FC2ブログ

南風原文化センターを見下ろす黄金森

「クガニゼーク」と「カンゼーク」のことを伺おうと、文化担当の平良さんという女性にお会いするために南風原町役場を訪ねたのは、一昨日の17日のことでした。
その日は組踊りの稽古を見学させていただいていたのですが、途中ちょっと抜けて、そこから500mほどのところにある役場まで歩いていきました。
案内所で伺うと平良さんは南風原文化センターにいらっしゃるとのこと。その文化センターは役場の隣にあったのですが、最近さらに500mほど先に移転したらしい。
「歩いて行かれるのですか」
もちろん歩きますとも。どうぞご心配なく。沖縄の人はほんとに歩かない。

新しい文化センターは旧陸軍病院壕跡のすぐそばにありました。
null


大きな地図で見る

東京で電話した時、親切に対応してくださった学芸員の平良次子さんに、あらためてお話しを伺う事ができました。
まず電話で聞いた話の内容(11/14日の記事)を読む
残念ながら特に新しいお話しは出てこなかったのですが、それだけに電話でも精一杯の対応をしてくださったのだということがよくわかったのです。
さらに平良さんはその電話の後、金細工について詳しい方にわざわざ聞いてもくださったようで、ただ「カンゼーク」についてはやはりよくわからない、また「クガニゼーク」に「黄金細工」という文字をあてたのは、南風原文化センターで開催された「黄金細工と鍛冶屋展」以外にはないということを教えてくださいました。

今回の旅のテーマのひとつである「クガニゼーク」について、南風原文化センターで聞くことはもうありません。それなのに今日再度訪れたのには、ふたつのわけがあったのです。
そのひとつは、一昨日は時間がなくて見ることができなかった常設展を、どうしても見学したいと思ったからです。

「御真影」と「教育勅語」を保管する奉安殿のこと。
「慰安所」で「慰安婦」にされたのは、辻の女性(今回の旅の隠されたテーマ)であったということ。
「沖縄語を以テ談話シアル者ハ間諜トミナシ処分ス」の命令。新垣弓太郎が妻の墓に刻んだ「妻タガ子 日兵逆殺」という文字のこと。
南風原の、ある地域のこと。
一人でも戦死者が出た家79.9%
一家全滅した家17.6%

思った通り、細やかでじっくり練られたたいへん見ごたえのある展示でした。沖縄へ来て、とりあえず「ひめゆり」だけは押さえて、ついでにお土産屋さんをウロウロするというのもいいけれど、是非ともこの南風原文化センターと、裏の黄金森(クガニムイ)にある旧陸軍病院壕跡へ行くというコースを検討してみることをお勧めしたいと思います。

南風原町史第3巻「南風原が語る沖縄戦」
null
1,000円は破格に安い。
「行政のやることですから利益を出してはいけません。印刷代を回収しようとも思っていません。皆さんに知って戴くことが重要なのですから」

「黄金森」です。
null

あのナゲーラ壕も、ここ南風原と那覇の間にあるのです。
null null
あの宮城巳知子さんの、ずいせん学徒隊の辿った道なのです。
ナゲーラ壕に行った時の記事

そして、南風原文化センターを訪れたもうひとつの理由。それはここ南風原が、“琉球絣のふるさと”だということ。でもこれは、今日のところはミステリーということにしておきたいと思います。

平良次子さんと記念撮影。
null
(撮影:高山正樹)

病院壕跡への入口。
null

黄金森は、実に穏やかに佇んでいたのです。
null
関連記事

tag: 「クガニゼーク」のこと  金細工  宮城巳知子  沖縄の旅_2009年11月  沖縄戦 

Comment

No:618|
「くがにぜーく」に「黄金細工」という文字をあてた(あるいは「黄金細工」に「くがにぜーく」というルビを振った)資料がありました。
それは『那覇市史』です。
下記記事をお読みください。
http://lince.jp/hito/okinaw...
「黄金細工と鍛冶屋展」を開く際、『那覇市史』は重要な資料のひとつだと思うのですが……。
なにか事情があったのでしょうか。今度、是非平良さんに聞いてみたいです。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する