FC2ブログ

今年の文化フェスティバルのテーマは“舞”

“音楽の街-狛江”主催の文化フェスティバル、今年のテーマは「舞」ということで、声が掛かりいました。
とりあえず、チラシをアップして告知です。

文化フェスティバル表

文化フェスティバル裏

tag: 琉球舞踊  エコルマホール 

島尾伸三さん、今回は“せごどん”の闇を語っちゃうの!?

島尾伸三と奄美の黒糖酒を飲もう会!
 ~父は福島県相馬、母は奄美、その子伸三の複眼は、世界を冷徹に批評する~


《これまでの歴史》
 ●Vol.1 島尾伸三と奄美の秘蔵の黒糖酒を飲もう会!
  ⇒【当日の記事】(2014年3月2日)※“喜多見と狛江の小さな映画祭+α”2014年3月定例会
 ●Vol.2 島尾伸三と奄美の黒糖酒を飲もう会 テーマは中国雑貨!
  ⇒【当日の記事】(2014年7月21日)
 ●Vol.3 島尾伸三が語る父(島尾敏雄)と母(島尾ミホ)
  ⇒【当日の記事】(2016年1月31日)※喜多見と狛江で沖縄映画祭 特別企画 ①
 ●Vol.4島尾伸三が語る『狂うひと』,その他のこと
  ⇒【当日の記事】(2017年1月28日)※第3回 喜多見と狛江で小さな沖縄映画祭+α 特別企画1
 ●Vol.5 島尾伸三が「奄美」を語る
  ⇒【当日の記事】(2018年1月27日)※キタコマ沖縄映画祭2018 プログラム⑥


そしてVol.6は…
島尾伸三が“せごどん”の闇を語る

確か前回、今年の1月に島尾さんが来た時だと思う。島尾さんがこんなことを言った。
「大河ドラマとかで奄美で暮らした西郷隆盛なんかをやると、奄美の人はみんな西郷さんはいい人だって、せごどんせごどんなんてファンになっちゃったりするけど、でも実は、西郷隆盛は、けっこう奄美に悪いことしたんですよ」
いやいや、それは面白そうな話ではないか。こいつは是非とも聞きたい。そしてなんとしても、せごどんブームの内に、絶対やろう!と、この企画になったのです。
しかし、どうもNHKの今年の大河は、どうやら視聴率過去最低だとか。企画失敗?いやいや、それはそれ。かえって世間から反感を買わずに済むと、いいように考えましょう。
はたして、島尾伸三さんは、どんな西郷隆盛の実相を語ってくれるのでそうか。今から楽しみです。

日時:10月20日(土)16時開演 (開場は15時半)
会場:M.A.P.
 狛江市岩戸北4-10-7-2F
 小田急線喜多見駅徒歩5分 島田歯科2階
   ⇒会場へのアクセス
会費:2,500円
※お酒を飲まない方は1,500円
 黒糖焼酎あるだけ 飲み放題
 (おつまみの持ち込み大歓迎です。)

ご予約・お問合せ:M.A.P. 03-3489-2246

Facebookのイベント

【島尾伸三さんの御紹介】
島尾伸三さん日本の写真家、作家。
1948年に神戸で生まれ、奄美大島で育つ。
1974年、東京造形大学造形学部写真専攻科卒業。
1978年に写真家の潮田登久子と結婚し、ともに中国香港の庶民生活をリポート。
父は作家の島尾敏雄、母は島尾ミホ。娘は漫画家のしまおまほ。


沖縄大百科事典より…
西郷隆盛
せごどん(前略)
奄美に2度流された。安政の大獄のとき3年間大島竜郷村に、次は島津久光の怒りにふれ徳之島に、さらに沖永良部島へ、この時は牢込めで死を覚悟するが、間切横目の土持政照の親切で助かった。竜郷からは人材が多出、安易に彼の影響と結びつけるのは誤りで、経済的文化的にそういうエネルギーのあるところを、代官所にいた友人が潜居地として選んだとみるのが妥当。子弟の養成では同じころの遠い島人重野安繹に及ばず、かち得た尊敬も『南島雑話』の著者名越左源太が上。島の娘愛可那と結ばれてからは荒れていた気も休まり島民ともなじむ。また藩の苛政に怒り行動を起こす。しかし、明治になり、鹿児島県が砂糖専売制度の実質的継続をはかったときはこれに手を貸し、島民解放よりも県士族救済を優先したのは彼の限界であろう。島妻との間に一男一女がある。

※手書きのチラシを作成しました。
せごどんの闇チラシ

tag: 島尾伸三