「ナイン トゥ ファイブ」+「車椅子のジョディ」

「ナイン トゥ ファイブ」
分離壁を越えイスラエルに出稼ぎに行くパレスチナ人
ドキュメンタリー(17分/2009年)
監督:ダニエル・ガル
分離壁
パレスチナ全土を囲むようにつくられている分離壁。これを越えてイスラエル領内に「出稼ぎ」に行く多くのパレスチナ人労働者がいる。彼らは、イスラエル政府が発行する労働許可証を持たない「不法就労者」。そのため、逮捕されたり、撃たれたりする危険を冒して、壁を越えて行く。生きるために、家族を養うために、彼らは壁を越えて、働きに行く。

「車椅子のジョディ」
パレスチナ、ビリン村の抵抗の記録
ドキュメンタリー(30分/2009年)
監督:ハイサム・アルカティーブ
車椅子のジョディ
(C) 高橋美香
舞台は2009年のパレスチナ西岸地区のビリン村。
村のなかに分離壁がつくられることになったこの村に滞在しながら分離壁反対運動に加わり、レポートを発信するイギリス人のジョディは、週に一度の分離壁反対デモ、イスラエル軍の夜襲といった現場に車いすを駆って立ち会いながら、人権、国際法を無視した「非情な占領政策」に抵抗する。

【上映日時】:6月3日(火)19:00~
※上映後に高橋美香スライドトークを予定していましたが、美香さんのスケジュールにより、中止とさせていただきました。変わって…
 上映後和田啓さんと松本泰子さんのライブ&トークが決定!

 喜多見と狛江の小さな小さな映画祭+α オフィシャルサイト

【ゲストのプロフィール】
●和田啓さん(打楽器)
和田啓さんアジア系ハンドドラム奏者。中でもアラブ古典音楽ではレク(アラビックタンバリン)をエジプトにてハニー・ベダールに師事し、メイン楽器として演奏している。ボーカルとウードによるトリオ「RabiSari」(ラビィサリ)、エスニックフュージョングループ「Musiqa Badr」(ムスィーカ バドル)などのほか、様々な音楽シーンをサポートしている。2006年3月国際交流基金の招聘により常味裕司氏とのエジプト公演を果たすなど、海外での公演も多い。また、作曲家としても数多くの演劇・映画を手掛けている。

●松本泰子さん(うた)
松本泰子さん十代半ばシンガーソングライターとしてライブ活動を始め、後ジャズヴォーカルと出会い、伊藤君子氏に師事。86年UCCジャズヴォーカル新人コンテスト特別賞受賞。現在、日本のわらべ歌・民謡をはじめアラブ民謡、そして自らの作詞作曲によるオリジナル等も手掛けている。2002’4年には、欧州にてボイスパフォーマンスを披露。高い評価を得る。’05年ポルトガルとルーマニアから招聘を受けRabiSari欧州公演。 ’10年7月レバノン・UNESCOホールにて常味裕司・和田啓両氏とライブを行う。また、近年ボイストレーナーとしての評価も高く、様々な演劇やミュージカル俳優のトレーナーを努めている。
《6月3日のプログラム》
 ●10:30 「あしたが消える」+千葉茂監督トーク
 ●13:00 「福島 六ヶ所 未来への伝言」+島田恵監督トーク
 ●16:00 「自由と壁とヒップポップ」+ゲスト:池田洋平
 ●19:00 「ナイン トゥ ファイブ」&「車椅子のジョディ」

回数券(知人との共用も可)がお得です。(3回券3000円など)
 ※チケット購入はコリッチで…
  ⇒http://kitamitokomae-artfes.com/ticket.html
 ※お電話でも受け付けております。
   03-3489-2246(M.A.P.)
関連記事

tag: こんな人あんな人_音楽家たち.和田啓  こんな人あんな人_歌を歌う人.松本泰子 

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する