FC2ブログ

最後のスカしっ屁に咽ている

トゥギャる(「トゥギャッター」という機能を使って一連のツイートをまとめる)べきなのかとも思ったが、ただでさえこのブログが死にかけている。自らその流れに加担することもあるまいと考え直し、呟きを記事に貼り付けてまとめることにした。







このままだと、今年は一度も「原発対話の会」を開催できないということになってしまう。誰もそんなこと気にしてはいないかもしれないが、僕自身としては、そんな無責任なことはできないと思っているのだ。

tag: 吉川彰浩 

イヤミひとつ

tag: 宇夫方路踊る 

一日中ぶつぶつ……

東日本大震災から121日目……
“チョンダラーの歌”をどうしよう、そのことを考えるために、今日の三線の稽古を休むことにした。
 ⇒この日の三線教室専用ブログの記事

しかし、いっこうにアイディアが浮かばない。勢い、ツイッターばかり眺めていた。
ぶつぶつ、ぶつぶつ……

【呟いたこと……】

10:00
シャワーを浴びようとパンツに手をかけたら揺れた。テレビつけて変なカッコでニュース速報を待つ。


民主党の前原誠司が辺野古移設について「どこが与党でも推進」と強調したというニュース。どこがって自民党以外にないのだろうが、ふと思ったので呟いた。

12:32
原発再稼動も同じ。それに反対する人間が総理になったら菅直人と同じようにボロボロにされる。メディアが共謀。洗脳される国民。


13:09
何か確信があって菅直人を擁護しているのではない。ただボクの周りには菅をボロクソに言う者ばかり。メディアが流す偏った表層的な情報のイメージを、何故これほど単純に信じているのか。疑え、と言いたいのだ。


我が家の比較的近くで、放射線量を継続的に調べてツイートしている方を見つけた。
 ⇒http://twitter.com/#!/Ilovemana
そこで……
13:15
一度我が家の傍でも計っていただきたい。その際は是非同行させていただきたいものです。

……と呟いておいた。

竹田圭吾は原発について比較的中立で信用が置けるというような誰かのツイッターを読んだので、しばらくフォローとやらをしていた。だいぶ前に一度書いたことだが、彼がこんなことを呟いた。

「そこまで反原発を唱えるなら、なぜ同じ熱意で反米軍基地と言わないのだろう。汚染や放射線が心配とか、要するに自分の身の安全を心配してるだけじゃないか。と、もし自分が嘉手納町民や名護市民だったら」

僕はなんだか引っかかったから、「だからよー」と呟いた。

彼は反原発なのか否か。また、嘉手納町民でも名護市民でもない竹田圭吾は沖縄の米軍基地をどう考えているのか。彼の過去の言説を調べれば分かることなのだろう。だが僕は、竹田圭吾の冷静を装った短い言葉が、どうも鼻についたのである。
彼は、この短い言葉で、反原発を唱える人々に向けて、原発と同様に沖縄の基地問題にも目を向けようというメッセージを送ろうとしたのか、全くそうではないだろう。結局彼は何も語っていない。
「この男は、人間的な感覚を無意識のうちに高みから見下しているのではないか」

だから彼の言説は無味乾燥で、生きた人間を置き去りにしている。国家全体の利害にとって、沖縄の基地や原発が必要だという理由を見つければ、彼は簡単に賛成に回るだろう、そんなふうに思えた。だから、「自分が嘉手納町民や名護市民だったら」という言い方が、やけに「汚い」と思った。

以来その印象は強くなった。何度かRTの実験もしてみたが、反応があるわけもなかった。

ある人が、竹田圭吾のツイートに対して、「いつからかすっかり脱原発に変身した?」と呟いた。竹田圭吾はそれに「元からだよ」と反応した。この「すっかり」が重要だったのだ。
そこで僕はRTした。

13:29
なんだそうだったんですか。そうじゃないと思ってたからフォローしていたのに。分かりにくいなあ


すると竹田圭吾から返信がきた。
「フォローしてほしいなんて誰も頼んでないけど。」
“元からだよ”といい、“誰も頼んでないけど”といい、初めてやり取りする年長者に対してなんとも失礼な言い方だ。
しかし僕はジッとこらえて真面目に答えたのである。

14:31
もちろんフォローするかしないかはこちらの勝手。分かりきったハナシです。なのにそこだけを突っ込んだ返信。本旨の「分かりにくい」に正面から答えが返ってくれば面白いと思ったのですがね。


竹田圭吾は僕をブロックした。僕は竹田圭吾を見限った。

すると、三線の稽古を終えた鈴木雄介からツイッターでメッセージが届いた。
「twitter いじってるヒマあるんだったらコンサートに来なさい」
今日の夜、シーサーズのライブなのである。“チョンダラーの歌”で閃けば、元気に出かけるつもりなのだ。しかし、どうも期待薄である。

ぶつぶつ、ぶつぶつ……

デーブ・スペクターが「菅さんが一番最初にストレステストを受けた方がいいと思ってるのは私だけ?」と呟いた。またこれだ、と、思った。そしてデーブ・スペクターに向けて呟いた。

18:24
貴方の他にもたくさんいます。きっと日本人の9割くらいは。しかし一番最初にストレステストを受けるべきはやっぱり原発でしょう。違いますか?


そして鳥越俊太郎の呟きを見つけてリツイートした。
「メヂイアやTwitterみてると、管さんに悪口雑言、悪口言いたいを放題、バッシング集中砲火だねぇ。管さんの悪口が日本の流行みたい。流行に乗り遅れないよう先を争っているよ。でも今回の震災・原発どれもが想定外のこと。何べんも現場を見てきた者が言うが。そんなに簡単にはいきませんぜ。」

18:34
でもさ、ストレステストなんかやらずに原発は停止する。その上で温暖化問題に叡智を傾け、もし電力不足があるならそれもなんとか対策を搾り出す。きっと哲学も必要。そんな日本発の潮流が生まれないかなあ。ストレステストの結果が原発再稼動の根拠なんてのだけは御免だなあ。


昼過ぎ、放射線量を調べている方に向けての呟きに、夕方返信が来た。
「当方幼子連れにて、予定を合わせるのが難しいので同行はご容赦ください。」
そこで僕も返事を書いた。
18:34
それは残念です。農作物と同じで、計測した人が分かる情報を人は信頼する、それがM.A.P.after5の理念(大げさ?)。でもしかたないですね


この方はGM管のTERRAとシンチレーション式のDoseという二つの機種を使っていて、いつもおおよそGM管が0.09μSv/h、シンチレーション式のほうが0.05μSv/hといったところ。その違いを直接伺ってみた。

19:23
二機種の数値の違いをどう読めばいいのか、ご教授頂けませんか?

すると、「私も素人なので正確にはお答え出来ません」との鄭重なお答えが返ってきた。

そこでちょっと調べてみた。
ここから先は、下記記事と合わせてお読みくださいませ。
 ⇒安全デマか、煽っているのか
いわゆるガイガーカウンターは、普通GM管(ガイガーミュラー計数管)のことを指す。GM管は本来β線を計測するもので、物の表面線量測定に向いている。空間線量で問題になるのはGM管では計測しにくいγ線。飛んでるγ線を感知するわけだけれど、GM管はγ線が1000個飛んだうち例えば10個程度しか捕まえられない。そこでγ線に合わせて×100というような補正するわけだが、β線の方は逆に1000個のうち100個を拾ってしまうので、その入射したβ線も100×100で計算してしまって結果とても大きな値になってしまう。それを避けるためには、アルミ板を使うなど、何らかの方法でβ線を遮断しなければならないのだが、これがなかなか完璧にはいかないらしい。つまりGM管はどうしても放射線値が高めにでる傾向があり、0.1μSv/h以下の値を正確に測定することはできないと思ったほうがいい。しかし、通常値を超える高い放射線の測定には十分有効とのこと。

一方、シンチレーション式はγ線を計るには適している。GM管は放射線が飛んでる回数しか検出できないが、シンチレーション式は放射線のエネルギーを検出できるものもある。要するに精度はよいのだが、ちょいと高価。

だが、β線や、さらにα線を無視てもよいのかということだけれど、α線・β線は透過力が低く、皮膚の表面で止まってしまう。皮膚は放射線に対する感受性が低い(放射線に強い)ので、空間の放射線量を計る場合はα線・β線をシーベルト(Sv)の計算(つまり人体への影響)に入れないほうがむしろよいのだ。
空間にα線・β線を出す放射能(放射線を出す元素及び物質)があったとしても、例えばヨウ素やセシウムが出すβ線は、プラスチック板で遮ることができる。悪名高きプルトニウムはα線、こちらは紙一枚でOK。とりあえず、外で呼吸したいのならマスクしろってこと。

但し、以上はあくまで空間線量の外部被曝の話である。今や危険なのは内部被曝。体内に取り込んだ放射能が出すα線・β線が問題なのだ。保育園の砂場の汚染状況などは、むしろGM管のガイガーカウンターを使うほうが有効なのかもしれない。しかし、それでもサンマの汚染は計れないのである。

ああ、本日のお勉強はここまで。これ以上は手に負えない。
というか、そんな勉強している場合じゃあなかったのだが。もう、シーサーズのライブはとっくに終わっている。
深夜、僕は、鈴木雄介に間の抜けた返信をした。

24:49
インスピレーションがいっこうに沸かないからtwitterいじくっているわけよ


ぶつぶつ、ぶつぶつ……

そして俺は今日も稽古に

《5月2日(月)》
東日本大震災から52日目……

【この日呟いたこと】

10:38
やっとリツイートできるようになった。この間、沖縄の基地関連でリツイートしたいことがあったのだけれど、もう間が抜けてしまった。それにしても例の20mSv、なぜ大世論にならないのか。愚民と呼ばれてもかまわないではないか。

17:47
オヤジが緊急入院。まだ意識があるのに、延命治療するかしないかを聞く病院。悪名高き……、無責任なこと言えないよな。それより原発。いや東北の被災者か。いったい沖縄はどうした?無力感。そして俺は今日も川崎市民劇の稽古に行くらしい。


そして、最後の稽古に出掛けていったのである。

tag: 「枡形城落日の舞い」 

ふと呟いたこと

東日本大震災から30日目……

【眠る前にふと呟いたこと】
2:03
沖縄のことを呟くために始めたtwitterなのに……



それからブログに「忙し忙し……(とりあえずの御報告)」と題して、ひとつ記事を書いた。
(※最近M.A.P.after5は殆ど全ての記事が半月遅れ、さらにそれも暫定記事という体たらく。この日だけ、リアルタイムで書いてみたのだ。)

このところブログのアップが滞っていますが、原発で参っているわけでも海外へ非難したわけでもありません。ともかく忙しいのです。

たとえば8日は朝から八王子で山猫合奏団の合わせ、午後は府中で琵琶の稽古、夜は下北沢で智内さんと会う、そして9日、朝に市民劇のシンポジウムでちょっと琵琶を披露して、午後は山猫合奏団の試演会、夜は市民劇の稽古、そのあとちょっと芝居のハナシ。

その上今月は会社の決算月。宇夫方女史は8日から沖縄出張中。

勿論、そのうち全部きっちりブログに書きます。いつになることやら、ですが……

その替わり、最近時々ツイッターで呟いています。よろしかったらフォローなどしてくださいませ。


そうして寝床に潜った……zzz



ここでは書けないことを……(暫定記事)

《3月19日(土)》
東北地方太平洋沖地震発生から8日目……
東京消防庁の放水が順調に進んでいるという。
null
ホッとしている。

思い切って、“社長とは呼ばないで”を更新した。
 ⇒http://lince.jp/mugon…
過去の日記を貼り付けただけだが。ここでは書けないことを、それにそっと託してみた。

だが、ホッとしている。たくさんの被災者の人たちが、未だ死の危険に晒されているというのに、ほうれん草や牛乳から放射線が検出されたというのに、僕たちはきっとホッとしているのだ。

これから市民劇の稽古に出掛ける。

ここ数日のこと、近日中に必ず書く。

続きを読む

tag: 「枡形城落日の舞い」   

またもや宇夫方路の沖縄報告その4「道楽ではない」

安謝小学校。
井上真喜ちゃんが毎週1回通っている太鼓の練習。
null null
大太鼓の後はエイサーでも使われるパーランクーという小さい太鼓。

null
習っているのは、琉球国祭り太鼓や那覇太鼓直伝の振り付け。
後列左に島袋先生。真ん中は仲野さん。右端が小泉さん。仲野さんと小泉さんは真喜ちゃんがカルチャーでエイサーを習ったときの仲間。前列は島袋先生の娘さんとそのお友達。高校生。
null
撮影担当は金城君でした。


【高山正樹の疑問】
これはいったい何の報告?一応、会社の出張なんだけど。
【宇夫方路の弁解】
“おきなわおーでぃおぶっく”の宣伝活動ということで……

【決算前の社長の嘆き節】
パリのパン屋で何を宣伝したわけ。
白組が勝つまでずっとビデオを見ていたわけ。
太鼓の稽古にCD持って行ったわけ。
社長の道楽ではありません。真剣なのです。沖縄についても、沖縄で仕事をするということについても、そして、食べていくということについても……
沖縄について、なかなか「てーげー」にはなれないのです。
これって、おかしいですか?
矛盾ですか?

tag: パーランクー  沖縄の人  沖縄在住のヤマトゥンチュ  エイサー  井上真喜  沖縄の旅_2009年3月  金城史彦 

千鳥格子その2

昨日の記事の、浅野さんのスーツ姿から続く…)

千鳥格子がここにもいた!
千鳥格子を着た白石准
二日も続けて千鳥格子のスーツにお目にかかるとは。でも柄が小さいから、白石准のこれはありかな。浅野さんの千鳥格子は別格ですね。

白石准がどこにいたのか、については次の次の記事にて。

(なお、昨日の試合の新しい画像が届いています。昨日の記事の《続きを読む》をご覧ください。)

tag: 白石准 

「社長とは〜」を解読するキーワード

“どんぐりと山猫”の試演会会場である芸能花伝舎へ向かう途中、沖縄で見上げた空を思い出していました。
まずは沖縄の空を見てください。⇒ベンチで見上げた沖縄の空

そして、今日の新宿の空です。
この空を見上げていたら、ベンチで寝そべって見た沖縄の空を思い出したのです。
新宿の空

沖縄は難しい。そう思っていたのですが、もしかすると東京の方が、もっと複雑で難しい、そんなふうにも思えてきたのです。
東京の難しさは個々バラバラ、だから顕在化してこない。ひとりひとりが孤独に抱え込むしかない小さな難しさが、そこら中で蠢いている。

新宿の空2

沖縄の難しさも、なかなか東京にまで伝わってこないし、それは別の意味でとても問題なのだけれど、少なくとも沖縄の中では、それを話し合い、難しさを共有する仲間を見つけることができます。

でも、だからこそ派閥が生まれてしまうのかもしれない。

「孤独を許さぬ沖縄」
これが、高山正樹のブログらしきもの「社長とは呼ばないで」を解読するキーワードなのです。
そんなことを考えているうちに…
芸能花伝舎の門
芸能花伝舎に到着しました。

tag: 沖縄  芸能花伝舎  裏へ 

勝手に世界配信するなってか?

第一弾に続き…
iPhoneで世界配信第二弾。
 ⇒http://www.bcphotoshare.com/photos/…
勝手に配信してるのは鈴木雄介。
ハリウッドからコメントあり?

地球人が、宇宙人に見えてきた。

※再度申し上げますが、Big Canvas PhotoShareというサイトはもうありません。写真が見られないし、いったい何の画像だったのかも今となってはわからず、だからもうこの記事に何の意味もないのです。ただ、アップされた画像にアメリカのハリウッドの方からコメントが付いた。どんなコメントだったかも忘れたけれど、いやはやそんな時代になったのかと、その時はネットの可能性を感じていたなあ、ということを覚えておくために、この記事を残しておくことにします。この先、まだまだあるのだけれど、どうしようかなあ…
(2019年3月14日に記す)

tag: 駒場28