急きょ決定!“サダコの鶴〜地球をつなぐ”上映会

急きょイベントが決まりました。
貸小屋企画です。

“サダコの鶴〜地球をつなぐ”上映
~増山麗奈監督×小野寺とおるトークショー~
主催: 緑のハーモニー調布

サダコの鶴

折り鶴の少女として知られる佐々木禎子さん。70年前広島の原爆で被爆し、白血病で亡くなった。その彼女が現代に蘇り、福島の原発事故を体験した少年と沖縄で出会う。二人は、辺野古や国会前、アメリカやイラクなど、戦争にまつわる場所を訪れ、 誰もが損をする戦争の実態を目撃する…



日時:6月27日(火) 開場18時半 開演19時
会場:M.A.P.
 03-3489-2246
  (小田急線喜多見駅徒歩5分)
  狛江市岩戸北4-10-7-2F 島田歯科の2階
  ⇒会場アクセス
参加費:1,000円

増山麗奈公式Webサイト
Facebookのイベント


【小屋主の呟き】
実際に会うまでは、有名人なら敬称を付けない方がしっくりくる。
このM.A.P.というスペースにも、ずいぶんいろんな人が来た。「加藤登紀子」も「菅直人」も、敬称抜きに躊躇するようになってしまった。それがいいことなのかどうか…

あらためて考えてみると、有名人増山麗奈について、ボクは殆ど何も知らない。ただ、ネットの世界から流れて来るいい加減な情報、特に信じているわけでもない情報で、なんとなく漠とした「増山麗奈の印象」が、いつのまにか僕の中にも出来上がっている。ネットなんて、いつだってそんなものなのではあるが。

ふと、ボクは本当に「まつろわぬ民」の側に立っているのだろうか、と、考え始めた。

“まつろわぬ民”とメディアは、本質的に相容れるものではない。たまに「心ある」メディアが金城実の如き「鬼」を取り上げることがあるにしても、実さんは決して視聴率の取れない無名のオジイではない。

“まつろわぬ民”と選挙も同様、選挙のシステムは徹底的に「鬼」に対して冷たく構築されている。

だから、“まつろわぬ民”が選挙に出ようなどと考えたりすると、人々はその無謀を笑うのである。本当だったら怖れてもよさそうなのに、やはり笑うのである。何故か。人々にとって、そうした「無謀な鬼」は、いつも、例えばTVの画面の中にいる存在であって、雨も降らず風も吹かない安全地帯から、人々は薄められた「鬼」の、歪められたその無様(ぶざま)な姿を眺めているのである。

SNSという自ら発信できる新しいツールをせっかく獲得したのに、人々は意識してか無意識か、あたかも大きなメディアに手なずけられたポチのように、滑稽の烙印を貼られた「鬼」の姿を、FacebookやTwitterに投稿し、呟き、再生産し、拡散していく。同時に、自らの武器を腐らせていく。

このようにして我々は、権力に拮抗しようともがく鬼の角を折り、その毒を薄め、無力化することに加担している。

ボクは、選挙が大嫌いである。どんなに関わっても、というか関わらないし、たとえ関わることがあるすれば、大嫌いな選挙に喧嘩を売るためにのみ関わるのであり、などと…
いやいや、選挙に関わるつもりなど一切ない。にもかかわらず、この詰まらぬ選挙のシステムをぶち壊すためには、当面選挙に勝つしか手がないというならば、徹底的に泡沫候補の側に立とうと思い始めた。シャクシャインの末裔でありたいと、この期に及んで強く思い始めたのである。

増山麗奈は「まつろわぬ民=鬼」なのかどうか、ボクは知らない。だが、少なくとも27日にやって来る生の彼女は、社民党の公認を受けて選挙に立ち、無責任な人々から烙印を押された「増山麗奈」ではない。彼女の頭に角が生えているかどうか、間近で確かめることが出来るのを、心から楽しみにしている。そしてその後、はたして僕は「増山麗奈さん」のことについて、いったいどう書くのだろうか。
(文責:高山正樹)

【沖縄版の予告編】


第五回“喜多見と狛江の小さな映画祭+α”

すでに仮チラシはアップしましたが、いよいよ正式告知記事を暫定アップします。

第五回 喜多見と狛江の小さな映画祭+α

※情報は変更。追加される場合があります。変更は都度修正し、またTwitterやFacebook(映画祭のグループ映画祭のページ)等でもご案内します。
最新の情報にご注意くださいますようお願いいたします。


期間:8月20(日)・23日(水)~27日(日)
会場:
(1)M.A.P.(狛江市岩戸北4-10-7-2F 島田歯科の上)小田急線喜多見駅徒歩5分
(2)甘味処わらびー(世田谷区喜多見8-11-18)小田急線喜多見駅徒歩5分
(3)狛江市西河原公民館ホール(狛江市元和泉2-35-1)狛江駅徒歩15分(バスあり)
(4)狛江市中央公民館講座室(和泉本町1-1-5)狛江駅徒歩5分

2017キタコマ映画祭地図

料金:
 ●前売り 1,000円(当日 1,200円)
  ※介助が必要な方は、お二人で一人分の料金またはチケット1枚
  ※なお、M.A.P.会場は車椅子の対応ができていません。どうぞお問合せ下さい。

 ●学生及び75歳以上 前売り 500円(当日 700円)
  ※受付で学生証・保険証等を提示してください。

電話予約:03-3489-2246(M.A.P. 担当うぶかた)

スケジュール:
※カッコ番号は会場番号です。
 ※表題をクリックすると順次各プログラムの詳細記事が開くようになります。


8月20日(日)
 ●10:00「あの、夏の日 とんでろじいちゃん」(~12:03終了)(3)
 ○12:30
 ●18:00「ヒロシマわが愛」(~19:30終了)(3)
8月23日(水)
 ●10:30「FAKE」(~12:19終了)(1)
 ●14:00「天皇と軍隊」(~15:30終了)(1)
 ●19:00「あの、夏の日 とんでろじいちゃん」(~21:03終了)(2)
8月24日(木)
 ●10:30「第九条」(~11:48終了)(4)
 ●13:00「フリークス」(~14:30終了)(4)
 ●16:00「あだ名ゲーム」&「食べる」+トーク(~17:40頃終了)(4)
 ○19:00 耳なし芳一,他(~20:30頃終了)(4)
8月25日(金)
 ●13:00「日本心中 針生一郎・日本を丸ごと抱え込んでしまった男(~14:27終了)(1)
 ●16:00「断食芸人」(~17:49終了)(1)
 ●19:00「FAKE」(~20:49終了)(1)
8月26日(土)
 ●11:00「フリークス」(~12:30終了)(1)
 ●14:30「ヒロシマわが愛」(~16:01終了)(1)
 ●18:00「第九条」(~19:18終了)(1)
8月27日(日)
 ●10:30「赤軍PFLP・世界戦争宣言」+足立正生監督トーク(~12:30頃終了)(1)
 ●13:30「9.11-8.15 日本心中」+足立正生vs鈴木邦男(~17:00頃終了)(1)
 ●18:00「天皇と軍隊」+鈴木邦男トーク(~20:30頃終了)(1)

 ⇒オフィシャルHP
 ⇒FBの映画祭総合イベント(準備中)

きんたの会の公演を告知するそのワケは…

きんたの会第四回エコルマ公演
歩みをとめず

裏は…
歩みをとめず裏

何故告知したのか?
それは後日。

ハワイと沖縄 ~南の風が伝えた物語~

日系二世映画上映と“うちなー噺”という異色のコラボ!がM.A.P.で実現します。
ハワイと沖縄の根底に流れる共通するものとは…?
ハワイと沖縄 ~南の風が伝えた物語~

日時:7月29日(土) ①13:00~ ②17:00~ (各回定員30名)
会場:M.A.P. (狛江市岩戸北4-10-7 2F)
料金:3,000円
御予約・お問合せ:
   M.A.P.(03-3489-2246)/NPO法人NAC-J(090-3501-1249)
            
※チラシをクリックすると大きくなります。
日系二世映画の上映とうちなー噺

まず小さな会場で生のフラダンスを、間近にご覧いただきます。
続けて映画上映
Go for broke! ハワイ日系二世の記憶
ドキュメンタリー(93分/2012年)
監督:松元裕之
ホノルル・フィムル・アヲード〈ベスト・オブ・ハワイ〉受賞
マウイ映画祭プレミア上映作品


上映後松元監督志ぃさー(藤木勇人)さんのトーク。
そして最後に“志ぃさーのうちなー噺”でお楽しみいただきます。

※“Go for broke!ハワイ日系二世の記憶”は2014年第2回喜多見と狛江の小さな映画祭でも取り上げました。その時の告知文を再掲します。

わたしが目にしたオールド・ハワイの日系社会
わたしが経験した戦争の真実
すべての記憶を、今ここに語ろう・・・


いま

むかし

年間多くの日本人観光客が訪れるハワイでは、それほど英語の必要がなく、地元の人々が歓迎してくれます。しかしそれも、日系移民の末裔の人々が長い年月をかけて、ハワイの社会に果たして来た役割に負うところが大きいのです。その日系人の立場を好転させ飛躍的に向上させたのが、二世の大戦時の功労でした。本作は、日系二世の退役軍人とその妻たち34名のインタビューを中心にまとめられたドキュメンタリーです。





【藤木勇人(ふじきはやと)プロフィール】
〈高座名〉うちな〜噺家 志ぃさー(しぃさー)
1961年1月9日生まれ
1985年 劇団「笑築過激団」入団。
1986年 「りんけんバンド」加入。
1991年 「笑築過激団」退団後、「りんけんバンド」専属となる。
1993年 「りんけんバンド」からも独立。
     落語家立川志の輔に師事、沖縄・東京での一人ゆんたく芝居定期公演を開始
1998年 「第32回沖縄タイムス芸術選賞〈演劇部門〉」奨励賞受賞。
2001年 東京公演で活動が認められNHKテレビ小説「ちゅらさん」に出演。
     沖縄料理店『ゆがふ』店長役&沖縄ことば指導担当。
2007年 「沖縄かりゆし寄席」座長公演開始
2008年 関東での「ゆんたく独演会」開始
2010年 立川志の輔の番外編弟子として正式に認められる。
2011年 NHKBSプレミアム『テンペスト』出演
2013年 志の輔より名前をもらい、立川志ぃさーに改名。
     現在は立川を返上し、高座名 志ぃさーで活動中。

オマケ(2010年7月中野にて撮影)
null

東京電力の石崎芳行氏を迎える

取り急ぎ告知します。

「原発対話の会」Vol.19
東京電力復興本社代表の石崎芳行氏を迎えて

「福島第一原子力発電所の現状および福島復興本社の取り組みについて」

【石崎芳行氏プロフィール】
石崎芳行氏
1953年8月8日生
1977年3月 慶應義塾大学法学部卒業
1977年4月 東京電力株式会社入社
1999年7月 神奈川支店営業部長
2001年7月 広報部、電気事業連合会事務局派遣
2004年6月 広報部長
2007年6月 執行役員原子力・立地本部福島第二原子力発電所長
2010年6月 執行役員原子力・立地本部副本部長(~17年6月)立地地域部長(~12年6月)
2011年6月 執行役員福島原子力被災者支援対策本部副本部長(~13年1月)
2012年6月 常務執行役
2012年11月 代表執行役副社長、福島復興本社設立準備担当
2013年1月 福島復興本社代表(~17年6月) 兼 福島本部長(~17年6月)
2016年4月 東京電力ホールディングス株式会社に社名変更
2017年6月 福島担当特別顧問

●日時:7月23日(日) 14時 Start (開場30分前)
●参加費:500円
●会場:M.A.P.
 03-3489-2246
  (小田急線喜多見駅徒歩5分)
  狛江市岩戸北4-10-7-2F 島田歯科の2階
  ⇒会場アクセス

【タイムスケジュール】
14時~ 石崎芳行氏講演
   「福島第一原子力発電所の現状および福島復興本社の取り組みについて」
15時~ 質疑応答(1時間程度)

主催:原発対話の会
 ⇒FBのグループページ
 ⇒FBのイベントページ

続きを読む