FC2ブログ

東京奏楽舎の正式告知【三笑亭夢丸 with 東京奏楽舎 in 深川江戸資料館】

昨年の5月20日に続いて、東京奏楽舎の深川江戸資料館での公演がいよいよ近づいてきました。

“三笑亭夢丸with東京奏楽舎公演「かがみ」”
日時:11月13日(土)14:00開演(開場30分前)
会場:深川江戸資料館
(東京都江東区白河1-3-28 TEL03-3630-8625)
アクセスマップ
料金:前売2,500円 当日2,800円 (全席自由席)
チケット等のお問合せ:M.A.P.(Tel:03-3489-2246 宇夫方)
お問合せフォームからも購入お申し込みできます。

【プログラム】
《第1部》
落語「辰巳の辻占」
元禄花見踊りの主題による変奏曲
(休憩)
《第2部》
コンサート「組曲 かがみ」
落語とクラシックのコラボ「かがみ」(夢丸新江戸噺)

【主催】
(株)M.A.P.
【協力】
日本音楽家ユニオン
落語芸術家協会
江東区深川江戸資料館

東京奏楽舎Official_Siteの案内ページ

東京奏楽舎深川公演のチラシ

今回、M.A.P.after5ではお馴染みの、宇夫方隆士氏が題字を、大槻紀子さんがイラストを担当してくださいました。感謝。今後、夢丸with東京奏楽舎の公演にはこのデザインを使っていく予定です。

深川江戸資料館の窓口では10月10日よりチケットの販売を開始しますしています。
なお、本公演のチケットをご提示いただくと、本公演の公演日である11月13日に限り、深川江戸資料館の入場料が通常300円のところ100円割引の200円となります。この機会に、リニューアルした深川江戸資料館もお楽しみください。

また、演芸研究家大友浩さんが9月8日に行われた上野文化会館の公演をブログで取り上げてくださいました。
 ⇒http://blog.livedoor…

本公演は、M.A.P.主催の公演となります。皆様のお越しを心よりお待ちしています。

(2016年3月27日に追記)
そして呟いた。
12:36
ようやく正式告知完了。東京新聞掲載になんとか間に合った。今から、チケットもって宣伝に回る!

tag: 宇夫方隆士  大槻紀子  東京奏楽舎  別ブログへ 

東京奏楽舎の季節の始まり【東京文化会館 創遊・楽落ライブ Vol.13】前日

先ほどちょっとお知らせしましたが……
いよいよ明日、三笑亭夢丸with東京奏楽舎が始動します。

日時:2010年9月8日(水)11:00〜12:00(10:30開場)
会場:東京文化会館小ホール(JR上野駅公園口徒歩1分)
主催:東京文化会館(公益財団法人東京都歴史文化財団)
    社団法人日本芸能実演家団体協議会(芸団協)
共催:社団法人落語芸術協会、日本音楽家ユニオン

〜創遊・楽落ライブVol.13〜
 《第1部》コンサート「組曲 かがみ」
 《第2部》落語とクラシックのコラボレーション「かがみ」(夢丸新江戸噺)
【出演】
 落語: 三笑亭夢丸
 演奏: 東京奏楽舎
      桃原健一(オーボエ)・大島純(チェロ)・菅野恵子(ピアノ)
      名田綾子(作曲)

 ⇒三笑亭夢丸with東京奏楽舎Official_Site
 ⇒東京文化会館サイトの案内ページ

本日、最終の合わせを新宿の芸能花伝舎で行いました。
null
音楽家ユニオンと芸団協の方も打ち合わせと見学に。
null
右が作曲をお願いした名田綾子さんです。
そして三笑亭夢丸師匠。
null null
普通、これほど打ち合わせや、音合わせに付き合ってくださる落語家さんはいらっしゃいません。
菅野恵子さんはママになって初めてのステージです。
null
桃原健一さんと大島純さん。
null
代田橋での稽古を終え、自転車で駆けつけた高山正樹プロデューサー。今回は裏方に徹します。
(そうだ!桃原くんが山猫合奏団に参加すると、桃太郎御一行の完成だ!)
(実は、その前に桃原さんとM.A.P.は意外なコラボレーションを……、ナイショ)

準備万端?
null
いよいよですね。

tag: 三笑亭夢丸  東京奏楽舎  名田綾子 

深川資料館、一部の演目が決定したから正式告知なのだ!

※この記事は、2019年春、各サイト合体に伴い、奏楽舎のホームページの告知ページが最終情報を追加して更新された日の日付で、新規に投稿したものです。

三笑亭夢丸新江戸噺
“夢のかけら”with 東京奏楽舎

日時:5月20日(水)18:30開場 19:00開演
場所:深川江戸資料館小劇場

(和風の造りで情緒豊かな江戸の芝居小屋の雰囲気を持つ劇場です!)
料金:当日\2,800 前売\2,500

第1部《落語》親子酒
 親父もせがれも大酒呑み。せがれの行く末を案じておやじが息子にお互いに禁酒の提案をするが……
  (休憩)
第2部《クラシック・コンサート》夢にまつわる物語
 コンサートの曲目のヒントは……
  ⇒http://mapafter5.blog.fc2.com/blog-entry-937.html

  (休憩)
第3部《新江戸噺と音楽のコラボレーション》夢のかけら
 舟を使って商売する下級の遊女「舟饅頭」。舟饅頭が落語に登場するのはおそらく初めて。
 本来は上方の風俗ですが、短い期間、江戸にも存在していたとか。
 絵師の歌川良紀は美人画に新境地を開こうと、美人をさがして深川へ出かけます。
 そこで、美しい舟饅頭と出会い、そして心奪われ……
 美しいだけでなく、芯が強くしたたかな遊女が、なんとも魅力的なのです。


奏楽舎メンバー
 詳しい紹介は……
  ⇒http://mapafter5.blog.fc2.com/blog-entry-5034.html

作曲:内田英介
 バークリー音楽大学作曲家卒。
 1996年、バークリー・コンチェルト・コンペティション優勝。
 1997年、リチャード・レヴィ作曲賞受賞。

ピアノ:菅野恵子
 東京音楽大学特待生卒。
 「ガリレオ」「SP 」等、数々のテレビドラマサウンドトラック録音に参加。

チェロ:大島純
 東京藝術大学卒。
 山猫合奏団、ヴェルデ弦楽四重奏団所属。

オーボエ他:桃原健一
 東京藝術大学卒。
 全日本演奏家協会推薦コンサートオーディション合格。
 フリー奏者として、オーケストラ、室内楽等で活動。


奏楽舎深川チラシ

tag: 東京奏楽舎 

東京奏楽舎、曲目決定!(正式告知)

なんとものんびりした話ですが、11日の土曜日に門仲天井ホールにて行われる三笑亭夢丸with東京奏楽舎のコンサートの、前半第1部の曲目および演奏順が、ようやく最終決定いたしました。
そこで、あらためて告知記事をアップします。

小桜 with 東京奏楽舎

日時:2009年4月11日(土)18:30開場 19:00開演
場所:門仲天井ホール
料金:当日\3,000 前売\2,800 定員80名


【プログラム】
第1部:ヨハン・セバスチャン・バッハの夜
 1:「オーボエ」桃原健一
    パルティータ ト短調 BWV1013よりSarabannde、Bourree Anglaise
 2:「チェロ」大島 純
    無伴奏チェロ組曲第1番 BWV1007 より
 3:「ピアノ」菅野恵子
    インヴェンションより 1番、14番
 4:「ピアノ・チェロ・オーボエ」
    ソナタ ト短調 BWV1020
  (休憩)
第2部:小桜
  (夢丸さんの落語と奏楽舎のコラボ)
   店の金を使い込み、勘当された大店の若旦那清兵衛が
   なんと幽霊の遊女・小桜を見請けする事になる・・・

今回のプロデューサーである高山正樹のイメージは、単音で自立する個性が、ひとつひとつ重なりあっていき、やがて各々の個性を全く損なうことなく、重層な世界が織りなされていく。
これは、M.A.P.が、すべての事業で目指していることのひとつの表現です。

無伴奏のオーボエから始まり、チェロ、ピアノの右手と左手……
国を越え、ジャンルを越え、そして最後には、黄泉の国までも巻き込んでしまう…
これはもうバッハしかありえない!

しかし、音楽をよく知らない男の、この安易な思いつきは、音楽家にとっては大迷惑だったのです。
バッハは、演劇でいえばシェークスピアのようなもの、簡単にマクベスを演じろと言われて、おいそれと引き受けられるようなものではない、なるほどよく分かる例であります。聞いただけで背筋が伸びます。
それでも、三人のプレーヤーは、高山正樹の無謀な提案を、快く(かどうかは定かではありませんが)受け入れてくれたのです。
たった一曲でもバッハを演奏するということは、プレーヤーにとってかなりの覚悟がいることなのに、全てバッハにしてしまうとは!

そんな素人の思いが、どうやら11日の夜を、未曾有な夜とすることでしょう。

奏楽舎門天チラシ

内側に挫折禁止というステッカーの貼られたチェロのケース

プロのプレーヤーたちが、本番前にどれほど練習をしているか、でも、そんな苦労をお客さんに感じさせないことが、白鳥の白鳥たる所以なのかも……



内田英介(作曲)から届いたメッセージ
東京奏楽舎がソロ作品を含めたバッハの作品を取り上げると言う話を聞いて、僕は『おっ!』と思った。
理由は色々ある。
元々このグループは昨年2月頃に、三笑亭夢丸師匠とのコラボレーションの為に結成されたと言う、普通の室内楽のグループとは少しばかり違った事情で作られたグループである。 従って、今までは演奏する曲も落語に合わせる為の音楽を中心として、時代劇の主題曲や有名なクラシック曲等やや軽めの音楽をレパートリーとして来た。 勿論、全員が素晴らしいポテンシャルを持った演奏家の集団である為、当然彼等が奏でるバッハも存分に聴き応えのある演奏としてくれる事は言うまでも無いが、それ以上に、東京奏楽舎が奏でるバッハについて楽しみにしている事があるのだ。
考えてみると、『落語』と言う表現方法と『演奏会でバッハの作品を演奏する事』との共通点が意外と多い事に思い当たる。 まず、双方とも『再現芸術』である。 バッハ直筆の楽譜には音譜だけが書き連ねられているだけで、作曲家自身が楽譜に遺した表現方法は全くと言っていい程記されていない。 演奏家から見ると、甚だしく不親切な作曲家だ。 従って、バッハ作品を演奏する時演奏家は、強弱、ニュアンスを始めとした音楽全体の表現方法を自分で全て解釈し、熟成させなくてはならない。 同じ様に落語も、その多くの噺は江戸時代から遺っている写本等から、噺家が噺を自分の解釈、表現方法を加えて熟成させて行く芸である。
また、バッハの音楽は『対位法』と呼ばれる手法で書かれている。 普段耳にする有名なクラシック作品の多くは、解剖してみると『和音+メロディー』と言う手法を用いて書かれているのに対し、バッハの作品は、ソロ作品を含め、幾つものメロディーを同時に鳴らし、それを調和させて音楽を構築して行くと言う手法で書かれているのである。 落語家が多くの登場人物を一人で演じ分けるのと同じ様に、バッハの作品を演奏する時、演奏家は幾つものメロディーを一人で演じ分け、調和させる事によって音楽を創り上げて行く。
昨年より、夢丸師匠の至芸を特等席(笑)で聴き、触発されて来た東京奏楽舎のメンバーが、落語との共通点の多いバッハの音楽をどう演じてくれるか、僕も客席で楽しみに聴こうと思っている。

桃原健一(オーボエ)から届いたメッセージ
今回、僕が演奏するのは「パルティータ_ト短調_BWV_1013」から“Sarabannde”と“Bourrée Angaise”の2曲、 そして3人で演奏するは「ソナタ_ト短調_BWV_1020」ですが、どの曲も元々はフルートの為に作られたと言われています。 ソナタの方は偽作という噂もあります。 パルティータはオーボエ用にイ短調からト短調に下げられています。
いえいえ、オーボエでバッハという企画に不満があるってわけではないのですが、 無伴奏は演奏する機会が少ないので、一寸心配しているのです。伴奏がないと、休める所が無いのでキツいんです。 楽しようとするな!と突っ込まれそうですが、事実、キツいんです……。 偽作かどうかの真偽はともかく、どちらも改めて譜面を見ると、やはりよく出来ているんだと感じます。 果たして上手く(いや、美味く?!)料理する事が出来るのでしょうか!? 料理という表現をしましたが、音楽と料理は共通性が多いと思うのですが、僕だけ??何せ、食いしん坊なもんで… 美味しい物を 食べてると、それだけで幸せです。(いつの間にやら音楽の話でなくなってきた……)

大島純(チェロ)から届いたメッセージ
無伴奏チェロ組曲第1番BWV1007。名作である。
もともとこの曲は彼の膨大な作品群のなかに埋もれていた。
あるとき、カザルスという、チェロ界の志ん生ともいうべき巨匠が取り上げ、素晴らしい演奏を残した。 以来、全世界の聴衆に愛され続けてきているのだが、それは同時に演奏家にとって雪だるま的にプレッシャーをかけ続けているとも言える。
楽譜そのものは単純明快。しかし読めば読むほど、弾けば弾くほどどんどん深みに嵌まっていくのである。
聴衆はどんどん耳が肥えていき、演奏家はますますもがき苦しむ。これはいわば宿命とも言える。
時そばを口演する噺家の気持ちもこんな感じなのだろうか?
この機会に夢丸師匠にお伺いしてみて…いいのかなぁ…

菅野恵子(piano)から届いたメッセージ
“インベンション”は、バッハが長男のフリーデマンを教育するために書いたものです。 現代でも、ピアノの学習に欠かせない曲集となっています。
“インベンション”の特徴は、カノンのように右手と左手が追いかけあうのですが、言ってみれば一人二役、輪唱するような感覚なのです。 バッハは、息子のためにこのような曲をたくさん作曲したのですから、大変な教育パパだったようです。 でも、結局フリーデマンは音楽家にはならず、晩年は呑んだくれていたと言われています。 そのくらい、バッハの作品は、ピアノ学習者にとって、辛いものなのかもしれません。
でも、バッハの時代には現在のようなピアノはまだありませんでした。当時バッハは、チェンバロのために曲を書いたのです。
チェンバロはピアノのような形をしていますが、鍵盤の色が白黒逆で、弦をはじいて音を出します。 音もピアノのように延びることはなく、ペダルもありません。 現代にバッハの曲を演奏する時、ピアノでもチェンバロのように弾くほうがいいという意見と、ピアノで演奏するならばピアノらしく弾く方がいいという意見と、両方あります。
今回は、そんな“インベンション”の中から、2番と14番の2曲をお聞きいただきますが、チェンバロのように弾くかピアノのように弾くか、初心に帰ったような気持ちで、思案中です。

tag: 東京奏楽舎  別ブログへ