FC2ブログ

M.A.P.的な報告

今日は東長崎の一音会ひびきホールで“どんぐりと山猫”の公演がありました。

大崎の沖縄語を話す会の内田さんが観に来てくださいました。
null
内田さんは宮沢賢治作品の人形劇をやっていらっしゃるのだそうです。
そして会場で販売していたセロ弾きのゴーシュのCDを買ってくださいました。感謝!

M.A.P.は、こういうつながりを求めていたのです。だからとってもうれしいのです。
内田さん、ありがとうございました。
※2013年10月4日追伸。
過去の画像の整理をしていたら、こんな画像を見つけました。
PTA会長
そこで、彼との再会を願って…
【旧山猫合奏団オフィシャルブログから、この日の転載】

一音会ひびきホールでの公演
“もん字”で打ち上げ
椎名町のお好み焼き屋さん“もん字”にて。
もん字のチラシ

宇夫方女史にデジカメを預けて撮影を任せたのですが、ピンボケばかりで使える画像がほとんどありませんでしたが……

広島県出身の大下君と“もん字”常連の共ちゃん、お好み焼き夢の競演!
null
高山正樹はただ食べる人。

船橋市大穴小学校でお世話になったPTA会長さん(お名前を出していいのかなあ、ドラさん教えて)が、遠路はるばる観に来てくださって、打ち上げにも来てくださいました。
船橋市大穴小学校のPTA会長
高山正樹は近々会長さんの地元の船橋か、会長さんのイキツケのお店がある三軒茶屋あたりで飲む約束をしたのでした。船橋の時は、今度こそ泊めてね。

本日の主催者、人見輝也さんを囲んで。
null
あら輝也さんところだけスポットライトが当たって白塗りしたみたいになっちゃいました。失礼。皆様、本日はお世話になりました。

大下くん、是非また参加してくださいね。
大下和人君と

最後まで残ったみなさんと、お店の前で記念撮影。
お店の前で記念撮影
本日くるみ割り人形の仕事だった大島純君も、駆けつけてくれました。宇夫方路さんのご両親のお顔も見えます。

“もん字”の若きご主人です。ご馳走さまでした。
もん字のご主人
※なお、ご主人は京都の方です。M.A.P.after5には、何故か京都のカテゴリがあります。

そしてお店の前にはこんな如雨露(じょうろ)が……
象のじょうろ
これで新しい芽に水をやるのか、それとも酔った頭を冷やすのか……
オツベルと象に続く。
関連記事

tag: 山猫合奏団  沖縄語を話す会 

Comment

No:981|
内田さんがアンケートに感想を書いてくださいました。
『男性だけの合奏団と語りとても素晴らしく「肝どんどん」しました。次回ゴーシュさんにお会いしたいです』
内田さん、ありがとうございました。
No:982|
宇夫方さん。「肝どんどん」じゃなんのことかわかりません。
「肝」は「ちむ」と読みます。
「ちむどんどん」は、まあ「ドキドキ」したって感じかな。
ウチナーグチには「感動した」を表すいろんな言葉があります。日本語だっていっぱいあるはずなのにあんまり使わなくなっちゃった。近代以降「感動」という概念的な言葉でまとめられてしまった。
小学校あたりの子供の感想文を読めば言葉の貧弱さがわかる。頭良さそうだが、具体性を失っているのです。
みんなでウチナーグチを勉強しよう!

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する