FC2ブログ

みんなで花火を見て、みんなで楽しく帰るんだ!

【8月7日追伸】
台風13号の影響で、狛江市の花火は中止となりました。
「みんなで花火」は、たとえ花火が中止になっても、さほどの大雨でなければ決行する予定でしたが、さすがに台風には逆らえず、ことらも残念ながら中止とさせていただくことになりました。楽しみにしていた皆さん、ホントにごめんなさい。絶対にまたの機会を作ろうと思っています。その時はまたよろしくお願い申し上げます。



色々な方々と普段から交流し、お互いを知るために何かをやろう。
そうして毎回テーマを決めての催しを継続的にやっていこう。
第二回定例会のお知らせです。

みんなで◯◯こまえ

さて8月はみんなで何をしようか。
そうだ、花火があるんだから、みんなで花火を見よう!

そこで市役所に相談しました。
「車椅子の友達たちと花火を見たいのですが」
「障がい者用の観覧席を用意していますよ」
「そうじゃなくて、一緒に見たいのです」
「なるほど、そういうことなら検討させてください」

市役所の職員さんたちは考えてくださいました。南部地域センターは、花火の日、なにかあった時のために全館市役所が押さえている、その中から部屋を二つほど、私たちに開放してくださることになりました。
「やった!」

地域センターの部屋が会場なので、たとえ大雨で花火が中止になっても、このイベントは予定通り行います。余興のできる舞台もあるしね。

最初は内輪でと思ったのですが、お借りできた部屋はけっこう広い。素敵なスペースです。こうなったらなるべく多くの人と楽しみたい、だって「みんなで」なんだから。
というわけで、一週間前から、広く告知することにしました。

狛江の市役所の皆様、色々なご配慮、ありがとうございました!

みんなで花火&みんなで帰ろうこまえ
日時:8月8日(水) 16時~20時
※花火は20時半までですが、私たちは駅が込む前に、20時で切り上げてみんなで駅に向かいます。花火を眺めながら!
場所:狛江市南部地域センター2階和室(和室ですが車椅子も入れます)
主催:みんなで◯◯こまえ
会費:500円 ※おにぎりとおつまみ付き
※持ち寄り持ち込み大歓迎!
※舞台があるので、余興も歓迎!


【準備の関係があるので、必ずご予約ください!】
※車椅子でご参加される方は到着時間をお知らせください。時間が合えば駅などから会場までご一緒したいと思います。
TEL:03-3489-2246 M.A.P.(担当うぶかた)
FAX:03-3489-2279


【会場の地図】
南部地域センターの地図

【花火タイムテーブル】
花火のタイムテーブル

狛江の花火大会

延期となりましたm(__)m「“うちなー噺”Vol.3は金城哲夫でシュワッチ!!」

7月27日10時、台風12号の影響を考慮し、本イベントは中止・延期とさせていただくことに決定しました。参加を予定してくださっていた皆様には、大変ご迷惑をお掛けしますが、どうかご理解いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

なお、本イベントは、9月1日の土曜日に、同じ演目、同じタイムスケジュールで開催します。またあらためて告知記事を作成しますので、よろしくお願い申し上げます。


志ぃさーのうちなー噺 金城哲夫を大特集
吉屋チルー物語

ウルトラマンの産みの親、金城哲夫生誕80年記念。沖縄の唄と躍りにのせて、金城哲夫唯一の映画監督作品『吉屋チルー物語』の上映と、うちな~噺家 志ぃさーによる高座『ウルトラ哲夫』の一席を皆様にお届けします。

《演目》
吉屋チルー物語
 ※金城哲夫監督映画、全編うちなーぐち、日本語字幕つきで上映!
琉球舞踊と?の前座、そして…
高座“ウルトラ哲夫”

《出演》
うちなー噺:志ぃさーこと藤木勇人
琉球舞踊:宇夫方路(踊り)、高山正樹(地謡?)

藤木さんからあらすじが届きました。
沖縄で生まれた金城哲夫は、祖師ヶ谷大蔵でウルトラマンを生み出した。しかし、ウルトラ兄弟一番のアイドル、ウルトラセブンを最後に世に送り出し、彼は沖縄に引き上げた。それはいったい何故なのか?沖縄に帰る事を決めた夜の金城家、その楽しくも物悲しい一席。

日時:7月28日(土) ①13:00~ ②17:00~
   (各回定員30名、開場は開演の30分前)
会場:M.A.P.
  (小田急線喜多見駅徒歩5分)
  狛江市岩戸北4-10-7-2F 島田歯科の2階
  ⇒会場アクセス
料金:3,000円

御予約・お問合せ:M.A.P.(03-3489-2246)
  ⇒Facebookのイベント
調子よくないので、もうひとつイベントを立てました。
  ⇒ふたつ目のFacebookのイベント

【藤木勇人(志ぃさー)メッセージ】
今年は、ウルトラマンの産みの親、沖縄南風原出身、金城哲夫さん生誕80年の節目です。
それで、金城哲夫さんの功績に敬意を表し、金城家から許可を頂き、彼が若き日に沖縄オールロケで撮影監督た作品『吉屋チルー物語』の上映(初、字幕付上映)と、金城哲夫氏が円谷プロを辞めて沖縄に帰ることを決めた日の、祖師ヶ谷大蔵にあった金城家の夜を創作物語にした私の作品、高座噺『ウルトラ哲夫』の一席、沖縄の唄サンシン・舞と合わせて、盛り沢山の内容で公演します。
昼・夜2回公演で木戸銭3千円となっております。どうぞ、興味のある方、お時間のある方のお越しをお待ちしております。


【藤木勇人(ふじきはやと)プロフィール】
〈高座名〉うちな〜噺家 志ぃさー(しぃさー)
1961年1月9日生まれ
1985年 劇団「笑築過激団」入団。
1986年 「りんけんバンド」加入。
1991年 「笑築過激団」退団後、「りんけんバンド」専属となる。
1993年 「りんけんバンド」からも独立。
     落語家立川志の輔に師事、沖縄・東京での一人ゆんたく芝居定期公演を開始
1998年 「第32回沖縄タイムス芸術選賞〈演劇部門〉」奨励賞受賞。
2001年 東京公演で活動が認められNHKテレビ小説「ちゅらさん」に出演。
     沖縄料理店『ゆがふ』店長役&沖縄ことば指導担当。
2007年 「沖縄かりゆし寄席」座長公演開始
2008年 関東での「ゆんたく独演会」開始
2010年 立川志の輔の番外編弟子として正式に認められる。
2011年 NHKBSプレミアム『テンペスト』出演
2013年 志の輔より名前をもらい、立川志ぃさーに改名。
     現在は立川を返上し、高座名 志ぃさーで活動中。

吉屋チルー物語チラシ

吉屋チルー物語チラシ2

続きを読む

tag: 藤木勇人 

M.A.P.沖縄関連教室の御案内

M.A.P.沖縄関連教室の御案内
 ※今後変更があった場合、当記事を修正し、Twitter等でお知らせします。



【M.A.P.琉球舞踊教室のご案内】
基本からお教えします。
・「歩み」は、若い方は体幹を鍛えるのに最適です。
・「手踊り」は、ご高齢の方の体力維持、ボケ防止にお勧め。
・また、本格的に沖縄でのコンクール受験を目指すこともできます。
・三線教室メンバーの生の地謡でも踊ります。
・舞台その他公演の出演機会も多々あります。

 ※一般クラスの木曜日の稽古は、“はいさい”主催となります。

(1)一般クラス
  毎週 火・木曜日 19時~21時(※木曜日は“はいさい”主催)
  (昼の時間を御希望の方はお問合せ下さい)
  ※入会金:7,000円
  ※月謝:基本月4回7,000円(単発1回2千円)
(2)子供クラス
  日時応相談
  ※入会金:6,000円
  ※月謝:基本月4回6,000円

【出張教室】
 ●厚木カルチャーセンター
  毎月第二第四月曜日13:00~15:00 
  ※受講料3ヶ月14,256円
 ●コーポ下鶴間教室
  毎月基本第一第三日曜日10:00~12:00 
  ※受講料1回2,500円

※ご希望があればエイサーもお教えします。

(さらに琉球舞踊を本格的に習いたい方は…)
●玉城流喜天の会 宇夫方路琉球舞踊研究所
 ※入所金:10,000円
 ※月謝:10,000円
 (基本月6回、日時は各生徒さんの事情により応相談)



【M.A.P.三線教室のご案内】
基本は琉球古典音楽安冨祖流三線の教室です。
・琉球舞踊の地謡ができるようになれば、楽しみも歓びも倍増します。
・POPな曲やエイサーの曲、民謡など、何にでも挑戦したいと考えています。


(1)一般クラス
  毎月第一第三 金曜日 19時~21時
  ※稽古料:各月の1回目2,500円、2回目1,500円
  ※お休みした日はいただきません。
(2)一般昼クラス
  ※木曜日で検討中
(3)子供クラス
  毎月第一第三 金曜日 17時~19時半の間で1時間
  ※月謝:月2回3,000円

【出張教室】
 ●厚木カルチャーセンター「超入門 はじめての沖縄三線」
  毎月第二第四月曜日10:30~12:00 
  ※受講料3ヶ月14,256円



《Facebookの関連ページ》
 ⇒チームはいさい
 ⇒Mapの沖縄・奄美
 ※以下はグループなので、Facebookにアカウントを持っていないと見られません。
 ⇒琉球舞踊同好会
 ⇒沖縄とM.A.P.(エムエイピイ)

tag: MAP琉球舞踊教室  MAP三線教室 

M.A.P.へのアクセスは…

M.A.P.の場所のご案内。

小田急線の喜多見駅(新宿から20分~30分)より徒歩5分です。
MAPのMAP

※2017年12月21日、新しい手書きの地図をアップ!
NEWマップのMAP

喜多見駅からのご案内動画もあります。

狛江市岩戸北4-10-7-2F (03-3489-2246)
※島田歯科の上の階です。

バスでお越しの方は…
小田急バス調布駅南口より渋谷行または二子玉川行「二の橋」徒歩4分。
※ということは、二子玉川から調布駅南口行きに乗ってもいいわけですね。

※2018年3月29日追記
貸小屋イベントで主催者作成チラシに掲載された地図です。
東が上ですがいい感じ。きっとウチの手書き地図を参考にされたんでしょうね。だって、実はローソン、まだオーナーが決まらず看板も出ていないのですから(笑)
デザインされた方にお願いして、使わせていただくことにしました。

新しい地図

※地図の著作権に関しては、色々複雑な事情があるのです。なにしろウチは地図関連の仕事をしている会社なので…
でも、まあややこしい話はここではやめましょう。

続きを読む

山猫合奏団の“東京ニャイト倶楽部” だよ!

山猫合奏団のラジオ番組があります。
“山猫合奏団 東京ニャイト倶楽部”
月一回30分というなんとも控えめではありますが、
岡山県津山市にあるコミュニティ局“FMつやま”で放送中です。
FMつやまロゴ
毎回、山猫合奏団のおじさん3人とちょっと若いおじさん1人の4人(時々欠けますが)と忙しくないときはおばさん1人加わり、時にはゲストを交えて語っちゃってます。

放送時間は……
毎月第一火曜日の夜9時30分(21:30)からの30分
※放送された次の週に再放送があります。
(再放送)毎月第二火曜日の夜9時30分(21:30)からの30分

ネットでもライブで聴くことができます。
 ⇒http://www.fm-tsuyama.jp/(FMつやまTOP)
 ⇒http://www.fm-tsuyama.jp…(ON_AIR!)

つまり、本日は放送日ということですね。
先月と今月、2回ほど高山正樹は忙しくて収録に参加できませんでしたが、さて、高山正樹抜きの今夜の番組、どんな仕上がりになっているでしょうか。

もう、お前は要らないって言われそう…

tag: 山猫合奏団  FMつやま 

「京太郎の歌」のチラシは大きい方がいい

大震災から358日目……

画像をサムネイルで表示しておいて、クリックすると大きく表示するという至極当たり前の機能が、何故か旧ブログではうまく使えなかった。新しいブログはいわゆる誰もが使える既存のブログシステムだから、特段研究しなくてもたいがいのことは簡単に出来る。
今月29日に新大久保のR'sアートコートで行われる「京太郎(チョンダラー)の歌」を告知したのは先月の14日だが、その記事にもチラシをサムネイルで小さく載せてクリックすると拡大されるようにして、無邪気に出来た出来たと喜んだ。
 →「京太郎の歌」の告知記事
しかしサムネイルというのはなんだか寂しいのである。

というわけで……

「京太郎の歌」フライヤー表

やっぱり、こっちの方が賑やかでいい。

また、その告知記事だが、チラシの裏面を大きく表示してもなお地図が見にくかったので、拡大図を追加した。
こちらはサムネイルで……
新大久保R'sアートコートの地図

【この日、呟いたこと】
 gajumui

今からユタ買いに……。報告は夜にでも。しばし待たれ。実は「朗読」と関係ある深いハナシ。
03-03 12:34


12:41、事務所外の線量……
0.07μSv/h(DoseRAE2,RADEXは参考)
12年3月3日の事務所外の空間線量

この比率とは何の比率なのでしょうか。このまま経口摂取した場合、Sv換算した比率はどのくらいになるのでしょうか。 @hayano 福島県・茨城県沖における海域モニタ…、Sr-90/Cs-137比率は6.8%
03-03 21:34

「ユタ買い」と言ったのは冗談。実は奄美のユタの方の話を聞いてきた。「朗読」と関係すると言ったのは「憑依」について考えていたのだ。ちっぽけな「朗読」とは比べ物にならない「語り物」の世界。去年書いたブログですが→/異界と交信する琵琶法師 http://t.co/EgTBL0g9
03-03 21:54

黙考しているところへ気になる呟きが流れてきたので思わず質問してみたものの返事が来る様子無し。自分で勉強しろってなことかもしれないが、人間そうそう放射能なんかに関わりあっているほどヒマではないのだ。それを代わりに考えて教えるのがそれで儲けてるあんたらの仕事だろうと言いたくなった。
03-03 22:06

専門家がまともな仕事をしないので、結局自分たちで勉強するしかない。原発事故の所為で、本来なら費やされずに済んだ「勉強時間」の総量は、いったいどれだけだろう。事故がなければ、その膨大な時間は価値あるものを生み出すことに使われていたはず。考えれば考えるほど腹立たしい。
03-03 22:20

tag: 新城亘  京太郎の歌  MAP事務所の線量 

「沖縄は訴える」と「沖縄戦新聞」

すでに鳩山政権は無くなり、後を継いだ菅政権も支持率が下がり、普天間の問題は消費税の影に隠れて、まるで終わったことのような有様。

というわけで今更ではあるのですが、というか、むしろだからこそあらためて……

先の5月におこなった西山監督の映画上映会の際、会場で販売した琉球新報社刊「沖縄は訴える」および「沖縄戦新聞」を、遅ればせながら“M.A.P.販売サイト”“楽天市場沖縄map”で扱うことにしました。
null null
「沖縄は訴える」は4・25県民大会の模様をはじめ、現在の沖縄米軍基地の実態を伝えた大判グラフ書籍、また「沖縄戦新聞」は、太平洋戦争時、もし正しく戦況を伝える新聞があったとしたら、こんな新聞であっただろうと、琉球新報が精力を込めて制作した仮想新聞です。
null
どちらも日本(本土・内地・大和、うまい言葉がみつかりません)の書店では購入困難なものです。

是非、この機会にお買い求めください。
 ⇒“M.A.P.販売サイト”から購入
 ⇒楽天市場「沖縄は訴える」のページ
 ⇒楽天市場「沖縄戦新聞」のページ

tag: 「沖縄戦新聞」  「沖縄は訴える」  楽天市場  普天間  沖縄戦