆる健常者よりも慣れているので早いと聞きました。だから、我々が字幕を楽に読み切れるくらいであれば、耳の聴こえない方はそれで画面も見ることが出来るだろうと。
とはいうものの、登場人物が喋っていない時は字幕もないというふうにしたい。その寸法に収めると、字幕を読むのに慣れていても、長すぎる場合が出て来る。その時は、役者さんが語る台詞のママではなく、省略しなければならない。洋画なら、むしろ楽、違う言語なので、ピッタリくる言葉を探せばいいわけですが、日本語を短い日本語にするのですから、どうしてもあまり変えるわけにはいかない。
台詞と台詞の間のちょっとした間、そこに黒味を入れるか入れないか、実に悩ましいのです。

さらに「あの、夏の日 とんでろじいちゃん」は、全編ほとんど尾道弁です。耳の聴こえない人にとって、それをそのまま文字起こしした方がいいのか、いわゆる標準語に変換したほうがいいのか。

まずは標準語で起こしてみました。でも今回は、尾道弁のママ、聞こえる音のママを字幕で表示しようということになりました。今、それを変換しながら、同時に字幕の長さも決め、黒味を入れたりして完成品を制作しているのですが、尾道弁の「にゃあ」とか「てゃ~」とか、なかなか聞き取れず、困難極まれりなのであります。

もしかしたら、この作品が一番大変かもしれません。

ここまでやって、はたして耳の聴こえない方が来てくださるのかどうか、全く見えません。今のところ、耳の聴こえない方からのご予約はありません。というか電話での御予約が難しいので、メールということになるのですが、そこに「聴覚障がいです」と明記されることはあまりありませんから。

字幕を期待して来られて、それが分かりにくいものだったらどうしよう、初の試み、今からドキドキしています。

何事も一歩一歩、そんな甘えを当事者の方が許してくださるのかどうか、泣いても笑っても、あと12時間後には上映が始まっています。

初日は、手話通訳の出来る実行委員が会場に詰めています。それで、簡単な開幕の挨拶もさせて頂こうと思っています。
どうぞ皆様、私たちの挑戦を、是非とも見届けに来てください。よろしくお願いします。

第五回 喜多見と狛江の小さな映画祭+α 上映作品1
「あの、夏の日 とんでろじいちゃん」(123分/1999年)

西河原公民館 ホール
9時半開場 10時Start
前売り 1,000円(当日1,200円)
※介助の方と御同伴の場合は、お二人で一人分の料金
※高校生以下・学生及び75歳以上 前売り 500円(当日700円)
会場にいらっしゃる前にご連絡いただければ、前売扱いとさせていただきます。
090-1651-6312(うぶかた携帯)

といっても、耳の聴こえない方は、電話ではご予約いただけないのだけれど…

なんやかんやで寂しくない

朝方、映画祭の記事を明日掲載しますと、東京新聞の記者の方から連絡があった。
その方は、自前で全ての作品に字幕を付けるという我々の試みに興味を待たれたらしい。記事に「聴覚障がい者」という文言を入れるかどうか、記者の方はまだ悩んでいた。取材の時にボクが話したことを、しっかり受け止めてくださっている。「バリアフリー」という言葉を使うと、それがバリアになって「健常者」が来なくなるということもあるらしい。集客にも気遣い、感謝である。

少なくとも、見出しにはそれっぽい言葉を使わないようにしたいと。しかしデスクは、どうやら「障がい者」とか、はっきりした文言が欲しいらしい。
「説得できるかどうか…」
「考慮してくださって、ありがとうございます。あとはそちらにお任せします」とお伝えする。さて、いったいどんな記事にしてくださるのか、明日を楽しみ。

明日、狛江市内で行われる二つのコンサートに映画祭と山猫祭りの仮チラシを折り込んでくださることになり、その準備作業に追われる。しかし、明日新聞に載ると、予約の電話がかかってくるかもしれない。コンサートに行っている間、電話番をしてくれる人はいないだろうか、などと考えているのだが、そんな人、いるわけがない。

事務所でひとり寂しく作業をしていると、嬉しい訪問。ホントに感謝。
といっても、明日留守番してくれるわけはない。

一昨日ちょっとお手伝いした映画上映会を主催された三人がいらっしゃった。訪問者の写真を撮っておけばよかった。寂しくないんだぞ、という証拠に。

無事終わりました 盛況でした

お疲れさまでした。
主催者の方々と

tag: 地域繋がりの人たち 

新しい人、懐かしい人

なんだかんだと忙しい日。

新しい人。
新しい人たち
エンディーじんじんくりさん

詳細後日。

さて。
そして実に懐かしい二人が訪ねて来てくれた。
懐かしい人たち

FacebookもTwitterも、基本プライベートのことはアップしない。このことだって、プライベートのことでもないのだけれど、なんだかやっぱりこれはブログだけだなと思った。

しかし、もう6年以上になるんだねえ…
 ⇒http://mapafter5.blog.fc2.com/blog-entry-2162.html

tag: MAPの人 

ヒッピー的なモノを全否定する映画なのかもしれない

花水木がそっと閉店して、その時にかおるさんから貰った黒幕がなかったら、きっと今夜の準備は間に合わなかったなあ、と…



こんな呟き、貼り付けるつもりなどなかったのだが…
もしかすると、この映画はヒッピー的なのではなく
ヒッピー的なモノを全否定する映画なのかもしれない。

(実はこの記事、本番当日の翌日に書いている。しかしもう時間が無くなった。あとはさらに後日追記する。)

主催者が持って来たチラシ…
あさってじゃん!
「小野寺とおるトーク&上映会」のチラシ

もう午後10時半なんだけどね

毎月第二第四月曜日は厚木カルチャーに琉球舞踊を教えに行く日です。
今日は、それに加えて三線の体験教室がありました。

どうなるかなあ…
友だち増えるかなあ…

もう、午後10時半なんだけどね。
●

tag: 厚木教室  MAP琉球舞踊教室 

システムは不明

どの程度の宣伝効果があるのかどうか。

夜はミートステーション…
裏メニュー。
裏メニュー

tag: 西川郷子  狛江_居酒屋.ミートステーション 

呟き三つ…


そして告知

tag: 西川郷子 

波照間上陸

唯一の目的は南十字星。
だからまずはともかく天気のことだけ。

八重山地方は梅雨入りし、今日から三日間の予報も雨模様。
あきらめ模様の旅。

富士山

しかし…
石垣空港

石垣はいい天気!
路線バスで離島フェリーターミナルへ向かう。

離島フェリー

安栄観光

いざ出港!

波照間へ

1時間後。
ん…
波照間港

う~ん、やはり…
波照間の自動販売機

波照間のニシ浜
日本一のビーチと言われるニシ浜も…
やっぱりダメか…
ん?
ニシ浜

んん?
牛小屋

晴れてきた?

リヤカー?

学童慰霊碑

太平洋戦争末期の悲劇はまた別の話。
今日のところは今夜の南十字星…

【追伸】
雲が切れてきたのである。
一年に30日しか見えないという南十字星、梅雨入りして天気予報も最悪、すっかり諦めていたのだが…

奇跡が起きた。それも4個全ての星がはっきりと見えるという滅多にない幸運。

星の写真?
そんなものない!
だいたい写らんし、脳味噌に刻んだし。

宿に戻ってFacbookに投稿した。
ぼちぼち天の川が東の空に昇るらしい。きっと星も流れるだろう。真っ赤な三日月が顔をもたげてくるのは午前4時。雲が邪魔しなければ、それまでは星たちの天下。

子供の頃の記憶から半世紀、天栄村から30年、小笠原から20年目のミルキーウェイはさて如何に。

【日が変わって…】
結局、天の川はよく見えなかった。曇ったのかどうか、明かりの無い島だから、夜の雲は見えない。
真っ赤な三日月は、起きそびれてしまった。

共謀を画策すると疲弊する

昨日の記事からは繋がっていない。


「ご自分のサイトやアプリにTwitterのコンテンツを埋め込むことで、開発者契約および開発者ポリシーに同意したものとみなされます。」
なんだか「みなされた」らしい。自分の呟きを貼り付けただけなのだが。
よくわからん…

どうやら昼と夜(表と裏)が逆転しているらしい。
 ⇒この日の裏へ

疲弊した精神を復活させるには飲むのが一番…
というわけでもないという話。
酔うへい提灯

tag: 喜多見_居酒屋.酔うへい