溝の口と濱田庄司

川崎の市民劇「枡形城・落日の舞い」は、毎週火曜日、溝の口にある大山街道ふるさと館という施設で稽古をやっています。いや、違うな。稽古なんかやっていません。なにしろまだ配役が決まっていないんですから。ホントは前回決まるはずだったんですけどね、なんだか人が足りないらしい。

ここに来るのは今日でもう5回目だというのに、ふるさと館の隣の喫茶店の前にある案内板を、全然読んでいませんでした。
null null

おや、浜田庄司って、あの濱田庄司なの?

null
ということは、この“YAMATO”というCOFFEEショップが、濱田庄司のお母さんの実家ってことか。

ここ川崎で生まれた濱田庄司は、京都の陶芸試験場で上薬の研究をしました。30歳からは沖縄の壷屋でも学んでいます。

もちろん、東京の大学を出て、イギリスにも渡り、益子で焼き物を作り始めるのですから、いくら川崎と京都と沖縄がこのM.A.P.after5のカテゴリにあるからと言って、それだけをことさら取り立てて不思議がることもないのだけれど、もしも濱田庄司という陶芸家がいなければ、今の又吉健次郎さんはなかったのだろうし、また健次郎さんに濱田庄司に対する尊敬の念がなければ、僕が健次郎さんの工房に通うことにもならなかったに違いないのだから、やっぱりこの看板をここで見つけて、僕はちょっとワクワクしたのです。
 ⇒濱田庄司さんと6代目の又吉誠睦さんのこと

さて、「枡形城・落日の舞い」ですが、今日も配役の発表はありませんでした。しかし、どうやらもう最後までいきそうなので、「川崎市」のサブカテゴリに「枡形城・落日の舞い」を作ることにしました。
そして、今日はこんな感じ。
null 小川がこうさん null
4回目。新しい方2名で累計13名。
お名前の方は、配役が決まってから追々ご紹介ということに。役がなければ役者は何者でもないのですから。何者でもないまま4週間は、ちと長い。
《おまけ》
今日の稽古(?)はやけに参加者が少なかった。おかげで読むはずのない役の台詞を読まされたりして。
ところで「右近衛大将」の読みだけれど、正解は「うこんえのだいしょう」らしい。「近衛大将」だけならば「このえだいしょう」なのだが、右とか左がつくと変わってくる。「左近衛大将」なら 「さこんえのだいしょう」。しかし「うこのえのたいしょう」「さこのえのたいしょう」という人もいるみたい。
ちなみに、「権大納言」は「ごんのだいなごん」。

しかし、文字しか残っていないのに、どうしてその読み方が分かるのだろう。琉球王朝の「金奉行」の読み方は「くがにぶぎょう」であるか否か、不明です。日本と沖縄と、何が違うのか、知りたい。
 ⇒粟国恭子さんの講演
関連記事

tag: 丸尾聡  「クガニゼーク」のこと  金細工  「枡形城落日の舞い」  川崎  京都  又吉健次郎 

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する