FC2ブログ

喜多見で落語と鰻《無料の落語、半額のフグ》

喜多見の駅からは少し遠いのですが、M.A.P.本部近くの“かわせみ館”で月1回落語が聞けるのです。
第15回かわせみ亭ちゃりてぃ寄席。
二つ目の笑福亭和光さんと前座の山遊亭くま八さん。

基本的に無料。しかし……。入り口の受付にチャリティの募金箱が置いてあって、1,000円札と500円硬貨ばかり、入っているのがよく見えるようにしてある。いったいどういうところに寄付されるのかと思いきや、出演者の謝礼と運営資金にすると書いてありました。たぶん、この施設を有料公演では使えないからこうしたのでしょうが、こいつはなんだか違うんじゃないかと思ったのです。無料なんですよね、そう言って入りたかったのですが、それは出来ない感じ。ご近所さんだし、ケチだと思われるのもよろしくない。しかし、やっぱり断固違うのです。お金を払いたくないわけではない。ただ違うと思うのです。チャリティなんて言わないこと、カンパ500円よろしくくらい正直に書けばいい。
null
関係者の方、もしお読みになったなら、是非再考を。
肝心の落語について、語る気を失いました。
(高山正樹)

事務所のすぐ近くにある「玉川」に両親とウナギを食べに行きました。去年の6月以来です。とてもおいしく頂きました。
null

「玉川」はもともとフグのお店。フグの旬は「秋の彼岸から春の彼岸まで」とか言うようですが、やっぱり冬、そんなフグの季節が始まる前に、毎年1ヶ月くらいの間、この「玉川」ではフグ料理が半額になります。去年それを知ってその期間中に食べに来ようと決めていたのに、結局忙しくて来られませんでした。その期間限定サービスが間もなく始まります。だから今お店はとっても空いているんだそうです。みんな現金なものですね。

null
ごちそうさまでした。今度はフグを食べに来たいと思います。今年こそ、半額サービス期間中に。
(宇夫方路)

[cate.喜多見情報]
関連記事

tag: 喜多見_居酒屋.玉川 

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する