06/17のツイートまとめ

大震災から464日目……

gajumui

アマチュア劇団の演出や演技についてアレコレ言うのは詮無いこと。技巧を不問にする別の何かがあればそれで十分感動できたはず。だがそうならなかったのは何故か。歴史的なこの日にこの題材の舞台に立っているのに、本当に怒っている役者が一人もいない。怒ったフリする演技と、楽しげな楽屋と。
06-17 01:34

「怒りの演技が弱い」みたいな演出の話ではない。その意味では適切な演技だったのかもしれない。しかしそんな似非プロの技巧に価値などない。抑制するにしろ、もし役者が迸るような「怒り」を抱えて舞台に上がっていたら、会話のリアリティーなどクソ食らえ、観客の魂は揺さぶられたであろうに、と…
06-17 08:50

あさやさんが言っていた。「千田是也のやり残したことをやりたかったんだよ」。プロの劇団がプロであることを拒んでいた時代。そして今、ふたつの「臨界幻想」。アマチュアだからこそ、プロを易々と越えていくことも可能だったろうに、と思うのである。もう、この件は呟かない。おしまい。
06-17 09:40


12:04、事務所外の線量……
0.06μSv/h(DoseRAE2,RADEXは参考)
12年6月17日の事務所外の空間線量

20数年前、今は亡き義父から聞いた話。「友達がね、僕の目の前で日本兵に殺されたのだ」。この国は、「絆」を振りかざし、傷ついた人々の心の自由を許そうとしない。耳を塞ぐことをやめてくれないか。/沖縄タイムス|沖縄靖国訴訟原告敗訴、最高裁が棄却 http://t.co/6fev24xj
06-17 12:44

今日の三線教室は川崎仙子先生でした。若かりし頃は(いやいや今もですが)さぞかしお美しかったであろうと思しき糸満の女性。昨年安冨祖流三線の最高賞を受賞した5人の中のお一人です。コンクール前は早弾きはおやめなさい、手が乱れるからとおっしゃる根っからの古典三線弾きです。
06-17 20:17

三線教室の後は着付け教室。若い女性が続々。事務所は着物のいい匂い。小生、目も鼻もクラクラするので、奥の二畳の部屋に籠もって経理。お陰で本日は仕事がはかどりました。皆さん今しがたお帰り、フーっと息を吐いたところで、つい呟いてみました。
06-17 20:23

ubukataicon ubukatamichi

M.A.P.事務所での着付教室“の先生は“はくび”の方です。来年大きな発表会があって、喜多見の教室の生徒さんたちは、黄色の紅型を着て“四つ竹”の踊りに挑戦することになりました。私が御指導します。あと10ヶ月。でもみんな若いからきっと大丈夫、今から華やかな舞台が楽しみです。
06-17 22:20

というわけで、M.A.P.琉球舞踊教室では、“かぎやで風コース”に続いて、“四つ竹コース”も開くことにしました。月一回都合のいい土曜日を選んで、着付教室に合わせて4時から1持間半です。興味のある方、着付教室の若い女の子たちと一緒に“四つ竹”を踊ってみませんか?!
06-17 22:25

関連記事

tag: 喜多見_MAP事務所の線量 

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する