fc2ブログ

沖縄からの風に思いをはせて、復帰50年記念イベント“かじうむい”

沖縄復帰50年記念イベント
かじうむい
日時:5月29日(日) 10時Start
場所:狛江駅北口えきまえ広場


共催:喜多見と狛江の小さな映画祭+α(キタコマ映画祭)
後援:沖縄県、南灯寮(沖縄県学生寮)、狛江市、東京沖縄県人会
   琉球新報、狛江ラジオ放送株式会社(コマラジ)
   ※増え次第、追加していきます。

ここ東京都狛江市には古くから沖縄県の学生寮「南灯寮」があり、沖縄とは縁のある街です。南灯寮の学生たちは、復帰記念日や寮祭などで、エイサーを踊りながら道ジュネー(練り歩く)をしたり、狛江市民まつりでもエイサーを披露したりと、地域の人たちとの交流を深めてきました。しかし、近年学生たちの意識が変わり、狛江市との関りが薄くなってきたと感じます。特にここ数年はコロナの影響もあって、寮生たちのエイサーも元気がなくなってきました。それは隣の世田谷区にある女子寮、沖英寮も同じような事情のようです。

私たちは10年ほど前から、沖縄映画祭などを開催し、沖縄の歴史、文化、芸能、また今の沖縄が抱える様々な問題、さらには沖縄の自然など、皆さんと一緒に沖縄を考えてきました。また、三線教室、琉球舞踊教室、胡弓教室などを開設、様々なイベントに参加したり、他の地域で活動されている研究所や教室の方たちとも、流派を超えて一緒に活動もしています。2019年に開局した狛江のコミュニティラジオ、コマラジでは、開局当時から「火曜の夜はまんちゃーひんちゃー」という番組で、沖縄のことを発信しています。

今年5月15日に、沖縄が日本に復帰して50年となります。今回の私たちのイベントで、皆様の沖縄愛が深まることになるとしたら、これほど嬉しいことはありません。

当日、駅前広場では、沖縄そば、タコライス、そして伊江島出身のオバア、金城さんが心を込めて作る、ソーキやテビチなどをキッチンカーで販売します。泡盛の銘柄数十種類が飲めたり、壺屋焼きなどを販売したり、三線を弾く体験ができたり、盛りだくさんのコーナーを設けます。また、あえてステージは作らず、広場の真ん中に毛遊び(沖縄の伝統的な遊び:いわばビーチパーリー)をイメージした輪の中で、市民も市外からのお客様もプロの演奏家もチャンプルー、琉球舞踊や、三線・ギター・ウクレレなんでもござれのオキナワ的精神で、みなさんと共に音楽を楽しみたいと思います。

実行委員一同、皆様のお越しを心から、ちむどんどんしながらお待ちしています。

※イベントタイトルの「かじうむい(風思い)」は、沖縄から吹いてくる風(声)に深く思いを馳せるという意味を込めました。

かじうむいチラシ1表

協賛:オリオンビール株式会社、沖縄企画ユンタクヤ、株式会社沖縄物産センター
  立ち呑み屋増田(中村)、坂口明子、石脇顕
  ※敬称を略させていただきました。増え次第、追加掲載します。

HP(キタコマ映画祭のサイト内)
Facebookのイベントページ
沖縄イベント情報サイト"箆柄暦(ぴらつかごよみ)"

喜多見と狛江の小さな映画祭+α(キタコマ映画祭)も共催で名前を連ねます。
そして「かじうむい」をプレイベントとして…
6月15日から19日までの5日間
第6回キタコマ沖縄映画祭の開催を決めました!
さらには、講演・展示なども企画し、沖縄の歴史や復帰後も抱えてている様々な沖縄の課題を、まずは知って、そこから一緒に沖縄を考える輪が、ここ狛江で拡がれば、と願っています。

国立劇場で沖縄芸能フェスティバル2022

gajumui

沖縄戦を体験した"うとぅすい"たちは、今、押し寄せる情報に耳を塞ぎ、打ち震えておられるのではないか、そう思ったら、唐突に涙があふれてきた。それなのに俺ときたら、如何にイベントを楽しいものにするかについて、頭を悩まさなければならないのだ。
04-14 17:58


でもさ。
だからこそさ。

かじうむい…

その前に、まずはこれです。

日本復帰50年記念
沖縄芸能フェスティバル2022

開催日時:2022年5月8日(日)
 昼の部 13:00開演(開場 12:15~)
 夜の部 18:00開演(開場 17:15~)

場所:国立劇場(大劇場)

沖縄芸能Fes2022

沖縄芸能Fes2022チラシ裏

宇夫方路女史のFacebookの投稿より
連休の最後、5月8日に、日本復帰50年記念“沖縄芸能フェスティバル2022”が国立劇場の大劇場で開催されます。
第1部が東京琉球舞踊協会の琉球舞踊、第2部は人間国宝西江喜春の独唱と宮城幸子の舞踊、そして第3部が沖縄ポップスと平田大一率いる現代版組踊と、盛りだくさんの内容です。
チケットは東京沖縄県人会のHPから購入できま~す。
 ⇒https://okikenjin.org/

FBグループ「琉球舞踊同好会」への投稿より
今回、宇夫方研究所のメンバーは、関りえ子琉球舞踊研究所と夜の部で四つ竹を踊ります。うちからは、中真ゆうき、新城弓子、中田弘子、佐藤究、新田そらが出演、国立劇場の大劇場の舞台で踊るのは最初で最後かな? そしてわたし宇夫方路も一緒に踊ります。ぜひこの機会に国立劇場に足をお運びくださいませ。
※新城弓子と佐藤究は昼の部にも参加
なお、夜の部の第1部、琉球舞踊の部では関りえ子が“高平良万才”でトリを務めます。
いらしたら、プログラムもご覧になってくださいね~、載っているのは名前だけですけど(笑)

県人会のHP以外でもチケット購入できます。
 ●銀座わしたショップ本店(SS席、S席のみ)
 ●全国のファミリーマート
 ●国立劇場チケット売り場(窓口販売のみ 10時~18時)