SonoIPPAって何だ?

だいぶ前に、SonoIPPAを結成しました。
BEN辿というBarが併設されたスタジオで合わせをしました。

BEN辿スタジオ

そういえば、だいぶ前に一度一杯だけ飲みに来たことがある。

何の合わせかというと…
大熊啓うたごえ人生15周年
歌とトークとゲストと酒と泪と部屋とワイシャツと愛しさと切なさと心強さと

という名称(実にめんどくさい名前だ)のイベントで一曲やるのです。

日時:12月9日(土)18:15〜20:00
会場:狛江泉の森会館
会費:500円
らしい…

SONOIPPAメンバー
ボーカル:高山正樹
ギター&コーラス:大熊啓
ピアノ&コーラス:菊池リカ
胡弓:宇夫方路

合わせは15分で切り上げて…
ミートステーション!
合わせの後はミートステーション

【本番当日の朝に追記】
SonoIPPAが演奏するのは「竹田の子守歌」一曲ですが…
高山正樹は、「ぞう列車」の園長先生で登場するらしい…
そして、あのキジムナーも乱入することになったらしい…

tag: 狛江_居酒屋.ミートステーション  狛江_Bar.BEN辿  大熊啓  その他の登場人物 

“キタコマ沖縄映画祭2018”のプログラム発表

来年1月から2月にかけて開催される「第4回 喜多見と狛江で小さな沖縄映画祭+α」、名前がちょっと長すぎるので、正式名称は変えませんが、“キタコマ沖縄映画祭2018”と呼ぶことにします。

その日程と上映作品およびプログラムが全て決定しました。

2018沖縄仮チラシ

【日程】
※会場名のないのはM.A.P.会場
※期間中沖縄物産展を開催
《プレイベント》
1月21日(日) 狛江市西河原公民館ホール
《本祭》
1月26日(金)
1月27日(土)
1月28日(日)
1月29日(月) 夜のみ狛江泉の森会館(それ以外はM.A.P.)
1月30日(火) 狛江市中央公民館 講座室
2月1日(木) 狛江市中央公民館 講座室(昼のみ)
2月2日(金)
2月3日(土)
2月4日(日)
《追加上映日》
2月5日(月)

【上映作品】
「徐葆光が見た琉球」(プレイベントで無料上映)
「ハブと拳骨」(2006年)
「密約 外務省機密漏洩事件」(1978)
「沖縄の民」(1956)アンコール上映作品
「対馬丸 さよなら沖縄」(1982)アニメ
「沖縄の母たち」(1970)アンコール上映作品
「ある沖縄女性の物語」(2001)アンコール上映作品
「アコークロ―」(2007)
「カベールの馬」(1969)
「ユークイ」(1974)
「カタブイ 沖縄に生きる」(2015)
「心のフェンスをなくしたい」(2016)
「いのちの海 辺野古大浦湾」(2017)
「いのちの森 高江」(2016)
「オキナワノコワイハナシ」から3本~6本くらいを選択
「若きオキナワたちの軌跡」(1985)参考上映
「激突死」(1978)参考上映

【プラスアルファ】
琉球舞踊ショー(プレイベント無料)
MILK[弥勒]ライブ(プレイベント無料※気持ちカンパ)
豊岡マッシーライブ(プレイベント無料※気持ちカンパ)
島尾伸三が「奄美」を語る
今年もやるよ沖縄芸人お笑いライブ!
中川五郎ライブ(「いのちの森 高江」上映後)
森口豁トークショー(参考上映作品を観てのトーク)

プラスアルファ(特にプレイベントの出演者)は増える可能性があります。
追加上映日での上映は、上記作品以外のものを取り上げる可能性もあります。

タイムスケジュールの詳細も、間もなく発表できると思います!

※2017年12月5日追加情報!
ゴリ監督作品「やんばるキョ!キョ!キョ!」「税金サイボーグ・イトマン」上映決定!
お笑いライブ!の出演者は、しゃもじオリオンリーグジェットカンフルに決定!

※2017年12月7日追加情報!
「圧殺の海」上映決定!
1月21日(日)のプレイベント 18時より西河原公民館の第一学習室にて三線・琉球舞踊体験無料イベント決定!

今年の南灯寮祭は盛り上がりに欠ける

午前中はきんたの会の練習だった。小生は宇夫方先生を車で和泉小学校に送り、戻ってきて南灯寮へ。

うん?第50回だっけ?
50回記念にしては、あんまり盛り上がっていない…

少し遅れて始まったのだが…
人数、少ない気がする。
南灯寮祭2017
寮監さんは寮の玄関の上で写真を撮っている。

12時に、和泉小学校まで先生を迎えに行き、さて寮祭の様子を見に行った。泡盛や寮生が作った沖縄ソバも販売しているようだったが、特に何も出し物もなく、寂しい。
寮監さんに「まあこちらへ」と応接室に案内された。

第50回の看板。実は50回というのは間違いで、正しくは52回。そういえば一昨年の寮祭で、あの看板を見たっけ。去年は51回のポスターを見た。今年の寮生は沖縄っぽいのかな(笑) いやいや、寮管さんとしては笑ってもいられないみたい。静かな、しかし暖かい寮監さんである。

色々とお話しをしたうちのひとつ、寮監さんの恩師、外間守善氏のこと。
米軍の射撃から逃れて飛び込んだ壕に近づいてくる米兵たちの足音、ああ、手榴弾を投げ込まれてもう終わりだと覚悟した時、米軍は何もせずに通り過ぎていった。そして命拾いをしたのだが、それはなぜか、という話。
「from 9 to 5 だったんですよ。夕方5時にはきっかり戦闘を止める」
「へえ、そうだったんですか」
「しかし米軍の最高指揮官、バックナー中将が日本兵に狙撃されてから米軍は変わった。昼夜区別ないあの『鉄の暴風』が始まったのは、それからです」
真偽、というか、歴史の定説はどうなのだろう。どうやらバックナー司令官の戦死についても、日本の優秀な狙撃兵にやられたというのは日本側の発表で間違いだというような説もあるらしい。
沖縄のことをもっと勉強せよ!などと偉そうにいいながら、知らないことが山ほどある。どんなに多くの資料を読んだとしても、「知らない」ということにおいては何も変わらないのではないかと思う。

外間守善さんは、妹の静子さんを対馬丸で亡くしている。来年の沖縄映画祭のテーマのひとつを「対馬丸」にしたのだが、外間守善さんの教え子が、今目の前で語られている、その不思議を、僕は思っていた。

【追伸】
寮監さんが、この日のことを南灯寮通信に書いた。
南灯寮通信7号1
盛大にだって…

tag: 南灯寮  前新出 

カタブイの日に…

(後日ゆっくりと記事を仕上げます。)



大雨の中。

辺野古。
大雨の辺野古

僕らは、車を停めることも出来ずに先を急いだ。



ともかく今日は、高江まで行きたかったのである。
「7月5日午前8時35分、東村高江の北部訓練場ヘリパッドにつながるN1表ゲートから、砂利や杭を積んだトラックが15台ほど入りました。工事に反対する市民9人は警備員に囲まれ身動きがとれませんでした」
そんな夏の沖縄タイムスのツイート以降、高江の工事に関する投稿は見られなくなった。
10月11日、高江で、米軍ヘリが炎上して話題になったが、それ以外には高江に関する大きな情報を目にしていない。いったいどうなっているのだろう。

高江は晴れたのだが。
高江現況

tag: 高江  辺野古  沖縄の旅_2017年11月 

「琉球古典芸能祭」にメンバーが出演します!

明日から、第52回 琉球古典芸能祭 が始まります。
「琉球古典芸能祭」というのは、毎年夏に開催される琉球古典芸能コンクール(琉球新報主催)で合格した人たちの発表会で、今年はその第52回、明日のパレット市民劇場を皮切りに、30日の“てぃるる”まで、5日間4会場で行われます。琉球舞踊と、地謡の各部門(歌三線、太鼓、箏、胡弓、笛)のそれぞれ新人、優秀、最高の各賞受賞者の殆どが、どこかの回に出演します。

宇夫方路琉球舞踊研究所からも、今年新人賞に合格した砂原美文さんと屋比久涼子さんの二人が、初日(20日)のパレット市民劇場で“かせかけ”を踊ります。
それに加えて、宇夫方路本人も、胡弓の優秀賞に合格したので、二日目(22日)の沖縄県男女共同参画センター“てぃるる”で、かせかけと下り口説、及び斉唱の地謡を務めることになりました。

出演者にはチケットノルマがあります。しかし、沖縄県外から参加している人にとっては、このチケットをさばくのはなかなか難しいのです。というワケで、ウチのメンバーが出る二日間だけ、ここでも告知してみることにしました。

入場料:前売1,500円 当日1,800円
※なお、M.A.P.でご準備できるのは、各回共通の前売りチケットです。下記のに公演以外でもご使用になることができます。

その1…
日時:11月20日17時開演
会場:パレット市民劇場

※砂原さんと屋比久さんが踊るのは二曲目です。

その2…
日時:11月22日17時開演
会場:沖縄県男女共同参画センター“てぃるる”

※宇夫方は幕開けの斉唱と残りの二曲は第二部の前半に出演します。

※残りの3公演は、11月27日(沖縄市民会館)、29日(名護市民会館)、30日(てぃるる)です。

チケットご希望の方は、宇夫方路の携帯(090-1651-6312)までご連絡くださいね。

tag: MAP琉球舞踊教室 

今年の舞踊奉納舞は15時スタート!

荻窪天沼八幡神社 琉球舞踊奉納舞
去年も告知していたので、今年も告知することにしました。でも去年が一ヶ月前の告知なのに、今年は三日前の緊急告知です。

日時:11月18日(土)15時 Start

今年は1時間たっぷりと時間を頂きました。
踊りの演目は…

かぎやで風
四つ竹
上り口説
貫花
前の浜

浜千鳥
かせかけ


予定です。変更あるかも。
その他に着替えの時間があるので、何曲か歌だけ歌います。

去年の酉の市の画像です。
酉の市
今年も会えるかな。

狛江市民まつりに初参加(暫定投稿)

狛江市民まつり。昨年までは傍観者でしたが…
今年は5分参加してみました。

チームはいさい狛江市民まつり参加

tag: 狛江市民まつり 

新ユニット“Sono IPPA”とチーム“はいさい”

新ユニット、Sono IPPA 結成。
まだ詳細未発表。

さて、こちらはチームはいさい。
天沼神社の稽古です。
麻生区の文化祭から地謡部のメンバーになった松田君(真ん中)のはいさいハンドルネームは“まっちゃん”に決定。
くりさん(右)は狛江市民祭りにも参加なので、太鼓囃子の合わせもしました。
チームはいさい

工工四だらけ

さあ、明日は狛江市民祭りです。

星の飛ぶ 山猫の青く光る夜 Vol.3

第一夜(2016年3月20日)
山猫祭り2016(2016年9月24日)
第二夜(2017年4月9日)

そして…
星ノ飛ブ 山猫ノ青ク光ル夜 VOL.3
日時:12月18日(月)18:45 Open 19:15 Start
場所:プリモ芸術工房

(目黒区洗足2-23-11)東急目黒線「洗足」駅0分
 プリモの地図
料金:前売り 3,000円(当日3,500円)

≪出演≫
星ノ飛ブ夜(Vo:西川郷子、Perc:関根真理、Gt:小沢あき)
山猫合奏団(Piano:白石准、Cello:大島純、言葉:高山正樹)

ご予約・お問合せ
●03-3489-2246(担当うぶかた)

共演も4回目となりました。対バンは3回目、山猫合奏団は、第一夜に「どんぐりと山猫」、第二夜は「草野心平作品集」という作品を選びました。どうしても我々山猫の作品は、一本一本が長いので、対バンとなると「どんぐり~」が精一杯です。
(二回目の共演は山猫合奏団祭りで、そのゲストに来ていただいたという形だったので、「メロス」という長い作品をやりましたが、対バンではちょっと無理)
草野心平は組曲として深化し、作品として完成度が上がったので、悪くないのですが、やっぱり前回とは違うものをやりたい。
さてさてどうしようと思案を重ねた結果…
プーランクの“仔象ババールの物語”を、高山正樹の語りでお送りすることにしました。
実に久しぶりです。
そしてその他は、「山猫」の白石准が、どうしても「星飛び」の小沢あきちゃんに自分のピアノを聴かせたい、白石准はれっきとしたクラシックのピアニストだということを知らせたいという、実に白石の個人的な「小さな野望」を実現するために、曲を選ぶことにしました(笑)
また、星ノ飛ブ夜ファンの方々に、大島純くんのチェロの演奏も、たっぷり味わってもらいたいと思っています。
きっと山猫のお客様にも、いつもとは違う懐かしいクラシカルなライブを楽しんで頂けるのではと思っています。

さあ星ノ飛ブ夜山猫合奏団、いったいどんな化学反応が起きるのか、今回も楽しみです。

VOL.3チラシは、全体的に傾けてみました。
星の飛ぶ山猫の青く光る夜3

【西川郷子さんによる“星の飛ぶ夜”の自己紹介】

ボーカリスト西川郷子(音楽集団上々颱風に長く所属。同バンドは休止中)のオリジナル曲を主に表現するバンド。ギター小沢あき パーカッション関根真理からなる。静謐な世界観、風景が広がって見える歌詞を大切にしながら、パーカッシブな激しさ、重さも合わせもつ。

【追伸】
西川郷子さんがFacebookに投稿した星の飛ぶ夜のメンバーのプロフィールを転載します。

関根真理(percussionist, drummer)
大学で打楽器に触れ、2000年より「渋さ知らズ」に参加。現在他に、西川郷子(ex.上々颱風)と小沢あき(g)とのトリオ「星ノ飛ブ夜」、遠藤ミチロウ最後のバンド「THE END」、民謡パンクバンド「羊歯明神」、打楽器集団「Orquesta Nudge! Nudge!」等で活動中。2017年、初の「関根真理」名義の7inchを発売(TONGS INTERNATIONAL by diskunion)。また演劇での活動も多く、串田和美演出『コーカサスの白墨の輪』『ティンゲル・グリム』、コクーン歌舞伎『天日坊』『三人吉三』等で演奏。演劇集団「風煉ダンス」の『まつろわぬ民』『泥リア』等には作曲、演奏で参加。

小沢あき (guitarist, composer)
5歳でヴァイオリン、12歳でギターを始める。19歳で渡米、NYパンクの雄TELEVISIONのBill Ficca、Bob Dylanのバックを務めたHowie Wyeth等と共演、帰国後リーダーバンド "BYFAL" を結成し活動を展開。多種多彩なアーティスト達のライブ、レコーディングに参加。Jazz、Pops、Avant-garde、フラメンコ、楽曲提供等、活動の範囲は多岐に亘る。なかでも歌の伴奏には定評があり、様々なフィールドで活躍するボーカリスト達のサポートを務め、ロシアアウトカーストの唄を歌い続けている石橋幸コンサートではバンドリーダーを、西川郷子(上々颱風)のソロアルバム『郷音~hibiki~』ではプロデュースを担当。バンドネオン奏者大久保かおりとのインストルメンタルデュオでは南米音楽にも力を入れる。近年はマンスリーソロライブを行い、オリジナルの他スペイン民謡やアルメニア民謡を独自の解釈で演奏。ギターという楽器を通して世界の音楽をハイブリッドに追求。またサイレント映画の伴奏をシリーズ化し、東京国立近代美術館フィルムセンターに10年以上にわたり出演。チャップリン・キートン・ロイドの米三大喜劇王、無声映画時代の小津監督作品、近年発掘された貴重なフィルムなど、国内外の数多くの作品の音楽を手掛ける。
河崎純主催音楽詩劇研究所 (MPDLab)『ユーラシアンオペラプロジェクト』では、アルメニア、モスクワ、イルクーツク、ブリヤート公演に音楽監督として参加。2005年、全曲フラメンコ・ギター一発録りによる初のソロアルバム「La Puerta」、2013年 『 BYFAL 』の2nd CD『福の神の旅』をverde recordsよりリリース。

tag: 山猫合奏団  星ノ飛ブ夜  プリモ芸術工房  白石准 

山猫合奏団の旧ブログから当ブログに記事移行作業中

問題は、28日から29日にかけての深夜に発覚した。

いったいいつ作業が終わるのか、見当もつかない。

それにしても、外部リンクは時が経てばボロボロになる。ちょいと興味ある記事だけ流し読みして、読み終われば廃品回収に出す週刊誌のようなモノで構わないというならいいけれど、ブログの記事をアーカイブ資料として残そうと企むなら、youTubeにしろ何にしろ、外部のサイトにリンクを貼るのは禁物である。というか、ブログそのものが、外部の見知らぬ誰かが管理するサーバー頼り、なので画像とテキストくらいは、しっかりバックアップを取っておけ、ということなのだろう。

まあ、今書いているこの記事も、Twitterのリンクを貼り付けたり、まさにいつか腐るような記事である。

2008年1月26日の記事を、山猫合奏団の旧ブログから当ブログに移行した。
 ⇒http://mapafter5.blog.fc2.com/blog-entry-4147.html(これ内部リンク)

“どんぐりと山猫”と“セロ弾きのゴーシュ”が“iTunes”でデジタル配信開始!という記事である。しかし、ここに貼ってあったリンクがデッドになっていた。

デッドリンク

“iTunes”からは何の連絡もない。もしかして、配信中止になったのかとあれこれ探したが、なかなか見つからない。
そして、やっと見つけたのがこれ、英語版である。(といって、また外部リンクを貼る愚)
 ⇒Acorns and Wildcat (The fantasy world of Kenji Miyazawa)
 ⇒Gauche the Cellist (The fantasy world of Kenji Miyazawa)

またいつデッドになるか分からないので、スクリーンショットをとっておこう。

Acorns and Wildcat Gauche the Cellist

tag: 山猫合奏団  iTunes