いまだ字幕作成作業中(最後の足掻き2)

明日から「喜多見と狛江の小さな映画祭+α」が始まります。
今回、全作品を日本語字幕付きで上映するという挑戦をしています。

実は、明日10時から上映する大林宣彦監督の「あの、夏の日 とんでろじいちゃん」の字幕が完成していません。
映画からの文字起こしはだいぶ前に終わっていたのですが、それをサブスクリーンに映す画像が、まだ完成していないのです。

なるべくメインのスクリーンを見て欲しい。そのために、台詞をどこで切って映せばいいのか。

耳の聴こえない方は、字幕を読むスピードが、いわゆる健常者よりも慣れているので早いと聞きました。だから、我々が字幕を楽に読み切れるくらいであれば、耳の聴こえない方はそれで画面も見ることが出来るだろうと。
とはいうものの、登場人物が喋っていない時は字幕もないというふうにしたい。その寸法に収めると、字幕を読むのに慣れていても、長すぎる場合が出て来る。その時は、役者さんが語る台詞のママではなく、省略しなければならない。洋画なら、むしろ楽、違う言語なので、ピッタリくる言葉を探せばいいわけですが、日本語を短い日本語にするのですから、どうしてもあまり変えるわけにはいかない。
台詞と台詞の間のちょっとした間、そこに黒味を入れるか入れないか、実に悩ましいのです。

さらに「あの、夏の日 とんでろじいちゃん」は、全編ほとんど尾道弁です。耳の聴こえない人にとって、それをそのまま文字起こしした方がいいのか、いわゆる標準語に変換したほうがいいのか。

まずは標準語で起こしてみました。でも今回は、尾道弁のママ、聞こえる音のママを字幕で表示しようということになりました。今、それを変換しながら、同時に字幕の長さも決め、黒味を入れたりして完成品を制作しているのですが、尾道弁の「にゃあ」とか「てゃ~」とか、なかなか聞き取れず、困難極まれりなのであります。

もしかしたら、この作品が一番大変かもしれません。

ここまでやって、はたして耳の聴こえない方が来てくださるのかどうか、全く見えません。今のところ、耳の聴こえない方からのご予約はありません。というか電話での御予約が難しいので、メールということになるのですが、そこに「聴覚障がいです」と明記されることはあまりありませんから。

字幕を期待して来られて、それが分かりにくいものだったらどうしよう、初の試み、今からドキドキしています。

何事も一歩一歩、そんな甘えを当事者の方が許してくださるのかどうか、泣いても笑っても、あと12時間後には上映が始まっています。

初日は、手話通訳の出来る実行委員が会場に詰めています。それで、簡単な開幕の挨拶もさせて頂こうと思っています。
どうぞ皆様、私たちの挑戦を、是非とも見届けに来てください。よろしくお願いします。

第五回 喜多見と狛江の小さな映画祭+α 上映作品1
「あの、夏の日 とんでろじいちゃん」(123分/1999年)

西河原公民館 ホール
9時半開場 10時Start
前売り 1,000円(当日1,200円)
※介助の方と御同伴の場合は、お二人で一人分の料金
※高校生以下・学生及び75歳以上 前売り 500円(当日700円)
会場にいらっしゃる前にご連絡いただければ、前売扱いとさせていただきます。
090-1651-6312(うぶかた携帯)

といっても、耳の聴こえない方は、電話ではご予約いただけないのだけれど…

なんやかんやで寂しくない

朝方、映画祭の記事を明日掲載しますと、東京新聞の記者の方から連絡があった。
その方は、自前で全ての作品に字幕を付けるという我々の試みに興味を待たれたらしい。記事に「聴覚障がい者」という文言を入れるかどうか、記者の方はまだ悩んでいた。取材の時にボクが話したことを、しっかり受け止めてくださっている。「バリアフリー」という言葉を使うと、それがバリアになって「健常者」が来なくなるということもあるらしい。集客にも気遣い、感謝である。

少なくとも、見出しにはそれっぽい言葉を使わないようにしたいと。しかしデスクは、どうやら「障がい者」とか、はっきりした文言が欲しいらしい。
「説得できるかどうか…」
「考慮してくださって、ありがとうございます。あとはそちらにお任せします」とお伝えする。さて、いったいどんな記事にしてくださるのか、明日を楽しみ。

明日、狛江市内で行われる二つのコンサートに映画祭と山猫祭りの仮チラシを折り込んでくださることになり、その準備作業に追われる。しかし、明日新聞に載ると、予約の電話がかかってくるかもしれない。コンサートに行っている間、電話番をしてくれる人はいないだろうか、などと考えているのだが、そんな人、いるわけがない。

事務所でひとり寂しく作業をしていると、嬉しい訪問。ホントに感謝。
といっても、明日留守番してくれるわけはない。

一昨日ちょっとお手伝いした映画上映会を主催された三人がいらっしゃった。訪問者の写真を撮っておけばよかった。寂しくないんだぞ、という証拠に。

新しい人、懐かしい人

なんだかんだと忙しい日。

新しい人。
新しい人たち
エンディーじんじんくりさん

詳細後日。

さて。
そして実に懐かしい二人が訪ねて来てくれた。
懐かしい人たち

FacebookもTwitterも、基本プライベートのことはアップしない。このことだって、プライベートのことでもないのだけれど、なんだかやっぱりこれはブログだけだなと思った。

しかし、もう6年以上になるんだねえ…
 ⇒http://mapafter5.blog.fc2.com/blog-entry-2162.html

tag: MAPの人 

もう午後10時半なんだけどね

毎月第二第四月曜日は厚木カルチャーに琉球舞踊を教えに行く日です。
今日は、それに加えて三線の体験教室がありました。

どうなるかなあ…
友だち増えるかなあ…

もう、午後10時半なんだけどね。
●

tag: 厚木教室  MAP琉球舞踊教室 

やっとこさ呟いた呟きふたつ

立つこともママならず、事務所のソファーでただただ寝て過ごす。
やっとこさ呟いた呟きふたつ。

休む間もなく明日です

明日です。

矢野ゆたかキューバ報告会
「駆け足旅行記 キューバの歴史と今」
 ⇒告知記事を読む

朝早く、映画祭のチラシを剥がす間もなく、その上に明日のチラシを貼りました。

矢野さんの会

その後、朝食を食べに行こうと表に出ると、そのチラシに見入っている若者がいる。聞けば2チャンネルで知って気になってここまで確認に来てみたのだという。

共産党で4期も市長を務めた矢野ゆたか氏。そのことで狛江市は「アカ」が多いとか言われる。実は意外に田舎の狛江。地主が強くて、町内会の繋がりが強くて、むしろ保守的な町かもしれない。そんな小さな市で矢野市長が4期もやれたのは何故なのか。「アカ」だけではその謎は解けないだろう。

夜になって、2チャンネルではどんな風にこのイベントを取り上げているのか、気になってネットで探して見ようと思ったのだが、2チャンネルそのものがよく分からない。
朝の若者は、はたして明日来るのだろうか。来たら聞いてみよう。ほんとに来たらおもしろいなあ…

矢野さんに、市長時代の、「相手方(右ばかりではなく)」から批判されたりもしているいくつかの「決定」について、そうせざるを得なかった事情など、あれこれと伺ったことがある。すると「そういうことを聞かれたのは、市長時代も、市長をやめてからも一度もなかった」とおっしゃられた。そして、だから聞いてくれるのはありがたいと。しみじみと「市長とは孤独だ」とも。

いずれ、きちんと「矢野市政を検証する会」をやりたいのです。明日は、そのプレイベントだと思っているのです。


ああ、それはそれとして、辺野古の海が、また殺され始めました。

映画祭で配っている仮チラシ

酉年の年賀状

去年も年賀状を書いたのは1月の2日だった。
今年も同じ。
2017年の年賀状

もちろん作ったのは宇夫方さん。ネットからダウンロードできる郵便局のソフトを使用。年賀状が売れなくなって、その対策で色々やってるんですねえ、郵便局も。

今年は沖縄映画祭のみの案内にしました。
可愛いニワトリの行列だったイラストも、闘鶏に差し替えてと頼みました。ウチナーグチで「タウチー」
なんだか今年はそんな気分なのです。

尖った映画祭になりそうな予感。

尖っても、それでもどうか、昨年と変わらずヨロシクお願いいたします。

車椅子の実験

Facebookに投稿した。
小さいお店の多い喜多見と狛江で、少しでもバリアフリーを実現するための実験を、世田谷の上田要さんの身体を張った協力のもと、島田歯科2階のM.A.P.に上がる試乗会を、業者の方と一緒に行います。
間もなく9時半過ぎからです。
また、結果は御報告します。


IMG_8051
IMG_8051 posted by (C)高山正樹

スカラモービルというドイツ製の昇降機。
狛江の情報誌「わっこ」からYさんが来ていたり…
狛江の市議会議員さんが立ち会ってくれていたり…
因みに自民党さんです。

動画をFacebookにアップしようとしたのだが、アップロードの途中で止まったきり、削除することも何にもできなくなった。
なので取り急ぎこちらにアップすることにしました。



車椅子ごと乗せて上がる機種の実験をしたかったのですが、うまく業者さんに伝わっておらず、この日は上田さんが乗ることはありませんでした。そのかわり、小生(高山正樹)が試乗してみました。なかなかいい感じ。しかし、それはいちおう障がいのない身体ならという話。この微かなガッタンゴットンが、例えば脊髄に何らかの問題を抱えているような方にはどうなんだろう、とか。
150万円だとか、170万円だとか、講習が必須だったりとか、諸々あって、どうやらすぐに導入というわけにはいきそうにありません。
他にも選択肢は色々あるようなので、焦らず研究してみたいと思います。

取り急ぎの御報告。

tag: 上田要 

頭で納得しようとするから上達しない

今日もお稽古です。

浜千鳥の稽古

若い女優さんたち。自分の舞台で踊る琉球舞踊。
覚えが早い。ウチの生徒さんたちと決定的に違うのは、彼女たちは稽古中ほとんど喋らない。ウチの生徒さんたちは、教えられたこと、気付いたことを、いちいち自分で解説する。
「あ、なるほど、足を出すのが遅かったんですね、ああそうか、分かった、分かりました」
たぶん分かってはいない。分かっていたのかもしれないが、きっと喋ったことで大方お忘れになっている。せっかく身体が納得しかけていたのに。
どうやら言葉にしてみないと不安なのかもしれない。そんなふうに、頭で納得しようとするからなかなか上達しない。

役者も然り、稽古場で、自分の演技をベラベラ解説したり弁解したりする役者に、ろくな役者はいないというのが常。

え?俺? さて…


【追伸】
目前に迫った舞台、お客様からお金を頂いて踊りをお見せしなければいけないのである。そうとなれば、稽古に集中するのは当たりまえ。要するに集中力の、というより集中の問題。集中するか否か、ただそれだけのこと。たぶん必死に覚えようとすれば言葉は自然に出なくなる。返事さえ虚ろになる。

つまり、もうちょっと集中してご覧あそばせ、ということですかな。
言うは易し行うは難し?

tag: 鈴木里実  高橋怜奈  琉球舞踊