FC2ブログ

比嘉くんのことは後日追記するつもりだったのだが…

朝日新聞の比嘉くんが、事務所に集金に来ました。
null
ちょっと太ったんじゃない?

比嘉くんのことは後日追記します。去年の夏の読谷のことを書いたらね。ああ、早くしないと一年経っちゃうよ。

【2013年3月1日に追記】
…そう言いながら間もなく2年になろうとしている。「去年の夏の読谷のこと」は、どうにかこうにか先ほどやっつけた。そして次はこの記事なのだが…

比嘉くんのお母様が読谷で織物をしていることは、比嘉くんが登場した以前の記事に書いた。実は、その世界ではかなり有名な方だと聞いた。にもかかわらず、その息子がこうして妻子を残して東京に出稼ぎに来なくてはならないのは何故か。もちろん母親と息子の経済は別だといえばその通りである。しかし、沖縄の工芸品事情とどうしても無関係とは思えなかった。そんな話で、この日の記事を作ろうと思っていた。

沖縄で「季節」と言えば誰もが「季節労働」だと分る。そのくらい一年のある期間県外に行って働くことは普通だった。さて、今もそうなのだろうか。比嘉くんは「季節」ではないが、正社員であったのかどうか…

どうも先走ったことを書いている。
ともかく、比嘉君のお母様のお名前は伏せておくことにしよう。この日から数日後に3.11が来る。それ以後も比嘉君は、いつものように一ヶ月に一度、事務所に集金に来た。その度に、しばし立ち話をしていった。しかし…

だがそれは、3.11の、その前に書く話ではない。
関連記事

tag: 沖縄の織物  内地在住ウチナーンチュ 

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する