“もずくの日”と“清明(シーミー)”

4月18日、もずくの日
2003年、沖縄でもずく生産量第一位の勝連町が、もずく収穫最盛期の4月、その第3日曜日を「モズクの日」と制定しました。
そういえばM.A.P.after5では、まだまともにモズクは登場していませんなあ。

旧暦3月5日、清明(シーミー)
『沖縄大百科事典』で「シーミー」を引くと、「⇒清明祭(せいめいさい)」と書いてある。「シーミー」を「清明(せいめい)」にすると、途端に中国っぽくなりますねえ。その通り、清明祭は中国から伝わった祖先供養の行事です。
沖縄では今でもポピュラーな行事。にも関わらず、はたして小生カミサンの実家のシーミーに行ったことあったかなあ。お墓の前で料理を食べたという記憶は無いのですが、義理の父は定年後すぐ、あまりに唐突に早く逝ってしまったので、その後しばらく墓を建てるまで、義父の遺骨はお寺に仮住まいをしていました。その間に家のトートーメーの前でシーミーをしたのかもしれないのですが思い出せないのです。
ああ、いかんなあ……
(高山正樹)
関連記事

tag: 沖縄_沖縄的食物.スヌイ  トートーメー  沖縄_この日何の日 

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する