「ZAN ジュゴンが姿を見せるとき」リリース翌日の上映会

こんな案内を頂いた。
ZANのお知らせ

手作りのチラシにはこう書かれてあった。

急な企画ですが、狛江の西河原公民館にて、沖縄・辺野古湾 に現れる「ジュゴン」が主役の映画「ZAN」(ザン=沖縄語でジュゴ ンの意味)を上映します。
リリース前のプレ上映会にて、監督やプロデューサーの方々のトークの中で、なぜか、主流の映画館では上映が出来ない映画になったと知りました。私たちの愛する自然、命を大切に思う気持ちから生れた美しい作品にもかかわらず、どういうわけか、このクニでは、公に上映されない映画があるのです。
ジュゴンと美しいコーラルリーフの映像が伝えてくれる、沖縄の今を知る映画を伝えたく、メインストリームで流されないのなら、私たちも市民上映会を地元でやろう! というわけで、いち早く、リリース翌日の上映会となりました。
沖縄の豊かなサンゴ礁や海の生命が、私たちの知らないところで、失われないように。ジュゴンが再び、南の島々で生活できるよう、私たち一人一人の「祈り」と「行動」の力が必要です。北アイルランド出身の、静かで穏やかな「リック・グレハン」監督による、自然を愛する皆さまへのメッセージが詰った作品です。

※海の草場を食糧として生きる全長3メートル、体重450キログラムの海の人魚ジュゴン。沖縄では、古から、その不思議な力が知られ、大事にされてきた海の生き物です。沖縄は、彼らの生息の北限でもあります。日本哺乳類学会のレッドリストでは、「南西諸島のジュゴン」を、絶滅危惧種に指定しています。かつては、本州・四国・九州にまで漂着されていたとされる記録が残っていますが、現在、沖縄で確認されているジュゴンの頭数は、3頭・・。


沖縄の映画ということもあるが、それよりもなによりも、あまのじゃくなので、「主流の映画館では上映が出来ない映画」と聞いては黙っていられない。
というわけで、少し宣伝くらいはお手伝いしようと思った。しかし如何せん明日、効果のほどは全く期待できないが。

ZAN ジュゴンが姿を見せるとき
沖縄では絶滅したと思われていた伝説の生き物、ジュゴン。
このジュゴンが棲む海で、いま何が起きているのか。


(ドキュメンタリー 73分/2017年)
監督:リック・グレハン

沖縄に生息する絶滅危惧種のジュゴンを見ようと訪れた先は辺野古。そこで目の当たりにしたのは、圧倒的な自然の美しさと、それを脅かす米軍基地建設だった。

沖縄でジュゴンを探す旅に出た木佐美有が見た辺野古・大浦湾の自然の豊かさと米軍基地建設に向けた様々な立場の人びとの声。
ジュゴンとはどのような生き物なのか。辺野古・大浦湾にはどのような生物が暮らしているのか。基地建設について、自然保護団体、研究者、抗議活動に参加する市民、地元地区の住民は何を思っているのか。そして、私たちは何を守らなくてはいけないのか。
沖縄の豊かな自然の中での様々な発見、体験を通してジュゴンが暮らすこの海と共に生きていくことの大切さを考えるドキュメンタリー。

監督は受賞歴のあるクリエイティブディレクターとして20年以上、広告制作業務に携わってきたリック・グレハン。2012年、日本初となるエシカル、サステイナブルというコンセプトを掲げたクリエイティブエージェンシー、イメージミルを設立し、ドキュメンタリー番組制作、企業、NGOのショートフィルム制作やブランディング業務を行ってきた。北アイルランド・ベルファストにて、政治活動に参加する家族の下で育ったリックはアクティビストとしての顔も持つ。自分の故郷で直面してきた問題と沖縄が抱える問題の間に共通点を感じながら、ジュゴンと辺野古を題材にした本作品の制作を決めた。
(チラシ裏面より)

8月2日(水)
昼/14:00start 夜/19:00start
西河原公民館 学習室1
1,500円

料金や申し込み方法などの詳細は…
 ⇒http://holy-sky.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/82newzan…



【追伸】
この企画の主催は…
さかぐち鍼療所(狛江市岩戸南)✕クプクプアロマテラピーサロン(狛江市東野川)

また、新しい狛江の方々と繋がりました。

tag: 地域繋がりの人たち 

朗読劇のお手伝い(隠れた思い)

こんなイベントがあります。
ハートカフェ 2017
※チラシはクリックすると大きくなります。
ハートカフェ2017表

この中の朗読劇「ヒマラヤ杉は知っている」を、高山正樹が少しお手伝いをしました。
ハートカフェ2017裏

明治大学生田キャンパスにある樹齢80年を越えるのヒマラヤ杉が、川崎にあった陸軍登戸研究所のことを語るという朗読劇です。
だが、この話、どうやらただの昔話ではない。もしかすると、とてもタイムリーな話題なのかもしれない…

そう思うに至った一連のtweetを、ここに転載しておくことにします。

と言いながら、まだ調べてはいないのだが…

2014年1月17日の呟き…


新百合ヶ丘のトウェンティワンにて
7月22日の土曜日
ヒマラヤ杉の登場は11時40分です。

それで終わりかなと思いきや…

市民祭り駅前ライブ

市民祭り駅前ライブチラシ

今年のこまえ文化フェスティバルは“狛江に輝くスターたち”だって

こまえ文化フェスティバル2016 
「音楽の街ー狛江」の企画です。 
 宇夫方路はスタッフでお手伝いします。

日時:11月12日(土)15時〜(開場は14時)
会場:狛江エコルマホール
料金:一般 1,000円
 
こまえ文化フェスティバル2016表

こまえ文化フェスティバル2016裏

忙しい一日は宇夫方路の2ndプロデュース“milk[弥勒]ライブ”から!

【当日朝の速報】
本日、朝方の激しい雨で、東京では昼過ぎまで雨が残るところがあるとの予報。従って、午前9時の段階で、イベント中止を決定しました。楽しみにしてくださっていた皆様、まことに申し訳ございません。リベンジはいつの日かにか。


音楽の街-狛江エコルマ企画委員、宇夫方路セカンドプロデュースイベントです!
 ⇒1回目はDJ SASAさんでした!

そして今回もやっぱり沖縄テーストです。
~琉球・八重山Feature

出演:milk[弥勒](真田弥生/木村恵)
日時:10月9日(日)13時~
場所:狛江駅前北口噴水広場ステージ


狛江駅前ライブmilk[弥勒]

プロデュースする宇夫方路は、前説と最後のご挨拶をしなければなりません。
ところがこの日、とんでもなく慌ただしい日なのです。
というワケで、宇夫方路は、きっと紅型を着て、アーティストよりずっと目立つ格好をして前説とご挨拶をすることになりそうです。なぜそんなことになっちゃうのか、その理由は…
次の告知記事に続く…

まるかぶりですが斉藤哲夫ですから!

ここ数年、何らかの形で自分たちが関わっているイベントではない限り、告知宣伝することはしないと決め、そのようにしてきました。だんだんとお付き合いも増え、申し訳ないけれど、そうしないと、こちらも時間があったりなかったりで、公平な対応やご協力がどうしてもできなくなってきたからです。

ましてやこちらのイベントと日程が被っていたりすればなおさらご案内しにくい。

しかしこの度に限って、そのルールを破ることにしました。

9月24日の土曜日
山猫合奏団祭りの三日目
もうこのブログではお馴染みの上々颱風のボーカル西川郷子さんのバンド“星の飛ぶ夜”をゲストに迎えてのツーステージ、「走れメロス」他と、「草野心平」他の日なのである…
この日、原宿クエストホールでは、やはりお馴染みの斉藤哲夫氏が企画したライブがあるのである。

なんでまた、まるかぶりなのさ!

斉藤哲夫プレゼンツ1

斉藤哲夫プレゼンツ2

なぜ我々の公演とまるかぶりなのにも関わらず、ルールを破ってまで哲っちゃんのライブを告知したのかについては、また後日、追記しようね。

tag: 斉藤哲夫 

山猫合奏団ではないですが「走れメロス」です。“劇団あとむ”です

【FaceBookの山猫合奏団のグループへ投稿したものを転載します。】

山猫合奏団の「走れメロス」は、9月24日(土)、洗足駅前のプリモ芸術工房で、14:00からスタートですが…

楠定憲氏の所属する「劇団あとむ」、その新作が「走れメロス」です。その本番がすぐそこに迫ってきました。楠氏は、我々山猫合奏団の公演の宣伝を、自分の劇団のメンバーには殆どしません。何故かは定かではありません。では、自分の劇団の公演の宣伝を我々にするかというと、それもあんまり積極的ではありません。その理由も定かではありません。
きっと、とっても優しいのだと思います。

しかし迷惑な優しさだ。おかげで、僕が楠氏に代わって宣伝しなければならない羽目になるんだから。

ええい!めんどくせえ。

ボク、断然見に行きますよ。行きますとも。
どなたかご一緒しませんか~~~

新宿スペースゼロ(全労済ホール)にて
7月25日(月)14時開演


img-720073512-0001.jpg img-720073512-0002.jpg

「小さき声」を告知する不思議…「小さき声のカノン」上映会

人生にたった一回だけ関わってみた選挙。
そいつが忙しくて、告知もままならず。

チケットを預かったまま、気になりながら案内できずにいた上映会、ようやく投票日当日、投票時間終了間際にチラシのみとり急ぎアップする。

その映画の名前が「小さき声のカノン」というのだから、まあ不思議…
取り急ぎ…
※クリックすると大きくなります。
小さき声のカノン1 小さき声のカノン

13時、17時半ともチケットをM.A.P.にて扱っております。
03-3489-2246

【6月26日に追記告知です】
13時の回は満席となりました。
よって、あらためて17時半の回のみ、テキストにしてご案内します。

小さき声のカノン
会場:北沢タウンホール
料金:999円
※学生(中・高生)500円 小学生以下無料
日時:7月2日(土)
 17:00 開場
 17:30~19:30 「小さき声のカノン」
  (休憩15分)
 19:45~20:15 「戦争のつくりかた」
 20:15~21:15 アフタートーク
   (鎌仲ひとみ監督×保坂展人世田谷区長×Candle JUNEさん)

小さな映画祭なんかやっている僕が…
「小さな声を聞く」なんて命名してみた。
「小さな声の大合唱」なんて名前も考えてみた。
でもさ、それはカノンじゃない。
カノンは所詮同じ旋律。俺が聞きたいのは様々な声なのではあるが…

僕は夜の回に行きます。あまのじゃくだから。

【追伸】
このチラシとチケットは、上田要さんが5月28日の原発対話の会の時に届けてくださったものです。
その時の記事をようやく書きました。
 ⇒この日のもう一つの事。
上映会当日、上田さんもずっと会場にいらっしゃるとのこと、再会が楽しみです。

  上田要さん1

続きを読む

tag: 上田要 

宇夫方路の初プロデュースは DJ SASA さんのライブです!

音楽の街-狛江エコルマ企画委員になった宇夫方路の初プロデュースイベント!
※…といっても、ミュージシャンを見つけて委員会に推薦して賛同を得ればご本人にオファーして簡単な打ち合わせをして、という程度、大したことしてはいないのですが、でも提案したことが形になるのは嬉しいものですねえ。

沖縄民謡ポップス
出演:DJ SASA & あびこめぐみ
日時:6月7日(日)13時〜
場所:狛江駅前北口噴水広場ステージ

駅前ライブSASAさん

“ジョン・ラーベ ~南京のシンドラー~”の上映会という事件

gajumui

@John_Rabe_1209 ともかく短期決戦なのですから、これぞというアカウントは、闇雲にフォローした方がよろしいのではないかと思いますよ。魚心あれば水心、その中から拡散してくれる人が出てくると思います。ざまみやがれい方式です(笑)
11-25 02:03

などと呟いてはみたのだが。
さてと…

※クリックすれば大きくなります。
南京のシンドラー1 南京のシンドラー2

FBのイベントへ…
 ⇒https://www.facebook.com/events/829446317080110/
公式サイト…
 ⇒http://johnrabe.jp/
ウィキペディア「ジョン・ラーベ」
 ⇒http://ja.wikipedia.org/wiki/ジョン・ラーベ

9月の内覧会に招いていただいた。面白かった。映画館の大きなスクリーンで見れば、もっと楽しめただろう。

あなたは、「永遠の0」を観ただろうか。今回、「ジョン・ラーベ」の上映会を企画された梁田貴之氏は、「永遠の0」があれだけヒットして、一方の「ジョン・ラーベ」は、日本の映画配給会社から揃って上映を拒否されているというのは、どうもバランスを欠いていると仰る。

しかし劇映画である。ドキュメンタリーではない。そうであるなら、あちらを観てこちらを観ていないからといって何の問題もない。にもかかわらず、日本が関わった東アジアあたりの戦争を描けば、映画だろうが演劇だろうが、フィクションだとしても史実と比べられて問題にされる。それが「南京事件」(南京虐殺)を扱っているともなればなおさらである。
つまり、どうやら我われの勉強が足りないのだ。だから、劇映画のフィクションにですら振り舞わされ、惑わされる。非国民・反日・左翼の映画だと「右翼」が騒ぎ、「リベラル」が反発する。詳しい歴史なんて知らない人たちが、どこかで拾ってきたイメージを大事に抱えて右往左往している。
だから、勉強するために「ジョン・ラーベ」を観るべきだ、などと、市民運動家のようなことを言うつもりは僕にはない。なにしろこれは、娯楽映画なのだから。

実力のある有名な日本の俳優さんもたくさん出ている。しかし残念ながら、「ジョン・ラーベ」の中の彼らは、あまり魅力的ではない。悪を絵に書いたような軍人像を担わされては、名優も木偶になるしかない。先日終わったNHK朝の連ドラのヒロイン役の女優さんが主演し、蜷川幸雄氏が監督をした映画で、顔中ピアスの彫り師役をやっていた若い男優さんが演じた日本兵が、唯一ちょいと良心を垣間見せるだけ。
中国人もまたさっぱりなのである。中国人一般。つまり、この映画で魅力を放っているのは、西洋人ばかりだということ。それなのにこの映画をめぐって中国人と日本人が喧嘩しているなんて、ああ馬鹿げていると思うのである。

でも、というか、だからこそ、というべきか、そんな良くできた映画が、面白いのに日本ではなかなか上映されないというのは、やっぱりどう考えてもおかしいわけで、梁田さんの思いに深く共感するのである。「ジョン・ラーベ」はフィクションである。しかし、もしかすると右翼の鉄砲玉が劇場に乱入して来るやも知れず、スクリーンを破ろうとするような暴挙にも対処し警備を検討しなければならないような娯楽映画が…
来たる12月9日火曜日18時半から
若者の街、演劇の街の下北沢北沢タウンホールで上映されるというのは、これはもう事件なのである。

というわけで、「永遠の0」を観た方も見ていない方も…
この機会に“ジョン・ラーベ ~南京のシンドラー~”を是非ともご覧あれ、と、強くお勧めする。なにしろ面白い映画なのだから。

なお小生、MCとトークショーのために明かりを点け消しする簡単な照明係として、きっと何一つトラブルなく進められるであろう「事件」に立ち合わせていただけることになった。今からとても楽しみである。


《追伸:関連ツイートです…》
gajumui

ちょいとお手伝いしている上映会の宣伝。宣伝しているつもりなんですが。はたして宣伝になっているのか不安なのですが。/“ジョン・ラーベ ~南京のシンドラー~”の上映会という事件 http://t.co/1IVzF9Sc35
11-26 16:36

@yagiutina いえいえ違います。私、MCの方に照明を当てるだけです(汗) でも、是非おいで下さいませ。
11-26 20:00