呟き三つ…


そして告知

tag: 西川郷子 

劇団TEAM SPOT JUMBLEの「SELECT!」なる舞台

座・高円寺に沖縄からやってきた劇団TEAM SPOT JUMBLEの「SELECT!」なる舞台。

SELECT!チラシ表 SELECT!チラシ裏

少し心配したが、山城博治氏が保釈されることが決定した。その日に、沖縄の若者たちによる「コザ暴動」の芝居を観る偶然。
ロビーでは、大城弘明氏と山城博明氏というタイムスと新報を代表する報道カメラマンの写真展が開催されている。

写真展1 写真展2

この日のアフタートークは、その大城弘明さんと藤木勇人さんと、そして劇団を主宰する津波信一氏。

トークショーの中で、一枚の写真が紹介された。「コザ暴動」で、道の中央で焼かれてひっくり返されたアメ車を、翌日屈強な米兵が持ち上げてもとに戻そうとしている写真。沿道で、たくさんのウチナーンチュがその様子を眺めている。その中に一人の少年が写っている。実はその子こそ偶然そこに居合わせていた幼い藤木勇人さん。その写真を撮影した松村久美さんが、この日客席にいらしていた。1969年から72年、74年から76年、トータル5年間沖縄に住んで、コザの街を撮影し続けた写真家、大城弘明さんとも旧知の間柄なのだと、後で聞いた。

一昨年、大城弘明さんの写真展と金城実さんの彫刻展のコラボ企画をM.A.P.でやった時に、そういえば藤木さんが金城さんに会うためにウチの事務所に来たっけ。
 ⇒http://mapafter5.blog.fc2.com/blog-entry-4522.html

この日発売されたAERAには、山城博治氏の特集記事が掲載されていて、その記事の写真は大城弘明さんが撮影。それもまた何とも不思議な偶然である。

山城さん保釈 AERAの記事
※クリックすると大きくなります

芝居が終わって、今夜も大城弘明さんと飲みに行くことになった。

ロビーで記念撮影

ロビーで記念撮影した6人、弘明さんと、弘明さんの妹さんと、弘明さんの糸満高校の同級生、昨年閉店した阿佐ヶ谷のグル君のマスター神谷さんと、そして藤木さんと松村久美さん。あとから、神谷さんの奥様、かのこさんも合流する。

Twitterで、山城さんの保釈の様子を、ボク宛にメンションを送って実況してくださる方がいた。とても有難い。
※日付をクリックすると、実況の全てを見ることが出来ます。
「博治さんの保釈のこと、こっちの新聞に載りますかね」
「載らないでしょ、朝日と東京新聞が一段記事にするくらいじゃないかね」
そんな会話をしながら、とりあえず乾杯。

高円寺の居酒屋にて

「権力は山城さんの存在が怖いんですかね」
「そうだと思いますよ。今、辺野古は元気がない。100人位しか集まらない。でも博治がいれば300人になる」
でも僕は、その大城弘明さんの答えを聞いて考え込むのである。
さっき見た「SELECT!」という芝居で、沖縄の若者たちが示した過去の「暴動」に対する理解、しかし一方で、現代の「戦い」への疑問もまた彼らは語ったのではなかったか。

もちろん、そんな話ばかりしていては楽しくない。

昨夜に続いて、だから今夜も糸満高校時代の話は尽きないのである。
以前にもブログで話題にしたことがあるかもしれないが、M.A.P.三線教室の川崎仙子先生も糸満高校、なんとおふたりとの同級生。それだけでもびっくりなハナシなのだが、さらに今日は不思議な偶然が続く。

この度、川崎先生は、色々な事情があって、先日の発表会を最後に、ウチの教室の先生をお辞めになった。つまり、ある意味ウチの三線教室は存続の危機にあった。教師免許を持った「先生」がいなければ、安冨祖流の看板を掲げて教室を開くわけにはいかないのであるから。

ちょうどこの日、沖縄で宇夫方女史が安冨祖流三線の教師免許の試験を受けていた。「SELECT!」の本番中にその発表があった。幕が下りて、携帯の電源を入れると、合格したというメールが届いていた。ああこれで、どうにかこうにかウチの教室も、新たな展開を迎えることができそうである。コンクールレースからリタイヤした僕も、「宇夫方先生」の代稽古という立場で教えることも可能らしい。ちっともやりたいわけではないが。

今日のこの日に、宇夫方女史が沖縄で教師試験に合格というのも、やはり不思議な偶然だという気がする。
僕が弘明さんと初めてお会いしたのは、僕が三線のコンクールで沖縄に行った時のこと。今日はそれ以来二度目なのだけれど、ちっともそんな感じがしない。ボクはコンクールからリタイアすることになったわけだが、もしもリタイアしていなければ、僕もこの日教師の試験で沖縄に行っていたのかもしれないし、もしもそうだったら、この日大城さんと神谷さんと一緒に飲むことはなかったのである。

もちろん松村久美さんとお会いすることもなかった。松村さんと色々な話が出来たことがホントに嬉しい。沖縄のこともさることながら、村松さんは最近奄美に嵌っていらっしゃるようで、かくいう僕も、近頃なぜか奄美が気になっている。

永田浩三さんと、氏が奄美の本をお出しになる前にちょっと奄美の話をした。
島尾敏雄氏の御子息である伸三さんには、度々M.A.P.でお話をしてもらっている。
敏雄さんとミホさんの評伝「狂う人」は、近頃もっとも刺激的な本だ。
奄美の黒糖酒、西平酒造のせれなちゃんとは対バンを企んでいる。
最近知り合った東京演劇アンサンブルの松下重人さんは喜界島出身。
さらにはこの日一緒に飲んだ藤木さんのルーツも奄美。
神谷さんの奥さんのかのこさんも奄美の人。
そういえば今度M.A.P.でライブをする斉藤哲夫さんの奥さんも奄美の方。

まだまだ数え上げればキリがない。

こんな偶然の重なった日に、松村久美さんとお知り合いになれたこと、なんだか奇跡のようだ。

「今後ともよろしくお願いします」
「こちらこそ!」

コザ暴動ではなく「騒動」であるとか、いや「蜂起」というべきだと、金城実さんはじめ、多くの方たちから聞く。僕もそう思っていた。しかし今、誇りを持って「暴動」という人たちがいるのだと、松村久美さんに教わった。

そして僕は、若い沖縄の俳優たちの、現代の「戦い」への微かな疑問について、やっぱりずっと考え続けていたのである。

tag: 大城弘明  藤木勇人  奄美  MAP三線教室 

東京演劇アンサンブル「沖縄ミルクプラントの最后」の日



い顔をしている。確かに飲んだのではあるが、伊藤克大先輩と居酒屋に行って、全く酒に口をつけないとあっては、いくら断酒中とはいえ申し訳ない。薄いウーロンハイを一杯だけ。それでも久しぶりのアルコールは、このくらい顔を赤らめる力があるらしい。
しかしここはひとつ、いまだ断酒継続中ということにして頂きたい。

因みに、携帯を忘れて出かけてきた僕のために、この画像を撮影して送ってくれたのは、克さんのひとり娘である。

tag: 伊藤克  宮城康博 

「命どぅ宝」という言葉が…


「命どぅ宝」という言葉が、僕は好きではないのである。使い古されている、というか「沖縄に心を寄せる市民運動家」たちの手垢だらけで、触りたくないのである。
演出は鵜山仁。僕は高瀬久男を思い出していた。生前、左翼劇団の演出について、ある思いを吐露していた高瀬久男。
これ以上は、どうもね…

tag: 宇夫方路踊る  文化座  高瀬久男 

パラダイス一座 「オールド・バンチ ~男たちの挽歌(エレジー)・完結篇~」

大震災から288日目……

13:48、事務所外の線量……
0.07μSv/h
12月24日の事務所外の空間線量

パラダイス一座へ。
パラダイス一座カーテンコール
平均年齢80+歳の高齢者劇団。
「オールド・バンチ ~男たちの挽歌(エレジー)・完結篇~」
あった事はあったんだ!あった事はなかった事には出来ねえんだ!

老人たちを束ねるのは流山児祥。
流山児祥

ご紹介したい方ばかりなれど、今日のところはとりあえず、M.A.P.縁のふじたあさや先生の画像一枚だけアップしときましょう。
ふじたあさやのギャング姿

gajumui

今帰って来たところ。ええと、昨日からなんだか忙しくて落ち着かない。ともかくブログの不具合が直った。なのにその告知すらする暇がない。これから数十分後にはまた出掛ける。その間にちょいと呟くか。
12-24 17:57

おっと出掛ける時間。続きは後ほど。
12-24 18:47


【追伸】
(続きは次の日の夜になりました。そのツイートを追記します。)
その前に、Facebook!


深夜0時18分。振り付けの坂東冨起子さんから公開のメッセージが届いた。
「先ほどはどうも! クリスマスイヴの劇場で偶然、隣のシートとはビックリでした!!」
対する僕の返信。
「クリスマスイヴの劇場の隣のシートが僕で申し訳ございませんでした。因みに後ろの席でずっとゴソゴソしていた方は李麗仙さんでした。睨まないでよかったです」

他にも知り合いがいたようで、舞台の写真を投稿していた昔縁あった「社長」の投稿。それにコメントをつけてみた。
「おや昨日スズナリにおいででしたか。僕もいたんです。この写真の角度からすると、きっと近くに」
しかし返事なし。ま、劇団?の代表のくせに自分のことを「社長」と呼ばせる男はそんなもんだ、きっと。

では、Twitteの続きです。

パラダイス一座は今日が楽だった。ニュースないから皆さんご無事だったようですね。僕は昨日見てきました。開演前、流山児祥氏に冗談でお医者さんは呼んであるんすかって聞いたら看護婦はいるけどねだって。ホントかと思ったら、赤座美代子さんの役どころが看護婦だったというオチ。
12-25 21:24

パラダイス一座、瓜生正美さんの戦争の話。筋とは無関係な唐突さ。だがその唐突さ加減が瓜生さんの人生と重なって、なんだかグッと来た。「5分でいいから俺の話を聞け」「一人ひとりの戦争があって、誰も戦争の全貌を知らないのだ。だから…」その言葉が今の「原発問題」に重なっていく。
12-25 21:32

パラダイス一座。流山児祥氏、瓜生正美さんとはふじたあさや演出の朗読劇で共演させていただいたことがある。中村哮夫演出の別班には戌井市郎さんもいらっしゃった。稽古のあと、あさやさんと瓜生さんを車に乗っけて帰る。その時の2人の会話は演劇史だった。それから間もなく2年になる。
12-25 21:42
 ⇒【日本の近代戯曲を読む】リハ・本番・打ち上げ

 

tag: ふじたあさや  喜多見_MAP事務所の線量  流山児祥 

沖縄関連のイベントふたつ

※2016年4月8日に貼り付けました。(ただ今、ブログ整理中っす)



大震災から281日目……

朝のTV…
放射線物質汚染対処特措法

この日のイベントふたつ…
“沖縄フェスティバル”と“西山正啓監督の映画の上映会”
まもなく開演 西山正啓監督の話

“沖縄フェスティバル”の会場ロビー。
夏子がいた。今、彼女は沖縄グラフの東京特派員をやっている。
山川夏子

王子の“北とぴあ”から、駒込の琉球センター“どぅたっち”まで歩く道すがら…
王子の風景

ここらあたり、沖縄の人たち(こういう言い方が適切なのかどうか)の多く住む町。
沖縄空手

路面電車

※18日に呟いたことだが、17日のイベントについての呟きなので、17日の日付でまとめてみた。

gajumui

昨日はあちこちで原発関連のイベントがあった。でも僕は、王子の北とぴあへ、沖縄フェスティバルを観に行った。大盛況であった。そこかしこに知った人たち。いつも思うのだが、沖縄人脈の系は閉じている。でも、エントロピーが増大しないのは何故か。
12-18 08:20

沖縄人脈の系は閉じている。が、閉じているのは人脈だけで、外部(つまり大和的なもの)との温度差が、沖縄人脈の系の中のエントロピーを常に低い状態に保っている。しかしそれは人の系が閉じていることによって情報交換が無いために保たれている差異なのだ。つまり……
12-18 10:18

つまり、沖縄情報の拡散は、沖縄から固有のエネルギーを奪う可能性がある。そんなことを考えながら、僕は昨日、王子の北とぴあから、駒込の琉球センター“どぅたっち”まで歩いた。西山正啓監督の映画の上映会。こちらも盛況、といっても20人くらいのお客様。北とぴあとは比べものにならない。
12-18 10:26

しかし、例えばクラシックの世界は閉じていようが開いていようが関係ない。毎晩同じ曲を聴いて一日を終える至福みたいなことがあるわけで、勿論興行的には拡がった方がいいけれどそれは本質的なことではない。(続く)
12-18 12:32

(続き)沖縄芸能だって同じはずなのに、それでも僕は、対大和との差異が沖縄芸能にパワーを与えていると感じる。それは僕の穿ちすぎた歪んだ見方なのだろうか。彫刻家金城実の言葉が思い浮かぶ。「沖縄では神棚に日本刀を飾るような馬鹿はおらん。三線を飾る。沖縄は文化で戦うんだ」
12-18 12:42

一方、西山正啓監督の映画はどうか。閉じられた系の中だけで上映されていては意味がない。上映会に来ていた20人はもう見る必要のない人なのかもしれない。そのことは西山監督に話した。如何にそうじゃない人たちに伝えるかが僕が自分に課した仕事。監督はそのことをよく理解してくれている。
12-18 13:11

西山正啓の映像は徹底的にドキュメンタリーであろうとする。監督の意思は隠れている。でも僕は見逃さない。集合写真撮影の時、僕は監督にソッと聞いた。「あの電力会社の人の左手の薬指にはめられていた指輪、意識して撮ったんですか」「そうなんだよ、あれね……」「はーい撮りますよ」カシャ!
12-18 13:25

西山監督と一緒に

tag: どぅたっち  金城実  西山正啓 

夜は能天気が一番

gajumui

大城立裕が嫌いでも、俺が読んだ「カクテル・パーティー」を聞け!ゴメンなさい、聞いてください。 http://t.co/ivpIoe0w 琉球新報“晴読雨読”「沖縄」に出会った一冊 http://t.co/kfH0su07 #沖縄
12-03 15:16

「《復帰あの頃を知る「復帰闘争と反復帰論」》川満信一氏に復帰当時の状況と反復帰論の思想を聞く」を視聴中。視聴しているのはたった13人らしい。
12-03 16:39

川満信一氏の限界。つまり、国家論かな。もう出かける時間。限界。
12-03 17:53

18:00、事務所外の線量……
0.09μSv/h
12月3日の事務所外の空間線量

一方、宇夫方は能天気に…

ubukataicon ubukatamichi

今から、新宿のV1に沖縄芸人ライブ「ばんみかす」を見に行きます。しゃもじ、楽しみ!
12-03 17:39



新宿V1…
新宿のとある劇場

沖縄芸人ライブ「ばんみかす」です。

打ち上げ会場…
打ち上げ会場

たーにーと1 たーにーと2

芸人さんたちと1

芸人さんたちと2

芸人さんたちと3

tag: 沖縄居酒屋.かちゃーしー  たーにー  沖縄_沖縄の人.比嘉モエル 

「フクギの雫」を観てきた(12/2~3のツイートまとめ)

【宇夫方路の呟き】

ubukataicon ubukatamichi

宮森小米軍機墜落事件てご存知ですか。その事件を題材にした「フクギの雫」というお芝居が明日後楽園のシビックホールというところであるのですが、別の用事で見られなくなりました。でも縁があって、今日、和光小学校で生徒さんと一緒に見せていただける事になりました。
12-02 11:12

 ⇒630宮森小学校米軍ジェット機墜落事件のこと

和光小学校

【高山正樹の呟き】

gajumui
 

「フクギの雫」を観てきました。大隈講堂の「人類館」の時も思ったのだけれど、僕、一応芝居のプロなので、この手の芝居について何かモノを言うのが難しいのです。純粋に芝居の「出来」については、やはり棚上げして語るべきなのかなあ、と。
12-02 23:14

プロの芝居ではないし、大変好感が持てたので「出来」は棚上げします。宮森小米軍機墜落事件の知識があれば特に新しい事実を知ったと言うわけではないのですが、被害者としてだけではなく、沖縄の基地の加害性まで視野に入っていたことが胸に沁みました。(続く)
12-02 23:21

(続き)我々「ヤマト」は、沖縄の人々に加害性まで負わせてしまっている。我々は基地を沖縄に集中させることで、基地から飛び立つ戦闘機の行く先に対して加害者であるのだという認識から逃れ、無自覚に暮らす平安を得ている。「フクギの雫」にあらためてそのことを教えられました。 #沖縄
12-02 23:30

翻って、現在の「フクシマ」の「加害性」についても考えています。そこに「沖縄の基地の加害性」を照射させることで、何かが見えてきそうなのですが、今しばらく考えてみます。 #原発 #沖縄 #放射能
12-02 23:34

さらに「フクギの雫」について。やはり琉球舞踊(沖縄の踊りと言った方が適切か)と歌三線(若いから少しポップだったが)は不可欠なのですね。「沖縄問題」の関わるヤマトの市民運動家の多くが、このことを理解していない(僕がよく理解しているわけでもないのですが)と思うのです。
12-02 23:54

大震災から267日目になる……

御幣を怖れず。「フクシマの農家の加害性」を言う意見を強烈に批判する者は、「フクシマの農家」に寄り添うことによって、自らの中に存在する「原発問題の加害性」から心理的に逃れているのではないか。←僕の今後の思考の端緒です。 #原発
12-03 00:03

今年の流行語大賞が「なでしこジャパン」だとはねえ。それにしてもなでしこジャパンの、えーと、沢選手じゃなくて、今年なでしこリーグでMVPを獲得したあのかわいい選手は、お笑いのココロコの、えーと、田中じゃないほうの、ちょっといい男の彼に似ている。
12-03 00:48

tag: 沖縄_戦争・基地など.宮森小事件 

青年座の“黄昏”《誇りあるノーマンを演じた津嘉山正種のリアリティー》

新宿の紀伊國屋ホールに青年座の芝居を観に行きました。アーネスト・トンプソンの“黄昏”です。
やはり、津嘉山正種は名優でありました。

他の役者さんだって、悪かったわけではありません。ただ時々、何故そこで正面を切った芝居をしなければならないのか、そんな場面がなかったわけではありません。でもそれが気になったのは、主役の津嘉山正種の演技にそんなスキが全くなかったからなのです。一杯飾りの舞台で、リアリズムの芝居を完璧にこなすことがいかに難しいか、かえって思い知らされたような気がします。

幕が上がって、最初に津嘉山さんが短い階段を降りてくるのですが、僕はその姿に驚きました。もしかして津嘉山さん、ずいぶんと弱られてしまったのではないだろうか。その立ち振る舞いが、今月6日にお会いした久米明さんにそっくりだったのです。

芝居が進めば、そういう役なのだということが分かるのですが、それでもなお、もしかするとと思わされるほどリアリティーがありました。決して腰の曲がった老人を演じていたわけではない、むしろ威厳を持って堂々と、肉布団を入れてお腹を大きく見せていらっしゃるようでした。

ただ息子が欲しかった、それだけの理由で通じ合うことが出来ない父と娘。母はあっけらかんと父の側に立っている。頑固な父、そして娘の深い苦悩を理解しようとしない母。なんとも救いがない。しかし、そんな理解は的外れなのです。つまり、そんなことはどうでもいいのです。子供さえ立ち入ることの出来ないエゴイスティックな老夫婦の愛、誰がそれに否を唱えることができるでしょうか。それを支えているのが津嘉山正種の死を見据えた演技です。そのリアリティーの前では、どんな「解釈」も意味を失います。これが、舞台の上で役者が生きるということなのかもしれない、柄にもなく、そんなことを思わされたのでした。

終演後、「もうすぐ津嘉山が出てきますから」と制作の紫雲さんに言われて、津嘉山さんの追っかけの如く「出待ち」することにしました。

「タバコをおやめになったそうで、それでホントに太られたのかと思いました。」
「こんなもんですよ」と、津嘉山さんは実際に少し大きくなったお腹を、トントンと叩かれました。
「玉三郎さんから届いた花の前で撮りましょう」
高山正樹と津嘉山正種さん
でも、ピンボケで「阪東玉三郎」の文字が読めません。残念ながら。

人類館のCD、少しは売れたのかなあ、聞くの、忘れました。

tag: 津嘉山正種  青年座  「人類館」 

舞台に立つための準備【劇団あとむ“気のいいイワンと不思議な子馬”】

東京奏楽舎の合わせはまだ続いていたが、僕は自転車で川崎市の久地小学校へ向かった。山猫合奏団の楠定憲氏が副社長を務める劇団あとむの学校公演で、准ちゃんが台詞を喋っているらしい。そいつをひやかしに行ったのである。

午後1時。久地小学校の体育館に到着。
準備中。
仕込み中
後ろの子供たちが見やすいようにと、長椅子まで持ち込んで仕込んでいた。

役者がスタッフを兼ねる、この学校廻りの業界では当たり前のことだが、本当はそれじゃあダメなのだと、僕はずっと思っていた。役者の仕事はいい芝居をすること。幕が上がって舞台に立つ前まで、演じるためだけに準備をする、大道具を組んだり照明を合わせたり、俳優がそんなことをしていていい芝居などできるわけがない。そういう当たり前のことが、薄利多売の(最近は薄利はそのままで多売が「少売」になっているらしいが)学校公演では通用しないのだ。そんなことを制作に進言したって相手にされない。下手すれば生意気な役者だと降ろされる。

代役で客人の白石准は、電子ピアノの調整に余念無し。
電子ピアノの調整をする白石准

子供たちが入場する際には、役者みんなで誘導までしていた。ここまでやるのかとちょっと驚いた。
「君たちのやるべきことは、本当は別にある」
そんな贅沢は言えないということも重々承知しながら、僕はやっぱりそう思っていた。

開演前、担当の先生の諸注意。
先生から開演前の注意
これもいるのかなあ、なんて。

ラストシーン
芝居のハナシ等々は、そのうち山猫合奏団のブログの方で書く。

4時過ぎに事務所に戻って、明日に迫った深川公演のために、奏楽舎関連でまだ書いていない記事を全てアップしようと思ったのだが、最後の“三笑亭夢丸独演会”の記事をひとつ書いたところで残り時間僅か、急いで午前中の東京奏楽舎の合わせのことだけ簡単に記事にして、急いで池袋に向かった。

東京芸術劇場大ホール。
エスカレーターの下で大島純氏に切符を貰い、大島君は楽屋口へ、僕はエスカレーターを昇る。
劇場入り口へのエスカレーター 東京ニューシティ管弦楽団定期演奏会のプログラム

「無声慟哭」。こちらも、そのうち山猫合奏団のブログに書く。

アップしなければならない奏楽舎関連の記事もあるが、それよりも明日の司会原稿にまだ全く手をつけていない。だから、後半のプーランクを半分まで聞いたところで席を立った。

幕が上がって舞台に立つ前まで、舞台の上でやるべきことのためだけに準備をする、 そんなこと言ったの、いったい誰だっけ?


【この日呟いたこと……】
※この日の呟きの補足のために11月5日の呟きを貼り付ける。(2016年4月5日)
8:23
海保のビデオ全部見せてくれ。もしかして海保が意図的に都合のいい部分しか出していないとしたら、今の騒ぎは怖い。

8:29
民主党は選挙でどうにでもなる。しかし海保は選べない。どんなにダメな政権だとしても、官僚は時の政府に従順であること、それを一番大切な基本として考えないといけないのでは。もちろん政府を選挙で変えることができるという状況が前提。ちなみに海保の前身は旧帝国海軍です。

22:20
自民党と海保がナアナアでやってこれたのは考え方が近いから。海保が民主党にタテつくのは考え方が違うから。民主党に官僚を管理する能力がないと自民党が批判するとしたら笑止。民主党が正しいなんて全く思わないが、国民こぞって海保支持に疑問を呈す。

22:38
中国を支持する気は全くないが、前にも呟いたことをもう一度。1854年の琉米修好条約、1855年の琉仏修好条約、1859年の琉蘭修好条約って知ってますか。尖閣が日本領であると同じ程度に沖縄は独立国です。中国をぼろくそに言う前に自らの国も知らねば。沖縄は日本のチベット問題。

tag: 【暫定投稿】  喜多見_  白石准