fc2ブログ

「在特会」のこと…

「安倍晋三」に反応して書いてみたくなったのは、僕の先入観だろうか…】

(※以下、2012年12月21日にひとつ前の記事から「在特会」の記述箇所を別けて別途記事にして改稿し、また追記しました。)
在特会の資金源が安倍晋三氏であるとある方から聞いたことがあります。「それは●●界では常識です」と。真偽のほどは全くわかりません。僕に判断できるはずもない。本当のことならば驚くべきことだし、逆に嘘だとしたら、そういう情報がまことしやかに耳に入ってきて記憶にインプットされるというのも実に気持ち悪いことであると言えます。

え? 在特会って何?
「在日特権を許さない市民の会」のことです。
え?「在日」の人たちに特権なんてあるの?
それはあるらしい。確かにちょっとだけ聞きかじれば、どうして?と首を傾げたくなるような歪んだ法律もある。

ネットで「在特会 youTube」と検索すればいくらでも出てきますが、ここでは同じ状況を双方の側が編集した京都で起きた出来事の動画をご覧ください。





上が学校側が撮影した動画、下が在特会が撮影しyouTubeにアップされている六つの動画の第一のものです。あまりに見るに耐えないものなのでこれしか貼り付けませんでしたが、どうしてもご覧になりたい方は…
 ⇒youTubeで「朝鮮学校が京都の児童公園を50年間不法占拠」を検索する

《ネットで見つけた同志社大学の板垣竜太氏の話》
在日の人々を批判し植民地支配を正当化する主張は今やネットに蔓延している。在特会の主張はそうしたネットで見られる誇張された事実のつまみ食いである。
日本では「韓国併合」から100年経っても朝鮮人蔑視が続く。拉致問題から関係ない在日への攻撃を黙認する雰囲気も広がっている。フランスでは移民排斥を唱える極右に、市民団体が「私の友人に手を出すな」と呼びかけて対抗した。今や日本が、多様性に開かれた社会になれるかが問われている。


「市民団体」といえば、今まではほとんどいわゆる「左」の人たち(というと怒られるかな、「リベラル」と言わなければいけないのでしょうか)というイメージでした。しかし在特会の特異性は「右」でありながら「市民団体」を標榜しているということらしい。「市民団体」が、国家権力の横暴に歯止めをかける役割を担っているとするなら、確かに少し怖いことです。市民が知らず知らず国家権力の側に立っていくという状況は決して健康的ではないという気がします。
(ちなみに在特会は、官僚機構と対立する小沢一郎を告発し続けているのです。)
しかし在特会はこう主張するのかもしれません。日本が「在日」に特権を与えているのは日本政府の間違い、つまり横暴だ、「在日」の圧力に屈するなと。

ただ、在特会の主張がどうであれ、彼らが思わず叫ぶ差別的言動はあまりに愚劣で、まさに稚拙としか言いようのない代物です。しかし、それをネットに氾濫する一元的な情報に影響された、感情的独善的な判断行動というふうに見れば、それは往々にして「市民団体」にありがちなことで、その危うさは「右」も「左」も同じだろうと感じる今日この頃なのです。

背骨が歪んでいるからといって、無理やり伸ばしたら骨折する。背骨の骨折は致命傷。まずは背骨の歪みの原因を見極めなければいけないわけで…

少なくともこの手の問題は、今だけを見ていてはきっと何もわからないのだと思うのです。
そして、「差別」とは如何なるものなのかを根源的に考えること、これ、京都の方には難しいかなあ…

え?それ、京都人に対する差別じゃないの?
違うんだな、きっと。これは冗談。要は、冗談で済むか済まないか…

(※2012年の暮の心情)
ともかく、勉強しなくちゃ、とつくづく思っている。

tag: 京都 

ゴーヤーを育てよう【イラストレーター大槻紀子】【かりゆしウェアー】

なんだか家族みたいだな。
null
でも、間もなくお別れ。
null
いえいえ悲しくなんかありません。うれしいことです。
行き先はこちら。大槻紀子さんです。
null
明日のゴーヤーへ
最初のゴーヤーから見る

さて、長らくお待たせしました。
あらためて、大槻紀子さんのご紹介です。

大槻紀子
イラストレーター・エッセイスト
東京生まれ、神奈川育ち。
1993年、河原淳氏が主宰するイラストハウスで学び、翌1994年から本格的に活動開始。沖縄、バリ、奄美など南の島と音楽をこよなく愛する。
ユニークな視点のイラストルポを雑誌やウェブで発表。「おきなわ歳時記」(インターネットウルマ)、「沖縄ごはんを食べよう」(月刊よみがえる)、「どきどきバリ紀行」など
「THE BOOMのコンサートパンフ、宮沢和史MPB2など音楽関係へも作品を提供。
また残波岬ロイヤルホテルのランチョンマットのデザインなど、水彩、切り絵、ペン画を使い分け、ジャンルにとらわれない活動を展開。
趣味は沖縄のエイサーと唄三線。


例えば、大槻さんの書いたゴーヤー。
null

いいでしょ。ゴーヤーを育てているから分かるのですが、ゴーヤーをよく知っていなければこれは書けません。大槻さんのイラストは、すべてきちんとした知識と愛情に裏打ちされている、だからこそ人を惹きつける力があるんだろうな。
※このゴーヤーのイラストは、インターネットウルマ(今は“ウルマックス”に受け継がれています)に大槻さんが連載していたエッセイルポ「おきなわ歳時記」の“ゴーヤーの日”のものです。

他にも色々とご紹介しようかと思ったのですが、出し惜しみすることにしました。だって、それはミステリー。

でも、高山正樹が気に入ってるキャラクターを、ふたつばかり切り取ってご覧頂きましょうか。
null null

おや、大槻さん。その髪止め、西岡美幸さんの壷屋焼ではありませんか。
null
なんだかおもしろいコラボをしてみたくなってきたぞ!

実は今日、6月1日、かりゆしウェアの日なのです。

制定されたのは2007年のこと。例のクールビズ、“クールビズ沖縄から”みたいなスローガンとともに「かりゆしウェアを世界へ広める会」なるものもその時に発足されたらしい。安倍普三とか小池百合子とかの影もチラホラ。

かりゆしウェアは、沖縄ではワイシャツとネクタイに代わる正装。いずれにしてもお役所などホワイトカラーの服装でもあるわけで、大和に尻尾を振る行政に近い連中が着ているものだからと、かりゆしウェアを忌み嫌うウチナーンチュもいるらしい。

確かに、かりゆしウェアを着て、スラックスに革靴、髪型もきっちりという沖縄のビジネスマンスタイルは、僕もあんまり好きではありませんが、かりゆしウェアとと半ズボンに島ぞうりというのは実に楽で涼しくて、小生お好みの格好です。

アロハとどこが違うのかというと、かりゆしウェアの定義は、沖縄で縫製されることという一点だけ。それで沖縄っぽい柄なら問題なしなのです。

大槻さんのデザインでかりゆしウェアを作ってみたいのだけれど、沖縄で縫製というところがネックですねえ。

(※このあと、安倍普三つながりであることについて書いたのですが、あんまり大槻さんに申し訳ないので、ブログを引越しするの当たり、記事を分けることにしました。)

tag: ゴーヤー  沖縄この日何の日  大槻紀子  ゴーヤー栽培.2010  西岡美幸 

明日から岸野組“誰かが誰かを狙ってる”

観世さんのお芝居の緊急告知!

劇団岸野組 二十周年記念公演第一弾
森の石松外伝4 誰かが誰かを狙ってる
作:観世桂男
演出:岸野幸正

日時:2010年6月2日(水)〜6日(日)
場所:銀座8丁目 博品館劇場

null


明日の2日水曜日は19時開演。オープニングで旺なつきさんが歌います。

観世さんのコメント、「来てね!」

tag: 観世桂男