FC2ブログ

玉城流喜納の会公演“初華に舞う”(6月の沖縄8)

国立劇場おきなわ大劇場・・・
玉城流喜納の会、会主・師範・教師お披露目公演
“初華に舞う”

開演は3時から。
受付には宇夫方路の先生の関りえ子さんが。「今踊ってるよ」と言われて急いで客席へ。

第一部の古典は、まるで能のよう、すぐに気が遠くなって、いつしか気を失いました。
(隣に座っていた金城君の「眠いですね」の囁きに起こされました。)
宇夫方路が踊った踊りは「天川」と、初代家元・喜納初子先生が創作した「銭掛の花」という踊り。

第二部は少し賑やか。八木政男さんが進行役、そのウチナーグチは、僕には95%理解不能でしたが、でも、会場をいっぱいにしていたご年配には、大いに受けていました。この年代の方たちの間では、まだまだウチナーグチは生きています。
宇夫方路は「仲島小唄」と「海のチンボーラー」を踊りました。

宇夫方路に、古いお友達のるみさんからお花が届いていました。
宮崎るみ子さんから届いたお祝いのお花

パンフレットのイラストは宇夫方隆士さんが担当。
パンフレットのイラスト
八木政男先生のご紹介。
八木政男先生の掲載写真
いったい何年前の写真を使っているのでしょうかしらん。

最後は、舞台に全員揃って、二代目家元の伊波正江先生と八木政男先生に花束をお渡しして幕、ちなみに、八木先生に花束を渡したのは宇夫方路さんでした。

沖縄の二日目は、M.A.P.としてはちょっと小休止っぽい一日でした。

《おまけ》
かみさんの実家へ。
近頃、「白百合」などというとても泥臭い泡盛が、一部で密かに流行っていたりするようですが、基本的には、最近の泡盛はどの銘柄もずいぶんと飲みやすくなって、どれもこれもあまり変わらなくなってしまいました。35年ほど前、僕が初めて飲んだ泡盛たちは、それぞれみんなとてつもなく癖があって個性を主張していました。
今日、そんな懐かしい味を思い起こさせる実にうまい古酒を飲みました。
古酒の瓶
瓶の裏側にはこんな説明書きが……
古酒の能書き
1956年ということは、52年ものの古酒ですね。
「2000年沖縄サミット各首脳晩餐会で乾杯の音頭に使用」とあります。そういえば2000円札も流通しなかった。あれから沖縄は何も変わってはいません。いや、むしろ閉塞感や絶望感が拡がっているのではないか、そして、とてつもない断絶が、密かに進行しているような気もします。
今日は、実に様々な沖縄を廻りました。
(文責:高山正樹)


お約束の大きな画像。
null
関連記事

tag: 宇夫方路踊る  琉球舞踊  うちなーぐち  宇夫方隆士  泡盛.(泡盛のこと)  沖縄の旅_2009年6月  八木政男 

Comment

No:424|
「断絶」なんてありえないと思います。
No:425|
断絶すべきものがあったり、断絶してはならないものがあったり。
あるいは、断絶したくても断絶できなかったり。
金城君は、どんな断絶をイメージして「ありえない」と思ったのでしょうか。
永遠に友であることを願っていたのか、それとも未来永劫消えぬ憎しみについて語ったのか。
かくいう僕は、手の届かぬところへ旅立とうとしている恩人のことを思い浮かべていたのです。なぜ、もっと語りあっておかなかったのだろうかと。
分かりにくくて申し訳ありません。
No:426|
赤いゴーヤーについて、下記記事のコメントをお読みください。
http://lince.jp/hito/akaita...
No:427|
“シンポジウム「赤いゴーヤー」からいま・沖縄を視る”について、ようやく書きました。
http://lince.jp/mugon/akaki...

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する