FC2ブログ

Lisaと遊んでいる

珍しく語りたくなった。

4時半から9時くらいまで、ミートステーションで日本崩壊の可能性について、Lisaと話していたのである。

あら?ミートステーションは2時間ちょい過ぎたら次のお客様に譲るのがルール、すっかり忘れていた。奇跡的に満席の時に他のお客様がやってこなかったということもあって、ヒデさんも長居を黙って許してくれた。

海外移住のハードルが、実はどんどん高くなっている。しかし本気で日本脱出を画策してみないと分からない。日本人は囚われ人なのだが、そのことに殆どの人が気づいていない。
長期的な世界経済の動向をニュートラルに見ている人や、世界のメディアに精通し、外からの視点で日本を見ている人なら、日本が崩壊するというシナリオも、十分あり得ると感じている人はきっと少なくない。

さて、ではどうしたらそのシナリオを変えることができるのか、そんな話を4時間も、20代半ばのLisaとしていたのだ。
たいがい隣のお客さんと話が始まるミートステーションだが、昨日はどなたも僕らの会話に踏み込んでこない。そりゃそうだ、こんなややこしい話に巻き込まれたら、気楽に飲んではいられない。君子危うきに近寄らず?

彼女によると、韓国に行った時には「崩壊の危険」を感じることはなかったという。何故か。僕なりに解釈するなら、現政権(きっとそれよりももっと大きな力を持つ何か)を壊す力を、韓国の民衆は持っていて、日本人にはその力がない、つまり、今を崩壊させる能力を残念ながら日本の人々は持っていない、だからこそ逆に崩壊の危機なのだと、そう理解した。

つまり、国が崩壊するとはどういうことだろうということ。でも、このことは裏ブログに書こうと思う。
 ⇒裏へ

日本人には日本を交わす力が無いと言った。でも、若者たちはまだ捨てたものではないと彼女は言う。自分より上の年代は全くダメだが、下は、つまり20代前半より若い者たちは大丈夫だという。なるほど、それならばいいじゃないか、まだまだ希望があるということ。おじさんとしても安心だ。
ん? つまり、俺はダメの範疇なのか。

彼女は日本を愛しているという。そのことの危うさも自覚しているという。その上で、「やっぱり民俗学を通らなきゃダメかな?」と僕に聞くのである。柳田國男が落ちた穴ぼこに、自分も捕らわれてしまうのではないか、と。
彼女が思う「日本」は「土地」だというのだが、さて。

彼女の「日本」とは何なのか。しばらく、彼女と遊んでみようと思っている。

リサ1 リサ2 リサ3

リサ4 リサ5

それにしても、彼女を何枚撮影しても、盗み撮りを試みても、現実に目の前にいる彼女の姿が写らない。なんだか別人。横に座っている彼女の顔には狐の匂いがあるのだが、それが写らない。「写真は嫌い」というのに、それを並べてFBやブログにアップする小生の行為は犯罪か、暴力か、はたまたセクハラか。

「やめてよ」
「ふむ」

まあ、元々比嘉賢多の「沖縄/大和」の暴力性に対する議論が事の発端、というわけで許しておくれ。

因みにこれらの写真、Facebookにもアップしたのだが、自動タグ付けはしっかりLisa、どうもITというやつは、狐という神秘の如き力には騙されないらしい。つまらん、というか、騙される能力がないんだろうな、きっと。
関連記事

tag: 狛江_居酒屋.ミートステーション 

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する