FC2ブログ

浅草“ぬちぐすい”

事務所を出て駅に急ぐ。
ふくやさんは表で焼き鳥を焼くのだが、そこに“三笑亭夢丸with東京奏楽舎公演「かがみ」”のチラシ
null
効果は定かではないが、感謝。

浅草演芸ホール。今年の2月5日以来である。
null
本日の主な出演者。(↓クリックすると大きくなります。)
本日の主な出演者
夢丸さんの高座を見に来たのである。
10月9日の国立演芸場に次いで、今月2度目。今夜の席、夢丸さんはトリではない。トリではないと、なかなかご挨拶が難しい。噺家は、自分の高座の時間に合わせて小屋入りし、出番が終われば帰ってしまう。お目当てが舞台を降りたら客席を立って楽屋に向かうというのも、次の演者の方に失礼で気が引ける。だからやはり、夢丸さんには会えなかった。トリの噺にじっくり耳を傾けて、それから夢丸さんに電話をした。もうとっくに御自宅である。

ぶらぶらと浅草を眺めて歩く。去年の正月は昼だったっけ。
夜の浅草
奥の建物は浅草公会堂。
夜の浅草公会堂

鯨を食って芸を磨け!!
下手な洒落だ。
捕鯨船
大江健三郎「鯨の死滅する日」…、特に意味はない。

浅草“ぬちぐすい”の入口

(後日執筆)

null null null
関連記事

tag: 三笑亭夢丸  喜多見_居酒屋.ふくや  沖縄居酒屋.ぬちぐすい  ゴーヤーチャンプルー  東京奏楽舎 

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する