FC2ブログ

2018年1月の告知は暮れに届く。「箆柄暦」他

最後のお経の会、起きられなかった。

2018年1月の「箆柄暦」。
来年の沖縄映画祭が大きく掲載されている。
※クリックすると大きくなって、きっと字も読めます。(横だけど)
2018年1月の「箆柄暦」

先月掲載された「ぶくぶく茶」の記事とは大違い。
二年前には、やはり沖縄映画祭を大きく取り上げてくれたけれど、昨年はダメでした。
毎年大きく載せてもらえるようにするためには何が必要なんだろう。

とにもかくにも、一年の終わりにとても嬉しい出来事だった。
箆柄暦さん、ありがとう!
でもね、2年前と1年前と、特にお客様の数に違いはなかったのだけれど…

【追伸】
「おきなわの声」の新年号も、暮れのうちに届いていました。プレイベントのことが追加されて、映画祭の案内が先月号の記事よりほんの少しだけ大きく掲載されていました。

正月号でご案内

狛江の広報誌「わっこ」も年内に届けてくださいました。
わっこ2018/1

わっこで告知

皆さま、良い年をお迎えくださいますよう。

tag: 狛江  「おきなわの声」 

狛江で今年最後の…

2017年、狛江で最後のお稽古は、鈴木里実さんでした。
2017年最後の稽古

2017年、狛江で最後の食事は、事務所的年越し沖縄そば。
2017年の年越し沖縄そば

2017年、狛江で最後の居酒屋は、ミートステーションでした。
2017年最後の居酒屋

さあ、明日は2017年最後のお経の会だ!

tag: ソーキそば  狛江_居酒屋.ミートステーション  鈴木里美  地域繋がりの人たち 

「とある会社」のジェイミー

とある会社の方が、エイサーの道具を南灯寮に返しに来るという。
それでは、と、南灯寮に向かう。

え!
そこには、想像していた人物とは全く違う青年がいた。
ジェイミーと
Jamie Holland
電話で話した時はベタベタのうちなーやまとぐちだったのに…

寮生は、ほとんど沖縄に帰省しているが、何人かはここで年を越すらしい。(というわけで、寮監さんも帰れない。)食堂で夕飯を食べていた数少ない寮生に頼んで、写真を撮ってもらうことにした。

大丈夫かな…
予想に違わぬピンボケ(笑)
ピンボケ

そこへ来客。
来年から息子さんが入寮するというお父さまが、ご挨拶にいらした。どうやら偵察がてらに。
来客

寮監さんに「よいお年を」のご挨拶をして、ジェイミーを拉致して事務所へ。

Facebookの沖縄のグループに投稿した。

今年最後に出会ったジェイミー。
アメリカと日本とのダブル。
ハーフじゃなくでダブル。
1/2じゃなくて2倍。
彼は沖縄の基地の中で生まれた。
お父様が海兵隊員。
ジェイミーは、日本とアメリカの両方の国籍を持っています。
今年はこのくらいにしておきます。
来年、彼からたくさんのことを教えてもらおうと思っています。
まだまだ知らないこと、いっぱいあるからね。


明日から北海道に行くという小野寺通がやってきて…
いずれ追記しよう。
インターナショナル

ずいぶんと長話して、ふたりは帰っていった。
この時間に腹が減ればマーチャンそば。
湯豆腐 ベーコンポテト

tag: 南灯寮  前新出  小野寺通  喜多見_居酒屋.マーチャンそば 

泉龍寺と映画祭

tag: 泉龍寺 

識名盛繁さんがやって来るのだ!

今日は映画祭の内覧試写会。
そのあと、落合貴之氏の秘書K君が来て、ふたりで小さな忘年会。いや、密談かな。

そして明日、識名盛繁さんがM.A.P.にやって来ます。
せっかくだ、できることならたくさんの人に識名さんを会わせたい。それならFacebookでイベント立てて「友達」を招待してしよう。というわけで、こちらのブログでも告知することにしました。

12月22日18時頃から
M.A.P.にて
飲み物と食べ物はカンパよろしく!


識名さんは沖縄のうるま市で、不耕起、無農薬、無化学肥料の完全熟成堆肥による有機栽培の循環型農法でトマトを栽培している。不耕地栽培の畑は一見荒地に見えるけれど、手を掛け過ぎず、本来持っている生命の力で、識名さんの作るトマトの糖度はどんどんと上がっていくのです。

あるサイトで、識名さんについてこんな紹介を見つけました。
「中部地区指導農業士等連絡協議会に所属し、県内外の学生を受け入れ、昼は農法、夜は歌三線を教える。大きな農地で一人で作業すると誰でも恐怖心が湧く。声を出すことで気持ちを変えることができる。」

2011年、識名さんは沖縄コロニー大賞を受賞されました。優れて社会、文化活動に貢献する障がい者に対する表彰。
識名さんは網膜色素変性症という病気で視力を失われました。でもその進行は遅かった。なぜか。身体は自然の恵みで変わるのだ!ご自身の病を通して、識名さんそう確信されました。
「理屈では、岩石の上に木は生えないと言うけれど、実際には生える場合もあるさ。理屈を鵜呑みにせず、自分の畑を考えの真ん中に置いてあるがままを感じると、おのずと道が開けて来るよ」

そうして、安全でおいしいトマトを全国に届け続けていらっしゃいます。

識名さんを紹介してしてくれた“らでぃっしゅぼーや”のMくんは、全国2000ほどの農家とお付き合いがあるとのことですが、識名さんは10指に入るすごい人だとのこと。そんな方が、何故か僕とウマがあって、東京に来る時は必ずウチに寄ってくださると約束してくれました。

というわけで、皆さんにも、是非とも識名さんの魅力に触れて頂きたいのです。

tag: 識名盛繁 

南灯寮の絵についてのエピソード

昼過ぎ、とある会社の方が、南灯寮へエイサーの道具を借りに来た。
小生が南灯寮に行った時には、もう車に積んで出発された後だった。
そのかわり、南灯寮にかかっている絵についてのエピソードを伺った。
そのことが書いてある新聞を掲載した南灯寮通信を、寮監さんにコピーして頂いた。
南灯寮通信3号1
1ページ目は、5月14日の記事に大きくして貼り付けた。
読んでいただきたいのは2ページ。森口豁さんとこの絵についてのエピソード。
南灯寮通信3号2
森口豁さんは来年の沖縄映画祭に来る。その時には寮監さんもおいでくださる予定。その時に…
まだナイショである。

このあとしばらくして、うぶかた女史は、丸の内にある「とある会社」へ、エイサーの指導をするために出かけて行った。

【2018年1月4日追伸】
「とある会社」の「とある人」のことをブログに書くために、過去書きそびれていた南灯寮についての記事を整えている。と、2016年6月7日 にある南灯寮生の呟きを見つけてしまった。
「南灯寮通信とかいう謎の毎月発行のかみぐゎーいらん笑」
寮監さん、辛いですね。そしてこのツイートの主“もりてつ”は、あの彼の弟なのかもしれないのだ…

tag: 南灯寮  前新出  森口豁 

ピカッと来たらサッと隠れる!

告知記事は…
 ⇒http://mapafter5.blog.fc2.com/blog-entry-4785.html

tag: 小野寺通 

少し早いメリークリスマス…

告知記事は…
 ⇒http://mapafter5.blog.fc2.com/blog-entry-3012.html

アンコール。
「別に、やらくてもいいんですけどね…」
この言葉自体が、実は僕にとって重要なメッセージだったのだ。

これから

この日の朝、30分で書き上げた原稿。ニュースなのだ。この日に書かなければ意味はない。


今夜これまでに入ってきたニュースをお伝えします。

東京上野動物園のジャイアントパンダ「シャンシャン」が、明日19日からいよいよ一般公開されます。日本パンダ保護協会会長で、3月まで上野動物園の園長だった土居利光さんによると、「この時期にシャンシャンを見られる人はラッキー。なにしろ『小さくてかわいい』のは今だけ、観覧する時間は、元気に動いている朝の早い時間がお勧め」と話しました。

米軍普天間飛行場所属の大型輸送ヘリから、宜野湾市の普天間第二小学校に窓枠が落下した事件で、米軍は17日、日本政府に対し事故原因について、「人為的ミスで、機体構造上の問題はない」と伝えました。複数の関係者によると、事故を起こしたヘリと同型機の飛行が、まもなく再開される見通しです。県幹部は「今回の事故は今までの事例とは次元が違う。到底受け入れられない」と述べ、米軍が飛行再開を通知した場合は、飛行を中止するよう抗議する考えを示しました。 
小学校や宜野湾市は、日米で合意した飛行ルートが守られていないとして、合意の順守を日米両政府に求めていますが、いまだ米国からの回答はありません。そうした現状の中、事故から1週間での飛行再開に、沖縄県内での反発が高まるのは必至です。

ロックンロールの創始者チャック・ベリーさんが、18日、米ミズーリ州の自宅で死去しました。90歳でした。ベリーさんは1926年、人種で住む場所を分離されたセントルイスで生まれ、ゴスペルやブルース、カントリーなどを聞いて育ちました。黒人差別の激しかった55年に全米デビューして人気を博し、のちの多くのミュージシャンに影響を与えました。ジョン・レノンは生前、「もしロックンロールに別名を与えるなら、チャック・ベリーと呼べばいい」と語り、ウォールストリート・ジャーナル紙は「人種の壁を取り払った最初の黒人アーティスト」と評しました。チャック・ベリー死亡の悲報を受けて、ローリング・ストーンズのミック・ジャガーさんは、「チャックの音楽は私たちに永遠に深く刻み込まれている」とたたえ、ビル・クリントン元大統領は「彼の人生は我々の宝である」とのコメントを発表しました。

先月29日、毎日新聞は日本原子力研究開発機構JAEAが明らかにした情報として、高速増殖炉「もんじゅ」は、廃炉の際の液体ナトリウム抜き取りを想定せずに設計されていると報道しました。それに対し、JAEAは翌日、「抜き取りは技術的に可能である」との反論声明を出しました。この間の事情について、今月5日に行われた原子力規制庁内の会議で、「もんじゅは、設計段階から廃炉を視野に入れ、ナトリウムを抜く機能を持たせていたが、その事を知っている職員がJAEAには一人もいないのではないか」という発言が、参加者のひとりからあったということが、関係者への取材で分かりました。福島在住Aさんは、もしそれが真実だとしたら、3.11直後、スピーディーを適切に活用できなかったのとまったく同じ構造だと指摘しました。

以上,7時のニュースをお伝えしました,
メリークリスマス。
おやすみなさい。

なんやかんやで頭が回らない

そして寝た…宇夫方路は、朝から「川口喜代子先生を偲ぶ会」のお手伝いへ。受付の責任者を仰せつかって、その準備があるらしい。
戻って来て、頂いたお花を事務所に玄関に飾る。
偲ぶ会のお花

夕方、南灯寮へ。
どうやらとある会社のためにエイサーの道具を貸してもらえることになりそうだ。

寮監さんの前新出さんから、ご自身が発行している南灯寮通信の第7号をコピーして頂いた。
南灯寮通信7号1 南灯寮通信7号2
そこで、11月26日の記事12月2日の記事に追記した。

19時から会議。

【2018年1月4日追伸】
「おきなわの声」1月号が届いた。そこに「川口先生を偲ぶ会」の様子が記事になっていたのでここに添付する。

偲ぶ会の記事

ほう、仲井眞前知事が出席し、弔辞も読んだのか。それを頼んだのは、どうやら関りえ子さんらしい。

tag: 泉龍寺  南灯寮  前新出  藤木勇人  川口喜代子  関りえ子 

「みんなでしゃべろう!」第二弾!


みんなで◯◯こまえ

みんなで◯◯こまえの第二回イベントも…
みんなでしゃべろうこまえ…です!

前回、台風で中止まで考えたにもかかわらず大盛況でした。
そして第二回がいよいよ近づいてきました!!

“みんなでしゃべろうこまえ2”
日時:12月23日(土/祝) 1時半開場 2時Start (16時終了)
場所:グランダ狛江弐番館

  狛江市和泉本町3‐1‐17
  (狛江市役所裏、小田急線「狛江駅」から約400m徒歩5分)
グランダ地図

主催:みんなで◯◯こまえ

みんなで集まって、「みんなで」を阻害するような様々なエピソードを、みんなで話してみんなで聞いて、そしてみんなで語り合おうというイベント。
今回も、狛江以外の地域からの参加も大歓迎です。

参加費無料!
できれば、お気持ちでカンパをお願いできればと思います。

集まった皆さんで車座になって、ざっくばらんに話したいと思います。
手話通訳や要約筆記が必要な方は、個々ご自分がお住まいになっている地域の公的機関(狛江の場合は社協)に個人派遣など、ご相談ください。こちらでも、筆談ボードなどを用意して、できるだけ対応させていただきたいと思います。
また、車椅子用のトイレはグランダ狛江弐番館の中にありますのでご案内します。

定員は30名ほど。でも、当日ひょっこりいらしても大丈夫だとは思います。

【問合せ先】
TEL:03-3489-2246 M.A.P.(エムエイピー)
FAX:03-3489-2279

当日のお問合せ先:090-1651-6312(うぶかた)

みんなでしゃべろう2