取り急ぎ「どうする原発?異なる意見で対話する会(仮)」のご案内

まだ仮称ですが…
「どうする原発?異なる意見で対話する会(仮)」
「異なる意見」といっても、白か黒かではなく、その間の灰色にはきっと(グラデュエーション
…と書くと間違いだと怒られる場合もあるので)グラデーションがあるはず。
「原発推進」か、「原発反対」か、「どっちかといえばどっちだけど」とか、「わたしまんなか」みたいな人たちみんなで語り合う会を開催します。

日時:12月21日(土)13時30分スタート
会場:M.A.P.

 狛江市岩戸北4-10-7-2F
 小田急線喜多見駅徒歩5分 島田歯科2階
   ⇒会場へのアクセス

【追伸】会費が決定しました!
会費:1,000円(会場維持費・資料代・今後の運営費に充当)
※学割・無職割 500円(自己申告制)

【追々伸】定員が決定しました!
定員:25名
※従って、お早めにお申し込みください。
お問合せ:M.A.P. 03-3489-2246

こういう会は、なかなか「原発推進」寄りの方が参加してくださらなくて実現が難しいのですが、今回、原子推進寄りの方から積極的な(?)参加表明を頂き、実現の運びとなりました。

【この会を企画した井上大輔さんのメッセージ】
原発について推進や反対など様々な意見をもった人が集まり、対話をする会です。多くの人にとってあまり話す機会のない、推進(容認)の立場からも、原子力関連の学者の方、原子力関連産業の方の来場が予定されています。 「お互い論破するのではなく、自分の考えはしっかり伝えつつ、異なる意見から学び合う」という趣旨に賛同される方はぜひご参加を!

これは 楽しみだ!

さらに何かご報告することがあった場合、追って発表いたします。

そして“喜多見と狛江の小さな映画祭+α”12月定例会の新しいチラシを作りました。
12月定例会のチラシ
関連記事

tag: 震災・原発・放射能_ 

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する