fc2ブログ

01/13のツイートまとめ

gajumui

宇夫方さんへ。明日の依頼を受けるか否かはあなた次第。ただ、今の僕の到達点、琉球古典芸能をサブカル的なアートの世界に拉致するという試みと、さらにその先の沖縄をジェンダーの視点で捉え、そこから新たな何かを見つけようとする道程を、どうか共有して欲しい。後はグループLINEにて。ただ問題は… https://t.co/sn1StZHhIS
01-13 07:01

問題は、間もなく始まる抗がん剤投与。その時、今の僕の意志が、どれほど保たれているか、厄介で困難な試みに対する意欲が、どれだけ強く在り続けることができるのかということ。同情も涙が出るほど嬉しいが、ホントに俺が求めているモノは、断固そこにはない。
01-13 07:12

昼前から抗がん剤投与が始まる。僕の意思とやらがどれだけ強いか、僕自身が疑っている。それを保つために必要なのは、きっとナイーブな感情とは真逆な何か。深く理解しようとしてくれる他者の存在。ここではない場所へ、どこかにあると信じるまだ見ぬ地平への憧憬。言いたくはないが、そしてさ…
01-13 07:37

奇跡の起こる可能性はそこにしかないと信じる。余命?そんなもの、統計に過ぎない。「神様はサイコロは振らない」これを言った時、彼女の目から涙が零れたんだっけ。体温や血圧やら、朝一にやってきた彼女と今、昨日のことなど何もなかったかのように、笑顔で話したのです。
01-13 07:41

がん細胞はどんなに悪い輩でもこの俺自身が生み出したもの。最近、ガンが少しかわいくなってきた。育てる気はないが、このまま動かないなら共生が一番、なんて思えて来た。不思議な感覚。お前ら、俺の本来の寿命が尽きるまで、おとなしくしてろよ、なんてさ。だが、抗がん剤は他者。でも、間もなく。
01-13 09:18

1月13日午前10時40分、オプジーボ投与開始。
01-13 10:41

かわいいじゃないな、愛おしいだな。それをやっつけに来た他者、正常な細胞も殺されていく矛盾。実に哲学的な体験を始めたわけだ。さて、まずは昼めしが食えるかどうか。
01-13 10:59

オプジーボを終え、今生理食塩水で洗ってます。昨日とは別のナースさんと長話。日本の医療の話、医療関係者の教育、沖縄の医療、女ドクターコトーのこと、シャーマンと分業の離島医療、日本の医療界を支えて来た超スーパーナースが最後には僧侶になったという話。ちょいと面白い看護師さん…
01-13 11:36

「私みたいな看護師は珍しいかも。私にアイデアがあるんですけど」「何?」「看護側へのアンケート、患者さんと同じ病気になったら、同じ治療を受けるかって」「そんなことしたら潰されるな、辞表を書かされるよ」「そうですね~。おもしろい話、ありがとうございました。また話に来ます!」
01-13 11:41

オキサリプラチン投与中。昼飯完食。まずは一個目クリア。
01-13 12:56

続きを読む