FC2ブログ

La_Portのネオンに騙されて

大島純氏は満足して、駅前でちょうど来たタクシーを捕まえて帰っていった。
オイラだって腹一杯なのに、何故かついついLa_Portへ。キラキラ光るネオンに、まんまとやられてるのかもしれない。30年近く前に見た、東京キッドブラザーズの舞台を思い出すんだな。

最近、角瓶ばかり。頼むと、たいがいマンマがそっとサミットへ買いに出る。というわけで、いつも封を切り立ての角にありつける。なんでそういうことになるのかというと、オイラが来ないうちにムッシュがみんな飲んじまうから。なんだかムッシュのために注文してるみたいなもんだなあ。

そこへ、スッと美女ひとり。

はじめてじゃあないかもしれない。でも今まで話したことはない。でも今日は、こっちがチェロの話なんかしていたからだろうか、なんとなく話が始まった。

飲み屋で会った女性の素性を、ブログなんかに書くもんじゃない。普通はさ。でも、あんまりいろいろと接点があって、紹介しないわけにはいかないのさ。

玄明玉……、クラクラする名前だぜい。
null null

彼女、沖縄芸大で祖堅方正氏にトランペットを習った。
祖堅方正氏は元N響の主席トランペット奏者。後を津堅が継ぐなら、俺は辞めてもいい、そういって津堅直弘氏にその座を譲った。
沖縄のラッパのレベルが高いのは、このおふたりの功が大きい。
白石准は津堅氏お気に入りのピアニスト。玄さんは白石准のことを知っていた。
 ⇒関連記事を読む

こんなブログを見つけたぜい。
 ⇒津堅直弘氏行きつけの沖縄の居酒屋「山将」のブログ記事

玄さんは、今だって沖縄が大好きなのだ。だけど沖縄を後にした。その理由は……、さあね。

彼女は今「ミュージシャンズ・パーティー」という企画プロダクションで働いている。
 ⇒http://www.musiciansparty.jp/wp/mp/blog
扱っている演奏家はヴァイオリンの石田泰尚、ヴィオラの鈴木康浩、そしてチェロの山本裕康というお三方。
白石准も、ヴァイオリンの石田氏とは何度か共演したことがある。

実はこの石田氏、今年の春のしんゆり芸術祭にも参加していた。
null

「来年は?」
「できれば参加したいんですけどねえ」

どこかで、何か一緒にできないのかなあ、なんて。
お洒落の加減が違いすぎるってか?
「ムッシュ、グラスホッパーをひとつ、そして彼女にはカシスソーダを……」
「アホか」(ムッシュ)
カシスソーダの話を読む
関連記事

tag: 喜多見_Bar.La・Port  しんゆり芸術祭  山猫合奏団 

Comment

No:531|
玄さん、昨晩もLaPortでお会いしましたね。
http://lince.jp/hito/konder...
間もなく高山が、きっとおかしな記事を書くでしょう。
コメントつけられなかったとのことですが、おかしいなあ、下のチェック外しましたか?再度、是非挑戦してみてくださいませ。
もしダメだったら、問い合わせフォームなどから御連絡ください。お願いします。
No:532|
やっと記事を書きました。
LaPortの記事は、なんだかいつもおかしくなる。酒になんか入ってるんじゃないの、ムッシュ。
No:533|
初めまして。
東京キッドブラザーズの舞台を思い出す、のフレーズにどっきとしておじゃましました。キッドは青春そのものでしたので。
酒菜は行った事がありますが、La-portは未知の世界なので今度ノスタルジックを味わいに行ってみようと思います。
No:534|
知り合いの子が出演していました。
小劇場、数メートルの距離で、若き柴田恭平、三浦浩一、純アリスたちが、お客ひとりひとりの目をしっかりと見つめながら、汗を飛び散らして歌っていました。
僕のやりたい芝居ではないと、斜に構えて観ていたのだけれど、それから30年を経てもくっきりと思い出すのだから、舞台の力とは不思議なものです。
こんな思い出がなければ、人生はきっと虚しい。
邦さま。
僕たちのやっている舞台も、是非一度ご覧くださいませ。
今後も、コメントなどお待ちしています。
No:535|《緊急告知》白石准が再び沖縄に【ケンツビッチ音楽祭 in OKINAWA】
PING:
BLOG NAME
沖縄の皆様へ。
明日、浦添市てだこホールにて
“ケンツビッチ音楽祭 in OKINAWA”
が開催されます。 開演時間はお昼2時半です。(開場は30分前)
(※案内サイトはこちら ⇒http://tpyakko.web…)
...

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する