FC2ブログ

2015年の大晦日

大晦日。
打ち合せを終えて久しぶりに自宅へ帰る。
 ⇒裏へ

娘に教えてもらった9年前の新聞記事。
「予想通りになっている。凄いね」
…と。

片付けしていたら、高校生の時に切り抜いて取ってあった記事が出てきたのだという。
見せろというと、9年ぶりに読んで、頭に入ったからもう捨てたときた。

ならばと、ネットで探し出した。
 ⇒朝日新聞(2006年11月6日付け夕刊)

この新聞記事から40日後、2006年の12月15日、新しい教育基本法が第165回臨時国会において成立し、12月22日に公布・施行されたのである。

それから9年後の大晦日を、「11歳の小学生がはたちになるのか」と思いながら、ひとり書斎で過ごしている。

カウントダウンボレロ…
カウントダウンボレロ

間もなく…

tag: 裏へ 

「箆柄暦」に大きく掲載されました!

【関連追ツイート】

今日もプレイベントのチラシ作った!

今日もプレイベントの単独チラシ作った!



新大久保の琉球フェスティバルに折り込みに行った。

そして告知記事にも貼り付けてみた。

プレイベントのチラシ作った!

プレイベントの単独チラシ作った!



そして告知記事に貼り付けてみた。

メトロポリタン・ロータリークラブ・クリスマスパーティー

池袋のビルの谷間のクリスマス。


僕らは営業。


豪華な控え室に上品な食事。


「カチャーシーを踊らないのは日本人だけです。踊るのがグローバルスタンダード、世界に広がるロータリークラブの皆さんだから、ここは踊るしかありません!」

ボクの呪文は効果覿面。


記念撮影。


喜多見に戻って、ばりき屋でお疲れさま…

tag: 喜多見_焼肉.ばりき屋  関りえ子  宇夫方路踊る  高山正樹地謡 

瀬戸洋平篠笛音楽会のVol.3は「耳なし芳一」と出会う夜

泉の森会館にて
瀬戸洋平さん

打ち上げは“バルノガワ”
バルノガワ

バルノガワ

tag: 瀬戸洋平  狛江_居酒屋.バルノガワ  泉の森会館  高山正樹外部出演 

iPhoneを事務所に忘れてきた

tag: 津嘉山正種  佐々木愛  さこ大介  柳下季里  岩倉高子  田中耕二  菊地一浩 

「星ノ飛ブ 山猫ノ青ク光ル夜」がやって来る日

上々颱風の小さい方のボーカルは西川郷子さん。
その郷子さんのオリジナルを演奏するバンド “星ノ飛ブ夜” と、山猫合奏団の対バンが決まりました。

対バンなんて言葉、うちのメンバーだーれも知らなかったので、調べてみました。

対バン(たいバン)とは、ミュージシャンやバンド(主にロックやポップ)やアイドルが、ライブを行う際に単独名義ではなく複数のグループと共演(競演)することをいう。

ふ~ん…。僕ら、ロックでもポップでも、ましてやアイドルでもないけれど、なんだかワクワクしてきました。

題して…
星ノ飛ブ 山猫ノ青ク光ル夜
日時:3月20日(日) 17:00 Open 18:00 Start
場所:中目黒 楽屋
料金:前売り 3,000円
(当日3,500円)+1ドリンクオーダー


≪出演≫
星ノ飛ブ夜(Vo:西川郷子、Perc:関根真理、Gt:小沢あき)
山猫合奏団(Piano:白石准、Cello:大島純、言葉:楠定憲、高山正樹)

ご予約はM.A.P.でも承ります。
●03-3489-2246(担当うぶかた)

そして2016年2月21日
チラシを作ってみたけれど…

化学反応
こんなカラフルかしらん…
というわけで翌22日、ちょっと夜っぽくしてみました!

2016対バンチラシ
うんこれで行こう!
そして山猫合奏団の演目も決定しました!


どんぐりと山猫 チェロ入りバージョン
さらには、対バンならではのサプライズも…

一同(山猫は3匹ほど足りませんが)皆様のお越しをお待ちしております。
対バンだよ

楽屋(らくや)さんの地図も貼っておきましょう。
※中目黒から徒歩5分です。
楽屋アクセス

楽屋(らくや)美味しいアジアン料理のお店。皆様にお食事も楽しんで頂くため、開場時間を開演の1時間前(18時)に設定しました。どうぞお腹を空かせて、是非お早めにお越しください。

“星ノ飛ブ夜”の2015~16(冬~春)のチラシ
対バンチラシ1 対バンチラシ2

tag: 西川郷子  山猫合奏団  星ノ飛ブ夜 

市民大学の打ち合せ、そしてチラシ改訂版が届いた








Facebookの動画を投稿してみた…

Posted by 高山 正樹 on 2015年12月15日


久々に自宅で夕飯が食える。と、電飾雪だるまがお迎え。

「怖い…」

節電しろよと思いながら…

「ただいま…」

返事はない。誰もいないわけ? どこかにいるはずの猫4匹も、その気配さえない。しょうがないから、150m離れた書斎へ、電飾雪だるまに見送られて。

「だから、怖いんだってば…」