FC2ブログ

大島純が三笑亭夢丸師匠と共演

※山猫合奏団の旧Officialブログから転載

午前11時より、上野の東京文化会館小ホールにて「創遊・楽落らいぶ」公演があり、山猫合奏団のチェロ弾き大島純が出演しました。音楽家と落語家のコラボレーション第4弾。前半はミニコンサート、後半は三笑亭夢丸師匠の落語との共演という企画。

入場料500円という手ごろさもあってか、あっという間に500人のお客さんで埋まりました。割とご年配の方々が多かったかな。この方たちは、音楽を聞きにきたのか、落語を聞きにきたのか、上野という場所に、ぴったりの企画だと感じました。

とても楽しいコンサートでした。
そして山猫合奏団「セロ弾きのゴーシュ」のCD、6枚売れました。
(…という販売活動の報告でありました。)

【2017年11月6日に追記】
このタイミングで山猫合奏団のメンバー紹介を。
(※以下、山猫合奏団の旧サイトより転載)

大島純大島 純
東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、同大学音楽学部を卒業。これまでに松下修也、堀江泰氏、レーヌ・フラショ、花崎薫、黒川正三の各氏に師事。

2003年第14回京都フランス音楽アカデミーに参加。都内各地はもとより、故郷の岡山県津山市にて定期的に演奏会を行い、2003年12月・2005年10月のピアノ奏者上田晴子氏との共演では特に好評を博した。

現在フリーのチェロ奏者として、多岐にわたった演奏活動を展開している。ヴェルデ弦楽四重奏団メンバー。

合奏版、“どんぐりと山猫”で、参加したことにより、“セロ弾きのゴーシュ”を2005年に白石准に作曲を委嘱して山猫合奏団の重要メンバーとして現在に至る。
関連記事

tag: 「セロ弾きのゴーシュ」  大島純  三笑亭夢丸 

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する