“どんぐりと山猫”名古屋公演

名古屋に行ってきます。
久しぶりに一人語りの“どんぐりと山猫”です。
以下、主催者発表の内容のママです。


まちの音楽家シリーズコンサート2016
「音楽とともに語られる宮沢賢治」

文化小劇場13 館を会場として、地元で活躍する優秀な演奏家たちによる“ 地域密着型” のコンサートを開催する「まちの音楽家シリーズ」コンサート。

白石准率いる山猫合奏団は結成以来35年間、言葉と音楽の有機的な“合奏”を目指しています。
今回は1981年に白石准が書いた最初の作品“どんぐりと山猫”をおおくりします。
他に、白石准と一緒に音楽の研鑚を積んでいる守矢花梨のピアノ独奏と、白石准とは指揮者としても共演の多い名古屋芸術大学のクラリネットの教授、竹内雅一との火の出るようなアンサンブルをお楽しみください。
 
日時:2016年10月28日(金)13時半~(13時開場)
会場:中村文化小劇場
(TEL052-411-4565)
   ※名古屋市中村区中村町字茶ノ木25番地 中村公園文化プラザ3F
料金:一般1,000円
    友の会会員、障がい者手帳提示 900円
    ※未就学児入場不可。

出演:
白石准(ピアノ)
高山正樹(語り)

守矢花梨(ピアノ)
竹内雅一(クラリネット)

チケット取扱:
・中村文化小劇場 TEL052-411-4565
・名古屋市文化振興事業団チケットガイド TEL052-249-9387
・名古屋市文化振興事業団が管理運営する文化施設窓口(瑞穂文化小劇場を除く)

問い合せ:
中村文化小劇場 (TEL052-411-4565)
名古屋市文化振興事業団チケットガイド (TEL052-249-9387)

“どんぐりと山猫”名古屋公演チラシ

「ゼロから作る舞台」~山猫合奏団“どんぐりと山猫”

横浜市緑区民文化センターの企画で、山猫合奏団とのコラボです。
本番は来年の3月20日ですが、それまでに「舞台講座」が開催され、一般公募で参加されたスタッフの皆さんと、山猫合奏団の「どんぐりと山猫」の舞台公演を一緒に作ろうという試みです。

まずその舞台編が、9月11日の日曜日に開催されます。

取り急ぎチラシをアップ!
舞台講座のチラシ

tag: 山猫合奏団 

“山猫合奏団祭り2016”その5

“山猫合奏団祭り2016”第五夜
“セロ弾きのゴーシュ”
作:宮沢賢治
作曲:白石 准

Cello:大島 純
Piano:白石 准
言葉:高山正樹/楠 定憲

日時:9月30日(金)19時
会場:泉の森会館3階ホール

泉の森会館

入場料: 3,000円 ※中学生以下1,000円
    三枚綴 7,500円 ※3人でのご利用可!
お問い合わせ/ご予約:03-3489-2246 (M.A.P.うぶかた)

※会場は、車椅子のお客様に対応しています。
 ご不明の点があればお問合せ下さい。


セロ弾きチラシ・ケロ作

tag: 山猫合奏団 

“山猫合奏団祭り2016”その4

“山猫合奏団祭り2016”第四夜
“草野心平を奏でる”星ノ飛ブ夜ライブ

密談の始まりの時

“草野心平作品集”
作:草野心平
作曲:白石 准
言葉:高山正樹/楠 定憲
唄:西川郷子
Piano:白石 准
Cello:大島 純
Guitar:小沢あき

“ゲストライブ”
星ノ飛ブ夜(Vo:西川郷子、Gt:小沢あき)

日時:9月24日(土)18時
会場:プリモ芸術工房
(目黒区洗足2-23-11)東急目黒線「洗足」駅0分
プリモの地図
 
入場料: 3,000円 ※中学生以下1,000円
    三枚綴 7,500円 ※3人でのご利用可!
お問い合わせ/ご予約:03-3489-2246 (M.A.P.うぶかた)

tag: 山猫合奏団 

“山猫合奏団祭り2016”その3

“山猫合奏団祭り2016”第三夜(夜じゃないけど、午後だけど)
“走れメロス”星ノ飛ブ夜ライブ

“走れメロス”
作:太宰 治
作曲:白石 准
言葉:高山正樹/楠 定憲
Piano:白石 准

“ゲストライブ”
星ノ飛ブ夜(Vo:西川郷子、Gt:小沢あき)
※「冬の華」には白石准(Piano)と大島純(Cello)が参加。その他は??
西川郷子さん 小沢あきさん

日時:9月24日(土)14時
会場:プリモ芸術工房
(目黒区洗足2-23-11)東急目黒線「洗足」駅0分
プリモの地図
 
入場料: 3,000円 ※中学生以下1,000円
    三枚綴 7,500円 ※3人でのご利用可!
お問い合わせ/ご予約:03-3489-2246 (M.A.P.うぶかた)

【プログラム】
① ゲストライブ 星ノ飛ブ夜
 ※オマケ+山猫合奏団
② “走れメロス” 山猫合奏団

tag: 山猫合奏団  西川郷子  小沢あき 

“山猫合奏団祭り2016”その2

“山猫合奏団祭り2016”第二夜(夜じゃないけど、午後だけど)
“注文の多い料理店”“どんぐりと山猫”
作:宮沢賢治
作曲:白石 准

Piano連弾:白石 准+中川俊郎
言葉:楠 定憲/高山正樹

いつの写真だ?

日時:9月19日(月・祝)14時
会場:トーキョーコンサーツ・ラボ
トーキョーコンサーツ・ラボMAP

入場料: 3,000円 ※中学生以下1,000円
    三枚綴 7,500円 ※3人でのご利用可!
お問い合わせ/ご予約:03-3489-2246 (M.A.P.うぶかた)

やっぱり9月19日はどんぐりと山猫なのです…
山猫イラスト
おかしなはがきが、ある土曜日の夕がた、一郎のうちにきました。
かねた一郎さま 九月十九日
あなたは、ごきげんよろしいほで、けっこです。 あした、めんどなさいばんしますから、おいでんなさい。とびどぐもたないでくなさい。
山ねこ 拝


そして今回のどんぐりと山猫は、天才中川俊郎を迎えて、白石准との連弾でお送りします。
はたして、いったいどんな世界が現出するのか、メンバー一同、もう今からワクワクしているのです。


【中川俊郎プロフィール】
中川俊郎氏1958年東京生まれ。作曲家・ピアニスト。
桐朋学園大学音楽学部作曲科卒業。作曲を三善晃、ピアノを故・末光勝世、故・森安耀子各氏に師事。70歳になるジョン・ケージを迎えて行なわれた「MUSIC TODAY '82(武満徹企画構成)」の一環として開催された10周年記念国際作曲コンクールで、自作自演で第1位。ジョン・ケージにも高く評価される。88年村松賞、およびグループ「アール・レスピラン」の一員として中島健蔵音楽賞を受賞(現在は同グループを脱会)。現在、日本現代音楽協会理事、日本作曲家協議会理事。作曲家団体深新會会員。CM音楽の分野でも受賞多数。
1999年から2001年まで神奈川県立音楽堂のレジデント・アーティストグループ“トリオ・デュ・モンド”を、ヴァイオリン、箏、ピアノ(チェンバロ兼)という異例の編成で結成し、話題となる。2005年、曽我部清典、松平敬とともに双子座三重奏団を結成。今までの他のコラボレーションの相手には、コントラバス奏者・池松宏、邦楽囃子笛方の福原徹、ダンスカンパニー「パパ・タラフマラ」の演出家小池博史(この時は、音楽を担当しながら、舞台上で女装して、トイピアノを弾いた!)、映画「千と千尋の神隠し」の主題歌で知られる作曲家・歌手の木村弓などの各氏がいる。
東芝EMIから烏龍茶のCMばかり集めた“chai”、ピアノソロアルバムを兼ねた作品集“Cocoloni utao”、クラシックの名曲の中国楽器によるカバーアルバム“Chai Classic”をリリース。


youTubeで、こんな動画を見つけました。
中川俊郎氏は、今から40年近く前、山猫メンバー(白石・楠・高山)が住んでいたアパートに時々来てピアノを弾いて遊んでいました。今は弟子の新垣隆さんと時々遊んでいるようです。
なお、決してコントではありません(笑)



【本番前日に画像アップ】
白石准+中川俊郎
(リハを終えての白石准)
もっとも私に影響を与えた天才音楽家、中川俊郎(なかがわとしお=なっちゃん)と、昨日約20年ぶりに連弾をした。
“どんぐりと山猫”は1980年に書き始め、1981年から演奏している。オリジナル版はピアノ独奏と語り手一人。その後様々な編成での室内楽への編曲を試みてきたが、今年のこのヴァージョンはそれらとは違う面白さがある。
作曲の技術的訓練をまともには受けてこなかった自分の作品の機微を、多分最も音楽的に理解してくれる人がなっちゃんであることは間違いない。リハで弾きながら、彼が音楽的展開に触れて微笑んでくれたり指摘してくれるだけで嬉しく、初めて聴く四種の音響を、とても新鮮に感じていた。
感謝。
このチャンスを愉しまないと、バチがあたる。


「厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財」に関するTwitterでのやり取り

tag: 山猫合奏団 

“山猫合奏団祭り2016”その1

“山猫合奏団祭り2016”第一夜(夜じゃないけど、午後だけど)
イノック・アーデン
作:アルフレッド・テニスン
訳/上演台本:高山正樹(山猫合奏団)
作曲:リヒャルト・シュトラウス

出演:西村俊彦/高橋伶奈/高山正樹
Piano:白石 准

フィリップ・レイアニー・リー そしてイノック・アーデン
西村俊彦 高橋伶奈 高山正樹(イノック)

【あらすじ】
イノックとフィリップ、そして町一番の器量よしのアニーは幼馴染。やがてイノックはアニーに愛を告白し、フィリップ・レイはアニーへの想いを心に秘める。アニーはイノックと結婚する。あるとき、イノックは東洋への航海に出て遭難する。残されたアニーは次第に貧乏になっていく。フイリップは、そんなアニー家族の困窮を支えた。やがて10年が過ぎてもイノックは帰ってこない。アニーはイノックが死んだものと思い、子供達のため、フイリップと結婚する。
しかし、イノックは漂着した無人島でに生きていたのである…


この一週間の間に、原文と何種類もの訳文を、いったい何べん読んだことか。そうしているうちに、僕はどうしても最後に、イノックとアニーを会せてやりたいと思うようになった。これはきっと、禁断の企みである。
しかしボクは誘惑に負けて、今回の上演台本に、その仕掛けを密かに仕込んでしまった。その成否は俳優の腕にかかっている、などと言ったら、伶奈嬢に無用なプレッシャーをかけることになる。いや、何よりもイノック役を仰せつかった自らの墓穴を掘った。
全ては企んだ僕の責任である。
もう後には引けない。神の罰を受けるかもしれないが、それも東の果ての、さらに東にあるこの国にも、イノックが信じた神が存在していればの話である。
(文責:高山正樹)

日時:9月10日(土)14時
会場:プリモ芸術工房
(目黒区洗足2-23-11)東急目黒線「洗足」駅0分
プリモの地図
 
入場料: 3,000円 ※中学生以下1,000円
    三枚綴 7,500円 ※3人でのご利用可!
お問い合わせ/ご予約:03-3489-2246 (M.A.P.うぶかた)

tag: 山猫合奏団 

結成35年“山猫合奏団祭り2016”

山猫合奏団祭り2016

期間:9月10日(金)~30日(金)
会場:
(1)プリモ芸術工房(目黒区洗足2-23-11)東急目黒線「洗足」駅0分
(2)東京コンサーツ・ラボ(新宿区西早稲田2-3-18)都バス「西早稲田」バス停
(3)泉の森会館(狛江市元和泉1-8-12)小田急線「狛江」駅スグ
入場料:各回 3,000円 ※子供(中学生以下)1,000円
    三枚綴 7,500円 ※3人でご利用も可!
※お問い合わせ/ご予約:03-3489-2246 (M.A.P.うぶかた)

《上演スケジュール》
9月10日(土)14時~ プリモ芸術工房
“イノック・アーデン”他
作:アルフレッド・テニスン 訳:山猫合奏団 作曲:リヒャルト・シュトラウス
言葉:高山正樹/西村俊彦/高橋伶奈 Piano:白石 准

9月19日(月・祝)14時~ 東京コンサーツ・ラボ
“注文の多い料理店”&“どんぐりと山猫”
作:宮沢賢治 作曲:白石 准
Piano連弾:白石 准+中川俊郎 言葉:高山正樹/楠 定憲

9月24日(土) プリモ芸術工房
①14時~

“走れメロス”他
作:太宰 治 作曲:白石 准
言葉:高山正樹/楠 定憲 Piano:白石 准
ゲスト:星ノ飛ブ夜(Vo:西川郷子、Gt:小沢あき)
②18時~
“(仮)草野心平を奏でる”(新作予定)他
作:草野心平 作曲:白石 准
言葉:高山正樹/楠 定憲 Piano:白石 准
ゲスト:星ノ飛ブ夜(Vo:西川郷子、Gt:小沢あき)

9月30日(金)19時~ 泉の森会館
“セロ弾きのゴーシュ”他
作:宮沢賢治 作曲:白石 准
Cello:大島 純 Piano:白石 准 言葉:高山正樹/楠 定憲

仮チラシ(※8月7日アップ)
山猫合奏団祭り2016仮チラシ
仮チラシその2(※8月30アップ)
白黒仮チラシ

そして本チラシ(※9月1日アップ)
2016本チラシ表

2016本チラシ裏

神楽坂の “オ・シャンゼリゼ” で山猫合奏団

ぎゃ~!もう来週だ!
もう引っ張れない。緊急告知だ!!


会場は詩人草野心平のご長男の奥様がオーナーのお店。だから…
今回の主役は草野心平です!
でも、オーナーの奥様が、草野心平が発見した天才詩人の宮沢賢治も是非とも聞きたいとおっしゃるので、宮沢賢治もやるのです。

日時:2月19日(金)19時開場 19時30分開演
場所:オ・シャンゼリゼ
料金:3,000円(1ドリンク+おつまみ付き)

※山猫合奏団の演目が最終決定しました。(2月15日追記)
本間ゆかりさん企画のプログラムのあと…
なんたってオ・シャンゼリゼはシャンソンのライブハウスなのだから、シャンソンもやっちゃうことにしたのです!

シャンソン2題 歌:高山正樹 ネコ:楠 定憲 Piano:白石 准 Cero:大島 純
ミニコンサート Cero:大島純 Piano:白石准
“草野心平を奏でる” 言葉:楠 定憲、高山正樹 Piano:白石 准 Cero:大島 純
宮沢賢治“注文の多い料理店” 語り:楠 定憲 歌:高山正樹 Piano:白石 准

神楽坂で山猫合奏団

主催者、本間ゆかりさんのプロフィール
ぷろだくしょんバオバブ所属の声優であり、日本シャンソン協会の準会員として、震災以降は「こころのライブ」で季節の歌と詩の朗読を毎月続けて5年目になる。中野中央図書館でのお話会も20年目。

お問い合わせ、ご予約は、M.A.P.でも承っております。
03-3489-2246(担当うぶかた)

tag: 山猫合奏団 

「星ノ飛ブ 山猫ノ青ク光ル夜」がやって来る日

上々颱風の小さい方のボーカルは西川郷子さん。
その郷子さんのオリジナルを演奏するバンド “星ノ飛ブ夜” と、山猫合奏団の対バンが決まりました。

対バンなんて言葉、うちのメンバーだーれも知らなかったので、調べてみました。

対バン(たいバン)とは、ミュージシャンやバンド(主にロックやポップ)やアイドルが、ライブを行う際に単独名義ではなく複数のグループと共演(競演)することをいう。

ふ~ん…。僕ら、ロックでもポップでも、ましてやアイドルでもないけれど、なんだかワクワクしてきました。

題して…
星ノ飛ブ 山猫ノ青ク光ル夜
日時:3月20日(日) 17:00 Open 18:00 Start
場所:中目黒 楽屋
料金:前売り 3,000円
(当日3,500円)+1ドリンクオーダー


≪出演≫
星ノ飛ブ夜(Vo:西川郷子、Perc:関根真理、Gt:小沢あき)
山猫合奏団(Piano:白石准、Cello:大島純、言葉:楠定憲、高山正樹)

ご予約はM.A.P.でも承ります。
●03-3489-2246(担当うぶかた)

そして2016年2月21日
チラシを作ってみたけれど…

化学反応
こんなカラフルかしらん…
というわけで翌22日、ちょっと夜っぽくしてみました!

2016対バンチラシ
うんこれで行こう!
そして山猫合奏団の演目も決定しました!


どんぐりと山猫 チェロ入りバージョン
さらには、対バンならではのサプライズも…

一同(山猫は3匹ほど足りませんが)皆様のお越しをお待ちしております。
対バンだよ

楽屋(らくや)さんの地図も貼っておきましょう。
※中目黒から徒歩5分です。
楽屋アクセス

楽屋(らくや)美味しいアジアン料理のお店。皆様にお食事も楽しんで頂くため、開場時間を開演の1時間前(18時)に設定しました。どうぞお腹を空かせて、是非お早めにお越しください。

“星ノ飛ブ夜”の2015~16(冬~春)のチラシ
対バンチラシ1 対バンチラシ2

tag: 西川郷子  山猫合奏団